Search

検索したいワードを入力してください

小学生の読書感想文の書き方|低学年/中学年/高学年

Author nopic icontake
学習 / 2018年04月23日
小学生の読書感想文の書き方|低学年/中学年/高学年

小学生の読書感想文の書き方

親が子どものやる気をそがないために気を付ける点が3つあります。
1「字が汚くて読めない。もっと丁寧に書きなさい」。
2「こんな我が家の恥を書かないで。もっと良い事を書きなさい」。
3「またゲームばかり書いて。たまには別の事を書けよ」。

など、小学生の子どもがせっかく一生懸命書いた文章を貶しめてはいけません。小学生が本を読んで文章を書くのは大変な作業です。最初は下手でもいいので子どもを褒めます。ただし、しっかり文章を読み、何が書かれているのかを理解し、優れているところを褒めましょう。

書き方は後でほんのちょっと加える程度にしましょう。あまりに強く言い過ぎると、書き方を強制されているように感じてやる気を損なってしまいます。

原稿用紙の書き方

読書感想文の書き方は、原稿用紙に縦書きにします。現在、メールやLINEなどで文章を書く場合、ほとんどは横書きです。本来、日本語は縦に書くのが基本でした。なぜなら、日本語が美しく見え、書けるからです。親が小学生・低学年に最初に言ってあげるのは、「原稿用紙に縦に書きましょう」です。

低学年

親の言うことを反抗せずに、素直にきいてくれるのは小学生・低学年です。しかし、読書感想文をいきなり「書け」と言って原稿用紙と本をドン、と置かれても子どもは何から手を付ければ良いのか分かりません。

小学生・低学年にとって一番の難関は「本選び」です。書店や図書館に行ってみて、本を知ることから始めます。小学生の子どもにとって一番の良書は、大人が良いと思うものとは違い、好きな事、興味があること、今はまっていること、などが挙げられます。

中学年

小学生・中学年になると段々と慣れてきて、自分で本を読む子もいます。「うちの子は本を読みません、どうすればよいのでしょう」と保護者会で塾に入れるべきか討論されます。親が本を読んでいる姿を見ていれば、子どもは親の真似をするでしょう。

これは作文でも同じで、小学生に読書感想文の書き方を教える以前の問題です。例えば、子どもがゲームを買って欲しいとねだったとします。欲しい理由を200字で書き、それを読んで「なるほど」と思ったら買ってあげると言うと、子どもは一生懸命文章を書きます。

高学年

小学生・高学年になると「考えて読む、読んで考える」ことが、読書感想文の書き方だと学びます。熟読は一冊の本に真剣に向き合い、今の自分の思考の偏りを知り、知識を増やし自分を高め、本から学ぶ読み方のことです。書き方も深く追求するようになります。

本を読むのが苦手な人は絵本がおすすめです。小学生・高学年なのに絵本、と不思議に思う人もいるでしょう。評論家で作家でもある柳田邦男さんは「絵本は、子どもの心を育て、大人の生き方を変える」と言っています。深い感動を与える優れた作品もたくさんあります。

小学生の読書感想文公式サイト

こちらには応募用のダウンロードと読書感想文専用の原稿用紙が記載されています。他の小学生が書いた読書感想文を読んでみましょう。

小学生の読書感想文の書き方のコツ

小学生の読書感想文の書き方のコツとして、「構成」があります。構成と聞くと起承転結を思い浮かべるでしょう。大人でも難しい書き方は、小学生には無理があります。「読書感想文」とは「読書感動文」です。難しく考えず、どういう気持ちになって、どうしてそう思ったのかを書きます。

また小学生、(できれば)低学年から読書の記録ノートを書くのもおすすめです。これは自分の心の成長が分かり、読書感想文を書く時にも役に立ちます。書き方は、読んだ日、書名、作者、出版社、感想を箇条書きにします。

構成について

「小学生の読書感想文」の構成の書き方は「はじめ」「なか」「終わり」の3つで組み立てます。「はじめ」は書き出し部分で、簡単なあらすじや、本を読むきっかけなどを書きます。「なか」はどの部分でどんなことを感じたのか、心に強く残っていること、感動したことを書きます。1、2、3と並べたり、1つに絞って書くこともできます。

「終わり」は結びとなる最後の部分です。「なか」で書いたことを元に、今の自分の考えや今後どのようにしたいかを説明します。結びの文章は書きだしと関係し、全体のまとめとなるので矛盾しないよう気をつけます。

