Search

検索したいワードを入力してください

冬休みの期間が長い大学ランキングTOP3・いつから・海外

Small c05c1284 5ff8 49f1 b8ed 527fb4dcb9e3霜月佑
学習 / 2018年04月28日
冬休みの期間が長い大学ランキングTOP3・いつから・海外

大学の冬休みの期間の長さ

冬休みの期間が長い大学ランキングTOP3・いつから・海外

日本国内にある大学の冬休みの長さは、2週間前後あるのが一般的です。社会人の冬休みは、一般的に6日間であり社会人1年目は特に短く感じるでしょう。

大学の冬休みはいつからなのか

冬休みの期間が長い大学ランキングTOP3・いつから・海外

大学の冬休み期間として最も多いのが「12月23日から翌年1月7日」の期間です。「12月23日」は現在、祝日に指定されているためこれを利用して冬休みに入る大学が多いのでしょう。

北海道の大学の冬休みは?

北海道内の大学の冬休みの期間は「12月23日から翌年1月20日」と約1カ月も冬休みがあります。また東北地方の一部(青森・秋田・岩手県)は「12月23日から1月13(または14日)」と21~22日の冬休みが長く設けています。

これは、雪国であるがゆえに冬休みが長いと推定されます。雪国は大学のみならず小学校や中学校、高校も冬休みを長く設けています。冬休みが長い一方、夏休みが短いため一概に雪国大学が得をしているわけではありません。

冬休み期間中の大学生の過ごし方

冬休みの期間が長い大学ランキングTOP3・いつから・海外

約2週間前後ある冬休みですが、大学生はどのように過ごしているのでしょう。SNSなどを参考にして調査した結果をご紹介します。

①アルバイト

2週間という短い期間を大学生はどのように過ごしているか調査したところ、大半の大学生はアルバイトしていることがわかりました。12月から1月の期間はクリスマスイベントや年賀はがきなどの短期アルバイト募集が複数あります。これらのアルバイトをすることで、短期間でも稼ごうと考える学生が多いのでしょう。

②補習・研究

冬休み期間に補講などの補習をおこなう大学もあります。この補習に参加するため大学に通っている学生もいるでしょう。また研究などをしている理系の学生は、冬休みに入っても大学で研究を続けている場合があります。研究内容によっては、毎日調査が必要な研究があるからでしょう。

③帰省

地方から都内などの大学に通っている学生は、2週間という短い期間でも帰省する学生はいるでしょう。しかし、年末年始は公共交通機関は混み、また料金も高くなるため少しでも交通費を浮かせるために夜行バスなどを使っています。短いと言っても2週間あるため、ゆっくり実家でくつろぐには最適な期間でしょう。

④旅行

スキーやスノーボードなどの冬レジャーを楽しんだり、暖かい地域へ行くなどの旅行を楽しむ大学生も多いでしょう。特に冬の沖縄は、夏シーズンに比べて料金が安く設定されているため、この時期を狙って訪れる人も多いでしょう。

大学の冬休みが短縮化?

冬休みの期間が長い大学ランキングTOP3・いつから・海外

平成25年度(2013~2014)までは平均2週間あった冬休みですが、26年度(2014~2015)以降、大学の冬休みが短縮化されました。25年度以前は、12月23日から冬休みに入る大学が大半でしたが、26年度以降は12月28日前後に冬休みに入る大学が増えました。

大学の冬休みが短縮化された理由について詳細は不明でした。カリキュラムの変更や就職活動との折り合いなどが考えられますが、具体的な理由はわかりませんでした。しかし、社会人と同じ期間の冬休みにすることで、将来への準備期間として捉えている可能性があります。

入試対策や日数不足が原因?

日本国内の大学が、冬休み期間を短縮している理由はわかりませんでしたが、入試への対策や授業日数の不足が絡んでいると考えられます。

日本の大学入学試験は、1月に全国統一試験(通称:センター試験)があり、2月には私立大学の入学試験、3月に国立大学の入学試験が行われます。この入学試験には、大学関係者や各教授、準教授も関わっています。この入学試験の対応に追われていることが考えられます。

また、以前より叫ばれていた授業日数不足もあり、冬休み期間の短縮が行われているのでしょう。つまり、通常の授業日数不足を補うため、冬休みが短くなり、それに伴い春休みを長く設定してると考えられます。日本国内の大学の春休み期間は、長くて2月から3月の約2カ月設けている大学が大半です。

私立は大学によって異なる

東京大学など国立大学は、12月28(または29)日から翌年1月3日の5~6日間を冬休みと定めています。一方の私立大学は、大学によっては国立大学以上の期間を冬休みと定めています。そのため、現在も2週間前後を冬休みとして定めている大学もあるため、一概に冬休みの短縮化が広まったとも言えません。

冬休みの期間が長い大学ランキングTOP3

冬休みの期間が長い大学ランキングTOP3・いつから・海外

近年、大学の冬休みの短縮化が広がりつつありますが、その中でも10日以上冬休みを設けている大学がありました。冬休みの長い大学を3校ご紹介します。なお、冬休みの期間は平成28年度(2016~2017年)のデータを元にしてランキングを作成しています。現在の冬休み期間とは異なる可能性があることをご了承ください。

冬休みの期間が長い大学ランキング第3位

冬休みの期間が長い大学ランキング第3位は、東京・渋谷にある「國學院大學」です。スポーツが盛んな大学であり、また「神道文化学部」が設置されているため将来、神社の神主になる人や弓道を極めようとする人に人気の大学です。

