Search

検索したいワードを入力してください

好みのタイプでわかる結婚難易度|結婚しやすい好みのタイプ4つ

Author nopic iconCOLOR
出会い / 2019年02月14日
好みのタイプでわかる結婚難易度|結婚しやすい好みのタイプ4つ

どんな男性が好みのタイプかが結婚を左右する

近年女性の平均結婚年齢も上昇しており、結婚しないことを選択する女性も増えています。それでも結婚は多くの女性の憧れであり、結婚するためにいろいろな努力をしている女性も多くいます。

どんな男性が好みのタイプかによって、結婚できる可能性は変わると言っていいでしょう。男性の好みのタイプは人によって細かく異なるため、自分の好みのタイプの男性を見つけるのはとても困難です。

結婚相手が見つかりやすい好みのタイプ

結婚相手が見つかりやすい好みのタイプには大きく分けて2種類あります。1つは好みのタイプが多くの男性が当てはまり探すのが簡単というパターンで、もう1つは好みのタイプがほかの人とは異なりライバルが少ないというパターンです。

好みのタイプが単純であればあるほど、結婚相手は見つけやすいでしょう。好みのタイプが一貫している人もいれば、頻繁に変わってしまう人もいます。

1:優しい人

好みのタイプに優しい人をあげる女性は多いです。人に優しくできる人は私生活や仕事などどのコミュニティでも多くの人に好かれます。頼り甲斐があったり手伝ってくれたりと、優しい人を好きになる瞬間も多いでしょう。

好みのタイプに優しい人をあげる人は、外見にとらわれず人の中身を見ることができる人です。優しい人は異性だけでなく、同性や家族にも好かれるので、結婚相手としてふさわしい存在と言えるでしょう。

多くは求めないから

優しい人と結婚しやすい理由として、多くを求めないことが挙げられます。好みのタイプに優しい人をあげる女性の中にも、求められるものが少ないことが理由であるという人もいるでしょう。優しい人はお金や時間など最低限のもので満足してくれる人が多いでしょう。

性格が合うことは結婚することの最低条件であり、優しい人であればほかの条件はないという女性も多くいます。自分に自信がない女性は優しい人を求める傾向にあります。

2:高収入の人

結婚相手を決めるときには相手の収入はとても重要です。結婚した後はともに生活をともにするので、どれだけのお金を使うことができるのかは考えておかなければなりません。高収入の人は多くの人の好みのタイプでその分競争率は高いといえます。

好みのタイプが高収入の人であるという人は、ひとつひとつの出会いを大切にする傾向にあります。性格は長く付き合わないとわかりませんが、収入は日が浅くても把握することができます。

性格や外見が悪くてもいいから

高収入の人は競争率は高いですが、それは性格や外見などのほかの条件も平均的に満たしている場合です。逆を言えば、性格や外見が悪くてもいいから高収入の人が好みのタイプである場合、結婚相手を見つけやすいでしょう。

性格の良さは愛情の深さにつながりますが、その愛情の深さをお金でカバーできると考える人は多いです。お金があることで心に余裕が生まれ、多少の意見の違いや価値観の違いを許すことができるでしょう。

3:顔が好みの人

結婚の後に子供を作ることを考えている人にとっては、顔が好みであることはとても重要でしょう。一般的に「イケメン」「男前」と呼ばれる人が好きな人もいれば、他とは異なる個性的な顔が好みであるという人もいます。

好みのタイプに顔が好みの人をあげる人は一目惚れしやすい人であるということができます。好みの顔は一度会っただけでも判断することができますし、極論を言ってしまえば会わずとも写真で判断することもできます。

性格や外見が悪くてもいいから

好みのタイプに顔が好みの人をあげるという人は、性格や服のセンスなどを気にしないという人も多いです。結婚して生まれる子供のことを想像したり、ただ横に並んで歩くことに幸せを感じることができれば、性格の不一致も乗り越えることができるでしょう。

「イケメンだけど性格が悪い」と言われている人は競争率が低いので結婚相手を見つけやすいと言えます。好みの顔がはっきりしているほど結婚相手を見つけやすくなるでしょう。

4:気が合う人・居心地がいい人

好みのタイプを聞かれた時に、「気が合う人」「フィーリングが合う人」をあげる人は多いです。気が合う人であれば一緒にいても緊張せず、長く付き合っていくことができるでしょう。気が合う人を見つけるには、ある程度の時間をともにする必要があります。

気が合う人を好みのタイプにあげる人は、外見を気にしないという人が多いです。ファッションセンスなどが自分とかけ離れていても、一緒にいる居心地の良さを優先させます。

難しいことを求めていないから

好みのタイプに気が合う人をあげる人は、相手に対して難しいことを求めていません。相手が無理をして気が合うように努力をしてくれているならば、それは本当の意味で気が合っているとは言えないでしょう。

好みのタイプが気が合う人であれば、結婚を考えているタイミングについても気が合うでしょう。お互いに難しいことを求めない生活であれば、結婚するまでも結婚してからも幸せに暮らすことができるでしょう。

結婚相手が見つかりにくい好みのタイプ

逆に結婚相手が見つかりにくい好みのタイプも存在します。結婚相手が見つかりにくい理由としては、当てはまる人が少なく選択するのが難しいパターンや、理想が高すぎるパターンなどが挙げられます。

