Search

検索したいワードを入力してください

完璧主義者の特徴・向いている仕事・治し方・扱い方

Author nopic iconアガサブレッド
カテゴリ:性格・タイプ

初回公開日:2018年05月02日

更新日:2020年03月05日

記載されている内容は2018年05月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

完璧主義者の特徴・向いている仕事・治し方・扱い方

完璧主義者の特徴

完璧主義者は、どんな事でもきっちりとしています。自分の周りにもそのような人がいるでしょう。その特徴は、どのようなものなのか見ていきましょう。

マニュアルや説明書が好き

完璧主義者は、マニュアルや説明書を好む特徴があります。マニュアルとおりに事が進むのは理想的ですが、会社では突然の変更があります。その場合は、臨機応変に対応ができずマニュアルとおりに事を進めようと頑張ります。

また取り扱い説明書とおりに行かない場合は、自分なりに工夫をして物事を進めて行きますが、完璧主義者は、説明書とおりに行かない事にイライラ感を持ち、何とかしてそのとおりになるよう努力します。

自分の信念を曲げない

完璧主義者は、ゆるぎない自分の信念を持っているのが特徴です。信念を持っているのは、良い事ですがそれに反する事は、何があっても許されず変える事がない傾向にあります。

会社では、自分の上司や同僚と一緒に作業をする事があり、こうした方が会社にとって良いと忠告しても、自分の信念に反していると絶対に曲げません。自分の考えた意見や思考が誰よりも優れていると考え、他人の忠告は、取るに足りない事と考えるからでしょう。

今の自分に不満がある

完璧主義者は、欠点や悪いところを少しでも見つけると、それを直そうと必死になります。常に良い部分を増やそうと努力する事はいいのですが、他人から見れば些細な事でも大きな欠点と捉え直そうと必死になる特徴があります。

自分の欠点を直すのは良いのですが、他人の欠点に対しても自分と同じように直そうとする場合があります。その場合は、細かい人と感じられ疎ましい存在になりますので気を付けましょう。

完璧主義者は、自分に満足する事がない傾向にあります。自分自身を高める事は素晴らしいですが、ある程度自分に良い評価をしてあげなければ、心が休まりません。今の自分に満足していなのでリラックスして楽しむという事があまりないのも特徴です。

時間がいつも足りないと感じる

完璧主義者は、細かいところに目が行き絶えずそれを直そうとして、何かをしています。作業全体からすると時間の無駄となる些細な事を重要な事と捉えているので、作業が一向に進まず生産性の悪い仕事しかできません。

仕事は、効率良くするものですが、こだわりの多い完璧主義者は、一つの事に専念しすぎるのでいくら時間があっても足りません。そのため「忙しい」が口癖になっている人がいます。一人で作業をしている場合は良いのですが、周りと一緒に共同作業をしている場合は、周りに迷惑が掛からない程度に自分を抑える必要があるでしょう。

失敗を恐れる

完璧主義者は、自分に自信があるように見えますが失敗を恐れている傾向にあります。自分のする事は、常に人から賞賛されたり、素晴らしいものでなければいけないという思考を持っているからでしょう。

人は誰でも失敗をします。それを踏まえて次は、こうしようと良い対策を考えて行きますが、完璧主義者は、失敗すると自分の存在価値が、無いと感じるくらい落ち込んで悩んでしまう事があります。

他人と意見が違う場合が多い

完璧主義者は、自分の考えが一番正しいと信じている場合があります。それは良いことですが、他人と一緒に仕事をする場合、必ずしも自分と一緒の意見になるとは限りません。どちらの意見が仕事をする上で効率的で良いかを判断して決めて行くことが苦手です。自分の意見を押し通そうとしますが、明らかに相手の意見の方が正しい場合があっても譲歩しないのが特徴です。

