Search

検索したいワードを入力してください

【特徴別】婚約指輪の選び方|一緒/プロポーズ/結婚指輪

Small c3c5b396 edd3 4133 9fdc c519e761ee9ehydrangea.24
結婚 / 2018年05月08日
【特徴別】婚約指輪の選び方|一緒/プロポーズ/結婚指輪

結婚指輪と婚約指輪の違いはなに?

皆さんは、「婚約指輪」と「結婚指輪」の違いを知っていますか。

婚約指輪とは、婚約した証しに贈られる指輪のことです。この婚約指輪は、基本的に男性から女性へと指輪が贈られるため、婚約指輪をするのは女性のみになります。この、婚約指輪を贈る風習は、古代ローマ時代からあり、日本でが定着したのは戦後になります。

そんな婚約指輪のデザインは、結婚指輪と違い華やかな指輪が多いのが特徴になるため、日常生活で身に着ける人は少なく、特別な日などに指輪を嵌める人が多いです。

次に結婚指輪とは、結婚の記念として夫婦で交換しあう指輪のことになります。婚約指輪は、女性のみの指輪でしたが、結婚指輪は夫婦2人とも身に着ける指輪になります。結婚指輪を交換する風習は、欧州では13世紀頃には根付いており、日本では大正頃には一般的な風習になっています。 また結婚指は婚約指輪とは違い、日常的に嵌めている人が多いです。

2人で選ぶ結婚指輪の選び方

皆さんは、常に身に付ける結婚指輪をどんな風に選んだらいいのか知っていますか。結婚指輪は、常に身につけているため選び方にポイントがあります。そんな、結婚指輪の選び方を詳しく紹介します。

結婚指輪の選び方で大切なことは、1人で選んだり、意見をとおしたりせずに、2人で相談しながら選ぶことになります。では、なぜ1人で選んではいけないのでしょうか。その理由は、結婚指輪を2人で選ぶことで結婚するということを、再確認できるからです。

また、常に身に付けている結婚指輪の選び方で、重要な「付け心地」や「デザイン」は、それぞれで違いがありますが、その違いを2人で埋めながら指輪を決めることで、結婚後の生活で起こりうるトラブル解消の予行演習にもなります。

また、2人で一緒にお店をめぐりながら指輪を選ぶことで、結婚指輪に愛着がわくため、大切にしたいという気持ちが自然とわいてきます。

婚約指輪と結婚指輪の選び方

結婚・婚約指輪を選ぶためには、どのような選び方をすればいいのでしょうか。結婚・婚約指輪の選び方を詳しく紹介します。

まず、結婚・婚約指輪を選び方の条件には、「指輪の価格」「指輪の素材」「指輪の厚さ・幅」「指輪のデザイン」「受取期間・アフターサービス」などがあります。そんな結婚・婚約指輪の選び方の条件を詳しく紹介します。

結婚・婚約指輪の価格

結婚指輪や婚約指輪は、どれくらいの価格が相場なのでしょうか。結婚・婚約指輪の平均金額は、1つあたり約10万~20万円になります。ですが、人の価値観はそれぞれなため、1つが30万以上の指輪を選ぶ方もいれば、反対に1万円台の指輪を希望する方もいます。

では、そんな指輪の価格を決める時に重要なことはなんでしょうか。それは、指輪を購入する予算範囲を2人で、相談して決めることになります。先ほども言いましたが、人の価値観はそれぞれなため、指輪にかけたい金額も違ってきます。そのため、相手と一緒に予算を決めることが大切です。

特に、結婚指輪を購入時期は、結婚式や新婚旅行などで、お金を使うことが多いため相談しながら決めていきましょう。

指輪の素材

結婚・婚約指輪の選び方で大切な条件は、指輪の「素材」になります。そんな指輪の素材は、どれにするか悩む方が多いです。そんな素材選びで大切なことは、素材の特性を知ることになります。そのあとに、指輪をつけて生活しているのを想像して、自分の生活スタイルと、選んだ素材が合っているのかを確認することが大切です。

指輪の素材で、人気があるのは「プラチナ」や「ゴールド」になります。定番素材であるプラチナは、耐久性もありおすすめですが、日本人に馴染みやすい素材はゴールドだったりします。その他にも、指輪の素材には種類があるので詳しく紹介します。

