Search

検索したいワードを入力してください

夢痛にはどんな意味があるのか|5つのシーン別夢占いの意味

Author nopic iconPlusPixel
夢占い / 2019年02月07日
夢痛にはどんな意味があるのか|5つのシーン別夢占いの意味

夢痛を感じる人は多くいる

夢の中で痛みを感じる夢のことと「夢痛」と呼びます。夢痛でお悩みの方は、意外と多くいて、痛みを感じるシーン、痛みを感じる度合い、痛みを感じる箇所など、夢占いで夢痛に込められている意味も分かってきています。

痛みという感覚は、例え夢の中であっても、味わいたくない感覚です。夢痛から解放されるため、夢痛に込められている意味を知っていきましょう。

夢占いではシーン別で意味が異なる

夢痛に限ったことではありませんが、夢というものは、それぞれ意味を持っていて、そのシーンによって夢が表わしている意味も異なってきます。

例えば、アニメの夢であれば「平凡な日常を変えたいと考えている」、猫の夢であれば「幸運が訪れる予兆」、旅行の夢であれば「現実逃避したいと考えている」など、細分化していくと意味が変わってきたりもしますが、これらのように、シーンによって意味が変わってきます。

夢痛の夢占い5つ

夢痛というのは、心の苦しみや不安などを夢の中で痛みとして表す脳からの警告になります。精神的に弱っている状態であるため、あらゆる物事を悪い方向に考えてしまい、無意識のうちに悪い妄想を膨らませ、結果的に夢痛が起こりやすくなります。

また、夢痛は、身体の悪い部分を知らせてくれるものでもありますので、ご自身の健康状態を知る上での、判断材料にもなります。

痛みを感じる原因

一口に夢痛と言っても一つの意味だけではなく、夢痛によって痛みを感じたシーンによってその夢痛が表わしている意味も異なってきます。どのようなシーンで痛みを感じたのか、良く思い出してみて下さい。

ここでは、数多くある夢痛の中から一般的に良く見られる代表的な夢痛「怪我をする夢」「戦う夢」「拷問される夢」「出産する夢」「治療する夢」など、それぞれのシーン毎の夢痛が表している意味について、ご紹介させて頂きます。

シーン1:怪我をする夢

夢痛を伴う怪我をする夢は、仕事や恋愛において、人間関係のトラブルが起こる前兆になります。仕事面では、ミスによってトラブルが発生するということを暗示していて、恋愛面では、好きな相手の言葉に傷付けられるということを暗示しています。

シーン2:戦う夢

夢痛を伴う戦う夢は、蓄積されたストレスや不満など、抑圧されたエネルギーの解放したいということが表わされています。その戦いの勝敗は、蓄積されたストレスや不満などに打ち勝つことができるのか、打ち勝つことができないのかを暗示しています。普段からストレスを溜め込まないように意識して、好きなことだけに目を向け、ストレスを遠ざけましょう。

シーン3:拷問される夢

夢痛を伴う拷問される夢は、ご自身の無力さに対して、怒りを感じているということを表わしています。何もすることができない自分のことを責めているのでしょう。早く自分を変えないと後々苦しい目に遭うということを暗示しています。自分と向き合って、自分を変えていくことで、夢痛からも解放されていくでしょう。

シーン4:出産する夢

夢痛を伴う出産する夢は、苦しみに耐えているということを表わしています。忍耐を必要としている時期で、ご自身の人生において、大事な局面を迎えているということを暗示しています。この苦難を乗り越えた際には、自然と夢痛からも解放されていくでしょう。

シーン5:治療する夢

夢痛を伴う治療する夢は、病気にかかっていたり、悩みを抱えていたりするということを表しています。また、病気の場合は、その病気が回復していくことを暗示していて、悩みの場合は、その抱えていた悩みが解決していくということを暗示しています。

痛みの程度でも異なる

軽い痛みの夢痛もあれば、激しい痛みの夢痛もあります。シーンだけでなく、この痛みの程度によっても、その夢痛が表わしている意味が異なってきます。どの程度の痛みを感じたのか、良く思い出してみて下さい。