國學院大學の冬休み期間は、平成28年度は「12月22日から翌年1月6日」までの14日間でした。平成29年度(2017~2018)の冬休みは、「12月25日から翌年1月5日」までの11日間で3日間の短縮されています。

冬休みの期間が長い大学ランキング第2位

冬休みの期間が長い大学ランキング第2位は、東京・吉祥寺にある「成蹊大学」です。芸能人や政治家が母校とする名門大学であり、オシャレな印象のある私立大学です。成蹊大学の冬休み期間は、平成28年度は「12月25日から翌年1月9日」の14日間です。第3位の國學院大學と同じ期間冬休みを設けています。

平成30年度(2018~2019)の冬休み期間を調べたところ「12月25日から翌年1月6日」と11日間と3日の短縮が進んでいました。私立大学は国立大学に比べ、冬休み期間がいまだ長いですが、将来的には短縮する予定なのでしょう。

冬休みの期間が長い大学ランキング第1位

冬休み期間が長い大学ランキング第1位は、東京都品川区にある「昭和大学」です。「昭和医学専門学校」として設立され、現在も医学部や歯学部など「医系総合大学」を目指している大学です。

昭和大学の平成28年度の冬休み期間は「12月21日から翌年1月10日」の19日間でした。これは、関東県内の大学で最も長い冬休み期間です。平成29年度(2017~2018)を調べたところ、詳細は不明でしたが12月29日から大学の事務所が休業のため、昭和大学も冬休み期間の短縮があったと考えられます。

海外の大学の冬休みの期間の長さ

冬休みの期間が長い大学ランキングTOP3・いつから・海外

日本国内の大学は、冬休み期間の短縮化が進み1週間前後の期間となりつつあります。では、海外の大学ではどれくらいの期間冬休みとして設定しているのでしょうか。「アメリカ」「カナダ」「イギリス」「中国」の4カ国の主な大学の冬休み期間をご紹介します。

アメリカ

冬休みの期間が長い大学ランキングTOP3・いつから・海外

アメリカの大学の冬休み期間は、「12月中旬から翌年1月中旬」の約1カ月です。

大学によって異なりますが、12月中旬から冬休みに入る大学が大半です。アメリカなどの欧米は、企業でも「クリスマス休暇」もう設けているように、クリスマス前から休暇期間を設け、家族や友達とクリスマスを祝う習慣があります。一方で新年は早く、企業の中には1月2日から稼働する会社もあります。

夏休みは約3カ月!

アメリカの大学の特徴は、冬休み以外に夏休みが長いことです。夏休みは「6月上旬から9月上旬」の約3カ月設けている大学が大半です。日本の大学は、平均1カ月半なので長いことがわかります。この長い夏休みを利用して、短期留学や旅行など学生によって楽しみ方は異なります。

カナダ

冬休みの期間が長い大学ランキングTOP3・いつから・海外

カナダの大学の冬休み期間は、「12月中旬から翌年1月前半」までの1カ月弱の冬休み期間を設けています。クリスマス前に冬休みに入るのはアメリカと同じです。クリスマス期間は基本的に休みますが、冬休み期間中も授業が行われる大学もあるため、大学によっては冬休み期間が長かったり短かったりします。

近年カナダは、ワーキングホリデーや留学する日本人が増えています。これまでワーキングホリデー先として人気だったオーストラリアの受け入れが減っていることが関係しているでしょう。また、スキー・スノーボード人気も相まってカナダは旅行先としての需要も高い国です。

イギリス

冬休みの期間が長い大学ランキングTOP3・いつから・海外

イギリスの大学の冬休み期間は、「12月中旬から翌年1月中旬」の約4週間が平均的な冬休み期間です。アメリカ・カナダと同じでクリスマス前に休みに入り、クリスマスを祝うのでしょう。

イギリスの大学生は常に大学にいる?

イギリスの大学の特徴は、授業以外に「リサーチプロジェクト」を行っている点です。

「リサーチプロジェクト」とは、異なる学部の生徒や異なる分野の教授と同じ研究テーマについて調査するプロジェクトです。研究テーマはさまざまで、実社会における問題から科学的な研究までさまざまです。このプロジェクトに携わるため、イギリスの大学生は休み期間中もほとんど大学にいる学生が大半です。

中国

冬休みの期間が長い大学ランキングTOP3・いつから・海外

中国の大学の冬休み期間は「1月下旬から2月中旬」の約4週間前後です。大学によって異なりますが、12月下旬から翌年1月上旬が期末試験の日程を組んでいる大学が大半です。

また中国では2月上旬に旧正月を祝う「春節」があるため、この「春節」前後に冬休み期間を設けています。欧米の大学と冬休み期間が異なりますが、中国でも年中行事をきちんと祝う風習があることがわかります。

国や文化によって大学の冬休み期間は違っていた

冬休みの期間が長い大学ランキングTOP3・いつから・海外

日本国内の大学は、冬休み期間を短縮する傾向があります。理由はさまざまでしょうが、1月から3月までに行われる大学入学試験との兼ね合いが関係しているのでしょう。春休み期間を長くしている結果、冬休みが短縮されていると考えられます。

アメリカやイギリスなど欧米はクリスマス前に冬休みに入り、翌年1月中旬から下旬まで休みになります。これでも長いですが、夏休みは3カ月前後の休暇期間があるため、海外の大学や1年全体を通して休み期間が多い印象です。

大学は専門的な分野を勉強する場所ですが、最近では大学在学中にどれだけ遊ぶかを考えている学生が少なくありません。社会人になる前に遊び倒す考えもわかりますが、4年間という勉強に集中できる期間を有効に使い、社会に役立ててほしいと考えてしまうのは大人だけでしょう。

関連記事

Related