Search

検索したいワードを入力してください

頭が悪い人の特徴・疲れるときの対処法・改善方法・診断項目

Author nopic iconちゃーべん
カテゴリ:自己啓発

初回公開日:2018年10月24日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2018年10月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

頭が悪い人の特徴・疲れるときの対処法・改善方法・診断項目

頭が悪い人に疲れるときの対処法

「頭が悪い」人は学歴や知識量に関係なく、一言で言えば物事や状況の認識が斜め上であったり、冷静では無かったり、思い込みが激しかったり、頼りにならなかったりといった特徴があります。

そのために周囲に与える悪影響は決して小さくは無いので、信用が得られることは難しいと言わざるを得ません。

頭の悪い人が会社の同僚になると、一番厄介なことは仕事にかける時間のロスが増えてしまうばかりか、チームの一員としてのパフォーマンスが期待できないことです。

頭が悪い人に疲れるときの対処法

頭の悪い人に疲れる原因は、「あなたはなぜそうなのか」的な感情に捉われ、イラっときたり、凹んだりしてエネルギーを使ってしまうからです。

しかし、信頼関係を気付き上げる努力は、頭が悪い人よりも立場が上ならば自分の方からするべきです。自分が「使える」存在になれたのは周囲の人が少なからず心を砕いてくれたから、という面はあります。

では頭が悪い人に対処する方法は、シチュエーションごとにどのような方法があるのでしょうか。

イラっと来た時

どんなに使えない「お荷物」の人であっても、どこか良いところは必ずあります。

たとえ仕事に直接関係しないことであっても、自分にない特徴があれば尊敬の対象になるばかりか、その人を仕事に結びつく生かし方をすることができます。

つまり、相手を「認める」努力が必要です。

距離を置きたい時

頭が悪い人と一緒に仕事をすることになった場合、その人をうまくコントロールして戦力になってもらう努力はヒューマンスキルの勉強になることは間違いありませんが、関わると面倒になると感じる時は距離を置きたくなります。

頭が悪い人と距離を置きたい時のベストな対処法は、自分が耐えるか、ご当人がやらかした際に前向きな言葉をかけるなりして、波風を立てないようにすることです。

頭が悪い人であっても、感情を持っているのですから一定のデリカシーは必要であり、理解力の無さに苛立った故の行動をとれば、委縮してしまうことも考えられます。

一働きしてもらいたい時

頭が悪い人にも必ず長所があることはすでに述べましたが、それを生かすべく「その気にさせる」ためにも相応のスキルが必要です。

頭の悪い人のパフォーマンスを引き出すには、どんな小さな結果でも褒める言葉をかけ、たたみかけるように感謝の言葉を忘れないで言うことです。

自分自身のことを振り返ってみれば、仕事のことは何も判らずに自信が持てなかった頃があったはずです。ですから頭の悪い人もまた同じ心境であることを忘れずに、その気にさせて手を差し伸べることが必要です。

頭が悪いことの改善方法

「頭が悪い」原因は、その人のコンディションが整っていないという面も少なからずありますが、仕事でも家庭でも自分の殻にこもったような生活をしていることも原因になります。

また、「あの人なら絶対ここでこのような行動を取る」というように、判で押したようなワンパターンな行動しか取れない、認識の幅が狭くなっていることも「頭が悪い」状態になる原因になります。

「頭を良くする」には、自らの生活を改め、新たな刺激を脳に与え、思考を改めることが必要です。

良い睡眠を心がける

脳の働きは、良い睡眠と密接な関係にあります。振り子のようにしっかりと睡眠を取れば、仕事の時には頭脳のパフォーマンスを発揮できます。

しかし困ったことに、頭の回転はブレーキをかけるように止めることができません。

大学教授といった頭脳労働を行う人の中には、寝つきが悪いために睡眠をとることに大変苦労している人もいますが、人間の睡眠に効果的な音は周期という物がない雑音のような音、つまり川のせせらぎのような音が効果的です。

テレビ放送終了後の「ホワイトノイズ」も似た音という理由で睡眠に効果があります。

自己暗示をかける

上述の様に良い睡眠をとるには、自己暗示をかけることもであり、「自分は眠くなる」と口に出して床に入れば寝やすくなります。

この方法を実行した人の中には、「よおし、寝るぞ」と号令をかけて寝る人もいました。この方法を応用して仕事上のプレゼンを成功させた例もあります。

この方法の信憑性を疑う人も少なくはありませんが、脳は自分の発した言葉をちゃんと聞いていることの一つの証明といえます。

自分以外の人の立場を考える

例えば、勉強は自分の学力を上げるためにするよりも、人に教えるために勉強すると効果が上がる、という説があります。

つまり使命感によって脳が働き、オチオチさぼってばかりはいられない状況になるからです。

人間は自分のためのことになると労を出し惜しみがちになりますが、他人の立場や状況を考えると、気を使う必要性に気付くと同時に、他人に対する責任感と使命感から脳と神経を働かせるようになります。