Search

検索したいワードを入力してください

仲間はずれの夢の夢占いでの意味・されやすい子の特徴・心理

Author nopic iconみいわあ
夢占い / 2018年03月28日
仲間はずれの夢の夢占いでの意味・されやすい子の特徴・心理

仲間はずれの夢の夢占いでの意味

仲間はずれにされる夢を見たことがありますか。例え夢でも、仲間はずれにされたら悲しくて落ち込んでしまうでしょう。そんな夢できれば見たくない、仲間はずれにされる夢ですが、万が一その夢を見てしまった時のために、夢の意味をご紹介します。

夢の意味

仲間はずれにされる夢は、逆夢だといわれます。けんか別れした友達と和解したり、疎遠になっていた友人と再び縁ができたりするのだといわれています。

仲間はずれにされる夢は、人との交流を暗示していたり、人間関係が良くなっていて運も上向いているような良い夢としての意味を持っています。

仲間はずれにされやすい子の特徴

仲間はずれにされるこの特徴はどのようなものなのか気になりませんか。仲間はずれにされる人に特徴があるといったら、仲間はずれにされる人に原因があるように思われがちですが、けしてそうではありません。

仲間はずれにされやすい子は、仲間はずれにする子がターゲットに選びやすいというだけだからです。仲間はずれにされにくくするためにも、仲間はずれにされやすい子の特徴をこちらではご紹介していきます。

大人しい

大人しい子どもはストレス発散の標的になることがあります。仲間はずれをする側は、何か気に入らないことがあると仲間外れをしようとしますが、相手が反論してこないような大人しいタイプがターゲットに選ばれることが多いでしょう。

何をやっても相手は許してくれると甘えているか、自分よりも目立つことは許さないという心理もありますが、相手が口が堅いと自分の悪事が表面に出ないために仲間はずれをしつづけます。

真面目

真面目な子も仲間はずれにされやすい典型的なタイプでしょう。真面目な子は、悪いことに対して自分のだめなところを克服しようとしたりし、自分に非があると思い自分を責める傾向にあるからです。

テンションが違う相手といると苦痛に感じ、遊びが遊びでなくなってしまうことから、自分を責める子は仲間はずれにされやすくなるでしょう。真面目な人が反省して暗くなっている間はなだめたり励まさなければならないといったことが増えると、どうしていいか分からなくなるからです。

几帳面

几帳面な子は約束の時間を何度も確認して来たりするために、約束の時間が来るまでに疲れてしまいテンションが下がってしまうなど、仲間とのテンションの違いで浮いてしまう事があるでしょう。目立つと標的になりやすいため仲間はずれになりやすいでしょう。

感情的

すぐムキになり感情的な子も仲間はずれになりやすいでしょう。反応が面白くて仲間に誘ったり仲間はずれを繰り返して、反応をみて楽しまれることがあるでしょう。人はストレスを抱えて心が濁ってしまうと、純粋なものを苛めたくなるのだといわれています。

仲間はずれにされた人の心理

仲間はずれにされた人の心理をご紹介します。

人間不信

仲間はずれになった人は、人が信じられなくなるでしょう。裏切りにあったり騙されて呼び出されて反応を面白がられたりと、悪意のあるからかいや仲間はずれをされて誰を信じてよいのか分からない状況です。

人間嫌い

仲間はずれにする人と仲間はずれにされる人は波長の高さが大きく違う事が多いでしょう。そのずれがあるために、仲間はずれにされやすくなります。仲間はずれにされることで、マイナスの感情を持つようになっていき、一時的に波長が低くなってしまい人間嫌いになっていきます。

人間嫌いの特徴として、とがったものや危険な物を好むようになっていきます。自分の中に鬱積した悩みを抱えているため、同調するようなオカルトやサスペンスやホラーにも興味を示すようになります。

対人恐怖

仲間はずれにする人の人数が多ければ多いほど、仲間はずれにされた人は対人恐怖を感じるようになり人生に絶望し始めます。対人恐怖を感じ始めると外に出れなくなり、例え外に出たとしても周りの目が気になり人の目を見れなくなるからです。

