Search

検索したいワードを入力してください

【年代別】孫からの弔辞の例文・マナー|書き出し/社会人

Small 1bf01744 6e94 49eb a4c8 40d737dfc795Nisa
冠婚葬祭 / 2019年02月19日
【年代別】孫からの弔辞の例文・マナー|書き出し/社会人

祖父母のために弔辞を読みたい!

【年代別】孫からの弔辞の例文・マナー|書き出し/社会人

お世話になった祖父母、大好きなおじいちゃんおばあちゃんが亡くなってしまった。いつになっても大切な人との別れは悲しいことです。最後に孫として、大好きな祖父母に弔辞を読みたい。でも生活している上で、「弔辞」はあまり馴染みのない文章です。

今回は弔辞とは何か、「孫からの弔辞」はどのように書けばいいかについて、ご説明していきます。

「弔辞」とは?

「弔辞」とは、亡くなった方(故人)への最後のお見送りの言葉のことです。一般的には家族以外の、故人と特別に親しく縁のあった方が読まれます。同級生や会社でお世話になった人、趣味で仲良くしていた友達などが立候補する形で読むものでした。しかしここ数年は、お孫さんが弔辞を読まれることも増えています。

弔辞の基本

【年代別】孫からの弔辞の例文・マナー|書き出し/社会人

まずは弔辞について、「孫からの弔辞」も交えながら基本的なことをご説明します。

弔辞の長さ

まずは、弔辞の長さです。どれくらいの文量を読めばいいのか、何分くらい話せばいいのかは悩むところです。ただ、弔辞は前提として故人への深い想いを語る文章です。目安としては五分前後、800字前後(400字詰め原稿用紙に二枚ほど)ですが、この長さ、分量でなくてはならない、というものではありません。

「孫からの弔辞」の場合は特に、年齢によってはとてもこんなに話せないこともあります。また、葬儀の内容によっては弔辞の時間が限られることもありますので、前もって担当の葬儀社などに確認しておきましょう。

弔辞の構成

次に、構成です。弔辞は、一般的には次のような運びになっています。
1.故人へ呼び掛ける言葉
2.故人の死を知っての驚きや悲しみなど
3.故人とのエピソード
(4.故人の遺した功績や長所)
(5.遺族への言葉)
「孫からの弔辞」の場合は、4と5はなくても構いません。2に関しても1とまとめても問題はありません。

白い便せんと白い封筒で大丈夫

弔辞は本来、奉書紙に薄墨などで筆書きにします。ただ、「孫からの弔辞」の場合、お孫さんが小学生や中学生など未成年の場合は難しいことです。この場合は、白い便せんと白い封筒(郵便枠のないもの)を使って構いません。ただし、封筒の表にはちゃんと「弔辞」と書きましょう。

弔辞の注意点

【年代別】孫からの弔辞の例文・マナー|書き出し/社会人

ここでは、弔辞の注意点についてご説明します。「孫からの弔辞」の注意点と共通するものを挙げましたのでご確認ください。

内容が同じにならないように

数人が弔辞を読まれる場合は、内容が同じものにならないよう注意が必要です。お孫さんが数人読まれる場合は、エピソードが重ならないようにしましょう。前もってどのような内容を話すのか、お互いに確認しておきましょう。

忌み言葉には注意!

弔辞では使ってはいけない「忌み言葉」が存在します。忌み言葉とは、「死ぬ」を始めとして「切る」や「離れる」なと、不吉な連想を呼び起こすものを言います。数字の「四」や「九」も「苦」を想像させるので使いません。また、「くれぐれ」や「重ね重ね」「ますます」などの重ね言葉も使わないようにしましょう。

宗教によっては使えない言葉がある

仏教用語である「冥福」「供養」「成仏」などは、キリスト教の葬儀では使えないので注意が必要です。キリスト教用語も、仏式の葬儀には使えません。「天国」はキリスト教の用語です。キリスト教徒でなければ、お孫さんが使わないように注意しましょう。

宗教によっては他にも弔辞に使えない言葉があります。故人のご家族が同じ宗教の場合は、弔辞を書く前に確かめておくとトラブルが防げます。

「孫からの弔辞」書き出しの例文

【年代別】孫からの弔辞の例文・マナー|書き出し/社会人
【年代別】孫からの弔辞の例文・マナー|書き出し/社会人

ここからは、弔辞の例文を挙げていきます。弔辞は「故人への呼び掛け」から始まります。お孫さんが小学生以下の場合は、最初の「おじいちゃん」「おばあちゃん」だけでも構いません。

