Search

検索したいワードを入力してください

パワーポイントで自己紹介をするための事前準備5つのポイント

Author nopic iconまるむすめ
ビジネススキル / 2019年02月18日
パワーポイントで自己紹介をするための事前準備5つのポイント

自己紹介の目的とは

自己紹介は初めて会う相手に自分のことを知ってもらうための大切なものです。

自己紹介の時に話す内容は、面接や顔合わせなど自己紹介をする場面によっても異なり、場面にあった自己紹介ができると、相手を笑顔にしたり頼りがいのある人物だと思われたりと好印象を与えることができます。

相手に対して最初に好印象を与えておくと、自分の思うとおりに動きやすくなるので、自己紹介の内容はしっかりと考えるようにしましょう。

パワーポイントで自己紹介をするメリット

社会人になると、パワーポイントで自己紹介をする場面がでてきます。

パワーポイントを使いながら自己紹介をすると、自分のより知って欲しい内容をパワーポイントで示しながら、自分の言葉で詳しく説明しやすくなるので、自分の伝えたいことが相手の印象に残りやすくなるというメリットがあります。

パワーポイントを操作しながら話しをすることになるので、慣れていないうちは入念な下準備が必要です。

パワーポイントで自己紹介を作る時の事前準備5つ

パワーポイントを使いながら自己紹介をするときには入念な事前準備が必要になります。

自分を紹介するだけだからと思い、いい加減なスライドを作ってしまうと、自己紹介をする相手の印象に残らない可能性が高いです。

ここからはパワーポイントで自己紹介を作るときの事前準備を5つ紹介します。

パワーポイントでの自己紹介になれていない人はぜひ参考にしてみてください。

事前準備1:何のための自己紹介か目的の確認

パワーポイントを使って自己紹介をするときにまず明確にしたいのは、何のための自己紹介なのかという目的です。

頼りがいのある人物だと思われたいのか、友人になりたいと思われるような親しみやすさを伝えたいのかなど、自分をどのように見せたいかによって自己紹介の方法は変わってきます。

仕事で相手の信用を勝ち取ることが目的なら自分の実績を全面に、相手と仲良くなりたいなら趣味や失敗談などをいれてみてもいいでしょう。

事前準備2:プレゼンの相手は誰か

パワーポイントで自己紹介をするときには、プレゼン相手を明確にする必要があります。

プレゼン相手が自分の商品を売り込みたい相手なのか、自分の講義を聞きに来ている生徒なのかなど相手が誰なのかによって、話す内容は大きく変わってきます。

自己紹介のパワーポイントの内容がいつも同じだという人は、相手の心をつかむために、相手のことをしっかり想像しながら自己紹介のパワーポイントを作ると反応が変わってきます。

事前準備3:自分の何をアピールしたいのか

パワーポイントを使って自己紹介をするときには、自分がアピールしたいことを明確にしてスライドを作っていく必要があります。

自分がアピールしたい内容を短い言葉で表示し、自分の言葉で詳しい説明を加えていくのがパワーポイントでの自己紹介の基本です。

自分のアピールポイントが浮かばない人は、自己紹介をする相手にどのような人物に思われたいのかを考え、アピールすべき内容を決めていくようにしましょう。

事前準備4:相手と共感できるのはどこか

パワーポイントで自己紹介をするときスライドには相手と共感できるのはどこかを考え、相手の共感をえられる内容を盛り込むようにしましょう。

自己紹介の中から共感できる部分を相手が見つけることができると、相手は自分に対して親近感を持ってくれます。

相手が親近感を持ってくれると、相手との関係を深めやすくなります。

事前準備5:起承転結に基づきアウトラインを決める

パワーポイントで自己紹介をするときには、自己紹介の細かい内容を決める前に、起承転結に基づいてアウトラインを決めていきましょう。

アウトラインを決めずに自己紹介を作り始めてしまうと、話が長くなりすぎたり上手くまとまらない自己紹介になってしまったりします。

起承転結を意識した話し方は自己紹介だけでなく、プレゼンをするときなどに自分のしゃべりを聞いている相手を退屈させないためにも重要です。

パワーポイント作成時のポイント5つ

ここまでパワーポイントで自己紹介を作るときの事前準備についてみてきました。

ここからは実際にパワーポイントを作成するときのポイントを確認していきましょう。

パワーポイント作成時のポイントを参考にパワーポイントを使いこなしていけば、相手の印象に残る自己紹介をすることができるでしょう。

ポイント1:名前にふりがなをふる

パワーポイントで自己紹介のスライドを作成するときには、必ず名前にふりがなをふるようにしましょう。

自分の中ではふりがなをつけるほど読みづらい名前だと思っていなくても、ふりがながないと相手は何と読むのか、自分の考えている読み方で合っているのかと不安になってしまう場合があります。