自分が対人恐怖症であることを自覚しはじめた仲間はずれにされた人は、いつまで続くか分からない対人恐怖の感情に支配されるため、人生に絶望感を感じつつひきこもり始めます。

眠れない

仲間はずれにされた人は、とても傷つきひきこもる傾向にあります。そのため、みんなが活動している昼間の時間帯に学校や会社を休んでいると罪悪感で押しつぶされそうになります。

そうして、徐々に夜型になり、人のいない夜中や朝型に外に出て開放感を味わうということがおおくなってきます。

後ろめたさもなく、誰もとがめることのない良心も痛むこともない深夜の外出を心地よく思い、またそうすることで精神のバランスを保てています。焦らせるようなことを言ったりせずに、心の負担を取り除く心底休めるような状況で回復していき、そうした経緯からくる夜型生活は終わりを告げるといわれています。

死にたい

仲間はずれにされた人は、その問題が解決されないとわかると自分の人生に価値を見いだせなくなったり疲れてしまうため、徐々に死にたいと思うようになる傾向があります。

自分が苦しんでいることを周りには怠けていると思われたり、叱咤されたりするうちに、仲間はずれにされた人は自分の人生が呪われているように感じ始めます。自分に価値はないように感じ、誰も自分の苦しみを分かってくれないと知り、周囲の人に理解してもらう事を諦めてしまいます。

周りは敵のように感じ、近づく人に凶器でもってバリアするような思考に陥り始めます。自分を傷つけることで強い苦しみや激しい悲しみを理解されようと、自分を傷つけることを考えはじめることもあります。

自分を責める

仲間はずれにされる人は、あまり人へ怒りを感じない傾向にあります。怒りを感じても、相手が悪いのではなく自分が悪いのではないかと自分を責めてしまうため、怒りを発散できずに強いストレスを感じるでしょう。

ひどいことをいわれたりされたりしても、怒りを感じて相手に言い返すようなことができずにただ泣くばかりです。泣けている内はいいのですが、泣けなくなってくると悲しみや怒りといった負の感情が発散できずに、心身が疲弊してくるため、気力がなくなっていきます。

無気力になる

仲間はずれにされたことをきっかけにして、気力を無くす人も多いでしょう。生きる気力やエネルギーが弱ってくるため、お風呂に入るのも一苦労になります。気を張り詰めて頑張ってきた期間が長くなればなるほど、張りつめた糸が切れた時にはもうどこに行くにも気力がなく、外に出るだけでもとても疲れてしまうようになるためです。

そうした背景に過干渉の親がいる場合もあります。仲間はずれにされたことが心配で過干渉になることもありますが、逆効果になることが多いでしょう。仲間はずれにされた人は、親のあまりの口うるささに反発して、いえば言うほど歯磨きをしなかったりお風呂に入らなくなります。

無気力になるのは、生きる気力がないことも原因の中にあるため、過干渉や放任をやめ、本人の心も体も耳もしっかり休ませてあげると、気力が回復した時にすんなりお風呂にはいれるようになってきます。

仲間はずれする人の心理

仲間はずれにする人は、一人だけ高い波長を発する仲間はずれにされる人を理解できずに邪魔だと感じ始めます。何とかして引きずりおろし同じような激しく醜い感情を感じて不幸になってもらおうとからかうようなことをしはじめます。

自分と同じように人に悪意を持ち言葉づかいが乱暴になり気が荒くなれば仲間になり、仲間はずれをしようと思わなくなるといった特徴があります。

仲間はずれをする人は、独りになることを恐れています。自分に従わない相手や弱くて反論しない相手を見つけ出し、自分から仲間はずれをしかけてしまいます。

悪口を言いふらすことで周りの人の賛同を得て自分に自信をつけてパワーアップしていきます。周りも自分と同じように腐った感情でいることを望み、一人ひとり仲間かどうかを確認していくこともあります。