・おじいちゃんへ、いつも優しかったおじいちゃんとお別れする時が来てしまいました。
・おばあちゃんへ、大好きなおばあちゃんとお別れする日が来るなんて思っていませんでした。
・おじいちゃん、ずっと僕を育ててくれたあなたに、今日はお別れを言わなければなりません。
・おばあちゃん、今、僕は最後のお別れを伝えるためにここにいます。
・おじいちゃん、これがおじいちゃんと話す、最後の機会になってしまいました。
・おばあちゃん、最後に、私のお別れの言葉を聞いてください。
・本日、ここ祖父〇〇の霊前においてお別れを述べますことが、いまだ信じられずにいます。
・今日、祖母に別れを告げることが、まだ実感できず信じられません。

「孫からの弔辞」年代別の例文

【年代別】孫からの弔辞の例文・マナー|書き出し/社会人

では、年代別に「孫からの弔辞」例文を挙げていきます。一つの例文は400字弱です。また、例文では省略していますが、最後に「孫代表」(孫代表であれば)氏名、という言葉を入れてください。

例)孫代表 ○○ ●子

孫が小学生以下の弔辞例文

おばあちゃんへ
おばあちゃん、いつもぼくのことをかわいがってくれて、ありがとう。

おばあちゃんはいつも、ぼくが遊びに行くと「よく来たね」とうれしそうに笑ってくれました。夏にいっしょに畑に入ってキュウリをとった時も、おばあちゃんは「大きいのがとれたね、ありがとう」とぼくの頭をなでて、ほめてくれました。

そのあとに、おばあちゃんが作ったみそをつけていっしょに食べたキュウリは、すごくおいしかったです。その時おばあちゃんに習ったスイカの冷やし方や、切り方は今もちゃんと覚えています。今年の夏に送ってくれたスイカは、ぼくが全部冷やして切りました。

来年の夏もまた遊びに行くつもりだったのに、できなくなったのがとてもさびしいです。二重とびも、見てほしかったです。

大好きなおばあちゃんにもう会えないのはさびしいけど、ぼくはこれからもがんばります。遠くて見ていてください。今まで本当にありがとう。さようなら。

孫が中学生~高校生の弔辞例文

おじいちゃん、僕は今、最後のお別れをするためにここにいます。正直、まだ信じられません。この前、剣道の試合を見に来て「次も頑張れよ」と言ってくれた時は、すごく元気そうだったのに。今度の県大会でも、頑張る姿を見て欲しかったです。

おじいちゃんは、普段は優しかったけど剣道の時だけはとても厳しかったです。僕が迷ったり嫌ったりするとすぐに気づいて、容赦なく打ち込んで来ました。でもそのおかげで、今はおじいちゃんにも褒めてもらえるような面が打てるようになったし、恥ずかしくない試合もできるようになりました。今年も全国大会へ進むのを見て欲しかったのに、すごく残念です。

今、僕には夢があります。いつか、おじいちゃんのような保護司になることです。そのためには、まだ学ばなければならないことは多いけど、これからも精進して行くので見ていてください。今まで、本当にありがとうございました。安らかに眠ってください。

孫が20代の弔辞例文

○○と申します。今日は五人の孫を代表して、私が最後のお別れを述べます。おばあちゃん、八十四年の長い人生、お疲れさまでした。いつかはこんな日が来ると分かっていましたが、今は本当にさびしいです。

私がおばあちゃんの家へ行く時は、夏休みでしたね。海のない県で育った私には、とても楽しみな旅行でした。海へ行き遊び疲れて帰ると、おばあちゃんはいつもお昼に素麺を準備して待っていてくれましたね。

中学の時、少し学校に行きづらくなって二カ月位、おばあちゃんの家にお世話になりました。その時「いろんなことがあるけど、みんな波みたいなもんよ。全部消えてなくなるから大丈夫」と、おばあちゃんは海を見ながら教えてくれました。今もその言葉はずっと胸にあって、私は今もその言葉に支えられながら生きています。

おばあちゃんが私にくれたものは絶対に忘れません。あの時、私を助けてくれてありがとう。頑張るから、遠くで見ていてね。

孫が30代の弔辞例文

おばあちゃん、今、私は最後のお別れを告げようとしています。

私は幼い頃から、おばあちゃんっ子でしたね。時々は喧嘩をすることもあったけど、次の日にはけろりとして「おはよう」と声を掛けてくれるおばあちゃんが大好きでした。結婚が決まった時は、私の手を握りながら涙を浮かべて何度も「おめでとう」って言ってくれたね。

出産の時には二回とも、お餅をついて送ってくれた。産まれた子ども達は、もう十歳と八歳です。次はいつ「ひいばあちゃん」のお見舞いに行こうかと、話していたところでした。お見舞いに行くと、もう子どもだっているいい歳の孫の心配ばかりしてたね。最後の日も「遅くなるから、はよ帰り」「帰り道に気をつけなよ」と私のことばかりでした。

