Search

検索したいワードを入力してください

「うーん」という人の心理6コ・「うーん」という返事の意味

Author nopic icon星澤うみ
人の心理 / 2019年02月08日
「うーん」という人の心理6コ・「うーん」という返事の意味

「うーん」は何を意味するのか

好きな人に頼みごとをしたり、お誘いをした時に「うーん」と返ってきて戸惑ったことはありませんか。特にそれが片思いの場合「嫌がられているのでは」なんて疑心暗鬼になってしまうこともあるでしょう。この「うーん」はたった3文字ですが、人を悩ませる複雑な言葉でもあります。

そこで、今回はこの悩ましい言葉「うーん」には何が隠されているのか、どんな気持ちが込められているのか、その秘密に迫っていきます。

イエスでもノーでもない時

「うーん」はその3文字だけで「イエス」でも「ノー」でもないことを相手に伝えることができてしまう不思議な言葉です。たとえば「〇〇が好きですか?」と聞かれて、別にそれが好きでも嫌いでもない場合に「うーん」とだけ返せば、聞いた相手に「好きでも嫌いでもない」というニュアンスが伝わります。

実際に、答えが「イエス」でも「ノー」でもない場合に「うーん」を思わず使ってしまうことは多いはずです。

曖昧な返事

「うーん」は、答えを曖昧にしておきたい場合でもよく使われる言葉です。白黒ハッキリさせたい人はイラついてしまうでしょうが、時には答えを曖昧にしておきたい場合もあるでしょう。そんな時も「うーん」は登場します。

たとえば、大きな頼まれごとをした時など、すぐに返答せずにしばらくは答えを曖昧にしておきたいなんてこともあるはずです。そんな時「うーん」と返せば、答えが出てない旨、つまり曖昧さは伝わります。

「うーん」という人の心理

自分が「うーん」と言う場合は、その言葉について特に何も考えていないことがほとんどですが、相手から「うーん」と言われた場合は話は別です。特にそれが好きな相手の場合、相手がどんな気持ちで「うーん」と言ったのかと、モヤモヤと考えてしまうことも多いはずです。

そこで、ここでは「うーん」に込められている心理状況について紹介します。あなたが気になる「うーん」にあてはまるものが、きっとあるはずです。

心理1:迷っている

「うーん」という言葉が使われる場合の多くは、迷っている時だと言えます。たとえば一人の場合でも、レストランのメニュー選びで迷う時など頭の中で「うーん」と言っていることは多いはずです。もし、好きな相手をデートに誘って「うーん」と返されたのなら、相手はどうするのか迷っている場合が多いと言えるでしょう。

迷うということは「イエス」「ノー」どちらの可能性もあるということなので、この後の行動が大切になります。

心理2:自分に自信がない

相手が男性の場合は「うーん」という言葉に「自信のなさ」が隠されている場合が多くあります。男性は女性が考えている以上に自信のない生き物です。そして女性の前ではカッコつけていたい生き物です。好きな相手に頼み事をして「うーん」と返された場合、期待に応えられるのかという不安が隠されていることも多いです。

もしこのケースが予想できる場合は、そんな男性の繊細さを察してあげる位の思慮深さが大切になります。

心理3:時間稼ぎをしている

時間稼ぎのために「うーん」が使われる場合もあります。答えを出すために時間が必要である場合の、時間稼ぎの言葉としての「うーん」です。答えを出すために何かを考える必要があるので「うーん」で繋ぎます。つまりこの場合の「うーん」は「今考えているのでお待ちください」という意味です。

迷っている時の時間稼ぎとして「うーん」を使う場合もありますが、単にスケージュールなどを頭で整理している場合も多いです。

心理4:優柔不断である

「うーん」という言葉を頻繁に使う人は、優柔不断である可能性が大きいです。「迷っている」場合と同じように思えますが、この場合は迷う理由があるというより、性格的に決められないということです。優柔不断の人は、何かにつけて決めるのに時間がかかります。「ああでもない、こうでもない」と頭の中でグルグルと考えてしまうからです。

好きな人が優柔不断の場合、そんな面も受け入れられるのかは恋愛で大切です。

心理5:相手を傷つけたくない

「うーん」に「相手を傷つけたくない」という気持ちが含まれている場合もあります。何かを断りたい時、きっぱりと断ると、相手を傷つけると思い「うーん」で曖昧にしようという考えです。断りたい気持ちを「うーん」で察してほしいということです。

自分によって誰かが傷つくのを目の当たりすれば、自分も傷つきます。この「うーん」の裏には「自分が傷つきたくない」という気持ちが含まれている場合も結構多いです。

心理6:困っている

「うーん、困ったな」というフレーズがしっくりくるように、困った時に「うーん」と言う場合もあります。そして、多くの人が好きな相手から「うーん」と返された場合、この「困っている」を理由として、あてはめてしまうのではないでしょうか。ただ、この「うーん」ひとつで相手が困っていると判断してしまうのは早合点です。

というのもこの場合は「うーん」だけではなく、困っているのがわかる場面が他にもあるはずだからです。

異性のキモチを理解して恋愛成就させよう!

