Search

検索したいワードを入力してください

野球場などのビールの売り子のバイトの給料・儲けるコツ|歩合

Author nopic icongomasannotaigun
年収・給与 / 2018年04月29日
野球場などのビールの売り子のバイトの給料・儲けるコツ|歩合

野球場などのビールの売り子のバイトの給料

スポーツ観戦の際に、絶妙なタイミングでビールの販売に来てくれる売り子さんの気になるお給料について詳しく見ていきます。試合会場で自分の好きな選手に声援を送りながら、入れたてのビールでのどを潤す瞬間はいつもの画面を通しての応援とは違った高揚感があります。そこにスタジアムならではの売り子さんがいるのですが、彼女たちはどうやって稼いでいるのでしょうか。

歩合制

ビールの売り子さんのお給料には、日当とは別にインセンティブが発生します。一般に時給が1000円と、ビールの販売数に応じた単価をあわせた金額が売り子さんのお給料になります。ビール一杯のインセンティブが70円だとした場合、3時間で、50杯販売したとします。一日の売り上げが6500円となり、時給換算をすると1時間に1800円の時給で働いていることになり、コンビニなどのお店で働くよりも高単価であることが分かります。

売り子初心者でも稼ぐことができますし、慣れてくれば倍以上のインセンティブをもらう事も夢ではありません。月3回勤務で30万円稼いだスタッフもいるなど、努力次第でいくらでも稼ぐことができますし、同じスタジアムを担当する、同じチームを巡回していると、お客さんに顔を覚えてもらえ、この人からしかビール買わないとお客さんが固定でついてきてくれることがあります。

かわいい人でないと採用されないのか

ビールの売り子さんといえば、イメージとして、かわいい子しかなれないのではないかと考えている人は多いのではないでしょうか。確かに、イベントでなにかものを買うならかわいい子から売ってもらいたいという心理は働きますが、容姿だけで働けないという事はあまりありません。

3時間同じスペースで売り続けるのではなく、試合などが中断しているときに、販売するのですから、他の人より動く積極性や、体力がなくてはなりません。ビールサーバーを担いで、会場を移動するのは並大抵の体力では続きません。

さらに人気の売り子になれば、ビールサーバー交換のたびに裏道を走って何往復もしながら表舞台では笑顔で接客しなければなりません。大事なのは、途中で投げ出さないための体力と、個人のキャラクターです。かわいくなくても、スポーティーな女の子や、話していて楽しい売り子さんには結果がついてくるので、容姿は重要ではありません。

チップがもらえることも

海外では、担当のウェイトレスへチップを払うのが当然となっていますが、日本ではあまり見かけない習慣です。スポーツ会場でのビールの売り子さんは、購入代金のお釣りなどをそのままチップとしてもらうことがあります。回数は少ないのですが、幸運は重なるもので、お小遣い程度に懐を温めることができます。

特にお客さんがビールを飲んでほろ酔いになっていたり、応援しているチームが有利になっていて気分がいいと、ビール代金のお釣りをチップとしてもらうことができます。何度もお会いしていて、ビールの売り子として人気があればその分だけチップをもらえる確率も高くなります。

甲子園には関西のお客さんがたくさん来場しているので、より気前が良くなるなど、地域によってもチップをもらえる機会は増えるところもあります。いずれにせよ、もらえなくてもサービスをしっかり提供していれば、お仕事の大変さに見合う金額を稼ぐことができます。

倍率は高くない

売り子のお仕事は若い女の子に人気のお仕事となっており、人材不足は特にありません。かといって、反対に倍率が高いかというと、体力面が想像以上につらかったり、1人がシフトに入れる回数が少なかったりという理由で、現在でも積極的に採用はされています。

ビールの売り子になる人

ビールの売り子になる人は、友人の紹介や、野球好きがお小遣いを稼ぐ手段としてなる人が多くなっています。部活動などで一定時間働くことはできないけれど、時間のある時に働けるところが人気の理由です。

髪型や、アクセサリーに縛りはなく自分の好きなファッションで働くことができます。制服や靴は会社が管理してくれますので手ぶらで出勤が可能になります。

ビールの売り子には、男性もなることができます。体力勝負の売り子のお仕事は、男性にも人気です。会場の熱気を浴びながら働いてお金を稼げますのでおすすめです。
一日に稼ぐことができる金額が高いことで人気なのは東京ドームです。シーズン中は、さまざまな求人広告で募集をかけていますが、広告を出していなくとも、球場専用の売り子を管理している会社などがありますので、そちらに直接電話をかけてビールの売り子になっている人もいます。

ブスにはなれないのか

ビールの売り子になるにあたって、容姿がかわいくないと仕事ができないと不安に思う人もいることでしょう。ですが、容姿よりも固定のお客さんをつかむために工夫をするスタッフが人気の売り子になるための秘訣です。

