Search

検索したいワードを入力してください

息子の彼女と仲良くする19の方法・好かれる母親の特徴

Small ba7ad130 f9f9 4de6 b2b3 1e1fc7ed43e6佐賀裕司
カテゴリ:人間関係

初回公開日:2018年08月12日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2018年08月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

息子の彼女と仲良くする19の方法・好かれる母親の特徴

息子の彼女に対する母親の心境

一般的に「息子の彼女に対する母親の心境」でピックアップされるのは、「その母親が息子の彼女に対して嫉妬してしまう」という心理的傾向です。これは「その気がないのに」という建前的な心境とは裏腹に、つい「無意識でそうなってしまう場合」が非常に多く見受けられます。

心境1:うれしい

先述では「息子の彼女に対して嫉妬してしまう母親の心境」についてご紹介しましたが、それでも息子を好きでいてくれる・愛してくれる彼女がいて「嬉しくない」わけがありません。やはり息子の彼女の前では「息子の母親」であり続けることに努めて「始終、笑顔でいる」という姿勢が多くの場面では見られます。

しかし、つい一人になったときに「息子の彼女に対する嫉妬の心」が湧いてきます。

心境2:相手の女性が気になる

先述でご紹介しましたこの「息子の彼女に対する母親の嫉妬」というのは、基本的に「その彼女に対して母親が、一女性の立場・心境に戻って見てしまう」という傾向が見られるためです。「女性対女性」という心理的側面にどうしても陥ってしまうため、その「息子の彼女に対する淡い嫉妬心」が芽生える傾向にあります。

心境3:嫉妬を感じる

息子の彼女を「女性」として見てしまうことによって、その息子の母親は「自分の中に潜む女性の部分」が強く出てしまい、その息子の彼女に対する「異常なほどのライバル心」のようなものをあえて引きずり出してしまう傾向が芽生えます。

この心理的傾向によって母親は、その後も「息子の彼女」を「一女性」として見てしまうことになるため、「自分の息子をその彼女に奪われてしまう」という錯覚した心境に駆られます。

息子の彼女と仲良くする方法

先述のように、息子の母親というのは「息子の彼女に対して、自分の息子がその彼女に奪われてしまう」という錯覚に陥ってしまう心理的側面を持ち合わせてしまうため、この場合はまず「認知的な改善」によって、その息子の彼女に対する意識を変える必要があります。

いわゆる「エレクトラ・コンプレックス」の母親バージョンとなるため、この深層心理における意識改善を日頃から行なわなければなりません。

方法1:食事に誘う

まず先述のように、息子の彼女に対するコンプレックスに近い感覚を覚えてしまった母親は、その彼女に対するアプローチを図る必要が出てきます。これはもちろん「母親だけ」というわけではなく、その息子の彼女の方からも「母親に対するアプローチ」を図ることが大切です。

息子の彼女と息子の母親同士が、お互いに意識の溝を埋める努力をすることによって、次第にコンプレックスは和らいでいきます。

方法2:緊張しすぎない

まず、息子の彼女と母親がアプローチを図り合う際には、緊張しすぎないことが何より大切です。「息子の彼女」というからにはその延長では「結婚」が前提となる場合もあるため、未来の肉親となるその相手に対する遠慮は、かえって深い溝を刻んでしまう可能性があります。

方法3:下の名前で呼ぶ

息子の彼女と仲良くする19の方法・好かれる母親の特徴
※画像はイメージです
出典: People in Couch · Free Stock Photo