Search

検索したいワードを入力してください

悪運の強い人の断ち切る方法・診断できるチェック項目・特徴

Small d9a2c4ac 45ed 42c9 9133 1df6589cf23ehidemix
性格・タイプ / 2018年10月23日
悪運の強い人の断ち切る方法・診断できるチェック項目・特徴

悪運の強い人の断ち切る方法

「悪運」と聞くとその名前のとおり悪い運気のことを想像しますが、実は二つの意味があります。一つには「悪い行いをしてもその報いを受けずに栄えること」という意味があります。

悪人にとっては運のよい言葉となるのでしょうが、「悪運が強いですね」という言葉は「本来は罰を受けるべき人間」ということになり失礼にあたるので注意をしてください。

もう一つは名前のイメージとおりの「不運。運の悪いこと」という意味になります。こちらでは悪い運気という観点からその悪い運気の断ち切り方をご紹介していきます。

神社

神社のようなパワースポットには悪い運気や縁を断ち切ってくれるパワーがあります。神社は全国各地にあり、有名な神社もありますが、遠くて行けないとき方は、近場のよく行く神社やお気に入りの神社でかまいません。

あなたが気になる神社というのはあなたと波長の合う神社、何かヒントを与えてくれる神社なので、あなたが今行きたいと感じる神社があるならその神社に行ってみてください。

神社にはたくさんの木々があります。多くの緑に囲まれた神社の空気は常に浄化されるので、気分転換や運気を変えたいときに神社に足を運んで空気を感じ、自分自身を浄化することをおすすめします。

おまじない

おまじないやジンクスを気にしないという人やそもそも信じないという人も増えています。しかし、古くから伝わっているおまじないやジンクスなどは効果のあるものや意味のあるものが多いので試してみるのもおすすめです。

おまじないと言っても簡単にできることから本格的なものまでさまざまな種類がありますが、始めは簡単にできることから始めてみましょう。「水回りや玄関まわりを綺麗にすると運気があがる」という基本的なことや「ツイてるを口癖にすると叶う」という自己暗示もあります。

これらを実行すると気持ちが前向きになるので運気はあがります。こういう気軽にはじめられることから実行し、意識を変えて悪い運気を断ち切るという気持ちを強くしていくことをおすすめします。

お塩を使う

お塩には浄化の力があるので、最近運気が下がってきたと感じたらお塩を使った浄化を試してください。部屋の四隅に少量の塩をまいたり、玄関先にお塩をまくという古くから悪縁を断ち切るおまじないとしても伝わっています。

サービス業などではお店の入り口に盛り塩をして、良い気が常に入ってくる状態にしています。使用するお塩はあら塩など精製されていない天然のお塩の方が効果が高いので、お塩を使って浄化をしたい人は天然のあら塩で試してみてください。

家を綺麗にする

悪い気運に限らず運気そのものを上げたいときに模様替えや大掃除などでお部屋を改造したり綺麗にすることはとても効果的です。すみずみまで綺麗にすることで気持ちもスッキリし、悪い気を洗い流してくれます。

特に悪い運気がたまりやすいお風呂場やトイレ、洗面所などの水回りは常に綺麗にしておきましょう。他に窓を綺麗にして太陽の光を十分に取り入れたり、生花をいけることで植物のパワーで部屋を浄化したり、お香を焚くこともおすすめします。

自分が普段いる場所をもっとも落ち着ける心地のよい場所にすることで自分の中のパワーを高めることができるので、悪い運気を弱める力がついてきます。

精神を整える

ため息をつくと幸せが逃げるというジンクスも昔から言われていますが、このジンクスは最近は逆だと言われています。大きく息を吐くことによって呼吸を整えることができ、自律神経を安定させることができます。

緊張や不安なときは呼吸が浅くなりがちなので、大きくため息をついて気持ちを安定させてください。大きく深呼吸をすることは身体にとてもいいので、ストレスや悪運を吐き出す気持ちで大きく息を吐いて、幸せや良い運気を吸い込むイメージで大きく息を吸ってみてください。