名前に不安を持ってしまうと、良好な人間関係を築くのに支障がでてしまうので注意しましょう。

ポイント2:見やすい文字の大きさと色

パワーポイントで自己紹介のスライドを作るときには、見やすい文字の大きさと色を使うようにしましょう。

パワーポイントのスライドで使う文字の大きさは20を下回らないサイズを使い相手に書いてある内容がはっきりと見えるようにしましょう。

文字の色も背景の色と馴染んでしまうような薄い色、赤のように目が疲れてしまいやすい色を多用することは避けた方が、相手が自己紹介の内容に集中しやすいです。

ポイント3:写真や絵などを入れる

パワーポイントで自己紹介のスライドを作るときには、文字ばかりのスライドになってしまわないよう写真や絵を入れるようにしましょう。

文字ばかりのスライドが何ページも続くと、自己紹介を聞いている相手は退屈になり、自己紹介をしている人への興味を失いやすいです。

自分のことを知ってもらうための自己紹介には、文字だけでなく自分のことを知ってもらえるような写真や、内容に合った絵を入れることを心がけましょう。

ポイント4:伝えたいポイントは大きく入れる

パワーポイントで自己紹介のスライドを作るときには、より相手に伝えたいポイントは文字を大きくして分かりやすくするようにしましょう。

文字の大きくなっている部分は、相手の目にとまりやすく印象に残ります。

しかし伝えたいことが多すぎて、1枚のスライドのなかで大きな文字をたくさん使ってしまうと、本当に伝えたいことは何なのか分かりづらくなってしまうので、大きく入れる文字は慎重に選ぶようにしましょう。

5:1枚のスライドに入れる情報は少なく簡潔に

パワーポイントで自己紹介のスライドを作るときには1枚のスライドに入れる情報は少なく簡潔にするようにしましょう。

自己紹介をするとき、人は自分のことを知って欲しいのでたくさんの情報を一度に相手に伝えようとしてしまいがちです。

しかし初対面の相手から多くの情報を一度に伝えられると、混乱してしまう人の方が多いです。

相手を混乱させないためにも1スライドには1つの情報を100文字以内で表示するようにしましょう。

自分を最大限活かせる仕事をしたい女性におすすめ

人に自分のことを魅力的に伝え、今よりも自分に合った仕事をしたい女性におすすめしたいのが「マイナビエージェント」です。

マイナビエージェントを利用して転職活動をすれば、キャリアアドバイザーが自分が転職したい企業に自分の魅力を伝える方法を一緒に考え、転職活動をサポートしてくれます。

サポートを受けながら転職活動をしていけば、自分の能力を最大限活かせる仕事ができる会社を見つけることができるでしょう。

良い自己紹介をするためのコツ

ここまでパワーポイントで自己紹介をするときの準備について詳しく見てきました。

ここからは良い自己紹介をするためのコツを紹介します。

良い自己紹介をするためのコツは、パワーポイントを使わない自己紹介でも役に立つので、しっかりと確認しておきましょう。

コツ1:自分の名前は最初と最後に名乗る

自己紹介をするときには自分の名前を覚えてもらうために、自分の名前は最初と最後に名乗るようにしましょう。

最初のに名前を名乗るのは当たり前ですが、最後に名前を名乗るのは忘れがちです。

せっかく相手の心に残る自己紹介をしたのに、最後に何という名前の人なのか分からなくなったまま自己紹介が終わってしまってはもったいないので、自己紹介の最後にも自分の名前を名乗る癖をつけていくようにしましょう。

コツ2:原稿を見ないで話す

相手の心に残る自己紹介をするためには原稿を見ないで話しをすることが大切です。

原稿に頼りきりの自己紹介をしてしまうと、自分のことでさえ自然に話すことができない頼りない人という印象が先行してしまい、自分の魅力を伝えることができなくなってしまいます。

自分の魅力を相手の目を見て伝えることができるようにするために、原稿は事前に覚えておくようにしましょう。

コツ3:姿勢や表情に気をつける

自己紹介で相手に好印象を与えるためには、自己紹介をするときの姿勢や表情に気を付ける必要があります。

どんなに魅力的な内容の自己紹介をしていても、姿勢が猫背だったり表情が暗かったりすると、自己紹介を聞いている相手は内容よりも、自己紹介をしている人の外見にばかり目がいってしまいます。

自分の自己紹介の内容に集中してもらうためにも、姿勢よく笑顔を心がけて自己紹介をするようにしましょう。

コツ4:声の大きさと話すスピード

自己紹介をするときには声の大きさと話すスピードも大切です。

自己紹介をするときに声が小さいと自分に自信がないように思われやすく、話すスピードが速く声が大きい人は高圧的なタイプの人だと思われてしまいやすいです。

適切な声の大きさや話すスピードは、繰り返し自己紹介の原稿を読むだけでは分からない場合が多いので、自分が読んでいる音声を録音して聞いてみるようにすると、自分の話し方の癖が分かり修正しやすいです。

自己紹介のパワーポイント資料は見やすく簡潔に

今回はパワーポイントで自己紹介をするときの準備とコツについて詳しく見てきました。

パワーポイントで作った見やすくて簡潔な資料を使い、自信をもって自己紹介をすることができると、相手に自分の魅力を伝えやすくなり、相手が自分のことを信頼するきっかけになることもあります。

パワーポイントを使った自己紹介で自分の可能性を広げていくためにも、事前準備をしっかりとしてから自己紹介に臨むようにしていきましょう。

いろいろな場面にあった自己紹介

パワーポイントでの自己紹介は、どこでも同じものを使えばいいわけではなく、いろいろな場面に合わせた内容にしていく必要があります。

自分の魅力を営業先で伝えたいときには自分の実績をまとめハキハキと話し、講座の講師として生徒に話しをするときには、親しみを持ってもらうために趣味や最近の失敗談などを自己紹介に盛り込みながらゆっくりとしたトーンで話すようにするなど、複数のパターンを作っておくようにしましょう。

関連記事

Related