Search

検索したいワードを入力してください

表現力をつける・鍛える方法とテクニック・表現力が豊かな人の特徴

Small b4cbf270 4317 40bb 9d18 a639723cd8a6writer_77
自己啓発 / 2018年10月24日
表現力をつける・鍛える方法とテクニック・表現力が豊かな人の特徴

表現力をつける方法

自分には表現力が十分だと感じている人は多くありません。むしろ多くの人が表現力をもっとつけたいと考えています。

表現力をつける方法にはどんなものがあるのか、表現力が豊かな人にはどんな特徴があるのか、表現力を鍛えたり高めるにはどうすれば良いのかについてご紹介します。

思いどおりに表現ができる魅力的な人を目指しましょう。

ピアノで表現力をつける

音楽には表現を豊かにする力があります。言葉では表現しづらいことでも、音楽によりさまざまな感情や情景を表現することができます。

中でもピアノは多くの人にとって親しみのある楽器です。ピアニストを目指す人はもちろん、プロにならなくても、ピアノを演奏することで表現力のベースとなるものが身に付きます。

ピアノの演奏ができない場合も、ピアノ演奏を聴くことでも感性が高まり、表現力のベースになります。

歌で表現力をつける

プロのシンガーになるためには、才能やスキルが必要です。しかし、表現力を高めるための歌なら、特別な技術を必要としません。

歌のレッスンを受ける、地域の合唱サークルに参加する、カラオケで楽しく歌う、youtubeの歌に合わせて口ずさんでみるなどまずは気軽に歌ってみましょう。

歌いながら表現力を高める工夫をすることで、自分の表現力をつける役に立ちます。

ダンスで表現力をつける

体を使って表現するダンスは、表現力アップの代表的な手段の1つです。ダンスでプロを目指すのは厳しいですが、表現力をつけるためのダンスは、誰でも気軽に始めることができます。

例えば喜び、悲しみ、怒りなど、さまざまな感情をこめて、音楽に合わせて体で表現してみましょう。自分自身の感情を表現するダンスには、正解はありません。

ダンスは自分の個性や感性の表現力をつけるのにもってこいです。

言葉で表現力をつける

言葉で表現力をつけるためには、インプットとアウトプットの両方を意識しましょう。

まずは、小説や俳句、詩など何でもよいですが、自分にとって美しい言葉や、表現力のお手本となるものに多く触れましょう。多く触れるうちに、それがあなたの表現力のベースとなります。

アウトプットするときには、表現したいものをどんどん書き出し、自分の気持ちを整理するとともに、相手にどのようにすれば伝わるかを意識しながらまとめましょう。

表現力が豊かな人の特徴

表現力が豊かな人にはどんな特徴があるのでしょうか。

表現力が豊かな人は、まず表現力のベースになるさまざまな経験が豊かで、表現したいものを自分の引き出しに多く持っています。また表現する方法も柔軟で、1つのやり方だけにこだわらない人も多いです。