他人の欠点や短所を指摘する

完璧主義者は、完璧になるためにいつも欠点や短所を探しているので、他人の欠点や短所を探す事があります。自分の欠点を直すのはいい事ですが、他人の欠点を指摘する事で友好的な人間関係を作るのが難しいです。他人の欠点を指摘する事で、自分を完璧で優秀と考えるのは、ほどほどにした方が良いでしょう。

過去にこだわる

完璧主義者は、過去にこだわっているところがあります。完璧を目指すあまり「あの時こうすればもっと良かった」「こうしておけば良かった」と考えています。いくら後悔しても終わった事は、元には戻りません。それよりも次は、もっとうまくしようという前向きな思考ができないのは完璧主義者の特徴と言えるでしょう。

男女別完璧主義者の恋愛傾向

完璧主義者の恋愛傾向はどうなっているのか見ていきましょう。

相手にも自分と同じような完璧主義を求めます。もしミスがあった場合は、その原因を追究して相手に直してもらうようにします。自分ができる事は、相手もできると考えているので自分と相手は、同じ思考を持っていると考えるのでしょう。

男性の場合

恋愛の相手がいない場合、理想が高すぎる傾向があります。相手を紹介しても、「背が低すぎる」「ファッションセンスが悪い」など相手の粗ばかり探すことがあります。また自分に合った人は、もっと他にいるはずといつまでも待ち続ける人がいます。

恋人がいる場合、自分の理想に近づけようとする傾向があります。恋人の粗を探しては、ここを直して欲しいやこうした方がいいなどと言うでしょう。最初は言われた相手も好きな人だから努力しようと考える人がいます。しかし要求は、いつまでも続きますので、いつしか好きという気持ちが薄れてくる時が来るでしょう。

女性の場合

女性の場合も理想を求めすぎる事があります。自分の好みの男性が現れてくるのをじっと待っている人や恋人がいる場合は、自分のファッションセンスを押し付けたりする事があります。

何でもきっちりしているので、時間にルーズな恋人を持つと1、2分の遅れても、なぜ遅れたのかなど理由を聞かれたりします。どんな事でも「まあいっかあ」と済ませる事ができないでしょう。

完璧主義者か確認するチェック項目

完璧主義者かどうかのチェックリストをご紹介します。

・細かい事が気になる

・自分に満足していない

・自分の信念や考えを曲げない

・自分は他人よりも優秀と感じている

・他人の欠点や短所が目に付く

・意見の違いで他人と議論する事が多い

・心に余裕がない

・「忙しい」が口癖になっている

・失敗するのが怖い

・過去にこだわる

・譲らない

・時間にうるさい

チェックの結果

全て当てはまる人は、完璧主義者といえるでしょう。自分の行動を振り返って見るとそれに気が付く事があるかもしれません。また他人から完璧主義者と言われた経験がある人はいるでしょう。

半分くらい当てはまる人は、やや完璧主義者といえます。融通が利くところがあり、他人から避けられる程ではないので、悪い面は直して行きましょう。

ほとんど当てはまらなかった人は、マイペースなこだわりのない性格をしています。完璧主義者にも良い面がありますので、それを自分の中に取り入れてみると良いでしょう。

完璧主義者に向いている仕事

どんな事でもきっちりしたい完璧主義者に向いている仕事とは、どのようなものがあるか見ていきましょう。

仕事で完璧を求められるのは、会社の経理や会計になるでしょう。金銭面をきちっとしておかないと会社は、繁栄して行きません。ルーズな人より完璧主義者に向いている仕事と言えるでしょう。

整備士や操縦士などマニュアルをしっかり把握し、きちんと点検や操作が必要な仕事が向いているでしょう。

完璧主義者は、独自の思考を持っている人がいますので、職人や芸術関係、研究職など常に高い目標を持って行くような仕事に就くと、良い成果をあげて行くことができるでしょう。

完璧主義者をやめたい場合の直し方

完璧主義者は、自分や他人の欠点や悪いところを見つけると直そうと努力します。その事で、毎日窮屈な思いをして、どうして自分ばかりが、こういう感情を抱くのかと疑問に考える人がいます。ここでは完璧主義者をやめたい場合の直し方を見ていきましょう。

