Search

検索したいワードを入力してください

【作品別】感想文の書き方・コツ・書き出し|走れメロス

Small 1bf01744 6e94 49eb a4c8 40d737dfc795Nisa
学習 / 2018年05月01日
【作品別】感想文の書き方・コツ・書き出し|走れメロス

感想文の書き方

小学生から高校生まで、読書感想文は宿題の定番です。課題図書が決められていることもあれば、自分で選ばなければならないこともあります。どちらの場合も「どう書けばいいのか分からない」悩みを抱えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

今回は、読書感想文が苦手な方のために、感想文の構成やコツをご説明してきます。

【書き出し】を見つけるために

読書感想文を書くためには、まず読む本が必要です。本を選んだ理由は【書き出し】を作るためにも大切な要素なので、意識して選びましょう。「簡単そうだから」「書きやすそうだから」という理由で選ぶと、苦手な方は最初からつまづいてしまいます。

両親や友達におすすめを聞いたり、学校で配られた『図書室だより』を読んだり、書店へ行ってベストセラーの棚や興味ある分野の列を探したりしてみましょう。

感想文の構成

感想文にも書き方があります。ここでは、感想文の構成についてご説明していきます。

【書き出し】

感想文は、まず【書き出し】から始まります。

【書き出し】に書く内容は「どうしてその本を選んだのか」です。「簡単そうだったから」「書きやすそうだったから」でも、読書や感想文が得意ではない理由を書けるのであれば「そんな私でも興味が湧いたので選びました」と繋げることができます。

苦手な方には「父親に勧められて面白そうだと思ったから」「友達が読んでいて、自分も読んでみたいと思ったから」「書店のベストセラーの棚に置いてあって気になったから」の方が取っつきやすく、書きやすいでしょう。

【説明(要約)】

感想文構成の2番手は【説明(要約)】です。

【説明(要約)】に書く内容は、「本のあらすじ」です。

①主人公(登場人物)はどういう人間で
②何をしたのか(何が起きたのか)
③その結果、何が引き起こされて
④最後はどうなってしまったのか

内容の要約をするつもりで①②③④を簡潔に書きましょう。「○○だと思いました」などの感想を書くのはこの次なので、ここではまだ書かないように注意しましょう。

【感想】

感想文の3番手、ここでようやく【感想】です。

【感想】には、「読んで思ったこと」を書きます。何を書けばいいかまとまらない場合は、【説明(要約)】で挙げた①②③④を意識してみましょう。

①主人公について、まずどう思ったか
例)私は最初、主人公はひどい人だと思いました。

②したこと(起きたこと)について、どう感じたか
例)火事が起きたのは、主人公が気づいていなかったせいです。読んでいて、腹が立ちました。

③引き起こされた結果について、どう評価するか
例)周りの人や家族に嫌われてしまったのは、当たり前です。

④結末まで読んで、どんな気持ちになったか
例)ちゃんと反省して気をつけるようになったので、えらいなと思いました。

漠然と感想を連ねるよりも、組み立てた方が分かりやすい文章になります。

【結び】

感想文の最後は【結び】で締めます。

【結び】には、「本を読んで自分が得たこと」を書きます。【感想】の④で挙げた内容から繋げてみましょう。

【感想】の④「ちゃんと反省して気をつけるようになったので、えらいなと思いました。」
【結び】私もお母さんに叱られても同じことをしてしまう時があるので、ちゃんと反省して次はしないようにしたいです。

自分の経験や体験を反映させると、説得力のある文章になります。

感想文のコツ

感想文を書くのが苦手な方は、最初から感想を書いてしまって続かなくなることが多いのではないでしょうか。書き始める前に、まず上に挙げた4つの構成を大まかに決めておきましょう。それぞれのポイントを箇条書きなどで書き出しておくと、それに沿って書けるので便利です。

感想文のポイント:作品別

ここでは5つの作品について、感想文のポイントを大まかに挙げていきます。

※大まかなポイントなので、【要約(説明)】では取りあげていない内容が多くあります。ご了承ください。

『走れメロス』の感想文

太宰治による不朽の名作、『走れメロス』です。

【書き出し】【要約(説明)】のポイント

『走れメロス』の感想文、【書き出し】【要約(説明)】のポイントです。

【書き出し】
・教科書に載っていて、もう一度読みたくなった
・名作なので選んだ
・太宰治の作品の中で、一番よく聞く名前だった

【説明(要約)】
①メロスは妹と暮らしている
②結婚する妹のために町へ買い物へ来て、王の悪い評判を聞いて城へ向かった
③王の怒りに触れて処刑されることになったが、妹の結婚式のために友達のセリヌンティウスを代理にして帰る
④妹の結婚式を終えたあと、三日の期限に間に合うように町まで走る。約束を守ったメロスを見て王が改心する

【感想】【結び】のポイント

『走れメロス』の感想文、【感想】【結び】のポイントです。

【感想】
ポイントとして、「メロスの誠実さ」が挙げられます。

・王に立ち向かっていくところが勇敢だと思った
・メロスの代わりになったセリヌンティウスは、本当にメロスを信用していたのだろう
・処刑されると分かっていて戻って来たメロスも、その姿を見て反省した王様も立派だと思った

【結び】

・私はメロスのように誠実だろうか。
・僕はメロスと同じことができないと思います。でも、~たいと思いました。

『永遠の0』の感想文

『永遠の0』(えいえんのゼロ)は、百田尚樹の作品です。

【書き出し】【要約(説明)】のポイント

『永遠の0』の感想文、【書き出し】【要約(説明)】のポイントです。

【書き出し】
・書店のベストセラーの棚にあったので、読んでみたくなった
・映画を観たので、原作を読みたくなった
・母に勧められて興味があったので選んだ

【説明(要約)】
①佐伯健太郎は働いていない、将来への夢もない青年
②ゼロ戦パイロットだった実祖父「宮部久蔵」について、姉と取材を始める
③色々な人に話を聞いて心を揺さぶられながらも、特攻で散った宮部久蔵の実像を掴んでいく
④大石賢一郎は宮部久蔵の死後、祖母である松乃を守ると誓って結婚していた

