Search

検索したいワードを入力してください

ネガティブの正しい意味と使い方3例|言葉の類語や反対語

Author nopic iconkotorinngo
言葉の意味 / 2019年02月12日
ネガティブの正しい意味と使い方3例|言葉の類語や反対語

ネガティブとは

ネガティブの正しい意味と使い方3例|言葉の類語や反対語

「ネガティブ」という言葉を聞いたことや使ったことがある人は少なくないでしょう。ネガティブには「マイナス」というイメージがあります。他にもネガティブはさまざまな意味で使われることのある言葉といえるでしょう。

今回は「ネガティブ」という言葉の意味や、日本語ではどのように表現することができるのかなどをご紹介します。「ネガティブ」という言葉を正しく理解して使うようにしましょう。

ネガティブの意味

「ネガティブ」はマイナスイメージの意味で使われることが多いです。ネガティブは「否定的」「消極的」「悲観的」という意味で使われます。物事を比較的悪い方向に考えてしまう心理状態を表した言葉です。

ネガティブは他にも「電気の陰極」や「撮影し、白黒反転したフィルム」を意味している場合がありますが、一般的には「否定的なさま」や「消極的なさま」という意味合いで使うことが多いです。

日本語にした場合

「ネガティブ」を日本語で表現する場合、「消極的」という言葉が適当ででしょう。悪い方向に考えてしまうという、後ろ向きの考え方の事を「ネガティブ」という言葉で表す場合もあります。

一般的には「消極的」あるいは「否定的」、「悲観的」な考え方や発想などに使われることが多いです。不確定なものに対して抱く悪いイメージを言葉で表現しようとすると「ネガティブ」という言葉が当てはまることが多々あります。

ネガティブの使い方3例

ネガティブの正しい意味と使い方3例|言葉の類語や反対語

「ネガティブ」という言葉を使った3つの例文をご紹介します。「ネガティブ」という言葉はどのような場面で使うことが多いのでしょうか。ネガティブな思考よりもポジティブな思考を求められる現代社会で、ネガティブでいることはあまり良いとはされていません。

「ネガティブ」という言葉は悪い印象を与える言葉でもありますので、気を付けて使う事をおすすめします。では、さまざまなシチュエーションを見てみましょう。

マイナスな場面で使うワード

ネガティブの正しい意味と使い方3例|言葉の類語や反対語

「ネガティブ」はマイナスな場面で使う場合が多いワードです。「ネガティブ」というワードそのものが、マイナスのイメージをもたれがちです。そのようなマイナスイメージをもったネガティブという言葉の使い方やシチュエーションには、どのようなものがあるのか見てみましょう。

「ネガティブ」の正しい使い方を知ることで、使う相手やシチュエーションを適切に見極められるようになるでしょう。

使い方1:ネガティブな行動

ネガティブな行動を取ってしまう人は、問題を回避したい、排除したいという気持ちが働きます。

前向きでポジティブな事を話す人の意見を聞き入れることはなく、希望のある話などを聞くことがないため1人で行動することも多くなりがちです。「ネガティブな行動」とは、目的に向かって目標を達成させることができないといったような行動をしてしまう事をいいます。

使い方2:ネガティブな性格

「ネガティブな性格」とは、物事に対してなんでも消極的に捉えてしまい、例えば、「する必要のないことはしたくない」と考えてしまう性格の事をいいます。

誰かの前向きな意見があったとしても、それに対して否定的になってしまったり、受け入れなかったりする場合はネガティブな性格だといえるでしょう。ネガティブな性格の人は、何かを任されても、「失敗してしまうのではないか」と考え、恐れたりすることも多くあります。

使い方3:ネガティブな人

「ネガティブな人」は、物事を行わなくていいように避けたり、取り除いたりすることがあります。何かがあると、それを回避できるように行動することが多く、他の人と比べても人一倍危険な事に敏感です。

会話の中でも、嫌いな事やしたくない事などを話題にすることが多く、全体を見渡さず、その問題のみに意識がいってしまう場合があります。「ネガティブな人」は、無意識に重いワードを使う傾向が強いといえるでしょう。

ネガティブになりやすい人の傾向

ネガティブの正しい意味と使い方3例|言葉の類語や反対語

「ネガティブ」になりやすい人にはどのような傾向があるのでしょうか。自分が「ネガティブな発言をしてしまっているのではないか」と悩んでしまう傾向があり、自身の発言に自信が持てなくなります。

ネガティブな考え方に陥りやすい人というのは少なくありません。どういったことでネガティブな行動を取るのか、ネガティブになりやすい傾向を情報化することで、気持ちや発言に対策を立て、自信を持つことができるでしょう。

元来の性格

「ネガティブ」になりやすい人の元々の性格としては、消極的で人見知りなタイプが多いのではないでしょうか。そのような人全てがネガティブになるとはいえませんが、一人でいることの多い人や、自分の意見を上手く言えずに「どうせ私の意見など」と考えてしまう人はネガティブな思考に陥りやすいです。

逆に、幼いころから人と話す事が苦ではなく、自分の意見を堂々と言える人はネガティブにはなりにくいといえるでしょう。

親との関係が悪い

「ネガティブ」になりやすい人の特徴として、親との関係が悪いという人もいます。小さい頃に親から否定的な言葉をかけられたりした人や、親に受け入れてもらえなかった人などは、ネガティブな考え方をしてしまうことが多いでしょう。

