Search

検索したいワードを入力してください

男性の医療事務の年収・やめたいと思う時・求人はあるのか

Author nopic iconそらあおぐ
年収・給与 / 2018年04月18日
男性の医療事務の年収・やめたいと思う時・求人はあるのか

男性の医療事務で辞めたいと思う時

男性の医療事務の年収・やめたいと思う時・求人はあるのか

少し前までは医療事務は女性の職業という印象がありました。しかし、今では医療事務に限らず、仕事に対して性別という考えを持ち込むことが減ってきています。そのため、医療事務の職場で男性を見かけることも増えてきました。

しかし、医療事務の仕事を始めた男性の中には、転職を考えるようになる人もいます。では、男性が医療事務の仕事を辞めたいと考えるようになってしまうには、どのようなことが原因となるのでしょうか。

残業が多い

医療事務に限らず、仕事を辞めたいと思ってしまう原因の定番は残業の多さです。医療事務も残業が多い職業と言われているため、辞めたいと思ってしまいやすい職業です。

単純に作業量が多いこともありますが、人の体に関わる仕事のため、1つ1つの作業を慎重かつ、丁寧にしないといけません。作業量が多いうえに1つ1つの作業に時間をかけないといけないため、定時内で仕事が終わることが少ないです。

また、仕事内容上、作業を溜めてまとめて作業するわけにもいかないので、仕事の時間を自分でコントロールすることも難しいです。毎日のように残業が続くと、心体が疲弊してしまい医療事務の仕事を辞めたいと考えてしまうようになります。

専門的な知識を必要とする

男性の医療事務の年収・やめたいと思う時・求人はあるのか

どのような仕事であっても専門知識は必要になります。しかし、医療事務の場合は特に専門知識を必要とする仕事で、専門用語をある程度は知っておかないと仕事を手伝うことすらできません。

また、仕事を始めたばかりの頃は環境にも馴染んでいなく、残業も多いため、心体に大きな負担がかかります。この負担に耐えきれなくなってしまうと医療事務の仕事を辞めたいと考えるようになります。

医療事務の仕事を始めて1年や2年などの短期間で辞めてしまう人は、この負担に耐えきれなくなることが理由であることが多いです。

女性が多い

医療事務の職場に男性が増えてきていると言っても、まだまだ女性の割合の方が圧倒的に多いです。そのため、男性が職場で肩身の狭い思いをしてしまうことがあります。

男性が医療事務の仕事を始めると、女性特有の職場の雰囲気に負担を感じてしまったり、男性であるために作業量を多くされたり、体力仕事を押し付けられてしまい、体力的に限界を感じてしまったりすることがあります。

また、女性の職場特有の派閥化や、いざこざに巻き込まれてしまうというトラブルに遭ってしまうこともあります。

医療事務の男女比

男性の医療事務の年収・やめたいと思う時・求人はあるのか

上記で述べた通り、医療事務の職場に男性が増えたと言っても、まだまだ女性の割合が圧倒的に多いです。その男女比は男性1に対して女性が9と言われています。しかし、これは医療機関の規模によって少し変動します。

規模の大きな医療機関では医療事務に男性を求めることが増えてきています。大きな病院では夜間診察や、夜間救急を行っていることがあります。なので、夜間にも医療事務が必要となります。

夜間の仕事はセキュリティ面や、本人の安全性などを考えると女性よりも男性にしてもらう方が安心です。そのため、医療事務には男性が必要と考えられるようになってきました。

また、女性は結婚や出産などで職場をい離れてしまう可能性があります。なので、医療事務は女性が多いため、入れ替わりが激しいです。そのため、できるだけ長く働ける人という意味でも、男性にいてもらう方が安心して仕事を任せられるという考えもあります。

男性の医療事務の年収

男性の医療事務の年収・やめたいと思う時・求人はあるのか

医療事務の給料は18万円から22万円が相場と言われています。なので、年に2回の賞与があると考えても、その年収は300万円に届かないこともあります。

また、医療事務では性別で給料の額が変わったりすることも少なく、あまり給料が上がることも期待できません。なので、男性の収入としては少し少なく感じることになります。

知人たちが年齢を重ねるごとに、会社での立場や役職、給料が上がっていく様子を見て、医療事務の仕事を辞めたいと考えてしまう男性もいます。

男性の医療事務の将来性

男性の医療事務の年収・やめたいと思う時・求人はあるのか

男性の医療事務はこれから求められる存在となることは十分に考えられます。先に述べた通り、夜間勤務や力仕事がしやすいこと、結婚や出産による退職が少ないことなど、男性であることのメリットは多くあります。

また、クレームが発生したときに、対応した人が女性であることから威圧的に接してこられることもよくあります。そのようなときも、男性が対応すればスムーズに解決する場合もあります。

医療事務は人手不足になりやすいため、仕事を見つけやすいという利点もあります。なので、しっかりとスキルアップをして、経験を積んでいれば定年まで働くことも可能です。

ただし、求められる存在であるからといって、必ず給料が高くなっていくとは限りません。医療事務は収入面にこだわらないという人で、仕事にはやりがいを重視するという人に向いているでしょう。

男性の医療事務の求人はあるのか?