ここでは、軽い痛みの場合と、激しい痛みの場合での、それぞれの夢痛が表している意味の違いについて、ご紹介させて頂きます。

軽い痛みの場合

軽い痛みの場合、精神的に不安定になりかけているという状態を表しています。無意識のうちに悪い妄想を膨らませて、自らを追い込んでしまっている傾向があります。冷静になって一つ一つ問題と向き合っていくことで、夢痛からも解放されていくでしょう。

激痛の場合

激痛の場合、強い嫌悪感を抱いているということを表わしています。これは、他人に対する嫌悪感ではなく、自分に対する自己嫌悪になります。他人を傷付けてしまったことを後悔して、そのことから、自分に対して嫌悪感を抱くということが多いでしょう。

夢痛にお困りの貴方におすすめのアイテム

痛みという感覚は、例え僅かな痛みであっても、少しずつ気力を蝕んでいきますので、可能であれば体験したくありません。夢痛でお困りの方の貴方のために、夢痛から解放されるために、お役立て頂けるアイテムをご紹介させて頂きます。

こちらの本は、夢療法の第一人者である坂内慶子さんが書かれた本で、見た夢を読み解いていき、自分の助け船として生活に役立てていくという内容になっています。

夢痛の部位別夢占い

シーンや痛みの程度だけではなく、痛みを感じた部位によっても、その夢痛が表わしている意味が異なってきます。身体のどの部位に痛みを感じたのか、良く思い出してみて下さい。

ここでは、数多くある夢痛の中から、夢の中で痛みを感じることが多いとされている代表的な部位「頭」「胸」「腕」「お腹」「脚」など、それぞれの身体の部位毎の夢痛が表している意味について、ご紹介させて頂きます。

頭に痛みを感じる夢は、解決することができていない何かしらの大きな問題や、何かしらの大きなトラブルを抱えているということを表わしています。また、仕事や勉強、考えごとなどで、長時間頭を使い、頭や精神が疲れているということを暗示しています。

胸に痛みを感じる夢は、ストレスや疲労に身体が抑圧されていることを表わしています。また、何かしらの恋愛関係について、疲れてきていることを暗示しています。恋愛関係で悩まれていることに向き合ってみることで、良い方向に進むキッカケになるのではないでしょうか。

腕に痛みを感じる夢は、自信を失っている状態であることを表わしています。乗り越えられない壁に直面した絶望感、失敗するのではないかという不安などを暗示しています。努力を積み重ねていき、自信を付けていくことで、夢痛からも解放されていくでしょう。

お腹

お腹に痛みを感じる夢は、ご自身の健康状態が、あまり良くないということを表わしています。また、お腹の痛みが激しい場合は、何か良くないことが起こるという暗示になります。今一度、健康状態に問題が無いか、確認してみることをおすすめします。

脚に痛みを感じる夢は、気力が低下していることを表わしています。感情の表現が乏しくなり、何事にも興味や関心を示さなくなります。また、疲れが溜まっているという暗示でもありますので、ゆっくり休むことをおすすめします。

夢痛は悪い意味ばかりではない

いかがだったでしょうか。痛みという感覚は、例え僅かな痛みであっても、少しずつ気力を蝕んでいきますので、可能であれば体験したくありません。痛みを感じたシーンや、部位、程度などによって、夢痛の解釈も多岐に渡りますので、良く思い出して参考にして下さい。

また、夢痛は、悪い意味だけでなく、幸運を暗示しているものもあります。ここでは、悪い意味ではなく良い意味の夢痛についての記事をご紹介させて頂きます。

幸運の前兆である可能性も

ここで紹介させて頂いている記事は、幸運を暗示すると言われている「妊娠の夢」や「殺される夢」についての詳しい記事になります。こちらの記事も合わせて、ご参考にして下さい。

関連記事

Related

Line@