表現力が豊かな人の特徴を知ることで、自分自身の表現力をつけるヒントにしましょう。

感受性が豊か

たとえ表現力がついていても、表現したいものがなければ、やがてスランプになってしまいます。

本当の意味で表現力が豊かな人は、感受性が豊かです。感受性が豊かというのは、感動する心や何かに気づく力が豊かだということです。

例えば空の雲や夕焼け、道端に咲いている小さな花、季節の訪れなど、現代の多くの人が目を向けずにとおりすぎてしまうことにも気づき、感動できる感受性を持っています。

先入観にとらわれない

表現力が豊かな人は、1つのやり方だけにこだわらず、さまざまな表現を試します。つまり、先入観にとらわれないということです。

最初は自分のお手本となるやり方をまねて表現するのもよいでしょう。しかし、別の角度から眺めてみることも大切です。

例えば「接吻」で有名な「クリムト」は、黄金期に絵画に金箔を多用しています。絵画に金箔を貼るというユニークな発想も彼の表現力の1つでしょう。

手先が器用

表現力が豊かな人には、手先が器用な人が多いです。

手先が器用なことには、才能も少しは関係があるでしょう。しかしそれ以上に、手先の器用さには、生活経験が大きく関係しています。

経験とは例えば、裁縫や料理、工作やプラモデルなどを組み立てる、掃除や修理をする、物をおりたたむ、編み物をする、キャンプやアウトドアで作業するなどです。

生活経験は手先の器用さを養うだけでなく、表現力の基礎にもなります。

表現力を鍛える方法

表現力を鍛える方法には、どんなものがあるでしょう。表現力を鍛えるには、インプットとアウトプットの両方を鍛える必要があります。

表現力を鍛える方法としては、多くのものに触れる機会をつくり、表現のもととなる経験を増やすことと、表現するスキルを身につける両方が必要だと言えます。

表現する機会を増やす

まずは多くの物事に触れる機会を持ちましょう。表現力をつける方法でご紹介したように、ピアノや歌、ダンスや言葉などでの表現の機会を増やしましょう。

さまざまな表現手段を増やすのでも良いし、例えばダンスだけのように、一つの表現手段を深めるのでも良いでしょう。

まずは表現してみれば、自分自身がどんな形の表現力を高めたいを感じているのかもはっきりしてきますし、繰り返すことで上達もしていきます。

本物に多く触れる

表現力を鍛えるために、本物に多く触れましょう。自分が表現したい分野のプロの作品を多く鑑賞することです。

例えばピアノでは、一流のピアニストの演奏を鑑賞しましょう。高いレベル、豊かな表現力に実際に触れることで感性も豊かになりますし、自分自身のモチベーションも高まります。

例えば言葉での表現力では、参考にしたい人の講義を受けたり、本を読んだりして、良いと思ったり参考にしたい点を分析してみましょう。

さまざまな人の考えを知る

表現力を鍛えるには、多くの人の考え方に触れることも大切です。

そのために読書をしたり、飲み会などのオフ会も上手に利用しましょう。他の人の考え方に触れることで、自分一人では気づけなかったことに気づくことができますし、発想も豊かになります。

豊かな発想は表現力の重要な要素の1つです。

表現力を高めるテクニック

表現力を高めるテクニックとしては、以下の3つが大切です。

・目標になる表現のまねをしてスキルを磨くこと
・表現したい内容を豊かにすること
・自分なりに工夫していくこと

上の3つのステップを意識して繰り返してやっていくことで、表現力を高めることができます。

目標になる表現のまねをしてみる

多くの一流選手や芸術家も、最初はあこがれの人のまねをすることから始まっています。まずは表現をする中で、自分が目標となる人のまねをしましょう。

まねをするためには、技術が必要です。可能なら、プロに習うか上手な人に教えてもらう、本で正しいやり方を学ぶなどしてスキルを身につけましょう。必要ならトレーニングもしましょう。

経験を増やし表現したい中身を作る

単にスキルだけを磨いても、何を表現したいかの中身がなければすぐに行き詰まってしまうでしょう。

さまざまな生活経験や芸術鑑賞や感性を豊かにすることなどで、心の引き出しを増やしましょう。今はインターネットで多くの物を見聞できますが、できればリアルな体験が効果絶大です。

旅行や自然を体験することも表現力をつけるのにおすすめです。

自分なりに工夫する

表現したい内容と表現するスキルを身につけたとしても、それだけでは表現力を高めるテクニックとしては不十分です。

実際に表現する中で、自分なりに工夫をしましょう。先入観にとらわれず、オリジナリティを出してみることが大切です。

大事なことは、一度でうまくいかせようとしないことです。失敗したことも、次の改善のヒントになります。

表現力をつけて人生を豊かにしよう

せっかく豊かな感性や考え方を持っていても、表現力がなければ、相手に伝わりません。

ご紹介した表現力を鍛える方法や、表現力を高めるテクニックで、表現力が豊かな人になりましょう。

表現力を鍛え、表現力が豊かな人になれば、相手を感動させたり、多くの人に共感してもらうことも可能になります。表現力を身につけて人生を豊かにしましょう。