Search

検索したいワードを入力してください

ブリティッシュトラッドとは|特徴と定番ブランド8つ

Author nopic icon橘ケイ
カテゴリ:コーディネート

初回公開日:2018年09月26日

更新日:2020年02月13日

記載されている内容は2018年09月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ブリティッシュトラッドとは|特徴と定番ブランド8つ

ブリティッシュトラッドとは

みなさんは、「ブリティッシュトラッド」というファッションやテイストのジャンルを、ご存知でしょうか。

「ブリティッシュトラッド」とは、トラディショナル(伝統的)でスマートな着こなしのファッションテイストのことです。ルーズな着こなしがこの数年はやってきましたが、今年の秋冬はブリティッシュトラッドのように、きっちりとした着こなしや着回しがはやってきます。

今回は、ブリティッシュトラッドについての記事です。

トラッドの意味

「ブリティッシュトラッド」の意味を考えたとき、「ブリティッシュ」は英国(イギリス)なことはすぐにお分かりいただけることでしょう。

しかしつづく「トラッド」は、どういった意味なのでしょうか。みなさんはお分かりでしょうか。

「トラッド」とは、「トラディショナル」(traditional)という英語の略式です。「伝統的な」という意味があります。つまり、英国の伝統的な装いをあらわしています。

ブリティッシュトラッドの歴史

つづいては、ブリティッシュトラッドの歴史について、すこしだけ学んでいきましょう。

ブリティッシュトラッドは、1837年から1901年におこった、産業革命で、洋服が大量生産される時代となりました。すると、エレガントを主流に、さまざまなテイストのファッションが発案されていきました。

そんなとき、上流階級の人々が、じぶんたちのスーツのクオリティーをもとめ、ブリティッシュトラッドが定着していきました。

アメリカントラッドとの違い

ブリティッシュトラッドとならんで、トラディショナルファッションについて調べると出てくるのが、「アメリカントラッド」です。

このふたつのちがいを、かんたんにご紹介しましょう。ブリティッシュトラッドは、フォーマル感がとてもつよいです。不慣れな人は、すこし堅苦しい感じがすることでしょう。スーツには、かならず革靴をあわせるべき、などストイックなテイストがブリティッシュトラッドの特徴です。

ブリティッシュトラッドの定番ブランド8つ

「ブリティッシュトラッド」の定番ブランドを、8つご紹介していきましょう。

8つのブランドのなかから、ぜひお気に入りのブランドをみつけて、秋と冬のファッションテイストにブリティッシュトラッドを、取り入れてみてください。ブリティッシュトラッドは、その見た目のストイックさに比べて、着心地もよく、ファッションアイテムでの遊びもだせるファッションテイストです。

ぜひご覧ください。

定番1:バーバリー

1856年、「お天気の変動から、人々を守るために」作られたファッションブランドが、「バーバリー」です。

創立者のトーマス・バーバリーは、一号店を、たった21歳のときに、ベージングストークにオープンさせました。オリジナルのチェックプリントは、あまりにも世界中で有名になりました。

日本では、レディースもキッズも大人気で、気軽にブリティッシュトラッドを楽しめるブランドとして選ばれています。

定番2:ポールスミス

1970年に、サー・ポール・スミスによって、ノッティンガムに第1号店舗をオープンさせたのが、「ポールスミス」です。

オープンしてから、はじめのころは、他のブランドを取り扱う総合ショップでしたが、すこしずつ「ポールスミス」の名をつけたブリティッシュトラッドを扱い始めます。1980年代後半には、「ヤッピー」と呼ばれた若者たちの間で、ブリティッシュトラッドの定番としてはやりました。

定番3:ORIHICA

2004年の秋冬に、ブランドがスタートした「ORIHICA」は日本のはなつブリティッシュトラッドです。

誰もが一度は耳にしたことがある、紳士アパレルブランドの「AOKI」の関連会社である「オリヒカ」がブランド元です。安めの価格帯ながら、国内外のブリティッシュトラッドのトレンドをとりいれて、若者たちから絶大な支持をえています。

