Search

検索したいワードを入力してください

社会人として知っておくべき常識20・社会常識に関する資格

Author nopic icon菜月
カテゴリ:人間関係

初回公開日:2018年08月21日

更新日:2020年05月19日

記載されている内容は2018年08月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

社会人として知っておくべき常識20・社会常識に関する資格

社会人は常識を知らないと恥をかく

就職し、社会に出ると「社会人」として扱われるようになります。社会に出る立派な大人だという認識のもと、マナーや常識についてもきちんと知っているという事が期待されます。

学生の間であれば、常識が多少なかったとしても「仕方がないな」と許されることもあるでしょう。しかし、社会人になった以上はそれでは済まないことが多々あります。

失敗する前に確認

社会人になった瞬間に常識がひとりでに身につくものではありません。常識は、社会に出る前から徐々に身につけていき、いざ社会人になった時のために備えておくと安心です。

それでも「わからないな」と思った時に、自分の考えだけで行動するのは危険です。わからない場面に出くわした時には、上司や先輩などに事前に確認しておきましょう。新入社員であれば指導してもらえますし、もっと年数が経つとより聞きにくくなってしまいます。

社会人として知っておくべき常識20

常識といってもいろいろな場面や種類があります。ここでは基本的な社会人としての常識をご紹介します。社会人になる前であっても知っておいて損になることはありません。それぞれの常識をマスターできるようにしましょう。

常識1:挨拶

挨拶は人と人の付き合いの基本的な常識といえます。それは社会人になっても同様です。相手から挨拶を待つのではなく、自分から進んで挨拶をするようにしましょう。

挨拶の内容も知っておきたいポイントです。「ご苦労様です」は通常目下の人に対しての言葉遣いとなります。目上の人に対しては「お疲れ様です」などの言い方をするようにしましょう。

常識2:服装

社会人として適切な服装を心がけることも常識の一つです。会社の身だしなみのルールに沿った服装をしましょう。

また、私服での勤務の場合であっても必要な職場でないのであれば、過度な露出や攻撃的な服装は避けるなど、落ち着いた服装であることが望ましいでしょう。

常識3:言葉遣い

言葉遣いは社会人として大変重要な要素です。どんなに仕事ができる人であっても言葉遣いが悪いと良い印象にはなりません。そのために必要なことは、敬語を正しく使うことです。敬語は基本を押さえておけばそれほど難しくはありません。

またいわゆる若者言葉を仕事中に出さないというのも重要です。「超」や「すごい」「なんか」などは気を抜くと癖で使ってしまいがちな若者言葉です。きちんとした言葉ではないので注意が必要です。

常識4:時間を守る

時間を守るという常識も、社会人だけではなく人間関係の構築に不可欠なポイントです。時間を守るという事は、すなわち約束を守るという事につながります。約束をきちんと守ることで信頼関係を作ることができます。

万が一不測の事態により時間に遅れそうなときは、少しでも早く連絡するなどの対応力も必要になってきます。

常識5:無断欠席をしない

会社を当日に休まないに越したことは無いのですが、どうしても体調が悪いという場合は欠勤する必要があります。無理をして出勤しても作業効率も悪くなりますし、何より周りの人に移してしまう危険性もあります。

当日の欠勤の場合、当たり前ではありますが、わかった時点ですぐに連絡しましょう。事後連絡だと無断欠勤扱いとなってしまいます。連絡の方法も会社の方針で別に決められている場合を除き、電話連絡が基本となります。

常識6:名刺のやりとり

営業だったり、取引先との挨拶だったり、社会人になると名刺のやり取りをする機会も増えてきます。学生にはほとんどなかった機会のため、戸惑う人も多いポイントです。

事前に勉強しておくことはもちろんですが、可能であれば上司や先輩に名刺の受け渡しのやり方に問題がないかをチェックしてもらっておくと、本番になっても焦らずに行うことができます。

常識7:電話の対応

会社の電話に出るのは新人の仕事、という会社も少なくありません。一方で電話対応が苦手だという人も多いです。電話は顔が見えないため、声のみのやり取りとなります。そのため、対面時以上に声のトーンや話し方などが問われます。

はきはきと話す事や要件を把握すること、担当者不在の場合の折り返しの要不要など、相手からの要望を正確にくみ取る必要があります。要件などは復唱確認を行う、メモを取るなどを心がけましょう。

常識8:スマホやケータイの使い方