その仲間とともに仲間はずれを楽しみ、弱いものを徹底的に懲らしめることで自分の自尊心を満足させて安心します。

仲間はずれにする人の状況

兄弟ができて親の愛情を独り占めできなくなりました。甘えられなくなりました。しっかりしなくてはいけない状況にあります。親に嘘をつき同情を引きます。親に注目されたいです。嫌なことを習い事や手伝いなど、強制的にさせられています。親の期待にこたえようとがんばっています。

感情操作され、強いストレスを感じています。自分が一番すばらしいのだとほめられたいです。仲間はずれにした人に対して強い嫉妬心があります。自分に注目してほしいという思いがあります。自分の思いどおりにならない人に対して手段を選びません。

サイコパス

かわいい小動物が虐待されていることがありますが、弱くて可愛いものが感情をあらわにすることで、サイコパスの攻撃本能がめざめます。その悪意が人間に向かう事もあります。

人が傷つくのが分からず、逆に快楽をえているような状況で仲間はずれをしてじわじわと相手を追い詰めます。嫉妬を感じると相手を嫌い悪口を広め仲間を増やしたがります。空想の中で気に入らない相手を殺していることも非常に多いでしょう。

サイコパスの特徴は、
・プライドが高い
・問題行動が多い
・嘘をつく
・自己中心的
・他人の感情を理解できない
・自分が意地悪したことを自慢する
・いじわるや仲間はずれにした情報の秘密を誰かと共有したがる
・次のターゲットをさがしている
などがあります。

注目されたい

常に注目されていたいという嫉妬心の強いタイプも、相手が注目されていたり、自分より中の良い友達がいたりする時に仲間はずれにすることがあります。自分が一番ではないと気が済まないために、自分の立場を奪われてしまわないように誰かを仲間はずれにしようとします。

仲間はずれを開始するまでは計画的なことが多いでしょう。気に入らないことが増えて行き、思うどおりにならなくなった時に仲間はずれとみられずに、相手に非があるように仕向けて罪悪感を刺激するなどし、とかく自分を守るために周りを巻き込んで相手を徐々に仲間はずれにしていきます。

ストレスの発散

そのような人は、家庭の中で満たされていないことが多いといわれています。退屈していたり嫌なことをいい子になってやらなければならないなどストレスを抱えています。

子ども時代なら、母親に注目されたくて嘘をつき始めたり、親の同情をひこうとします。それが成功するとその味を覚えるというように仲間はずれやいじめを楽しみ始め自分の意欲をふるいたたせます。

自己中

自分が中心にいないと気が済まない性格のため、何かあると自分を一番に持ち上げてくれなかったと相手を批判し、親に告げ口をするような傾向にあります。自分が物事を仕切ることで自信とパワーを得て快感を得ています。

そのような自己中心的な人は、自分をいい気分にしてくれる仲間はずれにできる誰かが必要でしょう。

卑怯

仲間はずれをばれないようにやったり、相手が悪いとみんなに悪口などを公表し仲間はずれの基盤を作っておいてから、準備が整ったら仲間はずれをするなどし、ばれたとしても、自分を正当化する言い訳を準備している事もあるでしょう。

相手の発言の中で攻撃できる部分はないかを探して、それを仲間はずれをする正当化する理由にして弱い立場の相手を仲間はずれにします。また、自分の仲間はずれは正しいことなのだと根回しをしたり、相手のためだと正当化することもあり、得意げになっています。

相手を見下している

相手を見下している人は、自分が素晴らしく思えてきて、馬鹿にする相手がいることで快感を得ています。自分に自信がないために、自分が見下せる相手を探して自分を癒すためにターゲットをきめて仲間はずれをします。

自分ができることについてを自慢をしたくてもできないため、一番になるような気分になるために、仲間はずれをすることで自分の心のバランスを保ち、そのような快楽をえて、日々のストレスを発散しています。