大きく深呼吸をした後は頭も気持ちもスッキリとするので、自然とやる気がでたり運気を切り替えてくれます。

悪運と強運の強い人の違い

「悪運」と「強運」は一見似ているようですが、意味を調べると全く違います。「あなたは悪運ね」と言われるのと「あなたは強運ね」と言われるのではとても大きな違いがあります。知らずに使用するととても失礼になるので、きちんと「悪運」と「強運」の違いを覚えてください。

悪運の強い人

ここでいう「悪運」は一つの意味の「悪い運気」、二つ目は「悪いことをしても報いを受ずにかえって栄える」という意味です。二つ目の「悪いことをしても栄える」という意味が勘違いされて伝わっていることもあります。

何か悪いことが起きて無事だってときに「悪運が強くてよかったね」と使ってしまう人もいますが、これは「あなたが悪いことをしたのに無事でよかったね」という意味にとらえてしまいます。

悪いことをした人が捕まったとき「悪運が尽きた」と表現されますが、これは正しいです。「悪運」とは「あなたの悪いことをしたときの運気が強い」ということなので、意味を知ると誉め言葉ではないのが分かります。「悪運」の使い方には気をつけるようにしてください。

強運の強い人

「強運」とは名前のとおり「運の強さ」「強い運勢」のことです。いいことがあった人を表現をするときに「あなたは強運ね」と表現するのは正しい使い方になります。「悪運」は身につけたいとは思いませんが「強運」は身につけたいと思う人が多いです。

実際に「強運体質」にすることは可能です。「強運」というのは移るので、あの人は強運だなと感じる人がいたらなるべくその人と共に行動をしてください。常に口角が上がり笑顔で、感謝の言葉を惜しみなく使う人は強運体質の人が多いです。

これに加えて姿勢がよく、学ぶことに前向きで、周りの人を大切にするように心がけると、自然とあなたも強運体質になるので試してみてください。

悪運の強い人か診断できるチェック項目

「悪運が強い」というのはもちろん「悪い運が強い」という意味もあります。最近ツイていないと感じたら一旦身の回りの整理整頓を部屋を綺麗にしたり、自然の中のパワーをもらいにいったりしてよい運気を受け取ることが大切です。

しかし周りに「悪運体質」の人がいた場合は注意をしてください。「悪運」は移りませんが、影響は受けてしまいます。いろいろなタイプの迷惑な人がいますが、そういう人たちが周りに多くなってきている時も悪運が強くなっているので改善が必要です。

こちらを参考に悪運体質の人がいないかをチェックしてください。

頭の回転が速い

ここでの頭の回転が速いというのはずる賢い人です。一流の詐欺師や犯罪者は頭の回転の速い人が多いです。問題が発覚しそうな時や捕まりそうなときに瞬時に逃げる策がひらめいて切り抜けてしまうことができます。

その頭の良さを人や会社のために使っているのではなく、人のことを考えずに自分の利益のためだけに使っている人がいたら注意をしてください。普段とても仲のよい人でもその人の計画のコマとして巻き込まれてしまうこともあります。

頭がよくて周りから頼りにされていても、いまいち信用することができなかったり、ずる賢く感じる面が見えたら距離をおいて様子を見ることをおすすめします。

何事にも動じない

物事に動じない事は本来はよいことです。しかしここでは嘘をついも裏切っても動じない人や周りが自分のせいで不幸になっても動じない人のことをさします。常に冷静で落ち着いているので信頼をされたり頼りにされている人が多いのですが、自分以外のことに心を痛めることが少ないです。

いざという時に落ち着いて行動をしているのに周りを助けない人は注意をしてください。このタイプの人は寡黙な人も多いです。お喋りをしてしまうとうっかり失言をしてしまう自覚があるので、余計なことをあまり喋りません。

話をしているときに「こんなに落ち着いている人でもこんなことを言うんだ」というマイナスを感じたら少し警戒をしてみるのもいいでしょう。

嘘が上手

悪運体質の人は嘘をつくことに罪悪感があまりありません。自分の危機を回避するためなら平気で嘘をつけますし、人を陥れることもできます。この体質の人は周りから嫌煙されていると思われますが、真実に嘘を混ぜて話すので周りからは嘘つきな人とは思われていない場合が多いです。

