Search

検索したいワードを入力してください

保険証の発行の期間・機関名・発行にかかる時間・料金|無職

Small 26979c79 ab0a 4927 97e5 2621b9cd001cミズキノ
各種手続き / 2018年05月23日
保険証の発行の期間・機関名・発行にかかる時間・料金|無職

意外と知らない保険証の発行方法

病院や診療所、薬局をはじめとした保険医療機関を受診するとき、必ず必要になるのが「保険証」です。保険証は窓口で提示するだけで簡単に使えてしまいますが、発行方法や、発行手続きのできる場所はご存知でしょうか?

今回の記事では、保険証の制度の仕組みと合わせて、保険証を新たに発行するための方法や、発行ができる場所について詳しく説明していきます。

そもそも保険証ってどういうもの?

普段から病院などにかからなければ、保険証はあまり馴染みのないものです。頻繁に通院されている方も、保険証の発行の仕組みや制度についてまでは気にしないことが多いのではないでしょうか。たった一枚の保険証ですが、その中には医療を受けるために必要な情報がぎっしりと詰まっています。

保険証にはこんな情報が詰め込まれている!

保険証には種類にもよりますが、以下のような情報が記載されています。

被保険者の個人情報

「被保険者」とは、保険証を使って医療を受ける人のことです。つまり、自分の名前が書いてる保険証の被保険者は自分自身を指しています。それぞれの保険証につき1人の被保険者が指定されているため、保険証を家族や兄弟で使い回すことはできません。

保険証の個人情報は、被保険者の氏名、性別、生年月日、住所(種類による)が記載されています。

保険者の情報

「保険者」とは保険の給付をする会社や市役所、組合のことを指します。会社員であれば「○○株式会社健康保険組合」のような名称で、自営業や組合国保、無職の場合には「○○市」のように自治体名が記載してあります。

保険者番号と記号番号

「保険者番号」は、社保の場合なら6桁の番号、国保の場合なら6桁の番号が記載されています。これは自分が加入している保険者を番号で表したものです。同じ会社や市町村に属している人など、保険者が同じ人はこの保険者番号も同じです。記号番号は人によって異なり、個人の番号が割り当てられています。

保険証は発行されてからどれくらいの期間使えるの?

保険証は一度発行されたら永久に使えるというわけではありません。保険証がどれくらいの期間使えるのか確認したいときは、保険証に記載されている「資格取得年月日」と「有効期限」を確認しましょう。

保険証の交付日って発行日のこと?資格取得日って?

保険証には「資格取得年月日」のような記載があります。これは「この日からこの保険証が有効になっています」という意味です。間違えやすいのですが、保険証には「交付年月日」が記載されていることがあります。発行日にあたるのがこの交付日です。交付日は「保険証が交付された日」という意味で、「その保険証が有効になった日」とは異なりますので注意しましょう。

資格取得年月日と交付年月日が同じ日なら気にする必要はありませんが、もし日付にずれがある場合は資格取得年月日の日付を見ます。

有効期限は「その日を過ぎるとその保険証は使えなくなる」という意味です。ただし保険証の種類によっては、有効期限の記載がない場合もあります。

保険証の有効期間は資格取得日と有効期限をチェック

保険証は「資格取得年月日」から「有効期限」までの期間使うことができます。

ただし、有効期限前であっても保険証が無効になる場合もあります。例えば転職や引越しによって保険証が変わった場合などが該当します。保険証には転職日や引越し日は当然書いていません。しかし切り替えの日付が記載されていなくても、保険証が再発行される場合には、その該当日以降、以前の保険証は使えなくなります。

保険証が再発行されるのはどんなとき?

保険証が変わって再発行される以下のような場合です。保険証が再発行されれば、それまで使っていた保険証は、例え有効期限前であっても使用不可になりますので注意しましょう。

・引越しをして市町村が変わった
・転職して会社が変わった
・会社員から自営業に変わった
・退職して無職になった
・定年退職して無職になった
・生活保護を受けることになった(保険証を使わなくなる)

保険証を発行している2つの機関

保険証を発行している2つの機関について紹介します。

国民健康保険団体連合会

国民健康保険団体連合会は通称「国保」と呼ばれています。国保から発行される保険証を使うのは、以下のような人です。

・自営業者
・組合国保に加入している人
・無職の人

また、75歳以上の「後期高齢者保険」に該当する人も、制度上は国保に分類され、市町村で管理されています。

手続き

国保は県ごとに「○○県国民健康保険団体連合会」と分かれていて、さらに手続きの窓口は各市町村に分かれています。国保の保険証には6桁の保険者番号が記載されていますが、この6桁の数字の先頭2桁は県を表す番号になっています。