細部へのこだわりをなくす

完璧主義者は、順番に物事を進めて行き、細かいところまで完成してから次の作業を進めていきます。しかしそれでは、いつまで経っても効率の良い作業はできません。例えば仕事は、優先順位を付けて優先度の高い作業から順にして行くようにしましょう。後回しするという考え方を身に付ければ、完璧主義が治るでしょう。

理想を求めない

完璧主義者は、理想を求めてそれに近づこうとします。特に理想の人がいる場合、その人に早く近づこうとします。その意気込みは素晴らしい事ですが、体がついて行かない事があり、イライラする場合があります。焦る気持ちは誰にでもありますが、マイペースにゆっくりと確実に追いついて行くようにすると完璧主義が治るでしょう。

他人の意見を受け入れる

完璧主義者は、自分の意見を曲げない傾向にあり、自分と違う意見を受け入れない事があります。社会生活を円滑にするためには、他人の意見にも耳を傾けるようしましょう。他人との関係を良好に保つためには、妥協するという事を身に付けましょう。新たな視点で物事を考えるようになれば、完璧主義が直るでしょう。

完璧主義者の扱い方・付き合い方

完璧主義者は、常に高い目標を掲げています。そのような人と上手に付き合って行く方法を見ていきましょう。

完璧主義者は、いつも自分に満足していません。目標を達成したらすぐに新しい目標を設定し終わりがないので、そういう人には、時々相手を褒める言葉を掛けると良いでしょう。頑張っている自分を他人が褒めてくれる事は嬉しいです。自分の失敗や不安を抱えているので、褒め言葉は何よりも完璧主義者の心に届きやすいでしょう。

また他人にも同じような事を求める傾向がありますので、その時は、完璧主義者のようにきっちりする事は自分には難しいと言って、決して反論しない事が上手く付き合う方法になるでしょう。

完璧主義者の有名人

完璧主義の有名人は、イチロー選手や中田英寿さんが思い浮かぶでしょう。

一流のスポーツ選手は、他の選手との競争がありますので完璧主義者になる事が多いのでしょう。

完璧主義者と相性が合う人

完璧主義者の悪循環

完璧主義者は、どんな事でも頑張りすぎるため、疲れやすい傾向があります。普通の人は、疲れると休みますが、完璧主義者は、目標を達成するまで休まない人がいます。休まないとミスが多くなり、それを直そうとするのはいいのですが、疲れているのでなかなか進まないという悪循環に陥る事があります。

イライラなど

高い理想や目標を持っているので、達成するには時間が掛かることがあります。そのため常にイライラしている事が多いです。また小さなミスがとても気になるので、心に余裕がない人がいます。

自分にできない事が続くと完璧でない自分を受け入れられなくなり、イライラしたり自己嫌悪に陥ったりしてしまう事があります。人は、完璧ではないという認識が低く、自分はいつも完璧でないといけないという気持ちが強いからなのでしょう。

完璧主義者は心にゆとりを持とう

完璧主義者は、きっちりしているので端から見るとすごい人に見えます。他人では務まらないような細かい事を完璧にこなせるように、日々努力しているのは良い事です。しかし、自分の考えを曲げないというのは、社会生活を過ごす中で不便な事が多くなるでしょう。

自分の信念を持っているのは良い事ですが、間違っている場合は、他人に迷惑がかかり、仕事の場合では、重大な問題となります。そうならないためにも、自分が間違っていないと感じても譲歩する心のゆとりを持ちましょう。

人間関係を友好的に築く事は、どのようなところに行っても大切です。自分の意見を変えるだけで、完璧で良い人に変われるチャンスがあります。

人生は一度しかありませんので、過去ばかりにこだわらず、明るい人生が送れるように心にゆとりを持って生活をすれば、きっと今よりも良い快適な生活が過ごせるでしょう。