Search

検索したいワードを入力してください

やりたい仕事がわからない時の対策・診断できるチェック項目

Small 6ceb6355 1ad3 4b86 a1f6 baee16ebf1f4マサ
仕事の悩み / 2018年04月10日
やりたい仕事がわからない時の対策・診断できるチェック項目

やりたい仕事がわからない時の対策

やりたい仕事がわからない時の対策・診断できるチェック項目

やりたい仕事が分からない人は多いです。可能性に満ちた新卒であっても、やりたい仕事を見つけることができないケースが増えてきています。生活のための仕事と、割り切れる人であれば問題はありません。しかし仕事に生き甲斐を求める人は、もやもやした気分のまま働いていることが多いでしょう。

もやもやした気分で仕事をしている人は、仕事中にやりたい仕事とは何かと自問することがあるでしょう。自問してもやりたい仕事が、見つからないことはあります。そんなときは過去の人生に思いを馳せてみましょう。

過去の人生に思いを馳せることによって、楽しかった思い出や充実していた時を思い出すでしょう。その中にやりたい仕事の鍵がある可能性があります。やりたい仕事が見つからない人は、試してみるといいでしょう。

やりたい仕事が診断できるチェック項目

やりたい仕事がわからない時の対策・診断できるチェック項目

やりたい仕事は何かと自問する人はいます。しかし見つからない人もいます。そんな人はポイントを押さえて、やりたい仕事を探していない可能性があります。ポイントを押さえて考えないと迷路に入ってしまいます。迷路に入ってしまえば見えているものも、見えなくなることがあります。

以下の内容では極力無駄のない方法で、自分のやりたいことを見つけ出す方法を、紹介していきます。人によっては直感でやりたい仕事を見つける人もいますが、これから紹介する方法は誰もが、やりたい仕事を見つけ出すのに役立つでしょう。

やりたい仕事を見つける三つの条件

下記に紹介している三つの条件は、当たり前だと思う人がいるでしょう。しかし意外に認識していない人が多いです。ハローワークや求人雑誌で気になる求人があれば、下記の三つの条件を満たしていることを確認しましょう。

・性格に合致した仕事
・能力が及ぶ仕事
・安心して働ける仕事

性格に合致した仕事は、誰もが無意識のうちに探しているのではないでしょうか。能力が及ぶ仕事は意識して探しています。安心して働ける仕事も意識して探しているでしょう。面倒だと思う人もいるでしょう。しかし三つの条件を意識しながら自己診断すれば、本当にやりたい仕事が見つかる可能性は高いです。

夢とやりたい仕事は違います。夢は根拠のない希望でしょう。やりたいことは現実的な希望です。紹介した三つのポイントは、やりたい仕事を見つけるために大切です。

やりたい仕事の人気ランキングTOP3

やりたい仕事がわからない時の対策・診断できるチェック項目

やりたい仕事がわからないとはいっても、就職は現実問題です。では実際に働くとして、人気の職種は何なのでしょうか。大学生の意識調査を元にランキングしています。

第3位 技術・研究系

やりたい仕事がわからない時の対策・診断できるチェック項目

やりたい仕事の第3位は、技術・研究系でした。勉強好きであれば、憧れる職務内容ではないでしょうか。技術・研究系の職務内容は専門性があり、将来も有望と思われている可能性があります。

第2位 医療・福祉系

やりたい仕事の第2位は、医療・福祉系でした。収入の良さが人気の秘密ではないでしょうか。社会的な地位があることも、人気を後押ししている可能性はあります。医療・福祉系の仕事は専門学部の学生の就職先ですが、将来的には安定している仕事と言えるでしょう。

第1位 事務・管理系

やりたい仕事がわからない時の対策・診断できるチェック項目

やりたい仕事の第1位は、事務・管理系でした。文系の知識が活かせることが、人気の秘密ではないでしょうか。文系の学生は幅広い知識がある傾向が強いです。事務や管理系の仕事は、幅広い知識が必要なことが多いです。文系の人には、うってつけの仕事ではないでしょうか。

シーン別やりたい仕事の見つけ方

やりたい仕事がわからない時の対策・診断できるチェック項目

学生がやりたい仕事と、社会人の経験がある人がやりたい仕事は異なるでしょう。学生がやりたい仕事は、憧れが混じっている可能性があります。しかし社会人経験がある人のやりたい仕事は、過去の仕事に関係してくるのではないでしょうか。

以下の内容では新卒と転職者に焦点をあてた、やりたい仕事の見つけ方を紹介しています。読んで納得すれば、就職・転職活動に活かすことができるでしょう。

就活

ここでの就職活動とは、学生が初めての仕事を探す活動です。在学中にアルバイトをしていた、学生は多いでしょう。しかし短期間だけ働くアルバイトと、長期間働く予定の正社員では探す条件が異なってきます。

正社員として働く限りは、できる限りやりたい仕事に近い職務内容を選びたいでしょう。しかし社会人経験が少ない学生は、やりたい仕事を探すときに迷うことが多いです。社会人経験の少ない学生が、やりたい仕事を見つけるには、興味や関心という観点から探すのが良いでしょう。

転職

転職をする人はいますが、次にやりたい仕事が抽象的または曖昧な人がいます。しかし転職を何回も繰り返すのは良くありません。あまりにも多い転職回数は、転職活動では大きなマイナスです。転職活動をする人は、やりたい仕事をきちんと見極めることが大切です。

