Search

検索したいワードを入力してください

小金持ちの特徴・年収・資産・なるには・結婚する方法・あるある

Author nopic icons.tomita
年収・給与 / 2019年02月19日
小金持ちの特徴・年収・資産・なるには・結婚する方法・あるある

小金持ちの特徴は?

小金持ちの特徴・年収・資産・なるには・結婚する方法・あるある

「小金持ち」という言葉はよく聞きますが、お金持ちや大金持ちとは、いったいどのような違いがあるのでしょうか。実は、小金持ちには小金持ちならではの特徴があります。小金持ちの特徴について解説していきます。

小金持ちの車の特徴は?

小金持ちの所有している車の特徴は、明らかに高級車とわかる車に乗りたがる傾向があります。例えば、国産車ならトヨタのクラウンや、日産のシーマなどで、新車で買えば600万~700万円以上はするようなちょっとした高級車を好む傾向にあります。

外車の場合は、わかりやすい物だとメルセデスやBMWなどの高級車を好みます。小金持ちの場合は車にお金をかける人も多く、車を複数台所有しているという人も珍しくはありません。

小金持ちの腕時計の特徴は?

小金持ちの特徴・年収・資産・なるには・結婚する方法・あるある

小金持ちは、車と同じように、装飾品なども明らかに「高級」とわかる物を身に着けたがります。例えば、わかりやすいものは「ロレックス」「オメガ」「フランクミュラー」などです。中でもロレックスはお金持ちの中でステータスの一種のようなものなので、小金持ちはこぞってロレックスを購入したがります。

小金持ちの趣味の特徴は?

小金持ちは、やはりお金持ちに対しての憧れやコンプレックスがあるため、お金持ちのような趣味を持ちたがります。特に王道で言えば、「ゴルフ」です。ゴルフはお金持ちの趣味の王道ともいえる趣味なので、小金持ちもこぞってゴルフを趣味にしたがります。

また、小金持ちの場合はサラリーマンも多いため、接待などでゴルフをする機会が多いことから、ゴルフが趣味になっている場合もあります。

また、小金持ちは目立つことが好きなので、海なら水上バイク、雪山ならスノーモービルなど、他の人が持っていないようなものを持ち、趣味にしたがる傾向にあります。

小金持ちの職業の特徴は?

小金持ちの職業は、基本的にはサラリーマンが多いです。大企業の管理職クラスや、中小企業の管理職や雇われ社長など、基本的には人に雇われている身の人が多いです。

もしくは小さな会社の経営者などもいますが、給料をもらい、働いているという点が小金持ちの特徴になります。

誰もが知っている大手の会社となれば、管理職クラスにならずとも小金持ち的な生活を送ることは十分可能でしょう。また、夫婦共に大手企業で働いている場合も、小金持ちになることが多いです。

小金持ちの家の特徴は?

小金持ちは、地方の場合は持ち家の一軒家に住んでいることが多く、都会では高層マンションなどに住んでいるケースが多いです。

小金持ちはお金持ちとは違い、一等地に住むほどの経済力はないため、郊外などに一軒家を購入するか、都心の場合は賃貸マンションの場合も多いでしょう。高層マンションの高層階の賃貸などは、小金持ちの典型でもあります。

一軒家を建てる場合は、郊外の住宅街に建てることが多く、こだわって5000万~6000万円くらいかけて注文住宅を建てることが多いでしょう。

小金持ちの年収の特徴は?

小金持ちの特徴・年収・資産・なるには・結婚する方法・あるある

小金持ちは、お金持ちや大金持ちとは、年収にどのような違いがあるのでしょうか。小金持ちの年収の特徴について解説していきます。

年収600万円以上が小金持ち

一般的には、年収600万円以上になると、小金持ちの部類に入ります。婚活市場などでも年収600万円が1つの区切りになるように、年収600万円あればとりあえず生活には困らず、ちょっと贅沢もできるというような年収ではないでしょうか。

年収600万円なら、大手企業なら30代で達成することができるでしょうし、中小企業でも管理職クラスになれば、40代・50代くらいで到達する年収でしょう。

小金持ちの特徴として、まずは年収600万円以上が1つの基準になります。

1000万円を超えたらお金持ち?

小金持ちの特徴・年収・資産・なるには・結婚する方法・あるある

年収1000万円というと、こちらも1つの区切りとしてとらえている人が多いでしょう。年収1000万円クラスになると、大手企業の中でも30代でその年収を達成できる方は数限られた人だけでしょう。

また、年収1000万円を越えると、税金がかなり大きくかかってきます。そのため、小金持ちとお金持ちの区切りの1つは、年収1000万円とも言えます。

ただし、資産状況や家族構成によってはお金持ちにならない可能性もあるため、年収1000万円でも小金持ちの人は多いでしょう。

小金持ちが持っている資産の特徴は?