他にも、両親から自分が取り組んでいたものを褒められる事なく、否定的な意見ばかりを言われてきた人は、自分自身の事を認めてあげることができず、ネガティブになってしまいます。

体調が悪くなりやすい

身体が弱く、体調を崩しやすいという人も「ネガティブ」な考え方になりやすいといえるでしょう。自分の体調がすぐれない事を不幸な事だと考えてしまい、体調がすぐれないことで自分が幸せではないというマイナス思考に陥りやすくもなりがちです。

体調が悪くなりやすいという事を受け入れて、そういった状況の中に希望を見つけていくことができるように、考えて行動していけるようになると良いでしょう。

自分の事を誰かに診断してほしい方におすすめ

ネガティブの正しい意味と使い方3例|言葉の類語や反対語

自分が「ネガティブ」な思考の持ち主なのかどうかを診断してほしいという人におすすめのサイトをご紹介します。自分がネガティブであるかどうか、ネガティブであればどのように改善することができるのかどうかなど、悩んでいる人はぜひ参考にしてみましょう。

無理に自己肯定をする必要はなく、誰かに聞いてほしいというだけの人もいます。マイナス思考を改善するためには自身を肯定する言葉が必要です。

類語と対義語

ネガティブの正しい意味と使い方3例|言葉の類語や反対語

「ネガティブ」の類語や対義語にはどのようなものがあるのでしょうか。「ネガティブ」という言葉と置き換えて使うことができる言葉にはどのようなものがあるのかを知って、言葉の知識を深めてみましょう。

語彙を増やすことは文章を書く時に役立ちますし、間違った使い方をしないようにすることもできます。「ネガティブ」の類語や対義語を知って、「ネガティブ」という言葉の正しい使い方をマスターしましょう。

類語1:悲観的

「ネガティブ」の類語として、「悲観的」という言葉があります。もともと、ネガティブという言葉には「悲観的」という意味が含まれていますので、「ネガティブな思考」という文章は「悲観的な思考」と置き換えて使うことができるでしょう。

これは反対に、「悲観的」という言葉を使っている場合「ネガティブ」という言葉に置き換えて使う事ができるといえます。二つの言葉の意味を理解して、正しく置き換えて使うようにしましょう。

類語2:消極的

「ネガティブ」の類語表現には、「消極的」という言葉もあります。ネガティブという言葉には「消極的」という意味も含まれているため、同じような表現方法として使うことができるでしょう。

考え方や発言などが「消極的」な人は「ネガティブ」であると言われてしまいがちです。自分の気持ちをハッキリとは表に出せない場合も、心に何かを抱えているという事があります。そのような人を表す言葉として「消極的」は使われます。

類語3:否定的

「否定的」という言葉も「ネガティブ」の類語として使うことができるでしょう。否定的な人というのは拒絶や反対、反抗をしてしまう人の事をいいます。

何に対しても否定から入るという方は「ネガティブな思考」、「否定的な思考」をもっていると言われる事もあり、そのような場合は「ネガティブ」と「否定的」どちらの言葉を使っても問題ありません。文脈や会話の流れで使い分けるようにしましょう。

類語4:後ろ向き

「ネガティブ」の類語に「後ろ向き」という言葉もあり、置き換えて使うことができます。「後ろ向き」という言葉は、進んで行動しようとしないという意味を含んでおり、ネガティブと同じように使われることがあります。

前向きに考える事ができない人や、積極的に行動することができないという人は気持ちの面で「後ろ向き」、あるいは「ネガティブ」という言葉で表現することができます。

反対語1:ポジティブ

「ネガティブ」の対義語としてよく使われる言葉に、「ポジティブ」という言葉があります。「ポジティブ」には前向きな考え方をすることや、プラス思考といった意味が含まれていおり、「ネガティブ」とは反対の意味を持っているといえます。

心理的には正確な反対語というわけではないようですが、感情の方向性としては対義語であるといえるでしょう。ポジティブな人とネガティブな人は、よく正反対な性格として扱われがちです。

反対語2:楽観的

「ネガティブ」の対義語として使われる言葉には「楽観的」というものもあります。ポジティブという言葉を日本語で表すのであれば「楽観的」という言葉が適当でしょう。

細かいことに囚われず、くよくよしない考え方が、楽観的の主な意味です。そのような考え方をすることができないのが、ネガティブな思考と言えるでしょう。そのような観点からも対義語として使われることがあります。

ネガティブという言葉を正しく使おう

ネガティブの正しい意味と使い方3例|言葉の類語や反対語

「ネガティブ」という言葉についてご紹介しましたが、いかがでしたか。「ネガティブ」という言葉を正しく理解し、使い方には注意しましょう。

決して悪い意味で使うだけの言葉ではありませんが、マイナスのイメージで使われることの多い言葉であるという事を覚えておきましょう。

ネガティブにならないために

「ネガティブ」にならないために読んでもらいたい、おすすめの記事をいくつかご紹介します。人生を楽しむことでネガティブは改善することができるのではないでしょうか。

記事を参考に、楽しいことをどんどん増やして「ネガティブ」にならないための方法を考えてみましょう。

関連記事

Related