Search

検索したいワードを入力してください

人付き合いが苦手な人の特徴・克服方法|ママ/恋愛/結婚/仕事

Small 6868130c d97f 4ef7 b35f f0d3ee3ae011mochiko8613
カテゴリ:人間関係

初回公開日:2018年10月23日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2018年10月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

人付き合いが苦手な人の特徴・克服方法|ママ/恋愛/結婚/仕事

人付き合いが苦手な人の特徴

人と話をすることが苦手、早く家に帰りたいと人付き合いが苦手な人がいます。仕事の場面で仕方がなく話をする方も多く、本当は関わりたくないと感じているでしょう。

他人と話をすると緊張する、自分のことを聞かれることが苦手と人付き合いを苦手とし、できるだけ1人でいようとする方もいます。集団でいることを避け1人でご飯をたべたり、他人とは必要最低限の会話しかしないというケースもあります。

人付き合いが苦手な人とはいったいどんな特徴があるのでしょうか。仕事をはじめ恋愛の場面など、場面ごとにみることで特徴が分かりやすいです。

仕事

仕事の場面で人付き合いが苦手と感じている人もいます。仕事中できるだけ話をしたくない、休憩中も1人でいたいと考え行動をとるケースがあります。仕事のことで話をせざるをえないことだけ話をし、あとは黙々と1人で仕事をする人もいるでしょう。

飲み会があってもあまり参加をしない、お昼を誘おうと考えているものの気が付いたら席にいないという人は、人付き合いが苦手であることが考えられます。休憩室を使わず、外食でお昼を済ませるという傾向もあります。

恋愛

人付き合いが苦手な人は、恋愛に苦戦する傾向があります。異性と話をしたいと考えてはいるものの、話をすることに躊躇してしまい好きという気持ちを伝えられない方も珍しくありません。

またカップルになっても、デート中に会話をほとんどせず黙ってしまう方が多いです。お相手が話をすることが好きな人であればよいですが、コミュニケーションがなりたたずにお相手を悲しませることもあります。

何を考えているか分からない、楽しくないだろうかとお相手を困らせる事例も多いので注意したいです。

人付き合いが苦手なことの克服方法

人付き合いは苦手だからと、他人と話をすることを避けていても先に進めません。また克服したいと考えている人は多く、どんな方法が良いだろうかと日々悩んでいるでしょう。

人付き合いが苦手なことを克服するためには、さまざまな方法があります。この方法ならできるだろうか、少しずつチャレンジしようと徐々に克服することをします。

いきなり克服しようと頑張っても、頑張りすぎてしんどいと反動がありますので無理をしないでください。

人付き合いが苦手だと自分を責めない

人付き合いが苦手な自分が嫌だ、いつもなぜうまくいかないのだろうと自分を責めてしまうでしょう。自分を責めることでどんどん気持ちが沈んでいきます。気持ちが沈んだままでは、前向きになることができないのでやめましょう。

明日は一言二言でも良いので会社の人と話をしてみよう、挨拶だけでもいいので好きな人に声をかけてみようと、少しずつ頑張りましょう。

自分はダメだと責めるのではなく、前向きに考え進んでいくことが大切です。

アドバイスをしてもらう

人付き合いが苦手だと悩んでいるのであれば、他人にアドバイスをしてもらうこともです。家族や親しい友人など、身近な人に話を聞いてもらうと良いでしょう。

兄や姉は友人が多くて付き合いが得意なので凄い、うらやましいと身近な人をうらやましいと感じているのであれば、味方に引き込めばよいです。

日ごろ気を付けていることはあるのか話を聞いたり、またはげましてもらったりと良い経験になります。

挨拶をしよう

人付き合いが苦手な気持ちを克服するためには、簡単なことからはじめると良いです。挨拶をするのも良い方法ですので、チャレンジしてみましょう。

出勤をしたらおはようございますと声をかけたり、帰り際にはお疲れさまでしたと伝えるだけでも良いです。またその際笑顔で挨拶をすることにより、相手に悪い印象を持たれることを回避できます。

笑顔で挨拶をしたことで相手からも挨拶を返してもらえたり、一言二言ねぎらいの言葉もかけてもらいやすいです。

飲み会に参加しよう

人付き合いが苦手な人は会社の飲み会や、サークルの飲み会、また同窓会と飲み会にできるだけ参加しない傾向があります。飲み会に顔を出すのは疲れると避けてしまいがちですが、1回でも良いのでまずは顔を出してみましょう。

飲み会に行っても何を話してよいか分からないと感じますが、席に座っているだけで隣近所に座っている人と会話するチャンスがあります。こちらから話しかけなくても、話しかけてくれることも多く話がしやすいです。

相槌を打つだけでも良い

人付き合いが苦手だと、他人と話をするときにどうすれば良いか分からず慌てて話をしてしまう方もいます。慌てて話をしても相手に伝わらず、結果人付き合いは苦手だと感じるでしょう。

克服するためには上手に話をしなくてはいけないと考える必要はありません。話しかけられたら相槌を適度に打ち、話を聞いている姿勢をみせると相手に好印象を持ってもらえます。

そして次また話しかけてもらいやすくなり、知らず知らずのうちに仲良くなるというケースもあります。

落ち着いて話をしよう

他人と話をすると慌ててしまい上手に話ができないので疲れると、人付き合いが苦手だと感じるケースがあります。

話をするときに慌てないように、話をする前に深呼吸をするなど落ち着いて話ができるようにしましょう。相手に何を伝えたいか事前に整理し、重要なポイントのみ伝えるのも良い方法です。

結論から話をして、前置きが長くなるなど長時間話をしないようにするのもです。話す内容をまとめ落ち着いて話をすると、相手に伝わりやすくコミュニケーションがとれるようになります。

色々考えない