Search

検索したいワードを入力してください

女上司と上手に接するコツ15個・女上司のイメージ

Author nopic iconjapon
カテゴリ:人間関係

初回公開日:2018年08月24日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2018年08月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

女上司と上手に接するコツ15個・女上司のイメージ

女上司のイメージ

女性の社会進出は当たり前になり、入った会社に管理職の女上司がいるのは普通になってきました。上司に男も女上司も関係ないのが会社であり、また社会というものですが、もうちょっと上手に接するコツがあれば知りたいと考える方もいるでしょう。男女の部下から見て女上司のイメージはどういったものなのでしょうか。

怖い

男も女も関係なく、女上司は怖いものでしかるべき姿でしょう。男女に限らず言えることとしては、怒るにしても理論的か感情的か、言葉の選び方、などで伝わり方はそれぞれ違います。

男上司でも感情的に怒る上司はいますが、それが女上司になると輪をかけて感情的に見えてしまう怖さというのは、全体的な女性像のマイナスイメージなので最初は傾向としてあるでしょう。

神経質

これもまた同じです。女性のイメージがどうしてもそう見えさせてしまいます。神経質な男上司もいますし、女上司でもサバサバしているタイプの人もいます。なのに、女上司でちょっと神経質なだけでも、倍増してそう見えてしまう傾向はあるでしょう。部下側の女性像のとらえ方も一度見つめ直す必要があるでしょう。

厳しい

厳しいのも男女は関係ないでしょう。寛大なタイプにも男女が関係ないように、どちらかというと個人の性格と言えます。統計として男上司は自分の昇進の夢を念頭に置いているのに対し、女上司は優秀な部下を育成したいと考えている傾向があり、その期待が厳しくさせている場合もあるでしょう。

女上司と上手に接するコツ15個

基本的には女上司という性別ではなく、「上司」と上手に接するコツと同じでしょう。女上司のポジションからも、実力ならまだしも、女や男で判断されるのはもっとも嫌がるでしょう。ですから部下側からも気を付けることはあります。そんなことも踏まえた上で女上司と上手に接するコツを15個、勉強アイテムも紹介しながら見ていきましょう。

コツ1:敬語をしっかりと使う

正しい敬語を女上司に喋るというのは大事です。礼儀でもあり、信用や信頼を築く要素の一つでもあります。しかし、会社ではとっさにこんな時、どんな言葉が正しい敬語なのか、さまざまなシーンがあるので迷うこともあるでしょう。

あなたの評価を下げる過剰、マニュアル、繰り返し、ではいくら敬語を使っていても表面的で薄っぺらです。ちゃんと思考し、要点を組み立てた簡潔な敬語の使い方を勉強しましょう。

コツ2:挨拶を徹底する

挨拶を徹底するというのは、当たり前のことなのですが、最近では困ったことに当たり前ができない若い人が多い傾向があります。仕事がまだできないのはしょうがないとして、女上司をはじめ、先輩に挨拶も元気よくハッキリできないようでは、「人間的に大丈夫?」と思われても仕方がありません。

挨拶には自分にも相手にも力を与えます。体育会系で元気よくいきましょう。挨拶する時の姿勢や頭の下げ方も非常に大事です。

コツ3:報告・連絡・相談

ホウレンソウとよく言われる、報告・連絡・相談は女上司と部下の大事な架け橋になり、最低限の義務と言えます。女上司の性格にもよりますが、途中経過をさりげなく日常で混ぜてた方がスムーズに後々仕事が進む場合もあります。

一方で会社によっては、すっかりマニュアル化してしまったホウレンソウを禁止して、自主性を伸ばす方針もあります。考えない部下を育てるのではなく、考えさせる部下を育てようという方針です。

コツ4:容姿に気を付ける

容姿に気を付けるというのは、ファッションというより、一番は清潔さを心がけ仕事やコミニケーションに支障が出ないよう気を配るという事です。不潔や臭いなど、自分で気を付ければクリアできるマイナスイメージは女上司に限りませんが、いりません。

もちろん、スッキリとしたオフィスシーンにあった、おしゃれであれば歓迎されます。センスのいい先輩を見習って、スタイリッシュになる努力もいいでしょう。

コツ5:身の回りの整理整頓

身の回りの整理整頓は、デスクの上からロッカー、自分のカバンの中まで、何か探してすぐ見つけられないなどないよう普段から習慣づけましょう。女上司に限りませんが、部下の普段のクセを案外、観察して仕事ができるかどうか判断しています。

整理が苦手と言う人は、習慣にないという事ですから、まず整理の仕方がわかる本などを買い勉強することからはじめましょう。コツやグッズなどの使い方がわかれば、整理が楽しくなります。