Search

検索したいワードを入力してください

上唇が薄い・厚い人の特徴・出ている人の特徴・ほくろの意味

Author nopic iconななお
カテゴリ:モテ女

初回公開日:2018年04月12日

更新日:2020年02月15日

記載されている内容は2018年04月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

上唇が薄い・厚い人の特徴・出ている人の特徴・ほくろの意味

上唇と下唇の人相学での意味

一般的に、唇は人相学において性的な傾向を表すことが多いです。唇の形や暑さ、ほくろの有無などによってその人の恋愛に対する傾向が分かります。

また上唇は表面的でコントロール可能な感情や理性を表し、下唇は本能や欲望などの無意識に出てくる感情を表しています。また一方で、上唇は「注ぐ」愛情を示し、下唇は「受け取る」愛情の量をしめしている場合もあります。

上唇が薄い人の特徴とは?

上唇が薄い人はどのようなタイプでしょうか。ここでは上唇も下唇も薄い人、上唇は薄く下唇は厚い人、の二つのタイプに分けてご説明します。

上唇も下唇も薄い

上唇も下唇も薄いタイプの人は、愛情や愛着が薄く淡白な性格です。感情的ではなく、むしろ理性的で何事にもクールに対応することができるタイプです。

したがって人間関係においてもさっぱりした付き合いを好むタイプで、あまり深く付き合おうとはしないでしょう。他人は他人、自分は自分という線引きがはっきりしているので、他人と一緒に行動したり他人に合わせたりするのではなく、自分の意志で行動をします。

両方の唇が薄いひとは冷たい人だと受け取られることがありますが、冷たいというよりも理性的でクールな人だと考えるとよいでしょう。ベタベタせず、さっぱりしたお付き合いを望む方との相性が良いでしょう。

上唇が薄く下唇が厚い

上唇が薄く下唇が厚い人は、他人から多くの愛情を注がれるけれども自分からはあまり愛情を注がないタイプです。少し自己中心的でわがままな面があるともいえるでしょう。しかし、わがままで愛情を求める気持ちが強いにもかかわらず、実際に愛嬌があるため、人から愛されるお得なタイプとも言えます。

常に人から愛情をそそがれるため、自分から積極的に世話をしに行ったり愛情をそそぎにいったりということはあまりないでしょう。普段は人から注がれる愛情を受け取る側です。

他人からモテるのはいいのですが、自己主張が激しく好き嫌いもはっきりしているため、あまりわがままを言わないように気をつける必要があります。

上唇が厚い人の特徴とは?

上唇が厚い人はどのような特徴をもっているのでしょうか。ここでは上唇も下唇も厚い人、上唇が厚く下唇が薄い人、の二つのタイプに分けて考えてみます。

上唇も下唇も厚い

上唇も下唇も厚い人は感情豊かで情にも篤い人です。一般的に心が広くて皆に優しいので、異性にも恵まれ、良い家庭を築けるでしょう。自分勝手ではなく、相手の立場に立って物事を考えようとすることができます。

また厚い唇は性的なアピール力があるともいえます。なぜなら唇が大きく厚いほど感情豊かで情に厚いのですから、そういった人は情恋多き人でもあるからです。

他人へ愛情もたくさん注ぐことができるため、他人からも好かれます。たくさんの愛情を与え、与えられる幸せなタイプです。ただ愛情豊かなのは良いのですが、それが行き過ぎるとしつこく鬱陶しく感じてしまいまうため、注意が必要です。

上唇が厚く下唇が薄い

上唇が厚く下唇が薄い人は人に与える愛情が多いタイプの人です。上唇の厚さは自分から他人へ与える愛が多いということを示し、下唇の薄さは自我が強くなく、博愛精神を持っていることを示しています。

このタイプは他人に愛情を注ぐことで喜びを感じるため、とても面倒見がよく、世話好きです。どちらかというと愛し愛されるのではなく、一方的に愛を降り注ぐでしょう。

面倒見がよく世話焼きで、自分と他人に対しての評価が甘い所までは良いのですが、それが行き過ぎるとお節介やストーカー気味になってしまいますから、そういったところには注意した方がよいでしょう。

上唇が出ている人の特徴とは?

ここでは上唇が出ている人の特徴について考えていきます。上唇も下唇も突き出したように出ている場合と、上唇だけが出ている場合と、二つのパターンに分けてみてみましょう。

上唇も下唇も出ている

上唇も下唇もとがらせたように出ている人は、目立ちたがり屋で不平不満が多い人です。どんな人でも、つまらないことがあると一時的に唇を突き出す表情をすることがあります。普段からこうした表情になっている人は、つまらない時の表情が慢性化している状態であるため、常につまらない、不満だ、という気持ちを抱えていることが分かります。

ですから上唇も下唇もとがっている人は、意識して唇を引っ込めるように努力をする必要があるでしょう。そうでない限りはいつまでたってもつまらない人生になってしまいます。

さらに、唇が薄くかつ口が尖っているタイプの人は、人の陰口や悪口が好きだという特徴があります。こうした特徴がある人は、意識して治せるように努力するとよいでしょう。

上唇は出て下唇は引っ込んでいる

上唇が出て下唇が引っ込んでいるタイプは受け身で用心深いタイプです。自分から積極的に行動をしたり意見を言ったりはあまりしません。どちらかというと言いたいことがあってもハッキリ言わずに様子をうかがっています。

あまり自分から積極的に行動することはありませんが、向こうから好意を示してもらえると安心し、本音を打ち解けるようになるでしょう。

上唇が出るというのは、本当は言いたいことがあるのに上唇を出して押さえつけているような状態になっているということです。言いたいことがあるのに我慢する情態が続くと、徐々に上唇が出てくるでしょう。

上唇にあるほくろの意味とは?

