Search

検索したいワードを入力してください

カラオケが嫌いな人の理由と克服方法|カラオケが好きな人と嫌いな人の割合

Author nopic iconaya
カテゴリ:カップル

初回公開日:2020年04月30日

更新日:2020年05月21日

記載されている内容は2020年04月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

カラオケが嫌いな人の理由と克服方法|カラオケが好きな人と嫌いな人の割合

カラオケが嫌いな人の理由

カラオケが嫌いな理由には「歌が下手」「流行りの歌を知らない」など、色々な理由があるのではないでしょうか。

カラオケ嫌いを克服する方法について、少し考えてみましょう。

カラオケ嫌いを克服する方法

カラオケ好きな方は「カラオケが嫌いなら行かなきゃいい」と言うことがありますが、会社や友達との飲み会後の二次会は、どうしてもカラオケが定番になることが多いため行かざるを得ない状況になってしまうこともあるのではないでしょうか。

また、「歌わなくてもいいから!」と言われても、結果的に歌わされることも多いのではないでしょうか。場の雰囲気を壊さないためにもカラオケ嫌いを克服できると言われている方法をご紹介します。

歌を上手くしよう!

カラオケ嫌いを克服するにはまず、上手く歌えるようにすることが大切になるのではないでしょうか。

歌が上手くなり、人に聞かせることができるレベルにすることで「歌を聞いてほしい」と思うようになり、結果として歌うこと・カラオケが好きになることもあるのではないでしょうか。

ボイストレーニングに通う

上手く歌えるようにするためには、ボイストレーニングに通うことがもっとも手っ取り早い方法でしょう。

通う時間があまりないとしても、短時間でも時間を作っていくことが大切です。ボイストレーニングに行って、歌い方のコツをみつけてしまえばもう通う必要もありません。

数回のボイストレーニングに行ってコツを掴み、家で暇な時に練習していれば、だんだんと上手くなっていくでしょう。

自分の歌声を録音する

自分の歌声を録音したことはありますか?もし録音したことがない場合は録音をして聞き返してみましょう。携帯のボイスメモや動画、またはアプリで簡単に録音できます。

録音したことがある人はわかるでしょうが、最初は録音した自分の声に嫌気が差し聞くのも億劫に感じることがあります。歌がうまい方でも録音した自分の声が嫌いという人は多くいると言われています。

自分が普段聞いている自分の声と他人が聞いている自分の声は微妙に違うため、自分の録音した声に嫌悪感や違和感を覚えるのは自然なことです。

しかし、録音した自分の声に嫌悪感を覚えるからと言って歌声を録音することをやめてしまってはずっと歌が下手なままで終わります。まずは客観的視点で自分の声を聞くことに慣れることからはじめましょう。

カラオケに通う

上手く歌えるようにするために、1人でカラオケに通ってみてはいかがでしょうか。

カラオケでは採点機能がついている機種がほとんどで、音程がきちんと取れているかがわかる機能もあるため、この採点機能を活用しましょう。カラオケで歌ったものを録音すると良いのではないでしょうか。

1人でカラオケに行くのは気後れするという人は、下手な歌を聞かすことのできる家族や友人を誘ってみてはいかがでしょうか。

〇〇係に徹する

カラオケ嫌いを克服する前に、どうしても二次会などでカラオケに参加せざるを得ない状況になった場合には、注文係や盛り上げ係などの〇〇係に徹することをおすすめします。

注文係ならば忙しいアピールをすることで歌わずに済ませることができるのではないでしょうか。また、盛り上げるのが得意であれば合いの手を入れすぎて歌う気力がなくなったことをアピールする方法もあります。

〇〇係に徹することで、場の空気を壊さずに対応できるのではないでしょうか。

場を盛り上げるのが無理

場を盛り上げるのが無理な場合は、「盛り上がりそうな曲が来る!」と思ったらトイレなどを理由に部屋の外に逃げだす方法もあります。部屋の外にいれば、盛り上げなくても済むのではないでしょうか。

また、バラードなどそこまで場が盛り上がるような曲ではない場合は、手拍子や体をリズムに合わせて揺らすなどをすると場の空気を壊さずに対応できるでしょう。

カラオケ嫌いな彼氏・彼女とカラオケを楽しむ方法

彼氏、彼女がカラオケ嫌いであれば、他に楽しめるデートを探した方がいいでしょう。しかし、どうしても彼氏、彼女とカラオケに行きたい場合には、なぜカラオケが嫌いなのか理由を聞き、その理由に合わせて説得してみましょう。

彼氏、彼女が音痴という理由でカラオケ嫌いな場合には、「ちょっと鼻歌でもいいから歌ってみてよ」と言ってみるなどで、まず一度歌ってもらいましょう。

そこで歌ってくれたら「全然音痴じゃないじゃん!」みたいなことを言って褒めましょう。少し自信を持ってくれてカラオケに行ってくれる可能性も出てきます。

とはいえ本気で嫌がっている人に強要しても良いことはあまりないので、注意しましょう。

カラオケが上手いのに嫌いな人の理由

カラオケが上手いのに嫌いな人は「歌が上手すぎて周りに引かれる・盛り下がる」「バンド活動など、いつも生の音で歌っているためカラオケの音源では満足できない」などの理由が考えられます。

カラオケに歌が上手い人が来てくれたら嬉しいという人も多くいますが、カラオケは盛り上がってなんぼという人も多くいます。後者の考えの人の場合は歌が上手い人が熱唱したら歌いにくいと感じることもあるでしょう。

周りが引いてしまう場合は、歌が上手い人の選曲ミスが多いことも考えられます、歌が上手すぎる人はカラオケでは盛り上がる曲をチョイスすることを意識してみましょう。

カラオケが好きな人と嫌いな人の割合

2017年に、みんなにアンケートが実施した「カラオケに関するアンケート」では、カラオケが好き、どちらかといえば好きな方が87%、カラオケが嫌い、どちらかといえば嫌いな方が23%といった結果が出ました。

好きという人が嫌いという人より多い傾向があります。

カラオケが好きな理由

個人差がありますが、カラオケが好きな理由には歌うことが好き、歌うことでストレス発散になる、盛り上がるのが好きなどがあるようです。

こちらも個人差がありますが、カラオケが嫌いな理由には、人前で歌うのが恥ずかしい、盛り上がるのが苦手などがあるのではないでしょうか。

また、断っても歌わされることなどもカラオケが嫌いな要素になっているのではないでしょうか。周囲とテンションが違うのは辛いことがありますよね。

カラオケ嫌いを克服しよう!

カラオケが嫌いな人は自分にあったカラオケへの対処法を見つけることが、カラオケ嫌い克服への一歩となるでしょう。

音痴が理由でカラオケに行きたくない場合は、歌を上手くすることがポイントです。また、歌が嫌いでカラオケに極力行きたくない人歌いたくない人は、断り方や〇〇係に徹することを考える方法もあります。

カラオケから起こる揉め事や悩み事をなくし、人間関係を円満に進めるためにも、カラオケに誘われた時の自分なりの対処法を考えておくことが大切です。