いつまでも、おばあちゃんはおばあちゃんでした。

遠くで安心して見ていられるように頑張ります。どうぞ、安らかに眠ってください。おばあちゃん、今まで本当にありがとう。

孫が40代の弔辞例文

今日、祖父へお別れを告げる今も、まだ信じられない気持ちでいます。

私が幼い頃、両親は共働きで、私の世話をしてくれていたのは祖父でした。本の好きな人で、よく私を膝に乗せて絵本を読んでくれましたね。あなたが登場人物に合わせて声を使い分けるのが面白くて、夢中になりました。今は私がその立場になって、孫に同じ絵本を読んでいます。あなたがしてくれたようにネコの鳴き真似をすると、孫は私と同じように喜んでくれます。

ほかにも、私が母に叱られて謝れないでいると、いつも背中を押してくれましたね。謝ろうとしている私を「立派だ」と言って褒めてくれました。あなたのおかげで、私はちゃんとあやまることができるようになりました。今でも忘れられない大事な思い出です。

あなたのことが大好きでした。今も大好きです。素晴らしい思い出を、ありがとうございました。素敵な人生でしたね。お疲れ様でした。どうぞ安らかにお眠りください。

「孫からの弔辞」立場別の例文

【年代別】孫からの弔辞の例文・マナー|書き出し/社会人

ここでは、「孫からの弔辞」例文をもう一種挙げておきます。上の例文よりも少しだけ固めな弔辞です。

孫が社会人の弔辞例文

本日、祖父○○の霊前にて別れを述べますことが、まだ実感できずにいます。

祖父は、自分には大変厳しい人でしたが孫の私には甘く、幼い頃はそのために度々祖母に叱られていました。祭りへ行くと私の言うままに物を買い与えてしまうので、終いには二人では行かせてもらえなくなりました。あなたの口癖は「甘えられる時に甘えておけ」「好きなことをしろ」で、次々に興味が移ろう私を見ても、決して否定することはありませんでした。

今、私は念願だった研究を始めて三年目です。楽しいことばかりではありませんが、この仕事に就けたのも、どんな状況でも揺るがず自分のままでいられるのも、あなたが私の軸を作ってくれたからだと思っています。私はあなたのような「肯定の言葉で人を伸ばせる人間」になるのが目標です。あなたはずっと私の目標です。

今まで本当にありがとうございました。九十一年間、お疲れさまでした。どうぞ安らかにお休みください。

「孫からの弔辞」結びの例文

【年代別】孫からの弔辞の例文・マナー|書き出し/社会人

ここでは「孫からの弔辞」に適した結びの例文を挙げていきます。

・さようなら。
・今まで本当にありがとう。
・どうぞ安らかにお眠りください。
・安らかにお休みください。
・本当にお疲れさまでした。

今回の「孫からの弔辞」では遺族への挨拶などは省いていますので、弔辞の最後はエピソードの締めくくりと重なる形になります。

「孫からの弔辞」のマナー

【年代別】孫からの弔辞の例文・マナー|書き出し/社会人

「孫からの弔辞」は肉親のからのものなので、一般的な弔辞と比べると決めごとは少なくなります。とはいえ、例えお孫さんが子どもであっても最低限守るべきものはありますので、チェックしておきましょう。

小学生以下は大人が付き添いを

弔辞は人前で話すことになります。数少ない機会ですし、葬儀という特殊な場面ですから緊張するのも無理はありません。弔辞を読むお孫さんが小学生以下の場合は、念のため大人の方が付き添っておく(すぐに出られるよう、陰に控えておく)方がいいでしょう。

ゆっくりと読む

緊張すると、早口になってしまうことがあります。弔辞は特別ゆっくりと読む必要はありませんが、はっきりと、語り掛けるように読む文です。お孫さんがあがって早口の弔辞にならないよう、何人かの前で読む練習をしたり、弔辞を読む前に深呼吸するなど、対策をしておくといいでしょう。

お世話になった想いを伝えましょう!

【年代別】孫からの弔辞の例文・マナー|書き出し/社会人

今回は、「孫からの弔辞」について、基本的な事柄から例文を挙げつつご説明しました。お孫さんが読む場合は身内ですから、一般的な弔辞に比べると難しくはありません。一番大切なのは、お世話になったおじいさんおばあさんへこれまでの感謝の気持ちを伝えることです。ほんの少しの基本さえ押さえれば、あとは大丈夫です。あなたの、心からのありがとうを伝えましょう。

関連記事

Related