小金持ちの特徴・年収・資産・なるには・結婚する方法・あるある

小金持ちの年収は、600万円以上ということが一般的ですが、小金持ちが持っている資産には、いったいどのようなものがあるのでしょうか。小金持ちが持っている資産の特徴を解説していきます。

住宅

小金持ちに対して、「あなたの資産は何ですか」と質問すると、ほとんどの場合は、「自宅」や「家」と答えます。小金持ちにとっては、ローンを組んで建てた自宅が何よりの高価な資産になっていることが多いです。

先ほど紹介したとおり、小金持ちの家は郊外などに建てる持ち家が多く、家を建てる際も周囲の家よりも立派に見せたという気持ちから、5000万円~6000万円以上かけて注文住宅にする場合も多く、売ったらかなり価値があると信じ込んでいます。

しかし、住宅は基本的にはお金持ちからしてみれば「資産」にはなりません。住宅そのものの価値は年々下がっていく一方ですし、土地もその場所や環境に応じて値段が変わってきます。

小金持ちは「家」や「住宅」を資産として考えているという特徴があります。

小金持ちの特徴・年収・資産・なるには・結婚する方法・あるある

小金持ちは、先ほど紹介したように、車も高い高級車に乗りたがる傾向にあります。そのため、車も資産と思っていることが多いです。

しかし、車も住宅と同じく、乗ればその瞬間から価値が下がっていきます。お金持ちは車が資産とは考えませんが、小金持ちは車も自分の資産と考えていることが多いです。

投資信託

小金持ちは、先ほどの述べたとおり、給料をもらって生活をしているサラリーマンが多いです。そのため、給料がなくなれば生活できませんし、給料以上のお金が入ってくることもありません。

小金持ちはリスクに対してとても消極的なため、投資をする場合も「投資信託」をするケースが多いです。銀行や郵便局など、プロに任せていれば安心と思っている小金持ちは多く、自分の資産を増やそうと投資信託を利用するケースは多いです。

もちろん、投資信託は資産の1つになりますが、リスクが少ない分リターンも少ないため、劇的に資産が増えることは少なく、微々たる資産として保有している小金持ちが多いでしょう。

小金持ちになるには何をすれば良い?

小金持ちの特徴・年収・資産・なるには・結婚する方法・あるある

小金持ちになるためには、いったいどのような方法をとれば良いのでしょうか。小金持ちになるための方法を紹介していきます。

大手企業に就職する

小金持ちになるための1番の近道は、大手企業に就職することです。大手企業に就職すれば、クビにならない限りはある程度就業実績や年齢に応じて昇進や昇給が見込めるため、30代・40代くらいで小金持ちになることができるでしょう。

1番堅実にお金持ちになれる方法なので、小金持ちになりたいという方はまずは大手企業への就職・転職を視野に入れてみましょう。

成果主義の会社に入る

大手企業への就職が小金持ちへの1番の近道ですが、もうすでに社会人として生活をしていると、なかなか今から大手企業に就職することは難しいでしょう。

大手企業に就職することのほかに小金持ちになる方法としては、「成果主義の会社に入る」という方法があります。例えば、営業職などは成果主義なので、自分の営業成績によって給料が決まる場合も多く、実力がある方はいっきに小金持ちになることも可能です。

ただし、会社によって給料形態がかなり違うため、会社ごとの給料形態をよく把握してから転職なり就職なりをすることが大切になります。自分の頑張り次第で小金持ちになることができるため、転職組におすすめの方法になります。

リスクを選ぶ

小金持ちの足元にも及んでいない状態の人は、リスクを選ぶ方法しかありません。例えば、株を購入するなど、資産を増やすことを視野に入れる必要があります。株はきちんと勉強すればそこまでリスクが高い買い物にはなりません。

ある程度のリスクを背負って大金を手に入れ、資産からお金を生むシステムさえ作ってしまえば、小金持ちをとおり越してお金持ちになれる可能性も十分にあります。

小金持ちと結婚する方法はある?

