Search

検索したいワードを入力してください

【大学別】家庭教師の時給の相場|個人/医学部/トライ

Small a8a8a3dc 6466 4ba6 b59c 322c35e8c68fkotona
年収・給与 / 2018年04月26日
【大学別】家庭教師の時給の相場|個人/医学部/トライ

副業にもお勧めの家庭教師

時給が高くて短時間でできる仕事と言えば、家庭教師です。最近では、大学生だけではなく、一般の会社員の人も仕事終わりに副業として家庭教師をしている人も多いです。

中学高校の学習補助が主流ですが、大学受験や資格取得のための専門的な家庭教師も中にはあります。少子化が進んでいる現代では、集団授業に通わせるよりも、少し高くても目の前で見てもらえる家庭教師の方が安心という親も多いです。

自分の専門知識を生かせる家庭教師ですが、実際にはどのくらいの時給が相場になっているか知っていますか。教師のバックグラウンドや、教える科目に、そして目指すゴールによっても値段が変わります。

今回は副業で人気の家庭教師についてご紹介します。

家庭教師の時給の相場

家庭教師の給料は、60分を時給とする計算方法と、コマ給として1コマいくらかで計算する方法の2パターンがあります。ここでは複雑になるので、すべて60分の時給として話を進めていきます。

時給を考える時の条件

家庭教師の時給は、一般的には1500円から3000円が相場です。このように幅があるのは。各家庭の求めている条件と教師の条件によって大きく前後するからです。

各家庭の求めている条件とは、合格目標や指導時間、指導人数そして指導学年です。難関学校合格を目標としているならば、当然期待値から時給も高くなります。そして中には兄妹を同時に見てほしいという家庭もあるため、2人同時指導で時給が1,5倍になることもあるでしょう。また、高校生など高度な強化を指導する場合も時給は割増しになります。

そして指導する先生の経歴も時給に大きな影響を与えます。指導経験がある先生だと当然時給は高くなります。また、親の希望学歴とマッチした場合も時給は何割かアップします。

家庭教師のトライの場合

独特のCMでもおなじみの家庭教師のトライは全国展開する家庭教師の会社です。

家庭教師のトライは経験に応じて時給が上がっていくので、早めに登録して実績を積んでいくのがベストです。最初の時給は1300円から1500円ほどです。90分指導がほとんどですが、中には2時間や3時間の案件もあります。交通費やトライへの報告の手間などを考えると、90分の指導より2時間以上の指導の方が効率がいいです。

2年から3年続けていると、合格実績などが付いてきて、時給も2000円から2500円ほどにアップします。複数学年担当したり、授業担当日数を増やしたりすれば着くばらつきはありますが3万円から15万円程度の収入になります。

家庭教師派遣会社として、トライは定期的に担当社員と保護者と子供の3者面談を実施して教師のサポートをしています。指導は教師がするが運営は会社がすべてするという形です。

家庭教師ファーストの場合

家庭教師ファーストはトライと同じく全国展開している家庭教師の派遣会社です。初心者でも2100円というから高い時給スタートできるので人気があります。テレビCMなどはやっておらず面接もすべて電話で行うため人件費を低く抑えられています。その分教師の時給に換算しています。

基本的な指導は1コマ120分で、週1回から指導可能です。生徒の対応可能年齢の幅も広く、小学校受験・小学校入学準備の幼児コースから、大学受験の高校生コースまであります。教師はまた社会人をはじめ主婦なども活躍しており、男女比も半々です。

個人契約の場合

上記に挙げた登録型の家庭教師に比べて、時給が高く融通が利くイメージがあるのが個人契約の家庭教師です。登録型の家庭教師は、登録先の会社に仲介料や登録手数料を親が払い、残った授業料金が家庭教師に支払われます。そのため親は総額の時給として4000円ほど払っているのに、半分近く会社にとられてしまっているという事もあります。

会社に仲介料を取られないですむ個人契約は、親から直接給料をもらえるので、登録型よりも時給は高くなります。個人契約の相場は2000円から3000円です。値段は各自交渉となるので、週何回指導するのかや、一回何時間するかなども含めて親と話を詰めていくことになります。

しかし一見稼げそうな個人契約ですが、中にはトラブルが多い家庭や支払いを渋る家庭もあり、確実とは言えません。その点登録型だとそのようなトラブルになりそうな家庭は選別してくれるので、指導に専念することができます。

おすすめの働き方

おすすめは、登録型の家庭教師から始めることです。慣れてきたら個人契約の家庭をインターネーットや大学の掲示板で探し、交渉してみるといいでしょう。ときには、登録型の家庭教師で指導していた子供が、契約更新の時に個人契約を申し出てくることもあります。

そして個人契約をする際は、口約束にならないように時給(もしくは月給)と指導時間、指導曜日、契約期間、給料日などを紙に書いて、双方で保管することをお勧めします。

大学別家庭教師の時給

家庭教師の時給は教師の経歴によっても前後します。有名国立大学出身や難関私立出身であればその分優遇されることもあります。しかし有名大学だからと言ってすべての大学で時給が高くなるわけではありません。

