Search

検索したいワードを入力してください

【年齢別】男の趣味一覧・女ウケが悪い趣味・

Small 3e28c115 08f3 4683 accb 5aa74e855657沙月
カテゴリ:趣味

初回公開日:2018年04月13日

更新日:2020年09月26日

記載されている内容は2018年04月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【年齢別】男の趣味一覧・女ウケが悪い趣味・

没頭できる趣味を持っていますか?

没頭できる趣味があると、日頃の生活と違った楽しみが増え、ストレス解消や気分転換になります。さらに、会話のきっかけになることもあり、仕事や恋愛に活かすことができます。

自分の好きなジャンルやライフスタイルに合った趣味を楽しむのが一番ですが、中には女ウケの悪い趣味もあります。実際にはどのような趣味がなのでしょうか。また、女ウケの悪い趣味とはどのようなものなのでしょうか。

今回は、の男の趣味と、女ウケが悪い趣味を紹介します。

の男の趣味3

では、が高い男の趣味はどのようなものなのでしょうか。

男の趣味3を紹介します。

3位「アウトドア」

男の趣味3位は「アウトドア」です。

自然の中で楽しめるアウトドアはストレス解消に最適で、気分がすっきりとリフレッシュします。日常の喧騒から離れ、ゆったりとした時間を過ごすことができるのも魅力です。

アウトドアにもさまざまなスタイルがありますが、趣味としてが高いのはキャンプです。バーベキューやキャンプファイアーなど、家族や友人とワイワイ楽しむことができ、環境が整ったキャンプ場が増えているので、気軽にできるようになったのもの理由です。

一人で楽しみたい人には登山がです。思い立ったときにすぐ行くことができ、自分のペースで楽しむことができます。

自分のスタイルに合わせて楽しむことができる自由度の高さもの理由の一つです。

2位「料理・グルメ関係」

男の趣味2位は「料理・グルメ関係」です。

料理は女性の趣味というイメージが強いですが、近年一人暮らしの男性を中心に料理をする男性が増えています。働く女性が増えたという背景も追い風となり、料理をする男性は好意的に受け入れられるようになっています。

凝った料理を作る男性もいますが、忙しいときでも簡単にぱっと作れる時短料理が男性にです。冷蔵庫にあるもので美味しい料理を作ることができるので、節約にもなります。

料理を作るだけでなく、食べ歩きも男の趣味としてです。

美味しい店をたくさん知っていると会話が増え、一緒に出かけるきっかけを作りやすくなります。家族や友人、恋人と一緒に楽しめるのもの理由です。

料理・グルメ関係は、趣味と実益を兼ねた効率の良い男の趣味です。

1位「スポーツ」

男の趣味1位は「スポーツ」です。

スポーツは健康を維持するのに最も効果的で、運動不足の解消や体型維持のためにスポーツを趣味として続けている人が多いです。また、スポーツをして思いっきり身体を動かすとストレス解消になり、頭をすっきりとさせて気分転換にもなります。

一人でできるランニングやウォーキング、大人勢で協力するサッカーやフットサルなど、自分の目的に合わせて最適なスポーツを選ぶことができる選択肢の広さもの理由です。

の男の趣味一覧

次に、に挙がったもの以外のの高い男の趣味を紹介します。すぐに始めることができるものもあるので、気になったものがあればできる範囲で始めてみましょう。

車関係

車いじりやドライブなど、車関連は男の趣味としてが高いです。

車の内装を変えたり、パーツをより使い勝手のいいものに交換したりと、車を自分の好みにカスタマイズして楽しむことができるので、機械に強い男性にです。

また、休日に遠方までドライブに行けば、気分転換にもなります。明確な目的地を決めてドライブするのも旅行気分で楽しいですが、あてもなく走ることだけを目的とするドライブもです。

また、ドライブは家族や友達、恋人と楽しむこともできます。一人でも楽しめますが、仲の良い人と一緒だとさらに楽しさが倍増します。

釣り

釣りは男の趣味としてが高いです。魚が竿にかかったときの感触や、魚と激闘した末に釣れたときの嬉しさなど、釣り独自の醍醐味が楽しめます。

釣った魚を調理して食べたり、魚の大きさを記録するなど、釣った後にさまざまな楽しみ方ができるのもの理由です。

読書

読書は趣味の定番として根強いがあります。読書は知識を増やすことができるので仕事に生かせるだけでなく、高いストレス解消効果もあります。

書店で本を買って読むだけでなく、電子書籍を利用したり、図書館で本を借りるなど、自分に合ったスタイルで無理なく楽しむことができるのも読書の良い点です。