Search

検索したいワードを入力してください

落ち着けない人の特徴・落ち着ける場所・部屋の特徴|子供

Author nopic iconサトゥ
カテゴリ:性格・タイプ

初回公開日:2018年04月24日

更新日:2018年04月24日

記載されている内容は2018年04月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

落ち着けない人の特徴・落ち着ける場所・部屋の特徴|子供

どうすれば落ち着ける?場所・人・部屋の特徴

空間や場所、人には、雰囲気というものが存在しています。賑やかな雰囲気の場所もあれば、静かな雰囲気の場所も存在しており、雰囲気によってその場所のイメージやその場所でするべきことも異なってくるでしょう。また、人の雰囲気は、その人の印象や評価にも影響を与える、重要なものとなっています。

雰囲気を表現する言葉には、さまざまなものが存在していますが、「落ち着く」「落ち着いた」といった言葉もまた、雰囲気を表現する言葉の1種と言えるでしょう。一般的に、「落ち着く」「落ち着いた」といった言葉からは、良い印象やイメージを抱く人が多く、会話などでも「早く落ち着きたい」といった言い回しで使用されるケースが多いと考えられます。

そこで今回は、「落ち着き」をテーマにして、落ち着ける場所やなかなか落ち着けない人・部屋の特徴について、考察・ご紹介していきます。

落ち着ける場所の特徴

冒頭でもご紹介したとおり、場所には雰囲気が存在しています。賑やかな場所から静かな場所、落ち着いた部屋や散らかった部屋など、それぞれの場所にさまざまな雰囲気が存在しており、人の気分や感覚にも、大きな影響を与えると考えられます。

落ち着いた時間を過ごしたり、心身を落ち着けたりしたい場合は、落ち着けるような雰囲気の場所へ入ったり、部屋で過ごしたりする必要があります。そこでまずは、どのような場所へ行けば落ち着けるのか、落ち着ける場所について考察していきます。

落ち着ける場所の特徴【1】:カフェ

身近にあって手軽に落ち着ける場所の一例として、カフェが挙げられます。「カフェ」と一言で表現しても、店舗によって、コンセプトや雰囲気はさまざまです。しかし、カフェの多くは、リラックスしやすい内装やおしゃれな音楽、美味しい飲み物などを用意しているお店が多く、心や体を落ち着けるのに、適した場所であるケースが多いと考えられます。

また、カフェでは読書をしたり、仕事や勉強をしたりする人も多く、曜日や店舗によっては、静かに過ごせる可能性もあります。ですから、美味しい飲み物を飲みながら心や体を落ち着けたいという方にとっては、カフェはおすすめの場所の1つと言えるでしょう。

落ち着ける場所の特徴【2】:図書館

一般的には、賑やかな場所よりも、静かな場所の方が、落ち着けると言われています。静かな場所という観点では、図書館もまた、心身を落ち着けるのにおすすめの場所の1つと言えます。

図書館は、一般的に静かに過ごすことがマナーとされている場所です。そのため、大声で話したり、スマートフォンの着信音や音楽などを流したりしている人は、ほとんどいないでしょう。万が一そのような人がいた場合は、注意してもらうことも可能です。

ですから、静かな方が落ち着けるという方にとっては、静けさに徹底している場所である図書館は、おすすめの落ち着ける場所と言えます。

落ち着ける場所の特徴【3】:公園

「森林浴」という言葉もあるように、植物が多い場所や自然を感じられる場所へ行くと、人は落ち着けると言われています。日常生活において、身近に自然を感じられる場所の1つとして、公園が挙げられます。天気が良い日の公園は、何もせずにベンチなどに座っているだけでも、穏やかな気分になる方も多く、落ち着ける場所の1つだと言えるでしょう。

とはいえ、公園は子供が遊ぶ場所でもあります。ですから、静かな空間というわけではありません。公園は、図書館などの静か過ぎる場所では落ち着けないという方に、おすすめの場所の1つだと言えるでしょう。

落ち着けない人の特徴

続いては、言動や雰囲気が落ち着けない人について、特徴などを考察していきます。

とはいえ、「落ち着けない」と言っても、どのように落ち着けないのかは、年齢などによっても異なります。大人と子供では、「落ち着けない」の基準や内容が異なりますし、大人であっても年齢や年代によって、どのような人を「落ち着けない」「落ち着いていない」と表現するのかは、変わってくるでしょう。

そこで今回は年代別に、落ち着けない人の特徴について、考えていきます。

落ち着けない人の特徴【1】:子供

まずは、子供で落ち着けない人の特徴について、考察していきます。

落ち着けない子供の特徴の1つとして、好奇心旺盛な性格が挙げられます。大人と比較すると、子供は感情や本能に忠実に行動します。そのため、好奇心旺盛な子供は、気になるものや興味があるものなどを見つけるたびに、行動や実践に移してしまいがちです。

好奇心旺盛であることは良い特徴でもありますが、年齢によっては、我慢をしたり気持ちを落ち着けたりすることも、大切だと言えるでしょう。

落ち着けない人の特徴【2】:20代

続いては、20代で落ち着けない人について、考察していきます。

20代の場合は、まだまだ人生を手探りで送っている時期だと言われています。そのため、仕事や生き方、夢や目標などをころころと変える人も多いと考えられます。柔軟に生きていくことも大切なことですが、仕事や夢などがあまりにもころころ変わると、「落ち着けない人」と周囲から見られることもあるでしょう。

