Search

検索したいワードを入力してください

#鈍感な人とは|鈍感な人の特徴7つ|鈍感な人との恋愛

Author nopic iconそらあおぐ
性格・タイプ / 2018年12月21日
#鈍感な人とは|鈍感な人の特徴7つ|鈍感な人との恋愛

鈍感とは

人に対して気遣いをして、あえて遠回りに物事を伝えないといけないことがあります。しかし、鈍感な人は遠回しに物事を伝えられると、その意味を理解することができないことがあります。すると、せっかく気を使ったのに、結局はストレートに伝えないといけなくなってしまいます。

このような鈍感な人は一緒に行動すると、自分の意思や意図が伝わらないことがあるので、接し方に注意しないといけません。

鈍感な人は自分では気づいではいない

鈍感な人は相手の意思や意図を読み取ることができません。また、鈍感な人は、自分が鈍感であるということに気がついていないことが多く、相手の意思や意図を読み取れていないことにも気がついていません。

そのため、自分の欠点に気づくことがないため、誰かに注意をされたりしないと、その鈍感さは改善されることがありません。

鈍感な人の特徴7つ

鈍感な人は相手の意思や意図を理解できないため、一緒に行動をしているとうまく言動が伝わらないことがあります。なので、仕事などを一緒にすると、鈍感な人は相手の言葉の意図を読み取れずに、誤った行動を取ってしまう危険性があります。

このような状況に陥らないためにも、鈍感な人であるかどうかは、その特徴を観察して事前に見極めておく必要があります。

特徴1:楽天的

ポジティブな考えを持つことは大切です。しかし、あまりポジティブな考えばかり持つと、楽天的となってしまうことがあります。

楽天的な考えをしている人は、何事もポジティブに内容を受け取ってしまうため、自分の都合の良いように解釈をしてしまう傾向が強いです。そのため、相手が意図したことを無視して自分の好きなように動いてしまうことがよくあります。

特徴2:天然でマイペース

天然でマイペースすぎる人は、周囲の人の言動を理解しているようで、理解していないことがあります。他人から何を言われても、気がつくと自分のやりやすいように思考を変換して、結局は他人から言われたことを無視してしまっていることがあります。なので、自分の基準ばかり優先してしまうため、相手の意思や意図を理解せずに物事を進めてしまいます。

特徴3:空気が読めない

言葉がなくても、その場の空気で会話や行動の流れが作られる場合があります。しかし、鈍感な人はストレートな表現で説明をしてもらわないと、その場の空気の流れを把握することができません。

そのため、会話の流れを崩してしまったり、順調な作業の流れを止めてしまったりなどしてしまいます。なので、よく鈍感な人のことを空気が読めない人と言われることもあります。

特徴4:アプローチに気が付かない

鈍感という言葉は、恋愛の場面でよく使われます。鈍感な人は相手の意思や意図を読み取ることができないため、アプローチをされても気がつきません。そのため、今までアプローチを受けてきたにも関わらず、急に告白されたと感じてしまいます。

鈍感な人にアプローチをする際には、相手が好意を寄せているということに気がついていないため、相手を傷つけてしまうような言動をしてしまうこともあるのでアプローチには注意が必要です。

特徴5:前向き

先に述べた通り、ポジティブな思考を持ちすぎて、楽天的になっている人は鈍感になりやすいです。ポジティブな思考は行動力を生みます。また、鈍感な人は自分の都合の良いように相手の言動を解釈してしまいます。

行動力と都合の良い解釈が揃うことで、間違った方向に向かって勢いよく走り出してしまうことがあります。そのため、気がつくと勝手なことをして、ミスをしているということが多いです。

特徴6:視野が狭い

相手の言動を自分の都合の良いように解釈してしまうのは、視野が狭いことが原因である場合もあります。相手の言動の中に、自分では理解できないことがあると、理解できないことを自分の知識や経験でわかる範囲で内容を置き換えてしまいます。そのため、置き換える内容が自分にとって、できるだけ楽なものを選択してしまいます。

このような人は他人に相談することがなく、自分で何でも解決しようとするため、視野が狭くなります。

特徴7:気が利かない

気が利く人は常に周囲の人が何をしているかを把握しています。そのため、人が困るであろうことや、やってほしいことを先回りして行うことができます。

しかし、鈍感な人は人の意思や意図を読み取ることが苦手なため、人が困るであろうことや、やってほしいことなどを予測することができません。また、場合によっては人が困るであろうことや、やってほしいことがある状況になっても助けを求められるまで気がつかなかったりします。

鈍感が長所になることもある

鈍感力
鈍感力
口コミ

先生の言うとおり逞しく生きたいです!!!!!! 気の弱い自分には無理かな…

鈍感な人よりも気が利く人の方が優れていると思われることが多いです。しかし、気が利きすぎる人は周囲に気を使いすぎることで精神を疲弊させてしまっていることがあります。そのため、精神的負担を減らすために、あえて鈍感でいることが必要な場合もあります。

ただし、これは気が利きすぎる人が負担を減らすために鈍感力も必要ということなので、元から鈍感な人には対応していません。

鈍感な人との恋愛が上手くいくためのコツ

鈍感な感覚が必要な場合もありますが、基本的には鈍感ではない方が良いことは多いです。特に、恋愛の場面では鈍感であると、相手の好意に気がつくことができずに、恋愛の機会を逃してしまうことになります。

また、場合によっては、相手が好意を寄せていることに気がついていないので、心ない言動をされてしまう場合もあります。なので、鈍感な人との恋愛には少しコツが必要となります。

コツ1:気持ちはしっかりと言動で伝える

鈍感な人は人の意思や意図を読むことが苦手です。そのため、さりげないアプローチでは鈍感な人に好意を伝えることができません。なので、鈍感な人にアプローチをする場合には、自分で大胆と思えるくらいのハッキリとしたアプローチをしましょう。大胆なアプローチで、通常の恋愛のさりげないアプローチと同等と思っておきましょう。

コツ2:何度もアタックする

大胆なアプローチをして反応がなかったときは、脈なしと思ってガッカリしてしまうことがあります。しかし、もしかすると大胆なアプローチでも鈍感なため、相手は気がついていない可能性があります。なので、相手がハッキリとアプローチされていると感じるようになるまで、何度もアタックをしましょう。

コツ3:駆け引きはせずに、ストレートにいく

恋愛では駆け引きが重要となります。しかし、駆け引きは相手が好意を寄せられていることに気がつかないと成立しません。なので、鈍感な人と恋愛の駆け引きをするためには、まず大胆にストレートな方法で自分が好意を寄せていることに気がついてもらわないといけません。

鈍感な人の特徴をつかもう

鈍感な人は想像しているような反応とは違った反応を見せることが多いです。なので、予測のつかないことをしたり、言われたことをしていなかったりなどします。そのため、鈍感な人と一緒に行動をするときには、物事の伝え方には注意しましょう。

自分の鈍感力を調べてみよう

先に述べた通り、場合によっては鈍感であることも必要となることがあります。しかし、鈍感でない人が鈍感になることは難しいです。なので、まずは自分にはどのくらいの鈍感力があるのかを調べてみましょう。