例えば東京都なら「13」、大阪府なら「27」といった番号が割り振られています。なお、例外的に後期高齢者の場合には保険者番号は先頭に「39」とつけた後に県番号から始まる6桁の数字がつき、合わせて8桁で記載されています。

国保の保険証の見分け方は、「保険者番号が6桁」「○○市と市町村名が入っていること」を確認することです。保険者の名称が「○○株式会社〜」のように入っておらず「○○市」とだけ書いてあったら、国保の保険証と判断できます。また、保険者番号が「39」から始まる8桁の番号であれば全て後期高齢者に該当します。

社会保険診療報酬支払基金

社会保険診療報酬支払基金は通称「社保」と呼ばれています。社保の保険証を発行されるのは会社員や公務員、船員などです。

保険証はそれぞれの会社などが加入している保険基金から発行されます。社保の保険証には8桁の保険者番号が記載されており、加入している保険者を番号で表しています。

法別番号で会社の種類や規模がわかる

社保の保険者番号は8桁で、それぞれ何桁目に書いてある数字かによって意味が異なります。8桁の数字は「法別番号(2桁)」「都道府県番号(2桁)」「保険者別番号(3桁)」「検証番号(2桁)」を全てつなげて表されています。

「法別番号」は、よく見られるものですと主に以下の番号が割り振られています。

「01:全国健康保険協会管掌健康保険(中小企業)」
「06:組合管掌健康保険(大企業、企業グループ)」
「31〜34:公務員」

つまり発行された保険証が社保の場合、保険者番号の先頭2桁の法別番号を見れば、その人がどんな種類の職場に属しているかがある程度判断できるということになります。

自分は会社員じゃないのに社保?こどもなのに社保?

会社員=社保というイメージでも間違いではないのですが、保険証には「被扶養者」という概念もあります。

例えば会社勤めをしている人が社保に加入していて、その奥さんが専業主婦で、未成年のお子さんがいたとします。奥さんもお子さんも仕事をしておらず、扶養家族に該当する場合には、「被扶養者」という扱いで社保の保険証が発行されます。逆に、もし奥さんも会社員で、自分で保険料を納めていれば社保になります。

会社に勤めていて保険料を納めている人を、保険証では「本人」と記載します。そして、会社勤めの人の扶養家族で、保険料を自分では納めていない人は「家族」と記載されます。なお、この本人・家族の概念があるのは社保のみで、国保は制度上は全員が本人という扱いになっています。

新しく保険証が発行されるまでの時間はどれくらい?

新しく保険証が発行されるまでの時間について紹介します。

国保は市役所で手続きした当日に発行できる

国保の場合は市役所で手続きをして、その場で保険証を発行してもらえます。つまり、国保ならば保険証の発行手続きは当日中に完了するということになります。発行された保険証は、手続きをしたその日からすぐに使うことができます。

社保は保険証が発行されるまで10日前後かかる

社保の場合は保険証が発行されるまで、入社してから10日前後、おおむね1〜2週間程度の期間が必要です。これは、本人が入社して保険証の発行手続きを取るまでに、会社から保険者へのやり取りに時間を要するためです。

保険証が発行される前でも病院にかかれるの?

「入社直後でまだ保険証がないのに、風邪を引いてしまった。病院にかかりたい」という場合、保険証はどうしたらいいのか迷いがちです。例えば「4月1日に入社して、入社前は国保に加入していた場合」は、4月1日を超えた時点で前の国保は使用不可になります。たとえ以前の国保の保険証が手元にあったとしても、もう社保の扱いになるため使用できません。

またそれを隠して受診しても、医療機関側では毎月保険証の情報が審査機関によってチェックされているためごまかしは一切できません。

当月中に発行が間に合えばOKなことも

保険証がまだ手元にないときは、「入社したばかりで保険証が手元に届いていません。入社は○月×日です」のように状況を伝えてみましょう。

医療機関によっては「当月中に発行された保険証を見せに来てくれれば、保険証がある場合と同じ負担金にします」と対処してくれる場合もあります。ただしこれは制度上の決まりではなく、あくまでも厚意で対応してもらっているだけなので、本来は保険証がなければ医療費は本人が全額負担する必要があります。

もし一旦全額負担することになっても、当月中に受診した医療機関に保険証を見せにいくことで差額が返金される場合もあります。受診後のトラブルを避けるためにも、受診前には「保険証が未発行の場合は負担金がどうなるか」を確認しておきましょう。

保険証を発行するのに料金はかかるの?