【感想】【結び】のポイント

『永遠の0』の感想文、【感想】【結び】のポイントです。

【感想】
ポイントとして、「宮部久蔵の心の変化」「戦争の悲惨さ」が挙げられます。

・必死で生きようとしていた宮部の心が変わっていくところが印象的だった
・太平洋戦争でゼロ戦がどんな風に戦っていたのかを初めて知って、衝撃を受けた

【結び】

・自分に宮部と同じ決断ができるだろうか。
・平和について、自分もきちんと考えなければならないと思った。

『山月記』の感想文

『山月記』(さんげつき)は、中島敦の書いた短編小説です。

【書き出し】【要約(説明)】のポイント

『山月記』の感想文、【書き出し】【要約(説明)】のポイントです。

【書き出し】
・教科書に載っていて、もう一度読みたくなった
・中島敦の小説に興味があった
・虎に変化する話、と聞いて興味を持った

【説明(要約)】
①李徴は科挙に合格するほどの秀才だった
②さらに名声を得ようとして失敗、遂には発狂して山へ消える
③人食い虎になって、山へ通り掛かった旧友の袁傪を襲い掛けるが気づいて隠れる
④自分が虎になってしまった理由を告白し、袁傪と共に涙を流した

【感想】【結び】のポイント

『山月記』の感想文、【感想】【結び】のポイントです。

【感想】
ポイントとして、「李徴の反省」が挙げられます。

・李徴は、虎になるほどでなければ反省できなかったのだろうか
・反省をしても、もう元に戻らないのだと思うと悲しくなった
・袁傪だけはこれからも友達でいて欲しいと思った

【結び】

・李徴のような一面は、誰しも持っているものではないだろうか。
・もっともっと、と自分にないものを求める前に、今あるものを大事にしていきたいと思った。

『こころ』の感想文

夏目漱石による小説、『こころ』です。

【書き出し】【要約(説明)】のポイント

『こころ』の感想文、【書き出し】【要約(説明)】のポイントです。

【書き出し】
・他の作品を読んだことがあり、これも読んでみたくなった
・書店の棚でおすすめされていた
・『図書室だより』であらすじを読んで興味を持った

【説明(要約)】
①鎌倉へ海水浴へ行った「私」は「先生」と出会う
②東京へ戻って「先生」の家を訪問するようになるが、父親の健康状態が悪く帰省を繰り返す
③母親から頼まれ、「先生」に働き口を紹介して欲しいと手紙を出す。「先生」から届いた返事は遺書だと気づき、東京へ戻る
④手紙には、「先生」が両親を失くして叔父に裏切られたことや、結婚の背景で親友Kが自殺していたこと、それをずっと後悔していたことが書かれていた。

【感想】【結び】のポイント

『こころ』の感想文、【感想】【結び】のポイントです。

【感想】
ポイントとして、「先生の後悔」が挙げられます。

・先生がなぜ急に遺産の話を始めたのか気になっていた。同じ失敗をしないように伝えたかったのだと思った
・墓参りに行っている間、先生はどんなことを考え続けていたのだろう
・「先生」は「私」に遺書を送った理由は~だからではないかと思った

【結び】

・自分にも嫉妬を感じたりすることがある。「先生」は悪人なのだろうか。
・私にも先生ほどではないけれど、後悔がある。自分で自分を許せないのは辛いことだ。

『レ・ミゼラブル』の感想文

『レ・ミゼラブル』は、フランスのヴィクトル・ユーゴーによる小説です。

【書き出し】【要約(説明)】のポイント

『レ・ミゼラブル』の感想文、【書き出し】【要約(説明)】のポイントです。

【書き出し】
・ミュージカルで観たので、原作を読みたくなった
・映画で観た内容を補完したかった
・家の本棚にあって気になった

【説明(要約)】
①ジャン・ヴァルジャンはパンを盗んだ罪で、19年も徒刑場へ収容されていた。
②司教は温かく接してくれたが、ジャンは盗みを働く。しかし司教はジャンを庇った上に銀の燭台まで与えた。
③改心したジャンはその後市長になったが、警視は過去を疑う。ジャンは工場で働くファンテーヌの遺した娘のコゼットを引き取り、パリから姿を消す。
④コゼットの婚約者マリウスは、かつて自分を助けてくれた人物がジャンだと気づいて会いに行く。二人に見守られながら、ジャンは息を引き取る。

【感想】【結び】のポイント

『レ・ミゼラブル』の感想文、【感想】【結び】のポイントです。

【感想】
ポイントとして、「ジャンの改心」が挙げられます。

・人はこんなに変わることができるのだなと思った
・許した司教の優しさが、貧しさに荒んでいたジャンを変えたのだろう
・人を守るために隠したい過去を告白する場面に心を打たれた

【結び】

・本当の強さとはなんだろうか。司教のような優しさやジャンのような勇気は自分にもあるだろうか。
・辛いことや後悔があっても、それをバネにして生きていくことができると学んだ。

コツを掴めば感想文は難しくない!

今回は5つの作品を例に挙げて、感想文の構成や書き方のコツについてご説明してきました。何を書けばいいのか迷う方は、まず4つの構成に分けて考えましょう。コツさえ掴めば、感想文は難しいものではありません。次の感想文を書く時には、試してみてください。

関連記事

Related