Search

検索したいワードを入力してください

クリスマスを知るための用語7|クリスマス映画6つ

Author nopic icon夏目
カテゴリ:文化

初回公開日:2018年04月14日

更新日:2020年08月29日

記載されている内容は2018年04月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

クリスマスを知るための用語7|クリスマス映画6つ

クリスマスとは

クリスマスとは、イエス・キリストの降誕を記念してお祝いするお祭りです。毎年12月25日に祝われます。

キリスト教よりも先に成立したユダヤ教やローマ帝国の暦では日没を一日の境目としているので、クリスマス・イブと呼ばれる12月24日夕刻から朝までも、教会の暦ではクリスマスに数えられます。

日本でも年中行事として楽しまれており、多様なクリスマスソングが子供から大人まで多くの人に親しまれています。

クリスマスと宗教

クリスマスはキリスト教で始まったお祭りです。キリスト教の国では、クリスマスは家族と過ごす日です。もみの木のクリスマスツリーの下にプレゼントを置き、プレゼントを贈りあうことから「愛の日」だとも言われます。

また、カトリックの影響の強いヨーロッパの国ではクリスマスは12月25日に始まり、1月6日の公現祭まで続きます。子どもたちが12月6日の聖ニコラウスの日にプレゼントをもらう地域もあります。

クリスマスを知るための用語7

クリスマスを知るために、クリスマスに欠かせない7つの用語をおさらいしましょう。知っているようで、実は意外と知らないことがあります。

クリスマスの用語を正しく知ることで、クリスマストークや雑談の話題にもなります。

用語1:イエス・キリスト

クリスマスはイエス・キリストの降誕を祝うお祭りです。教会などでは、キリストが生まれた馬小屋のシーンを再現したジオラマなどがよく見られます。

毎年12月25日に行われますが、正教会のうちユリウス暦を使う地域では1月6日がクリスマスです。また、実はキリストが生まれたのは冬ではなく、4月~10月だったという説があります。

用語2:クリスマスイブ

クリスマスイブは、クリスマスの前夜のことをあらわし、主に12月24日を指します。教会のミサはクリスマスイブの夜に行われます。サンタクロースはクリスマスイブの夜中にやってきて、いい子にしていた子どもたちにプレゼントを配るとされています。

主に欧米では家族と過ごす日、日本では恋人と過ごす日と認識されます。クリスマスイブには、クリスマスケーキなどのごちそうを並べてお祝いします。

用語3:サンタクロース

サンタクロースはクリスマスイブの夜に、いい子にしていた子どもたちにプレゼントを持ってくると伝えられている、クリスマスに欠かせないおじいさんです。サンタクロースはキリスト教の聖人である聖ニコラウスの伝説が起源とされています。

サンタクロースは普段は北極に住んでいて、クリスマスイブの子どもが寝静まった頃にトナカイのひく空飛ぶそりに乗って現れ、煙突を通って家に入りプレゼントを置いていくと言われています。

用語4:靴下の由来

サンタクロースは、子どもたちの枕元につるされた靴下にプレゼントを入れると言われています。クリスマス・ストッキングと呼ばれるこの靴下は、サンタクロースのモデルになった聖ニコラウスの伝説がもとになっています。

聖ニコラウスは、三人の貧しい娘の家に夜中に煙突からひそかに金貨を投げ入れました。これが暖炉で乾かしていた靴下に入ったため、サンタクロースが靴下にプレゼントを入れるという言い伝えにつながりました。

用語5:クリスマスツリー

クリスマスツリーは、クリスマスのために飾り付けられた木で、知恵の樹の象徴とされています。伝統的にもみの木が使われることが多いです。もみの木は常緑の針葉樹なので、真冬でも青々と葉がしげっており、強い生命力の象徴とされます。

クリスマスツリーには、電飾やオーナメント、雪に見立てた綿などが飾られます。光ファイバーを使ったクリスマスツリーなども見かけます。

用語6:クリスマスツリーのオーナメント

クリスマスツリーに飾られるオーナメントは色んな種類があり、それぞれに意味が込められています。ツリーの先端にはキリストの降誕を知らせたベツレヘムの星にちなんで、多くは星が飾られます。イギリスなどでは、クリスマスエンジェルという天使が飾られることもあります。

そのほかアダムとイブの知恵の樹にちなんだリンゴや、キャンディケインなどのお菓子、ろうそく、電飾、モール、ガーランド、リボン、ベルなどが飾られます。

用語7:クリスマスケーキ

クリスマスケーキは、クリスマスを祝って食べるケーキです。日本のほか、イギリス諸国やフィリピンなどで親しまれている習慣です。

日本では洋菓子メーカーが広めたもので、サンタクロースやイチゴを飾りつけたものが一般的です。フランスでは切り倒した木をかたどったブッシュ・ド・ノエルというケーキ、ドイツではシュトーレンやイタリアではパネトーネというパンがクリスマスに食べられます。

おうちでクリスマス気分を盛り上げるならこちら