また、20代でも社会人である場合は、学生気分が抜けていなかったり、公の場にふさわしくない騒ぎ方などをすると、「落ち着きがない人」などと評価されてしまう危険性があります。

落ち着けない人の特徴【3】:30代

続いては、30代で落ち着けない人について、考察していきます。

30代となると、男女ともに結婚をして家庭を持ったり、育児をしたりする人も増えてきます。結婚や出産などは、個人や各カップルの自由ですが、中には家庭を持っていない人のことを、「落ち着けない人」と見る人も存在するでしょう。

また、30代になってくると、地位やキャリアを築く人も出てきます。そのため、30代になってからも定職に就いていなかったり、人生の目標や生き方がある程度定まっていなかったりすると、落ち着けない人と評価されてしまう可能性があります。

落ち着けない人の特徴【4】:40代

続いては、40代で落ち着けない人や、落ち着いていない人の特徴について、考察していきます。

40代で落ち着いていない人の特徴の1つとして、自分の人生のビジョンや方向性が定まっていない人が挙げられます。また、収入がなかったり、生活面で自立していなかったりしても、「落ち着いていない人」「落ち着けない人」と見なされるケースがあるでしょう。

一般的に、40代というと、社会人としては中堅やベテランとも言える年齢です。また、人生においても、家庭を持ったり育児をしたりしている人も多く、人間性としても落ち着く人が多くなってくる年代でもあります。そのため、落ち着けないでいると、なおさら目立ってしまう可能性があると言えるでしょう。

落ち着けない部屋の特徴

上記でも何度かご紹介したとおり、場所には雰囲気というものが存在しています。雰囲気によって、その場所や空間が落ち着ける場所なのか、落ち着けない場所なのかも変わってきます。

ですから、リラックスできるはずの自室にいるのに何だか落ち着けないという方や、特定の部屋や空間にいると何となくそわそわしてしまうという方は、部屋や場所に原因がある可能性も考えられます。

そこで続いては、落ち着けない部屋の特徴について、考察していきます。

落ち着けない部屋の特徴【1】:間取り

部屋の内装や家具、雰囲気などは落ち着けそうなものになっていても、間取りの関係で何となく落ち着けない部屋も、存在すると考えられます。

例えば、不自然な間取りや圧迫感のある間取りなどは、部屋で過ごしていても気になるという方が多く、なかなか落ち着けないと考えられます。

また、こまごまとした間取りであったり、無理のある間取りとなっている部屋は、落ち着けないという人が多いと予想できます。

落ち着けない部屋の特徴【2】:内装

落ち着けない部屋の特徴の1つとして、内装も挙げられます。部屋の壁紙や天井の色、窓の有無といった内装は、部屋の雰囲気やイメージに、大きな影響を与えます。そのため、落ち着きづらい雰囲気の内装の部屋では、落ち着けないという人も多いでしょう。

落ち着きづらい雰囲気の内装の具体例としては、派手な色の壁紙・天井や、目立つ柄の壁紙・天井などが考えられます。また、壁紙や天井、カーテンなどがそれぞれに落ち着いた色であっても、部屋全体としてはちぐはぐな組み合わせであったり、目に負担をかける配色であったりしても、落ち着けないと考えられます。

その他、窓の有無によっても、落ち着けるかどうかが変わります。外の様子が見える窓がある部屋の方が落ち着けるという方もいれば、窓がない部屋の方が安心できるという人もいると言われています。そのため、窓の有無については、個人差があると考えられそうです。

落ち着けない部屋の特徴【3】:家具

間取りや内装が落ち着きやすそうなものであっても、部屋に置く家具によっては、落ち着けない部屋になってしまう可能性も考えられます。

例えば、柄の派手な家具や蛍光色の家具などを置くと、部屋の間取りや内装が落ち着けそうなものであっても、落ち着きづらくなる可能性があります。また、家具の1つ1つはそんなに派手でなくとも、それぞれの色合いがバラバラであったりちぐはぐであったりすると、落ち着けない部屋になるケースもあるでしょう。

落ち着けない部屋の特徴【4】:音

内装や家具など、視覚的には落ち着けそうな部屋であっても、音がうるさいと落ち着けないこともあります。

特に、自分の好みでかける音楽などとは別に、自分の意図に反して流れてくる音や聞こえてくる声などは、1度気にするとずっと気にしてしまい、なかなか落ち着けないという方も多いと言われています。工事の騒音やマンションなどの近隣の住民の足音・声などが聞こえてくる部屋だと、落ち着けないと感じる人も多いと予想できます。

自分なりに落ち付ける方法や場所を見つけよう

いかがでしたでしょうか?今回は、「落ち着き」をテーマにして、落ち着ける場所の特徴や、落ち着けない人の年代別の特徴、落ち着けない部屋の特徴などについて、考察・ご紹介しました。

時には、刺激的な経験をして興奮したり、気持ちを昂らせたりすることも大切です。しかし、日々の生活をリラックスして送っていくためには、心身ともに落ち着くことが重要だと考えられます。

この機会にぜひ、どのような雰囲気や空間でなら落ち着けて、どのような場所や様子だと落ち着けないのか、自分に合った場所や空間、生き方などについて、考えてみることをおすすめします。