「世界平和のために一生を捧げます」など、大袈裟に書くよりもっと小学生らしい書き方で、自分の本心から望んだことを正直に自分の言葉で書くと良いです。

小学生の読書感想文の書き方のコツの本

小学生の読書感想文の書き方を紹介している書籍です。初めて文章を書くための、書き方のコツを学ぶのにおすすめです。

書きかたがわかる はじめての文章レッスン

小学生の「読書感想文」の書き方のコツとして、10ページに読書感想文シートが記載されています。文章の流れが目で見てわかるので、読書感想文の書き方の参考になります。小学生でも分かりやすく簡単な項目だけです。

また、この書籍の37ページに「作文シート」も記載されており、書き方は、ほぼ読書感想文と同じです。学校行事や家族の思い出、参観日で発表する作文が書けます。小学生のうちに書き方を覚えておくと便利です。

低学年の読書感想文におすすめの書籍

小学生「低学年」の読書感想文におすすめの書籍を紹介します。1回だけでなく、2回、3回と繰り返し読んでみましょう。

まほうのじどうはんばいき

不思議な自動販売機のお話です。どう不思議なのか、イラストを注意して見てみましょう。

Blockquote firstBlockquote second

小学校2年、初めての夏休みの読書感想文用に購入しました。はじめは長いかなと思いましたが、一度で声を出しながら読み上げられました。内容も面白く興味のある姿勢で読み切る本でとても良かったです。

中学年の読書感想文におすすめの書籍

中学年におすすめの書籍です。映画化もしました。この他シリーズが出ており、続巻も読んでみたくなります。

あらしのよるに

嵐の夜、真っ暗な部屋で出会った2匹のお話です。この後、どうなるのでしょうか。ドキドキしながら読めます。

Blockquote firstBlockquote second

嵐の夜、真っ暗な小屋の中で出会ったヤギとオオカミ。お互い知らずにおしゃべりするうち意気投合して二人は友達になってしまうのだが……。
終わり方が実に心憎い。このあとどうなるんだろうとあれこれ想像するひとときを味わって。
シリーズとして第6部完結だが、第1部で終わったままでも空想する楽しみがあっていいんじゃないかなと思う。

高学年の読書感想文におすすめの書籍

美しい写真とイラストがいっぱいの絵本です。簡単な言葉なのに、読むたびに心に響いてきます。

葉っぱのフレディ いのちの旅

心理学者である著者が、生死を哲学的に描いた唯一の絵本です。何度も繰り返し読んでみてください。とても味わい深い絵本です。

Blockquote firstBlockquote second

道徳的です。生と死。そして再生。冒頭からまた読み返したくなるラストも上手いです。短いストーリーでここまで表現するって素晴らしい。

この本の中のフレディ・ダニエルのように生まれて多くを全身で学び死をいつか受け入れる、生とはひたすらその繰り返しなのだと痛感します。

私もフレディのように死を過度に恐れていた時期があり、それを通り越して今はどうせ死ぬならなんのための「今」で生活をしているのかを問う日々です。この本に答えはあったように思います。

きっと子孫繁栄のため、とか生物学的に言えばそれで十分納得させられるのだろうけど、葉っぱのフレディたちには子孫は関係ありませんね。敢えて葉っぱにスポットライトを当てたのなら、生きることは今にしか意味がなく、後世になにも残せなくていいのですよ。一瞬でも世界と関わって一瞬でも身近にいた人たちの記憶に残ればそれだけで生に意味はあるのだと思います。

読む人によっていろんな感想があって当たり前だし、答えはひとつじゃありません。子供から大人まで読める味わい深い作品。

小学生の読書感想文の本の選び方

小学生の読書感想文で、最も重要なのは本の選び方です。どのような本が読書感想文にむいているのでしょうか。本を読むのが苦手な人は、まだ、本当に面白い本に出合っていません。自分に合った楽しい本を選ぶコツを書いていきます。

身近な人に教えてもらうコツ

身近な人とは両親、兄弟、担任の先生、親しい友達などです。年上の人に聞く場合は、「3、4年生の時に読んで楽しかった本を教えてください」と具体的に聞きます。

友達から聞く場合、普段からたくさん本を読んでいる人に聞きます。お互いに本の話で夢中になるでしょう。

家の人に聞く場合、あまりあてにしないことです。お父さんやお母さんが必ずしも本を読んでいるとは限らないので、答えてくれなくてもがっかりせず、あまりしつこく聞くと怒りだすので注意が必要です。

図書館で探す

面白い本を教えてもらっても、手に入れることができないと本を読めません。図書館を利用してみましょう。図書館は学校図書館と公立の図書館があり、司書という本の専門家がいます。

本を探すためのパソコンが設置されており、それで探すことができます。本の名前が分からなくても、内容を言えば探してくれます。例えば「読書感想文を書きたいので、何かいい本ありますか?」と尋ねると、「感想を書きやすい本」を紹介してくれます。