「ベスト・パートナーになるために」は男女の違いを学ぶための教科書のような本です。好きな人の「うーん」で悩むのは、男心と女心の違いも大きな原因です。その違いは異星人と例えられるほどに大きいです。そのことを知らずに失敗する人がとても多いです。男女の違いを知っておくと、恋愛成就にはもちろん、長く良い関係を築くためにも役立ちます。

男性と女性の違いを学んで、幸せな恋愛を手に入れましょう。

「うーん」という返事の意味

「うーん」という返事が返ってきた場合、その「うーん」が何を意味するのかが分かれば、モヤモヤと長く悩まずにすみます。ここでは「うーん」が意味するものの代表的な例を紹介していきますので、自分の状況にあてはめてみてください。

あまり気が進まない

「うーん」の意味で、一番嬉しくないのは「あまり気が進まない」です。確かに、気が進まない時に「うーん」と言ってしまうことは結構あります。この場合は「うーん、仕事が忙しいからな」みたいな感じで「うーん」の後に続く言葉が曖昧になっている傾向があります。

気が進まないのではなく、本当に仕事が忙しい場合は「うーん、今週は仕事が忙しいから来週でもいい?」のように具体的な言葉がついてくる場合が多いです。

考えている

「うーん」が考えているサインというケースは、男性に多いです。というのも、一度に多くのことを考えられる女性とは違い、男性は一度にひとつのことしか考えられず、結論を出すのに時間がかかる傾向があるからです。相手が「うーん」と言いながら、なかなか次の言葉が出てこない場合「うーん」は考えているサインの可能性大です。

この場合、答えを急かしたりせずに、相手の次の言葉を待ってあげるのが大切なポイントです。

話をよく聞いていない

親しい仲の場合に多いケースですが、「うーん」と言いながら話を聞いていない場合もあります。このケースは、相手が何か別のことをしていたり、やらなくてはいけないことがある場合がほとんどです。好きな人と会話をしていると、つい周りが見えなくなりがちですが、状況に気を配ることも大切です。

大切な頼みごとなどをする場合は、相手が今どんな状況であるのか見極めることは、相手にとっても自分にとってもプラスになります。

他のことを考えている

他のことを考えている場合も「うーん」を使いがちです。他のことを考えていて、それどころではないけれど、聞いている素振りを出そうという「うーん」です。この場合の特徴は、話が嚙み合っていなかったり、生返事感が漂っていることです。デートに誘っているのに「うーん、そうだねぇ」みたいな感じで、ちゃんと答えになっていないことが多いです。

この場合は、相手があなたに気を許していることの表れでもあります。

「うーん」の別の言い方

色々な場面で「うーん」という言葉が使われていますが、同じような言葉は他にあるのでしょうか。「えーと」「そうだなぁ」は「うーん」と似ているつなぎ言葉ですが、伝わるニュアンスが微妙に違うのが面白いです。そして、もし自分がつなぎ言葉を使う場合は「そうですね」や「いいですね」など肯定的な言葉を使うのもおすすめです。

一度相手の言葉を肯定する形になるので、誘いを断る場合などでも角が立ちにくい特徴があります。

英語で「うーん」はどう表現するのか

「うーん」というような言葉は日本語だけではなく、英語でもあるのでしょうか。「うーん」を英語で表現する時は「umm」や「well」を使う場合が多いそうです。そして「umm」の発音は「うーん」になるのが面白いところです。迷っている時や考えている時に思わず「うーん」と言ってしまうのは、万国共通なのでしょうか。

「うーん」と言われても結論を急がないで

今回は「うーん」という言葉の秘密に迫ってきましたが、「うーん」に込めらた意味や気持ちには色々な場合があることがわかりました。困っている時や気が進まない時にも使われるため、どうしても「うーん」と言われると、不安になってしまう傾向があります。それが恋愛相手ともなると、なおさらです。

ですが、ただのつなぎ言葉である「うーん」だけで結論を急ぐのは早合点です。他のことでも様子を見ることが大切になります。

「曖昧な態度」の心理をチェック

「うーん」という言葉が人を不安にさせるのは、曖昧だからです。曖昧な気持ちが「うーん」で表れることが多いのも事実です。ただ一方で「うーん」に特に意味がない場合もあります。そのため「うーん」だけで相手の気持ちを判断しても、それが当たっていないことも多いです。

相手の気持ちを知るためには、言葉ひとつで一喜一憂するのではなく、視野を広げ、相手の状況や今までのやりとりを冷静に見ることも、恋愛では大切です。

関連記事

Related