男性の医療事務の年収・やめたいと思う時・求人はあるのか

先に述べた通り、女性は結婚や出産などで職場を離れてしまうことがあります。なので、医療事務は人手不足になっていることが多いため、求人もそれだけ多くあります。

また、医療事務に男性を求める現場も増えてきているため、男性であることを理由に医療事務を仕事を求めて不利になるようなことはありません。

しかし、多くの求人が出されているということは、それだけ条件が違う求人が存在しているということです。なので、自分に合った職場を見つける必要があります。

正社員

医療事務の求人の多くは正社員です。医療事務は女性の職場のため、結婚や出産などのやむをえない理由で職場を離れてしまうことがあります。そのため、医療事務の現場では長く働いてもらえる人を確保するために正社員としての求人が増えます。

なので、長く働ける男性の正社員は医療事務の現場からは貴重な存在です。そのため、求人の詳細に男性歓迎のような文字がなくても、採用される可能性は高くなります。

転職

男性の医療事務の年収・やめたいと思う時・求人はあるのか

上記で述べた通り、医療事務の現場では男性の正社員は貴重な存在です。また、以前に医療事務の経験があれば即戦力となるため、さらに貴重な存在となります。

未経験

医療事務の現場では男性は貴重な存在ですが、未経験者であれば最初の1年2年で仕事に耐えきれなくなってしまう可能性はあります。そのため、面接などでは「辛い仕事であるが、続けていくことができそうか?」ということが念押しして確認されることがあります。

規模の大きい医療機関を狙う

男性が医療事務の求人を探すのであれば個人経営の診療所などではなく、総合病院や大学病院などのような規模の大きい医療機関の求人から探すようにしましょう。規模の大きい医療機関ほど、男性の手が欲しいと思っている確率が高いためです。

ただし、仕事量や求められるものも大きくなるため、仕事として続けていけるかどうかを慎重に判断する必要はあります。

医療事務からの転職

男性の医療事務の年収・やめたいと思う時・求人はあるのか

どれだけ仕事を頑張ろうと思っても、仕事内容や職場環境などによって、医療事務を辞めて転職をしようと考える場合もあります。無理に仕事を続けて、心体を壊してしまっては意味がありません。

そのため、仕事を辞めることは必ずしも悪い選択肢とは限りません。重要なのは、仕事を辞めた後の行動です。仕事を辞めることになった原因をしっかりと理解して、次の職場ではその問題を解決する必要があります。では、医療事務から転職する際にはどのようなことに注意をすれば良いのでしょうか。

職場を変える

医療事務はまだまだ女性の多い職場です。なので、女性の職場特有の雰囲気に馴染めずに心体が疲弊してしまう男性も多いです。特に、職場の女性に目をつけられて、いじめのような状況に陥ってしまう場合もあります。

このように人間関係が原因で仕事を辞めたいと思ってしまった場合は、医療事務の仕事自体に問題があるわけではありません。なので、別の医療機関で医療事務の仕事することを考えましょう。

上記で述べた通り、男性の医療事務は貴重な存在なので、すぐに仕事を見つけることができる可能性は高いです。

他の事務仕事

医療事務は事務の中でも専門的な知識を多く必要とします。なので、最初の1年2年で覚えることが多すぎて、仕事についていけなく感じてしまう人もいます。そのような人は、医療事務ではなく一般事務の仕事を探しても良いでしょう。

一般事務ではパソコンを使って伝票処理をしたり、資料や書類を作成したり、電話やメールの対応したり、その他の雑務などをしたりなどをします。専門的な知識も必要となりますが、医療事務ほど多くの専門知識を求められることは少ないです。

ただし、一般事務は医療事務と違って、男性を貴重な存在として見られないことが多いため、転職のハードルは高くなります。

福祉系

医療事務の仕事経験がある人は、人の治療などを直接するようなことはありませんが、その様子を近くで見ているため、医療に関する知識は非常に多いです。また、体のことで困っている人との接し方なども知っています。

そのため、福祉系に関する会社に転職を考えても良いでしょう。福祉関係の会社であれば、医療事務の仕事で得た経験を活かせる場面が多くあります。

事務以外の仕事

医療事務の仕事を今までしていたからといって、転職する仕事内容を事務に絞る必要はありません。医療事務の経験で得た能力を活かすことを優先するのであれば、営業職を選択肢に入れても良いでしょう。

医療事務では、医療機関の多くの人と連携を取ったり、患者さんとやりとりをする場面が多いです。つまり、人の話しを聞いて対応するということが身についています。

なので、お客さんの要望を的確に判断して、その要望に応えるという営業職が意外と合うことがあります。また、事務によって得た技術で効率良く、見やすい資料や、必要なデータをまとめたりすることもできるます。

医療事務にはやりがいを求める

男性の医療事務の年収・やめたいと思う時・求人はあるのか

男性には仕事を頑張って役職や立場を上げ、多くの給料をもらうことを目標にしている人は多いです。医療事務でもその目標を持つことはできますが、他の仕事に比べると難しいという事実もあります。

しかし、医療事務は人の健康に携わる責任のある仕事です。なので、医療事務の仕事を続けていくつもりであれば、仕事に対してやりがいを重視して考えるようにしましょう。

関連記事

Related