かわいいという価値観は個人の裁量によります。ガタイのいい女の子をかわいいという人や、肌が白い女の子がかわいいの代名詞になる事も人それぞれ価値観が違います。仕事着は、ユニフォームのような制服に、カラフルな帽子があります。多少自分がブスだと思ってもこれらのアイテムでカモフラージュできるので続けられるスタッフも多くいます。高校生や、AKBグループを見てもわかるように学生をイメージさせる制服はイコール応援したくなる明るい感情を呼び起させてくれます。

ビールの売り子で儲けるコツ

ビールの売り子は時給と歩合制を合わせると、ほかのアルバイトより稼げる職業として人気が高くなっています。実際は何キロもあるビールサーバーを担ぎながら接客をするとなるとかなりの重労働となります。金額に見合ったお仕事かどうかは個人の価値観によるところが大きいのではないでしょうか。

また、アルバイトでありながら営業職のように頑張れば頑張るほどたくさんお金を稼げるのも事実です。一体どのようにしたら、売り子として稼げるようになるのでしょうか。

固定のお客さんを増やす

自分が応援している選手や球団のために何度も足を運ぶお客さんの中には、この球場では、この売り子さんからしかビールを買わないと決めているお客さんがいます。そのような、固定のお客さんをもつことで、定期的にインセンティブを稼ぐことができます。

また、球場では宴会を開くなど陽気なお客さんがいます。このような人に指名いただくと入れ替えのたびに大きな声で声をかけるなど、足で稼ぐことをしなくともピンポイントで儲けることができます。

とはいえ、今日は自分が出勤しているのだという事をアピールしなければ、他の売り子からビールを買われてしまうので、アピールはある程度しておきましょう。

SNSを活用する

インターネットを使って顔出しをしたり、ビールの売り子をしているときに、買ってくれたお客さんがスマホで売り子さんをカメラで収めて自身のツイッターなどにアップして拡散すると、ただの売り子さんから、少し信頼のできる売り子さんにレベルアップすることができます。

全く知らない人にビールを売られるよりも、少し知っている人からビールを買いたいという人間の心理が働きます。知人が買ったことのある売り子さんからビールを買うことで、お気に入りの売り子さんなら、そこから話が弾むなどつながりが見える売り子さんは稼げる傾向があります。

衣装をアレンジする

ビールの売り子は、既定の制服を着用する以外は、個人の自由でおしゃれを楽しむことができます。固定のお客さんを増やしたり、ビールが好きそうなお客さんを見逃さないためにも普通の恰好に少しアレンジを加えます。

例えば、キャップの被り方は、売り子さんならではではないでしょうか。つば付きキャップの被る部分を半分に織り込んでピンで髪に固定することで客席を遠くまで見渡すことができます。歩かずとも、お客さんの表情などから、どの人にビールを販売するべきかを判断することができます。

また、ユニフォームにバッチや、タオルなど邪魔にならない程度につけてみることで、お客さんとの会話のとっかかりを見つけてもらいやすくなります。

選手の情報を仕入れておく

売り子になる人には、野球好きなどの人も多くいらっしゃるのではないでしょうか。事前に選手の簡単な移籍情報や、これまでの対戦成績などインターネットを活用することで得られる程度の情報を簡単に頭に入れておくと、お客さんに自分の顔と名前を覚えてもらうことができます。

その結果リピートにつながるなど、シーズン中の長期的な売り上げにつなげる事ができます。

ビールの売り子の面接内容

ビールの売り子の面接内容は、仕事内容の説明と、土日などの繁忙期に出勤できるかなどといった普通のアルバイトで聞かれる内容に加えて、ホームとして構えている球団についてどう思うかなどについての質問をされます。

即日採用のところがほとんどですので、よほどのことがない限り程よい解答を心がけることです。

ビールの売り子の仕事内容

主な仕事内容は、ビール樽を担ぎながら、お客さんにドリンクをおすすめすることです。1樽で20杯程度入っているので、インセンティブを稼ごうと考えているのなら、交換地点からスタジアムまで何往復もする体力が必要になります。

ビールの重さ

ビールサーバーやそのほかの器具、コップなどを含めると、10リットルの樽で約20キロの重さがあります。炎天下の中、ビール樽を保護するためのクッション材の間に挟まれた背中には、何かしらのケアは必要になるでしょう。

楽しく稼いで社会性も身につく売り子さん

「球場の華」ともいえる売り子さんについて簡単に説明をしていきました。女の子はもちろん、男の子にも人気が高い売り子さんに、興味を持っていただけましたか。

体力面ではとても大変なお仕事ですが、皆さんがこれから学校を卒業して働く際に必ず役に立つ営業スキルが身についたり、売り子を初日から味わえる楽しさがあります。

大変だからこそお客さんとの会話を大切に、お金だけではなく自分の人としての成長のために目標をもってお仕事に取り組みましょう。

ビールの売り子さんとしての経験は、これから先長い人生の中で、必ず役に立ちます。辛くても1シーズン、働き切ってみてださい。

関連記事

Related