本の選び方と買い方

1表紙を見る


本の名前からどんなことが書いてあるか、おおよその内容を知ることができます。自分がその人の書いた本を読んでいれば自分に向いているかが分かり、本を選ぶ参考になります。

2カバーや帯を見る

帯には短い文章で本の内容や作者の一番言いたいことが書かれています。

目次は本の内容を項目準に並べて書かれており、物語の本なら大まかなあらすじがつかめます。前書きや後書きは、作者がその本を書いた目的や願いが書かれているので、自分の読みたい本かどうかが分かります。

3文章の量、文字の大きさ、挿し絵、写真を見る

文章の量と文字の大きさは自分の力で読めるかどうかの目安になります。挿し絵は話の内容や登場人物を、写真は特に知識の本などで、文章で分かりにくいところを補ってくれます。

4目次、前書き、後書きを見る

目次は本の内容を項目準に並べて書かれており、物語の本なら大まかなあらすじがつかめます。前書きや後書きは、作者がその本を書いた目的や願いが書かれているので、自分の読みたい本かどうかが分かります。

小学生の読書感想文の書き方例文

「書きかたがわかる はじめての文章レッスン」から読書感想文シートを用います。小学生のうちに書き方を覚えると文章を書く練習になります。

本のあらすじを書いて最後に「面白かったです」と終わるのでなく、本を読んで感動したところを自分に置き換えます。悲しかった、悔しかった、怒りで涙が出たなどマイナスの感情でも自分に素直な言葉で書き表します。

例えば「メロスのように走ることはできないが、メロスが諦めなかったように自分も今できることを続けていきます。でも、走るのは嫌いなので歩く速さで頑張ります」と、現在の自分と登場人物を比べ、今後の課題を宣言する形で結びを書きます。

小学生の読書感想文の書き出しの書き方

小学生の読書感想文の「書き出し」の書き方を考えていきます。問題は一番最初になにを書くかということです。それさえ決まれば後はスラスラと書けます。小学生なのに背伸びして無理に難しい言葉を使ったり、間違った使い方をしないようにします。

自分の言葉で書きだしを工夫できたら、嬉しくて誰かに話したくなります。本を読む楽しさを知るチャンスです。

書きだしの工夫

本を読んだきっかけから書く書き方は「この本との出会いは幼稚園の頃に、花が枯れて泣いていた僕に母が読んでくれたからです」。自分の経験したことを読んだ本と関連させて感想文を書く書き方は、「この本を読んでいると、そうそう。そうなんだよね。とうなづいて読むことができました」などです。

自分が疑問に思ったことを書く書き方に、「盲導犬に不合格の犬がどうして本になったんだろう」。会話風の書き方(手紙、語りかける)「みんなもバリアフリーて聞いたことがあると思う」などがあります。自分が一番心に残ったことから書く書き方は、「家出かあ。ツヨシの思い切った行動に、私はかなり驚いた」などです。

本別の読書感想文の書き方

本の種類別の読書感想文の書き方を紹介します。どんな本を読むかを最初に決める必要はありません。本の種類には物語、辞典、写真などがあります。種類別に読書感想文の書き方をみていきましょう。

物語

物語には文章のみと絵本のよ絵がメインのものがあります。文章の多い本は目次であらすじが分かります。気になるフレーズがあるところに付箋をつけておき、文章を引用する場合はカギカッコで書き出します。絵本はイラストを観察して、気がついたことや疑問に思った点に絞って書いていくと自分だけの面白い読書感想文に仕上がります。

辞典

辞典を読書感想文にするのは、とても難しいです。自分の興味あるもの、ハマっているものを選ぶと良いでしょう。例えばおじいちゃんが「ことわざ」でいつも注意してくるので、自分もぎゃふんを言わせたいという「動機」からことわざ辞典を読み、これで勝負しようと意気込んだ結果、どうなったのかを書きます。

この時にことわざ辞典に書かれていたものを使うとひねりを加えた、斬新でぷぷっと笑える自分だけの読書感想文ができます。

写真

写真は言葉で足りない部分を目で見て分かりやすいようにしてくれます。その分、自分で考えることが大切になり、一人ひとり違った読書感想文になります。

例えば赤ちゃんが誕生してから1歳になるまでの本は、自分に兄妹がいると「自分と置き換えて」書けます。赤ちゃんにお母さんを取られて寂しいかったが、お父さんと過ごすことで自分がお姉さんとして成長したことを文章に書き表せます。

読書感想文の名人になろう

学校が小学生に読書感想文を宿題にする理由が分かっていただけたでしょうか。読書で知識を得るだけでなく、今までの考え方から行動が大きく変わることを先生は期待しています。読書感想文を読んで心が動かされ、思わずその本を読みたくなる自分だけの感動的な文章を書きましょう。

関連記事

Related