好みのタイプで自分が求めている条件と実際にそれに当てはまる人には、少なからず誤差が生まれることを理解しなければなりません。好みのタイプが多ければその全てに当てはまる人を探すことは難しくなります。

1:楽しい人・面白い人

好みのタイプとして楽しい人・面白い人をあげる人は多くいます。確かに一緒にいて楽しい人であれば、お付き合いをしても夫婦生活をしても楽しく過ごすことができるでしょう。しかし楽しい人を好みのタイプとしてあげるにはひとつの落とし穴があります。

男性であれば女性を楽しませるために、楽しい人・面白い人を演じる人は多いでしょう。その分本当に楽しい人であるかを見極めるのかは困難で、結婚相手も見つかりにくいでしょう。

常に楽しませるのは難しい

女性が好みのタイプに楽しい人・面白い人をあげる理由として、「楽しませて欲しいから」という理由が大部分をしめています。もちろん男性は女性を楽しませることに努力するでしょうが、365日24時間楽しませることはできません。

楽しい人と思っていた人の楽しくない一面を見てしまうと、急に気持ちが冷めてしまうこともあるでしょう。気持ちが冷めてしまうと結婚への道のりも険しくなってしまうでしょう。

2:常識的な人・普通の人

多く恋愛を経験してきた人であれば、常識的な人・普通な人を選ぶ傾向にあります。平均的な顔や平均的な収入の人を好み、性格などに特徴がある人を避けます。常識的な人や普通の人は身の回りに多くいるので、探すのは容易であると言うことができます。

普通の人はグループの中では個性が埋もれてしまうことが多いので、競争率は低いです。しかし表面的には普通の人でも深く付き合うとそうでないという人も多いです。

全く変な所のない人はそういない

すべての点で変なところのいない人は存在しません。もしもすべてが平均的である人がいたならば、その人に魅力を感じることはないでしょう。変なところがないということは、それだけでとても特殊なことです。

変なところのない人を探すこと自体が、とても変なことなのを理解しましょう。変なところはその人の個性であり、個性を分かり合えることでより親しい関係になることができるでしょう。

3:趣味の合う人

現在趣味がある人で、趣味にかける時間やお金を大事にしたいと人であれば、好みのタイプに趣味の合う人をあげる人もいます。趣味の合う人と結婚すれば休日なども一緒に楽しむことができ、関係が長く続くことを期待できます。

趣味の合う人は、言い換えれば感性の合う人とも言えます。例えば登山が趣味の人であれば、目的のためにコツコツと努力する感性を持っているでしょう。

該当する男性の範囲が狭い

趣味の合う人は確かに結婚するのに良い条件ですが、該当する範囲が狭いことが欠点です。例えば同じ写真が趣味でも、スマートフォンで写真を撮りながら街歩きをするのが好きな人と、特別な機材を使ってこだわりの一枚を撮りたい人では感性が異なります。

趣味が合う人であっても、その趣味への取り組み方に違いがあれば、かえって結婚への大きな障害になってしまうことにも繋がりかねません。

好みの男性別の結婚しやすさを知りたい人にオススメ

自分の結婚相手を自分で決めたいというのは当たり前の感情です。しかし過去の恋愛に失敗してしまったり、長く恋愛から離れてしまっていると自分の好みのタイプがわからなくなってしまうこともあります。

好きなタイプ別の結婚しやすさを知りたいという人は、電話占いをオススメします。第三者の意見を聞くことで、より結婚に対しての視野を広げることができるでしょう。

彼氏すら作れない好みのタイプ

好みのタイプによっては、結婚はおろか恋愛にも辿り着けない人もいます。好みのタイプは「こういう人だったらいい」という程度に持っておき、「こういう人でなくてはだめ」というような固定観念にならないようにしましょう。

理想が高過ぎる

理想が高すぎるのは、恋愛に辿り着けない理由の中でも最もポピュラーなものの一つです。理想を持つことは大事ですが、高すぎる理想は選択肢を狭くしてしまい、周りの男性にプレッシャーをかけてしまいます。

自分に釣り合わないほど高い

恋愛に対して理想を掲げる時には、まず自分をよく見直してみましょう。自分に自信がないのに相手に対して高い理想を求めてしまっては、恋愛に発展することはないでしょう。同じように自分に釣り合わないほど低い理想もかえって恋愛に発展しにくいです。

理想の高さの基準がわからないという人には、友人などに相談してみることをオススメします。客観的な意見を得ることで、理想と現実のバランスが取りやすくなるでしょう。

多くを求め過ぎないのが結婚への近道

結婚に対して強く憧れを持っている人ほど、結婚に対して多くのものを求めてしまいます。結婚に対しては多くを求めすぎないのが近道といえます。結婚相手と足りないものを補い合って暮らしていくのが、結婚生活を幸せにするのに重要です。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

恋愛や結婚相手の選び方は、必ず成功する方法は存在しません。同じ方法でも人によって成功したり、タイミングにより失敗してしまうこともあるでしょう。幸せな結婚をするための相手選びについてもっと知りたいという人は以下の記事をごらんください。

関連記事

Related