・パラジウム

・チタン

・ジルコニウム

・シルバー

・スティールステンレス

・サージカルステンレス

・タングステン

最近は、金属アレルギーの人も多いため、アレルギーがある方は、ジュエリー店の店員さんなど相談しながら、結婚・婚約指輪の素材を選びましょう。

指輪の厚さ・幅

次に大切なのは、指輪の厚さ・幅です。指輪の耐久性や、サイズ直しする可能性から結婚・婚約指輪の厚みで一番人気なのは、2mm以上の厚さになります。ただし、普段指輪を付けない人は、1.5mmの指輪の厚みを選ぶ人が多いです。

その理由は、1.5mmの厚さが指輪を嵌めていて違和感がないからです。そのため、自身の生活スタイルと合せて指輪の厚さを決めましょう。

また、指輪の幅にも同じことが言えます。結婚・婚約指輪の標準的な幅は2.5~4mmくらいになります。ですが、指輪をつける方の指に合せて、幅を決めることが1番いい方法になります。なぜなら、指の太さや長さはそれぞれなため、細めが似合う方もいれば、太めが似合う方もいるからです。

また、指輪のデザインによって幅が違う物もあれば、一定に同じ太さのものまでたくさんのデザインがあります。そのため、指輪を試着しながら指輪の幅を、決めていくことが大切です。

指輪のデザイン

指輪のデザインは指輪を選ぶ上で大切な条件になります。そんな指輪のデザインは、結婚相手と自身が長く使え、愛着がわくデザインを選ぶことが大切です。その選び方は、2人で相談をしながら決めることが1番大切な選び方です。

オーダーメイドはできないが、2人だけの特別な指輪を作りたいのならば、指輪の内側に「刻印・メッセージ」などを入れることで、世界に2つだけの指輪を作ることができます。そんな刻印の内容は、記念日や互いのイニシャル、相手へのメッセージなどが入れることが可能です。

また、オーダーメイドをする方も一定数います。やはり、自分の好きなように指輪を作ることができるため人気があります。自分やデザイナーが、初めからデザインができるため、世界に2つしかない指輪にできるので、価格が少し高くても後悔は少なくなります。

受け取り期間・アフターサービス

つい忘れがちになりますが、指輪を購入すると受け取れるときに時間がかかることがあります。とくに、「刻印」をした場合だと2週間~1ヶ月ほどかかり、デザインを指定すると受け取るまでに1ヶ月以上かかることもあります。そのため、指輪を購入するときには、受取るまでに時間がかかる可能性を考慮しながら購入することが大切です。

その他にも、指輪購入にはアフターサービスがあります。結婚・婚約指輪のアフターサービスにはたくさんの種類があり、購入下店舗やブランドなどで違いがあります。そんな一般的に知られているアフターサービスを紹介します。

・指輪のサイズ、ゆがみ直し

・磨き直し

・メッキ加工

・クリーニング

・修理

また、アフターサービスの期間や支払い金額も、購入先によって違うため一概にどのくらいとは言えません。そのため、アフターサービスの比較も、結婚・婚約指輪の選び方で大切な条件になります。

プロポーズときにおすすめな婚約指輪の選び方

男性から、プロポーズされるだけでも嬉しいですが、そこに婚約指輪が「ある・ない」でもまた違ってきます。そのため指輪は必須アイテムになります。そんな婚約指輪の選び方は、どのようにしたらいいのでしょうか。婚約指輪の選び方の中でも、今回は「サプライズ」・「サイズ」について詳しく紹介します。

サプライズのときの選び方

プロポーズは、あらかじめ予定を知らせているわけではなく、そのため「サプライズ」という形で指輪を贈るため、贈る相手の好みを知っておく必要があります。指輪を2人で一緒に選ぶのなら、彼女の意思を尊重しながら指輪を選べますが、サプライズなどの、内緒で選ぶ場合にはその選び方はできません。

そのため贈る指輪のデザインは、シンプルと華やかなものならば、彼女がどちらを好むかや、リング部分の素材はどんなものがいいのかなど、指輪を選ぶうえで必要な情報を知っておく必要があります。もちろん、彼女に直接的には聞けないため、普段の会話などから注意深く観察しながら好みを把握しておきましょう。

ですが、彼女の好みを全て把握することはできません。そのため、不安がある場合などは、購入先の店員さんに彼女の雰囲気や、ライフスタイルなどを伝えながら相談することをおすすめします。

サイズはどうやって知る?