上唇にほくろがある場合、どのような意味を持つのでしょうか。また後半では下唇にほくろがある場合の意味についても解説しています。

上唇にほくろがある人は他人に与える愛情の量が多い人です。恋愛に対しても積極的で、肉食系だと表現することもできるでしょう。献身的な愛情を積極的に注ぐので素晴らしいのですが、いきすぎると少ししつこくなってしまう場合もあります。

下唇にほくろがある人は、他人から与えられる愛情の量が多い人です。自分から積極的に動かなくても愛されてしまうので、恋愛に対しては受け身の姿勢でいることが多いでしょう。ただ、何もしなくても愛されるからといって、えらそうにしたりわがままな態度を取ってしまうことのないよう気を付ける必要があります。

上唇を薄くする方法とは?

ここでは、厚い上唇を薄くする方法についてお話ししていきます。まずは上唇が厚くなる原因を確認し、その後薄くする方法をみていきましょう。

上唇が厚い原因

上唇が厚い一つ目の原因は歯並びにあります。特にいわゆる出っ歯の人の場合、歯によって唇も前に出てしまい、結果的に上唇が厚く見えてしまうことになります。

二つ目の原因は筋肉の衰えです。加齢やストレスなどいろいろな要因によって口周りの筋肉が衰えると、口角を引き上げる筋肉が緩み、その結果上唇に厚みが出てくることになるのです。

三つ目は口呼吸です。普段から鼻呼吸ができている人であれば口が閉まり、口元も引き締まった形になります。しかし口呼吸をしている人の場合、口が常に開いた状態なので筋肉が衰えてしまい、上唇も厚くなってしまうのです。

上唇を薄くする方法

上唇を薄くする方法ですが、原因別に考えていきます。まず、出っ歯が理由で上唇が厚くなってしまっている場合、歯科矯正を考えるべきでしょう。気になる方はぜひ調べてみてください。

口周りの筋肉の衰えが原因である場合、筋肉を活性化するマッサージをすると良いでしょう。やり方は、人差し指と親指で上唇を数カ所に分けてつまみます。このように刺激を何度か繰り返し与えることで唇に力をつけ全体を引き締めることができます。

口呼吸が原因である場合、意識的に呼吸を変えるという方法が効果的です。普段から意識して口を閉じ、鼻呼吸するよう努めるのに加え、寝ている時などは口の上下を張り付ける専用のシールを用いるのもよいでしょう。

上唇は整形できるのか?

ここまで色々な上唇の形について説明してきましたが、実際の上唇が理想的な形であるかどうかは別問題です。そこで、上唇の形を変えたい、理想的な形にしたい、と思われた方のために、上唇の整形手術をすることができるのかどうかをみていきましょう。

薄くする

上唇を薄くする手術は、口唇縮小術という方法を挙げることができます。この手術は、唇の粘膜と乾いた皮膚との間を切除することによって、直接的に唇を薄くしていく方法です。

皮膚の一部を切除するという外科的手術が必要にはなりますが、一度手術をしてしまえば半永久的にその効果が続くため、魅力的な方法であることは明らかです。

上向きにする

上唇を上の方にリフトすることで上向きにし、鼻と唇の距離を近づけることもできます。これは上唇リフト術とというもので、上唇が極端に伸びてしまっていると方におすすめです。

また上唇リフト術の中にも二つの種類がありますから、お医者さんとよく相談し、どの手術法をするべきか、メリット・デメリットはなにかを事前によく考えるようにしましょう。

厚くする

上唇を厚くする方法は、上記の上唇リフト術もおススメですが、それ以外にも注射による手術方法もあります。注射の中でも、コラーゲンもしくはヒアルロン酸注射をするのが、長持ちするために人気があります。また長持ちするうえに手術後にそれほど腫れを引き起こさないのも良い点です。

一方唇に脂肪を注射する施術法もあります。しかし、長持ちせずた手術後にかなりの腫れを引き起こすといわれていることから、あまり人気のない手術方法であるといえます。

理想の上唇を手に入れよう!

以上、上唇に関してさまざまな角度考えてみました。一般的に、上唇は与える愛情、下唇は受け取る愛情を示しており、上下とも唇が薄い人はクールな人、上下とも唇が厚い人は愛情深い人であるという傾向があります。

また、唇が厚くなってしまう理由も、歯並びが原因であるもの、筋肉の衰えが原因であるもの、呼吸法が原因であるものなどがありました。しかしそのどれに対しても効果的な対処方がありますので、ぜひ参考にしてください。

唇は厚さや大きさによって与える印象が違ったり、人相的な違いがあったりしますが、一方でエクササイズしたり、トレーニングすることで比較的簡単に理想通りの形を作ることができる部位でもあります。気軽にできるトレーニングから始めて、理想的な唇を手に入れましょう。