クリエイティブディレクターもイギリスの方なので、とても本格的です。

定番4:EDIFICE

つづいては、1977年に設立された、「(株)ベイクルーズ」が展開する、「EDIFICE」(エディフィス)のご紹介です。

エディフィスは、もともとはセレクトショップとして、フレンチトラッドをメインにアイテムを取り揃えていました。しかししだいに、ブリティッシュトラッドのオリジナルアイテムを展開し始め、確固たる地位を創り上げました。

デイリーカジュアルから、ドレスウェアまで手に入ります。

定番5:メイドトゥメジャー

GIORGIO ARMANI(ジョルジオ アルマーニ)が提案する、世界にひとつだけのスーツブランドが、「メイドトゥメジャー」です。

やわらかく、ナチュラルなシルエットラインで体を彩る「ナチュラルライン」と、モダンで動きにフィットする「コンストラクテッドライン」の、ふたつの基本ラインから選択して作り始めます。

定番6:麻布テーラー

1999年に大阪にある、老舗紳士服のメーカーである、「メルボ紳士服」がスタートさせました。

ブランドスタートをした初期の頃は、パーソナルオーダースーツ・シャツの専門店ということで、高級思考を全面におしだして、展開していました。しかし近年では、若者でも取り入れやすい価格帯のブリティッシュトラッドのテイストを提供しています。

定番7:Brooks Brothers

1818年から、おおよそ2世紀にわたって、トラッドスタイルの最先端を走り抜けて来た老舗のアパレルブランドです。

ブルックスブラザーズは、アメリカントラッドをかかげるブランドですが、そのおもむきある佇まいは、ブリティッシュトラッドと、相通じるものがあります。

定番8:Takeo Kikuchi

1984年にデザイナーの菊池武夫氏が設立させたブランドです。

株式会社ワールドが、展開していて、20代から30代の男性たちにかなりの人気があります。日本人がデザイナーとはおもえないほどの、ブリティッシュトラッドです。

おしゃれさんにおすすめサービス

ファッション通販サイトの「SHOPLIST」は、メンズだけではなく、レディースやキッズも取り揃えてある通販サイトです。

価格がとてもリーズナブルで、だれでも簡単にショッピングをたのしむことができます。通販サイトなので、お仕事の休憩時間などに、さらっとお買い物カートに欲しい物を入れておくだけで、あとからゆっくりえらぶことができます。

お忙しいみなさんに、たいへんおすすめなファッション通販サイトです。

ブリティッシュトラッドの特徴

それでは、ブリティッシュトラッドの特徴を、ご紹介していきましょう。

今回は、イタリアのスーツとの違いや、ブリティッシュトラッドのプリントの定番についてなどをご紹介していきましょう。ぜひ最後までごらんください。

イタリアのスーツとの違い

ブリティッシュトラッドのスーツと、イタリアのスーツのちがいは、デザインにあります。まず、ブリティッシュトラッドのスーツは、生地が硬めで、かっちりとしています。ショルダーのパッドもしっかりとはいっています。

それとはうらはらに、イタリアのスーツは、なめらかで、柔らかいシルエットラインを重要視しており、ドレープのきいた生地感は、ブリティッシュトラッドとはまったく異なります。

柄の定番ガンクラブチェック

柄の定番、「ガンクラブチェック」についてご紹介していきましょう。ガンクラブチェックとは、アメリカ狩猟クラブが結成された1874年に、それが由来となってできたチェック柄です。

特徴としては、同じ色の濃いカラーと、淡いカラーで構成されたチェック柄のことをガンクラブチェックと呼んだり、2種類のチェック柄を合わせたチェック柄のことをガンクラブチェックと呼びます。

伝統的な高級感がある

ブリティッシュトラッドは、伝統的な高級感があるデザインです。

ぜひこの秋と冬に、ブリティッシュトラッドをファッションにとりいれて、かちっとキマったファッションをたのしんでください。

イギリス紳士の魅力

イギリス紳士の魅力がぞんぶんにつまった、ブリティッシュトラッドは、日本人の小柄なスタイルにもよく似合います。

ブリティッシュトラッドのお洋服は、着れば内面もイギリス紳士のように、かちっと決め込んでくれます。また大人の余裕をあたえてくれます。