まず私立大学より国立大学の方が時給が上がりやすいです。そこに医学部というブランドが付くとさらに時給はアップします。そして特別人より秀でている指導科目があれば、時給が割り増しになります。

では具体的にどの大学が優遇されるのでしょうか。

東京大学の時給

まずは東京大学です。

東大生の家庭教師の時給は当然他よりも高いです。「東大」というブランド力と確固たる学力がその理由です。全学部の平均時給は3000円ですが、医学部単体で見ると5000円から8000円に跳ね上がります。また、最初から高値でスタートする人がほとんどのため、東大生の3人に1人は時給3000円で家庭教師をしています。

ただ、東大生が井の頭線や小田急線沿いに多いため、家庭教師もこの沿線に固まります。そのため「家庭教師・井の頭線・東大生」と検索してもほとんど埋まっていてなかなか生徒を得ることができないのが現状です。

中には先輩から生徒を引き継いで個人契約をしている学生もいます。また、学校に直接求人を申し込んで家庭教師の派遣をお願いしている家庭もあるので、大学の掲示板で確認するのも一つの手です。

京都大学の時給

東大に次ぐ国立大学である京都大学も家庭教師の時給がいいです。こちらも全学部平均して3000円となります。医学部在学生や、医学部を目指す生徒の指導となれば時給が5000円以上になることもあります。また、数学が得意であるとか、英語が得意であるといった秀でたものがあればその分アピールポイントになり時給も上がります。

慶應大学の時給

私立大学の中でもトップの偏差値を誇る慶応大学ですが、残念ながら家庭教師の時給はほかの私立大学と同じくらいです。国立大学に比べ、私立大学は家庭教師の時給にあまり学歴が関係ありません。たとえ「慶応大学在学」と履歴書に書いても、ほとんどが1500円か2000円からのスタートとなります。

医学部志望を教えられるとか、難関大学を志望している生徒を担当できるとなれば、時給は上がりますが、基本はほかの私大と同じです。

そのため時給を上げようと思えば、実績を積むか指導につながる特技をアピールするかのどちらかになります。

早稲田大学の時給

早稲田大学も慶応大学と同じく、私立の最高峰ですが時給は1500円から2000円のスタートとなります。まずこちらの大学は学生数が多くその質も幅があり、「早稲田生だから」という理由で十分な指導ができるとは期待駅内ということがあります。そして早稲田生の多い新宿や高田馬場周辺には多大生も多いため、高い時給を出してあえて早稲田生にお願いしようという人もあまりいません。

そのため早稲田大学在学の人は、個人契約や先輩からの引継ぎで家庭教師をする人が多いです。

医学部の家庭教師の時給

今の勉強法では不十分だというときに家庭教師を頼みます。医学部の合格を目指す人もそうです。一般の学習塾では総合的な大学受験のメソッドは教えてくれますが、医学部は特殊です。かなり高度なレベルが求められますし、入学後のビジョンもしっかり持っていなければなりません。

そのような細かいニーズにこたえるために、医学部専用の家庭教師も存在します。先生が現役医学部生で、リアルな大学生活の様子を教えてくれたり、医学部合格者をたくさん出している先生だと、合格のポイントを教えてくれたりします。

先生が医学部の場合

医学部在学中に家庭教師をする場合は、教えられる科目の幅も広くハイレベルなところまで指導できるので、時給は高くなります。とはいえ、在学中の学生という経歴は変わらないので、他の大学生より15%ほど割増しというところです。「医学部在学の大学生家庭教師」というタイトルで安心がほしい人におすすめです。

医学部を目指す場合

医学部を目指す場合は、理系科目に特化できる先生を探した方がいいです。科目ごとに先生を探してもいいですが、それでは料金がかさむので、できれば一人の先生で理系科目すべてを教えられる先生を探しましょう。

登録型の家庭教師を頼む場合は、医学部専門の先生と契約すれば時給5000円から8000円ほどになります。普通の家庭教師よりもだいぶ高めになりますが、教える内容も高度で正確さが求められるので、「料金=安心」だと割り切りましょう。

登録型の家庭教師の中には、合格保証制度というものもあります。料金は高く設定されているが、もし希望の大学に不合格であった場合はいくらか返金されるという物です。この制度があるところでは総じて時給が高くなっています。

家庭教師の相場は

このように、家庭教師の時給の相場はさまざまな条件から決められます。

家庭教師を始めようとしている人は、自分の経歴や指導可能人数、指導可能科目などをあらかじめ整理して、希望となる時給を計算しておきましょう。そして家庭教師を探している人は、月々払える予算と希望の先生像、そして最終勉強目標を整理しておきましょう。

人と人との相性もありますが、お互いの希望がはっきりあれば、理想の先生・理想の家庭にであえるはずです。

関連記事

Related