Search

検索したいワードを入力してください

【立場別】家庭内別居での気持ち・ルール・定義|子供/生活費

Small 544d9b2d 9248 4e3f a4e6 2b0fe068b3dfミルクココア
カテゴリ:結婚

初回公開日:2018年03月27日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2018年03月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【立場別】家庭内別居での気持ち・ルール・定義|子供/生活費

立場別家庭内別居での気持ちは?

子供から見て

離婚をすると、両親のどちらかに引き取られる事が一般的なので、どちらかの親に会えなくなる状況が出て来ます。それに比べて家庭内別居をしている家庭なら、子供のそばに両親が揃っている状態なので、子供と会えなくなる状況にはなら無いです。

離婚前の夫婦は、家庭内で怒鳴りあったり喧嘩になる事が増えますが、子供の前で喧嘩になるよりは、家庭内別居と割り切っている状態なら夫婦が顔を合わせない状況になる事が多いので子供から見てイヤな部分は見ないです。

家庭内別居をしていて、夫婦が顔を合わせない状況が、子供から見て、良い雰囲気では無い状況だと言うことも親は理解するべきです。将来、家庭を持ちたいと感じれなくなる可能性も出て来ます。人を信じられないようになってしまう事があるからです。

夫は?

夫は、家庭内別居になっても妻の方が収入が少ない、または無い場合は生活費をある程度渡す必要があります。完全別居できる夫婦は、お互いに収入がある人達が多いです。それ以外の夫婦は、離婚をすると決めていても、すぐに別居できる収入の見込みが無い人達もいます。その場合は、 家庭内別居を選ぶしか方法がない事になります。

家庭内別居をしている妻達は、結婚生活の中でしないとダメだった家事を夫のためにする必要がなくなります。自分の事と子供の事を済ませておけば良い環境になります。専業主婦の時よりは気楽に生活できるように変わります。

将来のために仕事探しを始める人も出て来ます。仕事を始めなくても、家庭内別居をしている間に夫から貰っている生活費の中から貯金を始める人もいます。効率よく将来貯金をする妻達は、この時期はお金にシビアになりやすいので、節約できる所は減らすようになる傾向が強いです。

家庭内別居は快適?

家庭内別居をしている人達は、同居しているだけという感覚な事が多く、顔を合わせない状況になっている事が多いです。夫がリビングや家の中で活動を始めたら、妻は部屋から1歩も出ないと決め、妻がリビングや家の中で活動をしていたら、夫は部屋から出ないようにしている事が多いので顔を合わせず何年も過ごせます。

普通の家庭では信じられない状況ですが、家庭内別居をしている人達に取っては普通のことです。離婚の話は面倒くさい、いつでもしようと思えばできるから放置している夫婦もいます。社会的立場のある人は離婚することは、世間体が悪いと感じる人もいます。

不倫相手の気持ち

家庭内別居を長くしていると、互いに不倫を始めることも当然出て来ます。夫も妻も別の人と付き合っていても関心はない状況です。離婚をすれば不倫とならないのに、お互いが自由ならとくに問題が無いので、家庭内別居の関係で継続して行く事を選んでるだけです。

家庭内別居をしている人と付き合う事になった不倫相手の気持ちは複雑です。いくら家庭内別居していると言っても、夫婦関係の人が住んでる家に帰って行くのを見ていて、イヤな気持ちになります。早く離婚して欲しいと感じるのは当たり前のことです。

家庭内別居のルールは?

家庭内別居をしている夫婦の間で、一応夫婦だから最低限のルールがある家庭もあります。どの家庭にも最低限のルールがあるので不思議なことではありません。家庭内別居をしている夫婦達に多いルールに付いて説明して行きます。

生活費

家庭内別居をしている人達も、元々は普通の夫婦関係で、普通の結婚生活を送っていた時期があります。夫婦関係が悪化する前に専業主婦となり、夫の収入で生活を送っている時期があった人は、家庭内別居をすることになっても夫の収入で生活を送っている妻は多いです。

離婚を意識して専業主婦からパート、または仕事を始めるようになる妻もいますが、自分で働いた収入は貯金に回して離婚後の資金を貯金するようにする人がほとんどです。子供のいる人は、夫からの養育費が貰えなくなった時の事も考え貯金予定額の計算も必死にしている人がほとんどなので、目標の貯金額になるまでは離婚できないと感じています。

食費

家庭内別居をしている人達は、食費は別々にしていることが多いです。夫から貰った生活費の中から夫に食費を渡すことがないです。

始めに渡す生活費の中から自分のお小遣いを抜いて渡してる夫が多いです。妻は夫の食事は用意しない事がほとんどです。

夫の収入から夫の分のお小遣いを抜く余裕がない家庭の場合は、夫の食事を用意することもあります。食事を用意したからと言って、一緒に食事をしたりする事や、食べる時の準備をしてあげる事は無いです。夫もご飯の時は、自分で温めて食べてお皿を洗う人がほとんどです。

子供のこと

家庭内別居をしている人達でも、子供のことは大切に感じています。

子供の幼稚園や学校の行事があれば最低限一緒に出席することもあります。会話は、ほぼ無い事が多いので周りの人に不仲なことを悟られることもあります。

家庭内別居をしている夫婦の間で問題になるのが、離婚後の子供の親権争いです。家庭内別居をしているうちは、一応子供と一緒に住んでいるので良いですが、別居後どちらも子供の親権が欲しい時は、最悪裁判で決める場合もあります。それがイヤでとりあえず、家庭内別居をする家庭が多いです。

家庭内別居の定義は?

家庭内別居をすることで、法律的に定められた決まりはありません。夫婦がお互いに納得して作り出している家庭内別居と言う定義は、周りの人が決めれることでは無いからです。人の感情も周りの人から見て決めれることではありません。

定義は無くても、家庭内別居している夫婦に共通している行動はあります。気持ちが冷め切っている人達、カップルに共通している行動とも言えます。あるあるネタです。

無視

家庭内別居をしている夫婦に共通して多いのは、同じ空間に居合わせてもお互いに無視をすることです。無視をすると言うよりは、視界に入らなくなるので相手が何かをしていても気になる事が無くなります。

バタバタとうるさい音を立てて動き回られたりすると、本気で目障りなので無視することも出て来ます。でも、家庭内別居をしている夫婦関係の人が、相手に気にしてほしいと感じてワザと行動をしたりする事は無いです。

例え、倒れそうになっててもお互いに無視するので気が付きません。気が付いて貰えません。それぐらいの気持ちで構えていないと、普通の夫婦が長期間喧嘩してるぐらいの関係であり、家庭内別居をすることは難しいです。

会話なし