Search

検索したいワードを入力してください

ナッツの食べ過ぎによる悪影響6つ|ナッツに多く含まれる栄養素

Author nopic icon43たろう
カテゴリ:雑学

初回公開日:2018年12月11日

更新日:2020年08月29日

記載されている内容は2018年12月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ナッツの食べ過ぎによる悪影響6つ|ナッツに多く含まれる栄養素

ナッツとは

ナッツは、普段食べる食材としても、お酒のおつまみとしても良く使われています。ナッツには複数の栄養素が含まれており、かつおいしいので食材として非常に有用です。

しかしながら、ナッツの食べ過ぎには要注意です。なぜナッツを食べすぎると良くないのかに関しては、はじめにナッツという食材の特徴について把握しておく必要があります。ここでは、ナッツとはどのような食材なのかについて紹介します。

ナッツの種類

ナッツにはいくつかの種類が存在します。よくアイスクリームやチョコレートに含まれているナッツには、マカダミアナッツやヘーゼルナッツといったものがあります。

またカシューナッツなどはお酒のおつまみだけではなく、中華料理にも多く使われていて有名です。またアーモンドやクルミなどのナッツについても、お酒のおつまみで一緒にでてくることが多いナッツだといえます。また最近ではピスタチオなどのナッツ類も有名です。

ナッツの食べ過ぎによる悪影響6つ

ナッツはお酒のおつまみとしてよく使われており、ついつい食べ過ぎてしまうことがあります。ナッツの食べ過ぎは場合によっては体調に変化を及ぼすことがあるので要注意です。

ではどうしてナッツの食べ過ぎは体に良くないのでしょうか。ここではナッツの食べ過ぎに伴う体への悪影響について6つの例を挙げて紹介します。

影響1:太る

ナッツの食べ過ぎによる体への悪影響としては、太ってしまうことが第一に挙げられます。ナッツのカロリーは、普段主食としているお米に比べるとかなり高いので、軽い気持ちで食べ過ぎてしまうとすぐに太ってしまいます。

特にナッツ類は気軽に食べることができる食材でもあるので、ついつい食べ過ぎてしまいがちなので要注意です。

影響2:腹痛

ナッツを食べ過ぎてしまった際には、腹痛が生じてしまうことがあります。ナッツの成分にはオレイン酸などの脂質が多く含まれていることから、体内で消化不良に陥ってしまうことがあります。とくにカシューナッツなどについては要注意です。

そのため、ナッツを食べる時には一度にたくさん食べるのではなく、小分けにして食べる必要があるといえるでしょう。

影響3:鼻血が出る

よくナッツを食べると鼻血が出るといわれています。ではどうしてナッツを食べ過ぎると鼻血が出やすくなってしまうのでしょうか。

実はナッツを食べ過ぎることで鼻血が出るというのははっきりと解明されておらず、因果関係も明らかにされてはいません。一説では、ナッツに含まれているポリフェノールの影響やナッツ特有の硬さなどが影響しているというものがあります。

影響4:ヘルペスができる

ナッツを食べ過ぎてしまうと、顔の周りにぶつぶつができてしまうことがあります。顔にできる吹き出物は目立つのでコスメの面でも天敵になります。

しかしながらこういったヘルペスとアーモンドとの因果関係についてもいまだにはっきりと明らかにされていないのが現状です。

影響5:ニキビの原因になる

ナッツの食べ過ぎはヘルペスに加えて、ニキビなどの吹き出物にも影響します。ニキビの原因としては油っこい食生活が関係しており、油脂成分の多いナッツの食べ過ぎは、ニキビの原因になるので要注意です。

特にニキビは顔の美容にも大きく影響することから女性にとっては避けるべき状態です。ニキビを予防するためには、油脂に偏らない食生活を送るのが重要です。そのため美容を気にするのであればナッツの食べ過ぎは控えましょう。

影響6:ビタミンE過多になる

ナッツには油溶性ビタミンが多く含まれています。その中でもビタミンEは病気にならない健康な体を作る上では必要不可欠な栄養素になります。

しかしながら油溶性ビタミンの過剰摂取は、悪影響を及ぼす場合があります。油溶性ビタミンは水溶性ビタミンと比べると蓄積しやすいので要注意です。しかしながら、ビタミンEの過剰摂取は、通常の食事の範囲では起こらないので、数にさえ気をつけていればよいでしょう。

食べ過ぎに注意!ナッツの一日の適量