Search

検索したいワードを入力してください

家紋が橘の苗字・種類・家系・家紋が橘の意味・有名人|丸

Author nopic icon橘ケイ
カテゴリ:文化

初回公開日:2018年05月18日

更新日:2020年02月28日

記載されている内容は2018年05月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

家紋が橘の苗字・種類・家系・家紋が橘の意味・有名人|丸

家紋「橘」の意味と成り立ち

橘(たちばな)は、ミカン科の常緑樹で柑橘類の一種です。季節に関係なく常に青々と茂る葉が永遠を意味するとして不老や恋の和歌に詠まれ、立木の凛とした姿から「太刀花」とも称された事から多くの文人や武家に家紋として使用されてきた歴史があります。

日本文化の中の橘

橘は古くは古事記・日本書紀にも記され、垂仁天皇の御代に田道間守という人が常世の国に遣わされて「非時香菓(ときじくのかぐのこのみ)」という不老不死の霊薬を持ち帰りましたが古事記に非時香菓が「今の橘なり」と記された由来から京都の御所では「右近の橘」「左近の桜」として紫宸殿に植えられ、桜や梅・桃とともに愛でられてきたと伝わりました。

1937年に制定された文化勲章の最初のデザインは桜の花でしたが、当時の昭和天皇の
「文化勲章は永遠のものなので、花のデザインも永遠を意味する橘がふさわしい」という
意向で、現在の橘の花にデザインが変更されたという逸話もあります。

家紋「橘」の成り立ち

飛鳥時代末、宮中に永らく仕えてきた女官に「県犬養三千代」という人がいました。時の天皇、元明天皇は「右近の橘」を殊のほか愛でられた天皇で、県犬養三千代の長年の功績を称えて三千代と息子たちに橘の花が浮かんだ杯とともに「橘宿祢」の氏姓を賜与したと言われています。

家紋「橘」ゆかりの橘氏

こうして県犬養三千代と息子たちの一族は橘氏を名乗る事になるのですが、この時代にはまだ家紋というものは存在しませんでした。やがて平安時代になって橘氏は多くの貴族を輩出し、他家の調度品と区別するための家のシンボルとして橘の紋様を使用するようになります。これが後世になって家紋として発達したと言われています。

家紋「橘」の広まり

橘氏は藤原家と並ぶ名門の氏族でしたが藤原家との権力争いに敗れ、その後は振るわなくなったために「橘紋」を独占するには至らず、橘氏と橘紋のブランドにあやかった多くの他氏族に流用されて家紋の橘は広まっていったようです。

橘を使用した代表的な家紋の種類

橘を使用した代表的な家紋の種類をご紹介していきます。

橘紋様の家紋

「橘紋」の基本となる家紋で橘氏の定紋です。他には橘氏流渋江氏の分流で肥前国杵島郡長島庄に発祥の肥前中村氏などが使用しています。橘は温暖な気候の地域に育つ樹木で、橘の家紋も橘の自生地域と同じく長野県以西の本州や四国・九州に多く分布しています。

丸に橘の家紋

橘氏の分家や藤原家、源氏、平氏など橘氏以外の氏族が主に使用した家紋と言われています。

井伊家の家紋「彦根橘」

遠江国井伊谷に発祥、徳川家に仕えた彦根藩大名、井伊氏の家紋で「井伊橘」とも言います。この家紋は「丸に橘」の家紋に似ているのでよく混同されますが、花の中の文様や枝の形が微妙に違います。

その他の橘の家紋

黒田氏の「黒田橘」、久世氏の「久世橘」、薬師寺氏の「薬師寺橘」、また「井桁に橘」は日蓮宗の寺紋として知られています。その他にも「八角に橘」、「橘に藤巴」など50~72種の橘の家紋が存在しています。

橘を家紋とする家系

橘を家紋とする家系をご紹介していきます。

橘の家紋と言えば橘氏