転職者がやりたい仕事を見極めるためには、前職または前々職の離職理由を、はっきりとさせることが大切です。離職理由がはっきりしていれば、やりたくないことが見えてきます。やりたくないことが見えてくれば、やりたい仕事を探すことが容易になってきます。

やりたい仕事は、やりたくない仕事の裏側に存在している可能性があります。そのためには離職理由を明確にして何が嫌だったのかを、細かく分析することが大切になってきます。

年代別やりたい仕事の見つけ方

一般的に人は年齢によって考えていることが違います。また立場によっても異なってきます。しかし誰であっても、やりたい仕事を見つけたいと願っているでしょう。これから紹介する、やりたい仕事の探し方は条件別になっています。

ある条件の人には当てはまっても、違う条件の人には当てはまらないことがあります。しかし同じような立場の人が、やりたい仕事を探すときには少しは役に立つでしょう。

高校生

高校生は世間知らずの人が多くて、どんな職種があるのかも知らない人が多いです。そんな高校生がやりたい仕事を探すときは、職業適性テストを受けてもいいでしょう。職業適性テストは公共機関でも実施していますが、インターネット上でも実施しています。

職業適性テストで向いてそうな仕事が見つかったときは、先生や親に相談してみるのもいいです。自分では見つけることができなかった問題点を、先生や親が見つけてくれる可能性があるからです。

20代前半のフリーター

今は学校を卒業しても、正社員として就職しない人はいます。そんな人たちはアルバイトで、職を転々とするケースが多いです。それでも心の中ではやりたい仕事があるはずです。

やりたい仕事を見つけるには、何をしているときが楽しいのか、自問自答するのもいいでしょう。自問自答するうちに、自分のやりたい仕事が見つかることはあります。見つからない場合は、街中をぶらぶらしてみましょう。

街中ではいろいろな人たちが働いています。その中で気になる仕事があれば、自分のやりたい仕事である可能性はあります。人は関心のないことを気にすることはありません。

30代前半のフリーター

やりたい仕事がわからない時の対策・診断できるチェック項目

昔は少なかった、30代前半のフリーターが増えてきました。そんなフリーターも、昔はやりたかった仕事があった可能性はあります。しかし何らかの事情で、その仕事に就くことができなかったと推測されます。

そんな30代前半のフリーターが、やりたい仕事を見つけるには過去を思い出すことです。学校を卒業したときに、何になりたかったのかを思い出しましょう。思い出せたら、年齢的に働くことが可能なのか考えてみましょう。

何らかの事情で諦めた仕事に30代前半で、再チャレンジすることは不可能ではありません。強い気持ちで、やりたい仕事に向かっていきましょう。そんな強い気持ちが、扉を開く可能性はあります。30代前半はまだ若いです。やりたい仕事を諦める必要はありません。

やりたい仕事で正社員として働けないとき

やりたい仕事がわからない時の対策・診断できるチェック項目

やりたい仕事があっても能力的な問題や年齢的な問題で、正社員として働くことが難しいケースはあるでしょう。そんなケースでは、どうすればいいのでしょうか。対処法は立場によって異なってきます。

以下の内容では、やりたい仕事が正社員として働けないときの対処法を、条件別で説明していきます。不可能と思えることでも、発想を変えることで可能になることはあります。同じ悩みを抱えている人は、一つの参考意見として読んだらいいでしょう。

若年層のケース

この場合の若年層は30歳までの人とします。30歳未満の人であっても、やりたい仕事ができないケースはあるでしょう。問題点として考えられることは、特別な技術が必要とされる仕事内容が挙げられます。

そんなときは、ハローワークで相談してみるのもいいです。就職の見込みがあれば、職業訓練の紹介をしてくれることもあるでしょう。国が実施している職業訓練の内容は深いです。そこで真剣に学べば、正社員の入り口には立てる可能性があるでしょう。人材不足の業界であれば、高い確率で正社員として迎えてくれるでしょう。

中高年のケース

やりたい仕事がわからない時の対策・診断できるチェック項目

やりたい仕事があっても中高年の場合は、年齢的な問題で正社員として働くことが難しくなってきます。多くの企業の本音は若い労働者を求めています。それでは中高年は、やりたい仕事に就くことが不可能なのでしょうか。

その答えはやりたい仕事の業界にも関係してきます。人手不足の業界であれば中高年でも、能力次第で正社員として採用してくれることがあるでしょう。人手不足でない業界の場合では、どうすればいいのでしょうか。

そんな場合は面接のときに、アルバイトでもいいから働かせてほしいと頼むのが、有効な方法でしょう。今後の働きぶり次第では、正社員に抜擢される可能性は残っています。

いつまでも希望がある人は若い

やりたい仕事がわからない時の対策・診断できるチェック項目

やりたい仕事があるのは、希望の発露と言えます。白髪が目立つ年齢になっても、やりたい仕事にチャレンジする人はいます。そんな人たちの心は若いと言えます。容姿や肉体は年齢と共に劣化していきますが、心の若さは年を取っても維持することは可能です。

年を取ってもやりたい仕事がある人は、表情が明るいです。その理由は心の若さが容姿や肉体の劣化に、ブレーキをかけているからでしょう。年を取っても若々しい雰囲気を醸し出している人は、周りも見ていて気持ちがいいでしょう。

しかし本当に気持ちがいいのは自分自身です。事情が許すのであれば高齢になってからでも、やりたい仕事にチャレンジしたらいいでしょう。たとえやりたい仕事に就くことができなくても、チャレンジしているときは楽しいでしょう。

関連記事

Related