Search

検索したいワードを入力してください

転職面接での質問内容ポイント・自己紹介の仕方・マナー・対策

Author nopic iconしゅざさん
カテゴリ:転職・就職

初回公開日:2018年05月31日

更新日:2020年08月29日

記載されている内容は2018年05月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

転職面接での質問内容ポイント・自己紹介の仕方・マナー・対策

転職面接の際のマナーと対策

転職に限ったことではありませんが面接の際の基本マナーはとても大事です。第一印象として面接相手の方に強く印象付けます。マナー不足で悪い印象を与えてしまっては面接以前の問題になってしまいます。そんな事態を防ぐためにもしっかりチェックしておいてください。

転職の面接での服装のマナー・注意点

転職の面接の際の服装は悩みの種の一つです。スーツは基本ですが、「転職もリクルートスーツでいいの?」「スーツならどれでも一緒でしょ」など思う方もいますが、形や色などで見るほうの印象は意外と変わってきます。

リクルートスーツなどは初々しい印象を受けますが、転職の面接に来た方が着ていても違和感を感じる方が多いでしょう。やはりTPOにあった服装はとても重要ですし、年齢や状況にあった服装もできない人はそれだけで印象はマイナスになります。

自分の年齢、体型、転職希望先に合った服装を意識しましょう。

ビジネスカジュアルとは?

企業によっては服装自由という場合もあります。基本的にスーツで行けば間違いありませんが、転職希望先がアパレル関係など服装でもアピールをしたい場合はビジネスカジュアルを参考にすると良いでしょう。ビジネスカジュアルは以下を参考にしてください。

男性女性
ジャケットジャケット
パンツ(チノパン可)上下揃いでなくても可キレイ目のシャツやカットソー
シャツ(ボタンダウン可)スカート・パンツ

女性の場合

女性の場合はインナーを襟付きのシャツではなくカットソーにするだけでカジュアル度がアップします。カジュアルとはいえ以下のものは転職の面接などビジネスにはふさわしくないので厳禁です。

・デニム

・短パン

・Tシャツなどカジュアルなもの

・派手なもの

・ロゴが過激なもの

・キャミソールなど露出の高いもの

・スニーカー

・サンダル

・ブーツ

男性スーツ

スーツの形は普通のシングルスーツで大丈夫です。色に決まりはありませんがリクルートスーツなどに多い黒いスーツはかしこまった印象が強くなってしまいます。面接であまり硬すぎる印象もかえってよくないので、なるべく避けた方がいいでしょう。

スーツを選ぶ際は清潔感とサイズを注意しましょう。普段から着ているスーツはもちろん、しばらく着ていなかったスーツも、気づかないうちに汚れがついていたりします。汚れ・ヨレのチェックやパンツのプレスラインのチェックなどを意識し、綺麗なスーツで面接に臨んでください。

普段、スーツを着ない人などは久しぶりに袖をとおしたら体型に合わないなんてこともあるでしょう。間際に慌てないためにも、転職を考え始めたら余裕をもって準備しましょう。

男性シャツ・小物

シャツはオーソドックスな形の白いシャツで問題ありません。最近、ボタンダウンのシャツも増えていますが、カジュアル感が強くなるので面接には不向きです。洗濯・アイロンのしてある清潔なもので、ボタンをしっかり留めて着用することを意識してください。

ネクタイは個性や好みが出やすい部分になりますが、派手すぎるものはNGです。

女性スーツ

女性の場合、スーツをスカートにするかパンツにするかで悩みますが、パンツスーツにカジュアルな印象を受ける方もいるので迷っている場合はスカートを選ぶといいでしょう。営業などの職種を転職先に希望している場合は、逆にパンツスタイルの方がアクティブで好印象を与えることもあります。

スーツの色柄はネイビーやチャコールグレー・ブラックあたりがです。基本無地が良いですが、ブラックの無地はリクルートスーツに多いので、目立たない柄の入ったものが良いでしょう。スカート丈はひざが少し隠れる程度の長さなら大丈夫です。

女性シャツ

基本的に、色は白がです。顔色を明るく見せ清潔感のある印象を与えます。また濃い色のスーツとのバランスもとりやすいです。しっかりしたカチッとした印象を与えたい場合はシャツを、やわらかい印象を与えたい場合はカットソーを選ぶと良いでしょう。

転職の面接での髪型の注意点

ここでも大事なのは男女共に清潔感です。営業職や販売・サービス職への転職を希望の場合は特に意識しておいてください。顔に髪がかからないように気を付け、面接の前には肩回りなどに抜け毛や整髪料がついていないかチェックを忘れないよう意識してください。

男性の場合