大人が仲間はずれにならない方法

大の大人になっても仲間はずれをしようとする人がいます。ストレスを発散したいから自由に楽しみたいのでしょうが、それはとても恥ずかしい行為です。

そうなる原因の一つに心が狭く人間的成長がないというのがあるでしょう。成長しようとはせずにただ日々をやりこなすために楽をしたいという考えが、少しでも不愉快なことを排除したいと思うようになります。居心地の良い状況を壊す気に入らない人を仲間はずれにして消そうとする考えです。

精神的に幼いことの認識

自分に注目されたがる人は、内面がとても幼いため、少しでも厳しいことを言われれば人を仲間はずれする原因として正当化する事があります。辛い時に温度差の違いで綺麗ごとをいわれると、人は反発してしまうからです。

ただ悩みを打ち明けたいこともあるので、気持ちに寄り添い理解しあえる仲間になると良いでしょう。仲間はずれにしたがる人は、精神的に幼いのだと認識し、こちらが大人の対処をするようにしましょう。

しかしそうした相手がサイコパスタイプならば非常に厄介なため、同じようなサイコパスタイプじゃなければかかわらない方が無難です。そうした人はブラック企業に多いです。過労死問題に巻き込まれることになりかねません。

友達は選びましょう。大人が仲間はずれにならないためには意地悪な相手にも、思いやったり共感すると良いでしょう。内面が幼い事を頭に入れておき、対処をするとよいでしょう。

職場

職場で仲間はずれにならないためには、挨拶を堂々と自信たっぷりにすることです。無理に笑う必要はありませんが、適度に笑顔を作ると良いでしょう。食事や飲み会に誘われた時にどうしても行きたくないようなときはきちんと断りましょう。

いやいやながらに参加しても顔に出てしまい帰って悪い印象を持たれてしまったりする場合があるためです。そのような時にも前もって自分の心理状況を伝え、誘ってくれたことに対しての感謝を伝えて敢えて参加するのも良いですし、きちっと断るのも良いでしょう。

飲み会

飲み会の席では隣の人と適度に会話しなければならないために、相手に興味を持っていないと話が盛り上がらずに余計に緊張してしまうなどしがちです。何を話したらいいか分からないときは周りにいる一番話しやすい人に話を振って、その会話の中に隣に座る人も会話に入れるなどするとよいでしょう。

話したことがなくても隣に座っているので無言でいるのも気がひけますし、その場が苦痛なものになってしまうでしょう。周りの人と適度な会話をし、話をふるとよいでしょう。

大人が飲み会の席で仲間はずれにならない方法は、周りの表情に合わせて自分の表情をつくるようにすることです。雰囲気をあわせれば目立ちませんし一人で浮いてしまったり、相手が話しかけにくかったり怖がったりすることもなく、話しかけやすくなるでしょう。

適度に開いたお皿を片付けたりするだけでも、その場になじむので周りに多少の目配りや気配りをするとよいでしょう。

ママ友など

ママ友などは自分と外見の印象が似たタイプの人に興味を持って「友達になりたい」と思う事があることでしょう。しかし表情がこわばっていたりすると話しかけづらく、怖い印象を持たれてしまうと仲良くなるまでに時間がかかり、いつまでも話しかけにくいと思われることもあるでしょう。

仲間はずれにされないためには周りを気にしすぎずに楽しみ、相手と話す機会があった時には興味があることを目の輝きや相槌などでも伝えるようにすると良いでしょう。この人と話して楽しいと感じるのは相手が自分に興味を持ってくれてうれしいとまず思う事が必要だといわれます。

また、お互いが警戒しているまだ仲良くなれていないうちに相手に全て合わせようとせずにいる方が好感をもたれます。自分の考えや好きなことを開示するようにしていらば、お互いに理解が深まるため警戒心が和らいでくるからです。

男の子・女の子別子供が仲間はずれの場合の対処法

男の子の育て方と女の子の育て方は違うといわれますが、仲間はずれの仕方なども男女によって違う傾向にあります。女の子は仲間と情報を共有したがる傾向にあり、悪口により仲間はずれにしていくという傾向にあるでしょう。

男の子は闘争心が旺盛なことから、攻撃対象を間違えることから仲間はずれが起きてくる傾向にあるでしょう。こちらでは男女別、環境別に仲間はずれの対処法をご紹介していきます。