女性に、プロポーズをするときに指輪を贈る場合には、プロポーズまでに指輪を購入しなければならず、そのためには、彼女の指輪のサイズを知る必要があります。では、彼女の指輪のサイズは、どのように知ることができるのでしょうか。指輪のサイズを知るには、いくつかの方法があるので詳しく紹介します。

指輪を借りてサイズを測る

彼女の指輪のサイズを知るのに、1番いい方法はリング棒などで実際に指輪のサイズを測定することになります。指輪を測る、リング棒とはサイズの不明な指輪を棒にはめることで、指輪のサイズを測れる道具です。

そのため、彼女が左手薬指に合っている指輪を持っていれば、その指輪をリング棒で計ることで、指輪のサイズを知ることができます。この方法で測定できれば、彼女が指輪を身に着けていないときなどに、指輪のサイズを測定することができますし、相手に気づかれない可能性が高くなるのでおすすめな方法です。

ただし、リング棒を入手するのが難しい場合には、定規などで指輪の直径などを測り、サイズ表などで確認してリングのサイズを知る方法もあります。

彼女が寝ている間に測る

彼女の左指のサイズを測る方法には、測りたい指である左手の薬指に直接、ひもを結んで指のサイズを測る方法があります。その方法とは、彼女が寝ている間に、彼女の左薬指の第二関節に、糸やプラスチックコードなど巻き、巻いたひもの長さを測定し、その長さをサイズ表などで確認することで、指輪のサイズを知ることができます。

このとき指に巻く紐は、糸などの細いものは、比較的気付かれにくいのでおすすめですが、プラスチックコードなど少し太めのものを使う場合には、コードを抜き取るときなどに彼女を起こしてしまう可能性があるため注意が必要になります。

彼女の友人に聞きいてもらう

彼女の指輪のサイズが知りたい場合は、彼女の友人にお願いする方法があります。その方法とは、彼女の友人で仲がいい方がいる場合は、プロポーズと一緒に婚約指輪を贈りたいことを話して、協力をお願いしてみましょう。

彼女と仲のいい友人ならば、彼女との会話中にさりげなく、彼女の指輪のサイズを聞き出せる可能性が高いです。また協力をお願いする場合には、プロポーズのことは秘密にしてもらいましょう。

また相談した場合には、そのことを気にしすぎて、友人と連絡をとりすぎないように気をつけましょう。じゃないと、彼女に間違った疑惑をもたれてしまう場合もあるため、十分に気をつける必要があります。

指輪をプレゼントする

もし、プロポーズを予定知るときまでに時間があり、その間に記念日などがある場合には、指輪をプレゼントしましょう。そのときは、サプライズよりも一緒に選んで贈ることで、彼女の趣味の傾向を知ることもができますし、一緒に指輪を選ぶことで、話の延長で左薬指の指輪のサイズを知ることもできます。

もし、本人が左薬指のサイズが分からなくても、ジュエリーショップにいる場合には、その場にリング棒やリングサイズゲージなどが置いてあるため、自分が試しに測った後に相手に測ってもらうなどすることで、彼女の指輪のサイズを知ることもできます。

彼女に直接サイズを聞く

彼女の、指輪のサイズを知るために、いろいろ画策するのが大変な場合には、彼女に直接聞くのも1つの方法になります。彼女に、婚約指輪のことを気付かれないようにと、遠回し画策するのは大変です。また、遠回しの画策をすることで、彼女に変に不安を与えるのもよくないため、そんなときには、彼女との会話で指輪のサイズを直接聞きましょう。

そのときは、彼女の指の細さを褒めたり、指輪のサイズなどの話題をさりげなくしながら教えてもらいましょう。ただし、普段から指輪をつける習慣がない人は、サイズを聞かれても不明な場合が多いため注意が必要です。自分の彼女が、どんなタイプの女性なのかを判断しながら確認する必要があります。