小金持ちの特徴・年収・資産・なるには・結婚する方法・あるある

女性なら誰しも、お金に苦労して生活をしたくないと思うため、ある程度お金を持っている男性と結婚したいという人は多いでしょう。では、小金持ちと結婚するためには、いったいどのような方法をとれば良いのでしょうか。

小金持ちと出会える場所に行く

小金持ちと結婚するためには、まずは小金持ちと出会うことが大切になります。小金持ちと出会うことさえできなければ、結婚はできないでしょう。

小金持ちと出会うためには、まずは職場を責めるのが効果的です。大手企業に派遣として働きに行ったり、受付嬢をして商社マンや営業マンとの出会いを広げるなど、小金持ちと出会える場所に就職することは1つの方法になります。

また、小金持ちが好む趣味のゴルフを始めれば、小金持ちと出会える確率が高まるでしょう。

婚活パーティーに出席する

小金持ちの特徴・年収・資産・なるには・結婚する方法・あるある

小金持ちと結婚したいと思っても、出会う前から相手の年収はわからないので、確実に小金持ちと結婚したい場合は、婚活パーティーに参加することがおすすめになります。

婚活パーティーなら、相手の年収を知ることができますし、自己申告制ではなく、年収証明の提出が必要な場合は確実に年収がわかるので、年収600万円以上の小金持ちに狙いを定めることができます。

婚活サイトを利用する

小金持ちと結婚するためには、婚活サイトの利用もおすすめになります。婚活サイトの中でも、きちんと年収証明の提出が必要なサイトの場合は、男性側も嘘をつくことができないので、確実に年収600万円以上の小金持ちを見極めることができます。

条件面を設定して検索することもできるので、気軽に出会いを見つけたいという方は、婚活サイトの利用がおすすめになります。

小金持ちあるあるは?

小金持ちの特徴・年収・資産・なるには・結婚する方法・あるある

小金持ちには、お金持ちや大金持ちとは違う、小金持ちあるあるというものが存在します。小金持ちあるあるとは、いったいどのようなものがあるのでしょうか。

年収のわりに預貯金が少ない

小金持ちあるあるの1つ目は、「年収のわりに預貯金が少ない」というあるあるがあります。小金持ちは年収が600万円以上と比較的高めですが、小金持ちほど見栄を張りただるため、出費がかさみ、結果として預貯金に回すお金が少なくなる傾向があります。

収入が増えれば増えただけ、ぜいたく品を購入したり、旅行に行ったりなどの出費が増えてしまい、貯蓄ができていない小金持ちは多いです。

退職後の老後が不安

小金持ちは、給料をもらって働いているサラリーマンが多いため、定年退職後の老後が不安という方も多いです。定年退職後には給料という収入が絶たれてしまい、年金生活になるため、これまでのように贅沢ができないことはもちろん、蓄えが少なければ不安になることも小金持ちあるあるの1つと言えるでしょう。

小金持ちと大金持ちの違いは?

小金持ちの特徴・年収・資産・なるには・結婚する方法・あるある

小金持ちについて解説してきましたが、小金持ちと大金持ちにはいったいどのような違いがあるのでしょうか。小金持ちと大金持ちの違いを紹介していきます。

年収の違いは?

小金持ちと大金持ちの年収の違いとしては、大金持ちと定義される人たちは、年収よりも資産が多いかどうかと言うことが大切になります。

小金持ちは給料など、自分が働くことで得られるお金によって「小金持ち」という地位にいますが、大金持ちの場合は、資産からお金を生んでいます。

どういうことかと言うと、大金持ちは働かなくても不動産や株などの資産から毎年お金が生まれているので、自分が働く必要はありません。自分が所有している会社も資産と同じく、社長業や経営は他人に任せ、人が働くことによって自分の懐にお金が入る仕組みを作り出しています。

大金持ちは自分が働いて得る年収ではなく、お金がお金を生むシステムを構築しているため、気持ちの面でも豊かに生活することができます。自分があくせく働いて稼いでいるうちは、小金持ちから脱出することはできないでしょう。

見た目の違いは?

小金持ちと大金持ちの違いとして、「見た目」の違いもあります。大金持ちは小金持ちとは違い、目立つ派手な生活を好まないことが多く、割とつつましく生活していることが多いです。もちろん、わかりやすい派手な生活をしている大金持ちもいますが、大金持ちの方が人の注目を引くことを怖いと感じています。

例えば子供がいれば「誘拐」などの不安もありますし、小金持ちと違ってお金をひけらかすような生活をする大金持ちは少ないです。

小金持ちになるのは意外と簡単!?

小金持ちの特徴・年収・資産・なるには・結婚する方法・あるある

今回は、小金持ちの特徴や、小金持ちの収入や資産、大金持ちと小金持ちの違いなどについて紹介しました。

小金持ちは基本的には、サラリーマンでも十分になることが可能です。大金持ちやお金持ちとは収入そのものが違いますが、小金持ちの生活でもある程度贅沢をすることも可能ですし、そこまでお金に困ることもないでしょう。

ぜひ今回の記事を参考にして、小金持ちになる方法や、小金持ちと大金持ちの違いなどを理解してみてください。

関連記事

Related