Search

検索したいワードを入力してください

咳払いがうるさいときの対処法・心理・対策方法|注意/ストレス

Author nopic iconRain
カテゴリ:人間関係

初回公開日:2018年10月24日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2018年10月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

咳払いがうるさいときの対処法・心理・対策方法|注意/ストレス

咳払いがうるさいときの対処法

他人の咳払いは、一度や二度なら特にうるさいと思うこともなく、何事もなかったものとして脳が処理してくれることが多いですが、咳払いの癖がある人が身近にいて常に咳払いをしている場合や、風邪や喘息など病気を連想させるような咳払いを日常的に聞くようになると、心穏やかではなくなってきて「うるさい」と叫びたくなってきます。

他人の咳払いがうるさいから困るという時は、どうすればよいか、実際に役立つ対処法や心の持ち方をお伝えします。

咳払いをする人に注意してよい?

咳払いが単なる癖からくるものであれ、病気からくるものであれ、咳払いをしている本人は気づいていない、あるいは悪気があってやっていることはまずありません。家族ならはっきり言うこともできますが、職場だったり、友達グループではなかなか言い出すのは難しいでしょう。でも我慢するしかないというわけではありません。対策については後述します。

咳払いがうるさいときの心理

人間の脳はなぜ咳払いを不快でうるさいものだと判断するのでしょうか。そこにはどんな心理が働いているのでしょうか。

人間がうるさいと不快に感じる音とは?

人間がうるさいと不快に感じる音は、世界中の人々に共通しているものがたくさんあります。例えば、黒板を引っ掻く音、くちゃくちゃと食べる音、赤ちゃんの泣き声、他人の喧嘩などは、人がうるさいと感じる代表的な音です。そしてその中でも、げっぷやおならなどの自然現象と並んで、人は他人の咳や咳払いは不快でうるさいものと感じます。

人間は日常生活で想像以上に多くの音を聞いている

上で挙げた例のほかにも、人間は日常生活でさまざまな騒音(ノイズ)を耳にしています。ドライヤーや掃除機の音、トイレを流す音、ドアが風で激しく閉まる音、人の話し声、ペットの鳴き声、スマホのアラームなどなどです。日常の一部になりすぎていて、うるさいと感じない人もいます。

またこれらに加え、工場や建設現場などから出る音や、飛行機や新幹線の騒音に悩まされる人たちもいます。

周囲の音はすべてストレスとなり得る

例えば、あなたが散らかった部屋で仕事をしているとします。ゴミがゴミ箱にちゃんと入れられていなかったり、物が本来あるべき位置に置かれていなかったりするのを目にすると、「こんなところに物を置いたの誰よ」と怒りたくなります。それは視覚から入るものが私たちにストレスを与えています。

音も同じで、私たちが無意識に聞いている音の数々は、私たちの神経に知らず知らずの間に刺激を与えすり減らします。その刺激がキャパシティを超えた時に、人間はそれを「うるさい」「ストレスだ」と認識します。

咳払いをうるさいと感じる心理とは?

咳払いをうるさいと感じる心理を、三つの側面から見ていくことにします。三つの側面とは、社会的要因と機能的要因、そして身体的要因です。

社会的要因

社会的要因とは、生活する環境やその土地の、人々の考え方や常識、習慣のことです。
例えばカンボジアの人たちは、食事をする時、くちゃくちゃと音を立てて食べることをよしとします。だから当然、くちゃくちゃ音を立てて食べることはカンボジア人にとってはストレスにはなりません。

ところが食べる時に音を立てないというのがマナーであり習慣になっている日本や欧米の人たちにとっては、私たちの常識に反した彼らの食べ方を不快でうるさいと感じます。咳払いも同じです。属している社会によっては容認されるところと、そうでないところがあります。

また、同じ日本国内でも、年齢層による差はあります。社会の規律や昔ながらのしきたりを重んじる高齢者は若い層に比べて、より「うるさい」と感じるのは自然なことだと言えますし、家庭の躾によっても、うるさいと感じる人と感じない人の差があります。

機能的要因

ここで言う「機能」とは、聴覚のことです。例えば映画を観ていてセリフを聞きたいのに、隣の人の咳払いで聞こえなかったとか、試験中に頻繁に咳払いをするクラスメートがいると、試験に集中できません。雑音によって会話が妨げられたり、聞きたい話が聞こえなかったりすると、フラストレーションが生まれます。

身体的要因

身体的要因とは、病気が移って自分の体の健康が損なわれるのではないかという不安です。咳払いは、体に不用なものを外に出すと言う点で、排泄や分泌と共通しているため、どうしても他人の咳払いを聞くと病気を連想してしまうことがあります。「この人、こんなに咳払いばかりして、風邪なのではないだろうか」「気管支系の病気なのではないだろうか」と不安になります。

また、ある研究によると、年齢に関係なく男性よりも女性の方が咳払いなど不快な音に対してより強い拒否反応を示すと言います。女性には子供を守るための本能が備わっているため、女性の体が外敵に対して敏感であるためだと考えられます。