婚約指輪の選び方のポイント

婚約指輪には、選び方にポイントがあります。そんな、婚約指輪を選び方のポイントの中には、「宝石のカラット」「婚約指輪のデザイン」「ブランド」「お店」などがあります。そんな、婚約指輪を選ぶときのポイントを詳しく紹介します。

宝石のカラット

婚約指輪などで、よく使われているダイヤモンドなどの、宝石の大きさを表す単位を「カラット」と呼んでいます。しかし、実はカラットとは宝石の大きさではなく、重さの単位になります。1ctは、0.2gの重さに換算しています。

そんな、婚約指輪で使われている宝石の平均カラットは「0.2~0.4ct」だと言われていますが、婚約指輪に使われている宝石に、適正な大きさはあるのでしょうか。答えは、適正サイズなどはなく、あえて言うならば宝石の適切な大きさは、指輪のデザインなどから決めるしかありません。

例えば、一粒のダイヤの美しさを楽しむソリティアであれば、使う宝石の大きさは大きい方が見栄えがいいため、0.7ct以上の宝石がふさわしいと言われていますが、ダイヤの輝きを集合させて楽しむパヴェのデザインならば、一般的には0.5ct以下のダイヤモンドを複数あしらった方が綺麗だといわれています。

カラット(ct)直径(mm)
0.2ct約3.8mm
0.3ct約4.3mm
0.4ct約4.8mm
0.5ct約5.2mm
0.6ct約5.5mm
0.7ct約5.7mm
0.8ct約6.0mm
0.9ct約6.3mm
1.0ct約6.5mm

婚約指輪のデザイン

婚約指輪は、一生の記念になる指輪になります。そのため、デザインに飽きがしてしまうと困るので、婚約指輪のデザインは吟味して選ぶ必要があります。そんな、婚約指輪はどのような選び方をするのがいいのでしょうか。

そんな婚約指輪のデザインの中には、普段使いをすると指輪に付いている宝石が、引っかかってしまうなど普段使いに向かないデザインもあります。また、昔は特別な日だけに婚約指輪をする方が多かったですが、最近では結婚指輪と重ねづけできるデザインを選び、普段から身に付けている人が増えています。

そのため、婚約指輪をサプライズで贈るときには、贈る相手のライフスタイルなどを考慮しながら指輪を選ぶ必要があります。そんな、婚約指輪のデザインには、大きく分けると4種類に分けることができ、デザインによって指輪の印象が違うため、デザインの選び方も変わります。そんな、婚約指輪の4種類のデザインを詳しくご紹介しましょう。

ソリティア

ソリティアはソリテールとも呼ばれているデザインになり、 婚約指輪では1番オーソドックスな一粒石のデザインになります。このソリティアのデザインは、婚約指輪の代名詞になっているデザインになるため、ソリティアデザインの婚約指輪をもらうことに憧れを持っている女性も多くいます。

そんなソリティアの特徴は、シンプルなデザインです。この、ソリティアのデザインで、宝石の輝きをより引き立てることができ、婚約指輪に高級感を漂わせることができます。そんなソリティアのデザインでも、宝石を立て爪で留めているタイプと、指輪の中に埋め込んでしまうタイプの2種類あります。

ソリティアは、指輪の「素材・形状・宝石の大きさ」など全てを活かすことができるデザインになり、指輪や宝石の品質にこだわりたい方におすすめなデザインになります。

メレ

メレのデザインの指には、 センターストーンと呼ばれている宝石と、メレ(0.1カラット以下の小さな宝石)とを組み合わせてデザインされている指輪になります。メレは、宝石の数が多いデザインのため、指輪自体に華やかさがでやすい指輪のデザインです。

そんな、メレを使ったデザインの指輪は、そのメレの使い方によって指輪のイメージが大きく変化します。そのため、メレの「数・大きさ・配置」によってバリエーションが豊富にあるため、オリジナリティがでやすくい婚約指輪を作れるのがメリットになります。

また、センターストーンが小ぶりの宝石であっても、周りにメレをちりばめることで見劣りがしにくなったり、宝石で流れるようなデザインを指輪に作ることで、指を長く見える効果などもあります。

パヴェ

パヴェとは、 フランス語で「敷石」や「石畳」を意味しています。そんな、パヴェデザインはその言葉の意味どおり、メレを石畳のように敷き詰めたようなデザインになり、パヴェの婚約指輪を嵌めた指を豪華で華やかに見せることができます。