幼稚園など

一対一の争いから仲間はずれなどのいじめに発展している場合もあるでしょう。幼いころは、善悪の判断を学ぶために、先生や両親がだめだという事に対して、悪いことだと強く認識する傾向にあるでしょう。

その大人に教えられた善悪の判断で子どもが大人のまねをして友達同士でさばきあうという事が良くあることです。そのために、幼稚園の先生にその子がみんなの前で叱咤されていたり、またはその状況にいると、相手を批判したり注意をするようになるでしょう。

そうしたことから仲間はずれは起きがちですので、それは仲間はずれである悪いことである、いじめはいけない、許さない、という先生や親立ちの子どもの心に力強く訴えるような発言で、自らまいてしまった、いじめの種を刈り取ることが必要になるでしょう。

男の子

男の子はテレビなどの影響で、アクションマンガなどを好む傾向にあるでしょう。しかし、強いことイコール暴力と間違えて覚えてしまう事もあるため、ヒーローは弱いものを守るために戦っているということを強く認識させるようにするとよいでしょう。

男の子が乱暴をして従わせようとして反感をかい、女の子たちに怖がられて仲間はずれになることもあるからです。

女の子

仲間に入れない気の弱い女の子も多いことでしょう。女の子は仲間と楽しく遊びたいので、楽しそうに独り遊びをしているだけで、寄ってきて遊びたがる傾向にあります。

仲間に入れないといじけていると、ほっておかれてますます仲間に入れないことに対して落ち込んでしまうことでしょう。そうならないために、まずは自分がやりたい遊びを楽しみ、その楽しんでいる姿を見せることが仲間ができるきっかけになるでしょう。

仲間はずれにならないおすすめのおまじない

仲間はずれをして相手の反応を楽しむような人もいるため、相手からのアクションは反応弱めにしておきましょう。そうした心理的な仲間はずれにならない対処法も良いですが、おまじないなども精神的に安心できるのでおすすめです。仲間はずれにならないと思われる適したおまじないをご紹介します。

ダイヤを描く

友達と仲良くいられるおまじないをご紹介します。

・白い紙と赤いペンを用意します。
・白い髪に赤いペンでダイヤマークを描きましょう。
・折りたたんでポケットに入れるなどして持ち歩きます。

太陽を描く

元気が出るおまじないをご紹介します。

・金色のペンを用意します。
・手のひらに金色で太陽を描きましょう。
・ときどき手のひらの太陽を眺めると元気をもらえます。

元気が出る曲のCD

元気が出る好きな曲がたくさん入ったアーティストのCDに金色のシールを貼るおまじないもあります。金色のシールを貼ったCDを聴けばいつでもパワーチャージができるハッピーになれるおまじないです。

元気が出るアーティストのMV

聴くと元気が出る自分の好きなアーティストのCDに星のシールをたくさん貼るおまじないをご紹介しましたが、あなたの元気ソングはみつけましたか。こちらでは、おまじないにおすすめなアーティストの米津幻師さんをご紹介をします。

米津幻師さんはハチという名前でニコニコ動画に音楽や絵を発信し続けてきたアーティストです。米津幻師さん本人もひきこもりがちであると公言しているのですが、そんな自分はだめだと落ち込むことが多いため、人々を元気づけるような曲を配信し続けているアーティストです。

幸せになろう

今回は「仲間はずれの夢の夢占いでの意味・されやすい子の特徴・心理」をご紹介しました。いかがでしたか。仲間はずれにする人は、気に入らないことが我慢できないストレスを抱えていることが分かりました。

しかしそのストレスを相手にも与えて苦しめる傾向が仲間はずれする心理にはあります。同じマイナスの感情を共有し、人を不幸に陥れて笑う仲間になるかはあなた次第ですが、環境を変えて、周りを多縁しながら自分らしく生きて行く事を選ぶあなたは、もっともっと大きな幸せをつかむことでしょう。

関連記事

Related

Line@