保険証の発行には料金は不要で、誰でも無料で発行することができます。もし紛失してしまっても、特に再発行手数料がかかることはありません。

ただし保険制度を利用するためには、国保なら「国民健康保険税(保険料)」、社保なら「社会保険料」を納めている必要があります。国保の保険料は市町村から納付の案内が届くので、随時納付していきます。社保の場合には、基本的には給料から天引きになっていますので、特に気にしなくても既に支払われているということが大半です。

保険証の発行って無職でもできるの?

日本には「国民皆保険(こくみんかいほけん)」という制度があります。これは全ての国民がなんらかの健康保険に加入できるということを意味します。生まれたばかりの赤ちゃんからお年寄りまで、そして在職・無職も関係なく、全ての人が保険証を持つことができます。

つまり日本では、「無職になってしまったから、もう保険証が使えない」という不安がないということです。

退職したら必ず市役所に「国保」の発行手続きを!

無職に該当する方が発行できるのは「国保」の保険証です。在職していた会社の「任意継続」制度を活用して社保を継続する例もありますが、その手続きを行っていなければ漏れなく国保に該当します。

注意点としては、たとえ無職になって収入源がなくなってしまったとしても、国民健康保険税、いわゆる保険料の支払いがなくなるわけではないということです。「保険証は無料でもらえる」のですが、国民健康保険税の支払がなくなるわけではありません。会社員やパート・アルバイトに属していなくても保険料の支払は発生します。

保険料を滞納したらどうなるの?

無職で保険証を受け取れたとしても、国民健康保険税の支払が必要という説明をしました。では、その保険料を滞納してしまったらどうなるのでしょうか?実は保険料を滞納し続けてしまうと市役所から保険証の返還を求められます。返還と同時に「資格証明書」という書類が発行されます。保険証は保険料を支払うまで戻ってきません。

これの何が大変かというと、病院などの医療機関を受診することがあったら、資格証明書を提示して、一旦医療費を全額支払う必要があることです。

医療費の全額が1万円の場合の負担金
保険証あり(3割負担)3000円
保険証なし(10割負担)10000円

小学校入学後から70歳未満まで

小学校入学後から70歳未満までは、基本的に保険証を使えば医療費は全額の3割で済みます。しかし、保険料を滞納し続けて資格証明書をもらうことになると、全額を支払う必要が出てきます。上記の例ですと、保険証が無いだけで支払う差額が7000円になります。

その後、きちんと保険税が納付できると保険証を受け取ることができ、余分に支払った分の医療費も返還され、本来の負担率だけで医療機関を受診することができるようになります。

保険証の発行手続きができる場所はどこにある?

保険証の発行手続きができる場所について紹介します。

国保は市役所で発行手続き

国保の場合は市役所に行って、自分で手続きをする必要があります。市町村から自動的に保険証が送られてくるわけではないので注意が必要です。

自営業を始めるときや、組合国保に加入するとき、しばらく無職でいるときだけでなく、「前職を退職してから、次の会社に就職するまで間に1ヶ月休職する」というような「短期の無職期間」でも国保の発行手続きが必要ですので、忘れずに行いましょう。

手続きは市役所などにある「健康保険課」のような窓口で行います。詳細は市役所のホームページや案内掲示などで確認するか、市役所の受付の方に聞いて確認しましょう。

社保の場合は職場で発行手続き

会社員の場合は、会社の事務担当の方などが、会社の加入している保険者に加入手続きを取ってくれます。そのやり取りの時間があるため、保険証が手元に届くまでは1週間から2週間程度かかります。

しかし、社保が適用されるのは「入社日から」です。入社日が4月1日で、実際に保険証が手元に届いたのが10日だったとしても、社保に加入した日は4月1日になります。保険証は有効な期間が重複することはあり得ません。「新しい保険証が手元に届くまでは、前の保険証が使える」とは必ずしも言えないため、間違いがないように気をつけましょう。

保険証の発行手続きは漏れなく早めが大事!

保険証には「国保」と「社保」があり、たとえ同じ社保から社保に変わったとしても、加入する保険者が違ければ変更手続きは必須です。「いざ保険証が必要になったときに手元にない」ということにならないためにも、早めに手続きや確認を行うようにしましょう。