そんな、パヴェリングの特徴は、立て爪タイプの指輪と違い指輪の高さを抑えられるため、宝石が他の物に引っかかりにくいため、普段使いに向いているデザインになります。そのため、華やかさは欲しいが、指輪を普段使いしたい女性が選ぶことが多いデザインです。

そんなパヴェリングのデザインは、宝石の敷き詰め方で印象が全く異なり、その敷き詰め方のバリエーションは豊富にあります。また、敷き詰める宝石は、婚約指輪の定番であるダイヤモンドだけではなく、さまざまな宝石を敷き詰めることができるため、身に付ける人の好みに合せて複数の宝石を使えるのがパヴェリングの特徴になります。

エタニティ

エタニティとは、小粒の宝石を指輪全体に途切れることなく、並べて埋め込んであるデザインになります。宝石が、途切れることなく並んでいるため、その見た目かた「永遠の愛」を象徴していると言われており、永遠の意味となっている「エタニティ」と名付けられました。 また、綺麗に並んでいる宝石は、どの角度から見ても華やかです。

そんな、エタニティがデザインされた指輪は、繊細さの中にもラグジュアリー感があり、結婚指輪との重ねて嵌めることで、日常でも使いやすい指輪のデザインです。また、センターストーンを使わないことで、宝石のが多いデザインですが、指輪の価格がリーズナブルなことがエタニティが人気な理由になっています。

また、同じエタニティのデザインでも、宝石が指輪全体に並ぶフルエタニティと、半分だけ宝石が並ぶハーフエタニティの2種類があるので、ライフスタイルなどに合せた選び方をしましょう。

ブランドは揃える?

婚約指輪の選び方で迷うのが、結婚指輪と「ブランド」を揃えるかどうかになります。女性の多くが、揃えなくてもいいとおもっているようですが、それぞれに希望する理由があります。希望する理由を紹介するので、迷っている方は参考にしてください。

指輪のブランドを揃えたい理由は、揃えることで見栄えがするし統一感がでるからや、ブランドに好き嫌いがあるからなどになります。そんな、ブランドを揃えたい人の多くが、2つの指輪が同じ宝飾品として考えている人が多く、そのため別々で貰っていても、ブランドが揃っていることで統一感がでることを好みます。

逆に、揃える必要がない感じている人の多くが、婚約指輪と結婚指輪ではデザインの希望が違う、ブランドに興味がないなどの理由が多いです。そんな、ブランドを揃えなくていい人の多くが、2つの指輪は別々のものだと考えているため、それぞれの指輪を自分好みで選びたいとおもっています。

婚約指輪はどんなお店で購入できる?

婚約指輪を購入するときには、どんなお店で購入したらいいのでしょうか。

婚約指輪を気軽に購入できるのが、百貨店などのテナントして出店している全国チェーン展開の「ジュエリーショップ」です。店舗が百貨店などの中のにあるため、店舗が単体のお店に入るよりも、簡単に出入りができます。また、大勢の人が利用するために、店員さんがつきっきりになる可能性が低いため、気をつかわずに指輪が選べる可能性が高くなります。

次に、婚約指輪を購入する場所として、ぜひおすすめしたいのは「ブライダルリング専門店 」です。ブライダルリング専門店は、結婚・婚約指輪の専門店になるため、普通の宝石店よりも品揃えがよくバラエティに富んでいます。

また、指輪の種類だけではなく対応するスタッフも、商品知識や経験が豊富なため相談にのってもらえるなど、少し敷居が高くても一般の宝石店よりも細かいサービスを受けることができます。

婚約指輪の選ぶ大切な条件

婚約指輪は、一生の記念になる指輪になります。そのため、指輪の選び方は慎重になる必要があります。そんな婚約指輪の選び方は、贈る相手のライフスタイルなどを考慮しながら選ぶことが大切になります。

また、婚約指輪を贈るときにも、サプライズで贈るのか、一緒に購入するかなどでも、婚約指輪の購入するための条件などが変わってきます。ですが、どんな選び方でも婚約指輪は大切なジュエリーになるため、気持ちを込めて選ぶことが1番大切な条件です。

関連記事

Related