何かが起きてから嘘をつかれたことに気づく場合もありますし、最後まで嘘をつかれていたことに気がつかない場合もあります。自分の身近にそういう人がいたら怖いですが、嘘というのはどこかで矛盾があることも事実なので完璧な嘘はありません。

普段から周りの言葉や表情に注意をはらっていると「何かおかしいな」と察知する力だついてくるので周りに注意をはらうことをおすすめします。

プライドが高い

この体質の人は何事においても自分が一番で、自分がよければ周りは関係ないと考えている人が多いのでプライドがとても高いのが特徴です。自分が常に一番になるためなら手段を選ばないこともあります。

普段の言動からも他の人への配慮や思いやりが無いのでみかたは少ないのですが、悪運が強いためこの手のタイプの人は意外と思いどおりになってしまいます。このタイプの人がそばにいたら巻きもまれないように、なるべくかかわりを作らないように気をつけて下さい。

外見は良い人

悪運が強い人は自分に自信があるので、表情も生き生きとしている人が多いです。物怖じしない堂々とした立ち振る舞いも得意なので人の目を引きつけるのも特徴です。お調子者でコミュニケーション力もあるので表面上は人気があります。

しかし、悪いことを分かってやる部分があったり人を上手く利用することもあります。はっきりと断れない人や母性本能の強い人、お世話好きの人などはこの体質の人が近づいてきやすいので注意をしてください。

悪運はうつるのか

「悪運」は移りませんが、「悪運体質」の人のそばにいると影響を受けてしまうことがあります。この体質の人の悪事の巻き込まれてあなたが悪い運を引き受けることになったり、その人の代わりに周囲から孤立してしまうこともあります。

一緒にいると行動が似てきて、この体質が移ってしまう場合もあるので注意をしてください。悪い運気はあなたの運気が強運のときには近づいてこれません。悪運の人のオーラより強運のオーラの方が強いので自然と避けることができます。

しかしストレスがたまっていたり、笑顔が少なくなってきてオーラの力が弱まると悪い運気が寄ってきやすくなります。疲れた時には気分転換をして、マイナスイメージをなるべくすぐに解消することをおすすめします。

自分自身の運気が悪くなったと感じたら悪運が強くなってきているので、気持ちを切り替えて悪い運気を取り除く行動をとるようにしてください。

悪運の強い人の結婚の特徴

この体質の人と結婚をしてしまうと、自分や家族にも影響が出てきてしまいます。結婚前は気づかなくても結婚後に何かが違うと気づくことがあります。結婚前に悪運体質の人の特徴に気がついたら早めに対処をした方がいいです。

一緒にいて振り回されることが多いので、家族になって子供ができると振り回されることがとても辛くなります。逆に自分がこの体質だと感じる人は不運が多い運気だと自覚をすることが大切になります。

自分が振り回すだけではなく自分も運気に振り回されてしまうので、結婚を考えたときや結婚後は二人で悪い運気を断ち切る努力をしてください。

執着する

人でも仕事でも何かに対して物凄く執着をする人が多いです。執着をされてしまう場合も運気が下がっているので注意が必要です。執着をするということは一見その人や物事を大切にしているように感じますが、結局は自分の思いとおりにさせたいという行動です。

自分の都合のいいようにしたいので自分本位の考え方で執着が多くなります。自分が結婚相手に執着をし始めたら、まずは自分の心と向き合いことが大切です。結婚相手が悪運体質だったり、自分がこの体質になっている場合もあります。

心が健康であれば何かに執着をするということは無いので、結婚相手や自分が何かに執着をし始めたら運気が下がってきたと意識をして気持ちを切り替えるようにしてください。

反省をしない

結婚生活はいろいろな問題が起こりやすいですがそれをきちんと反省をしません。家族・家庭というのは夫婦で作り上げていくのですが、反省をしないということは同じ過ちを何度繰り返しても気にしない人です。

そもそも家庭に無関心だったり、浮気をしてもそれを悪いと思わない人もこのタイプです。自分にそういう自覚がある場合は意識をして改善をしていく必要がありますが、気がついた時点で改善は可能です。

結婚相手がこのタイプの場合は本人が自覚をしないと治らないので、さりげなく注意をして気づかせてあげることが大切になります。

気づかいが足りない

気づかいができる人とうのは自分の心に余裕があり周りに目を配ることができる人ですが、それができないのは気持ちに余裕が無くなってしまっている状況か、もともと自己中心的で他の人を気にかけるという気持ちが足りない人です。

前者の場合は悪運が強くなっていて周りに目をくなる余裕が無くなっている場合です。後者は結婚前は凄く優しかったのに結婚後に急に冷たくなったり、態度が変わってしまう悪運体質の人です。

この体質の人は時間はかかりますが、悪い運気を断ち切るために家の中の環境をよくしたり、気分転換をして気持ちを安定させてあげて悪い運気を遠ざけるようにしていくと少しづ改善をしていくようにしてください。

悪運の強い人の仕事での特徴

仕事はできるのに人望の無い人や仕事を全然やらないのによいポジションについている人など、なぜだろうと頭をかしげるような理不尽なことが社会に出るととても多くあります。

その理不尽さが我慢できずに口を出してしまうとこの体質の人に目をつけられたり、不平・不満が溜まり自然と悪い運気を引き寄せてしまうので注意をしてください。仕事はチームでやることも多いですのですが悪運体質の人と一緒になっても諦めないでください。

もし一緒になってしまったときは自分の悪い運気を回避する技術を磨くチャンスだと思い、気をつけて意識をしながら接するようにしてください。

人を利用する

この体質の人の特徴でとても多いのが人を利用するということです。上手に人を利用してくれるならいいのですが、この体質の人は人を陥れるために利用をしたり、自分にはできないことを相手にさせて自分の手柄にしてしまいます。

この体質の人に何かを頼まれたときはうまく利用をされないように注意をしてください。仕事を頼まれた場合は全てを断ってしまったり、反対に全てを引き受けてしまうとと目をつけられてしまいます。

自分ができる範囲までを引き受けるようにしたりと上手く対応をするように気をつけながら接するようにしてください。

利益優先

利益を優先することは仕事をするにおいて大切なことですが、この体質の人は本当に利益だけで取引相手や社内の人間のことを全然考えていません。このタイプは詐欺師に多いのですが、人の生活を破滅させても罪悪感を持たないので特に注意が必要です。

上司や社長がこのタイプであればその考え方を自分にも押し付けてこようとします。知らない間に会社の不正に巻き込まれてしまう場合もあるので、客観的に会社や社内の人間を見ておかしいと感じる部分は無いかをチェックして危険を回避するようにしてください。

周りから孤立する

この体質の人は良くも悪くもバイタリティーが強いので、危険なことにも動じないで挑みます。それにより周りを巻き込んだり、振り回したりするので自然と人が避けていきます。それでもこの体質の人は気にせず新しいターゲットを探す。

あなたが新しい職場にいったとき親しくしてくれるいい人なのに周りから距離を置かれてている人には注意をしてください。たくさんの人とコミュニケーションを取ることでこの体質の人がいるのかどうかに気がつくことができます。

これを実行をすることでコミュニケーション力や会話力をあげることができるので多くの人と話をしてみてください。

自分の運気をあげるために

「悪運が尽きた」というように悪いことをしたらいつかは必ず報いは受けます。悪運体質の人の特徴は一部憧れてしまう部分もありますが、人の気持ちを無視して利用をしてしまうということは、相手の不運も吸収してしまいます。

悪い運気はとても強い力を持ちますが、それは幸福ではありません。因果応報という言葉があるように報いは必ず返ってきます。悪い運気は悪い運気を呼び寄せてしまうので、運が悪くなったと感じてもそのままにしておくとどんどん運気を奪われてしまいます。

運気を良くするにはこの運気を改善したいという気持ちを持つことが大切です。良い運気も良い運気を呼び寄せてくれるので気持ちを切り替えて環境を改善していくと運気は上がります。

運気が上がると悪い運気や悪運体質の人からも自然と避けることができるようになるので、今ツイていないと感じている人は自分の意識や環境を変えるように実践をしてください。

関連記事

Related