Search

検索したいワードを入力してください

猫の肉球の色は毛色で違う?ぷにぷに肉球の色の不思議を徹底解説!

Small cc4d7c8e d0d9 4cfb b07b 942a84637766mao
動物・ペット / 2019年10月21日
猫の肉球の色は毛色で違う?ぷにぷに肉球の色の不思議を徹底解説!

肉の肉球の役割とは?

猫の肉球はプックリしていてかわいいイメージがあります。猫の肉球は、グッズのイラストとして描かれているとか、かわいいデザインでTシャツなどにプリントされている事もあります。

そんな猫の肉球には、猫の生活を支える様々な役割があります。猫にとって肉球は、命のように大切です。猫の生活を支えるのが、肉球と言えます。

猫の肉球には、それぞれ名称があります。それは、前足にある賞球や指球、狼瘡、手根球に後ろ足にある足底球や指球です。それぞれの肉球には、立派な役割があります。

敵に近づく際に足音が消える

猫は狩りをする動物です。

獲物を捕らえる時に、獲物に気づかれないように、肉球が足音を消す役目を果たします。猫が獲物に近づいても、獲物に気づかれないのは、肉球が足音を消すためです。

猫の忍び足は、肉球が足音を消すことで成り立ちます。猫にとって、肉球は狩りに必要な物です。獲物に気づかれないよう足音を消せるからこそ、猫は狩りが得意としています。

猫は肉球が足音を消してくれるから、狩りの名人だと言えます。

滑り止め

猫は高い場所に登ったり、塀を歩いたりします。猫は足場が悪い場所をバランスよく歩けるのは、肉球が汗で湿って滑り止めの役割を果たすからです。

汗で湿った肉球が吸盤のようになり、地面を掴みます。足元が危ない場所でも、きちんと地面に肉球が振れるから猫は安全だと考えられます。

猫の肉球は、とてもやわらかい部分と固い部分があります。特に、外で飼われている猫は、色々な場所を歩きます。肉球が滑り止めの役割を果たすから、安全に歩くことができます。

衝撃を吸収するクッション

猫の肉球は、クッション性があります。猫が高い場所から飛び降りても平気なのは、肉球が衝撃をやわらげるからです。

猫の肉球が、高い場所から飛び降りる猫が受ける衝撃や打撃を抑える役割をします。ねこの肉球は、衝撃を吸収します。

猫が他の場所も歩けるのも、高い場所から平気で飛び降りれるのも、肉球のおかげです。肉球は、猫の運動を助けていると考えられます。

体温の調節

猫は、体全体で汗をかきません。

唯一、猫が汗をかくのは肉球だけです。肉球の体温で、猫の健康がわかります。猫の肉球は、猫の健康を知るうえで、最も大切なバロメーターです。

肉球が乾燥するとか、熱い、冷たいなどに気づいたら、早めに病院にかかりましょう。

肉球が冷たくなっている事に気づいたら、猫の肉球を温めてください。また、冬になると猫の肉球は乾燥しやすいので、クリームを塗ってケアすることも大切です。

危険を察知するセンサー

猫の肉球の毛根球の上のあたりの毛が、人の髭のようにセンサーの役割を果たします。足元が危険だと感じると、毛根球が危険を感じ取ります。

猫が足元に異変を感じ取るのは、毛根球が危険を感じ取り反応します。猫が敏感なのは、毛根球が色々な変化を感じ取るからです。

猫が身の危険を感じ取れるのは、肉球のおかげです。

物をキャッチしやすい

猫の手は肉球で、人間のように物を掴めます。肉球が吸盤のように物を引き寄せて、獲物などを掴みとります。

猫の肉球は、トラやライオンなどの動物と同じで獲物を掴みとることができます。猫が獲物を狩れるのは、肉球で掴めるからです。

体の汚れを取る

猫は、普段から体をなめて毛並みを綺麗にします。しかし、顔や目の周りをなめることができないため、なめて湿らせた肉球で顔を綺麗に拭き取ります。

猫は、肉球をなめてから、体や顔をブラッシングします。猫は肉球を使って、毛並みを美しく保ちます。

猫の肉球はピンク色だけでない?

猫の体毛によって、猫の肉球の色は異なります。猫の毛が白やグレーなら、肉球の色はピンク色ですが、黒や茶色の猫は肉球がブラウン色です。

猫の肉球は、ピンク色だけでありません。猫の毛の色によって、肉球の色が異なります。猫の体毛が濃い色なら、肉球の色も濃いと考えられます。

猫の肉球の色の種類

猫の肉球の色は、猫の毛の色の影響を受けています。三毛猫など毛色がミックスされている猫の肉球の色もミックスでブチです。

また、白や薄茶、クリーム色の毛の猫の肉球はピンク系の色ですが、黒や濃い茶色の猫の肉球は黒色です。

猫の肉球は、必ず猫の毛の色で決まる物でありません。黒い色の毛の猫の肉球が、ピンク色の場合もあります。猫の肉球の色について、紹介します。

肉球の色
  • ピンク
  • 茶色系
  • ブチ猫の様な混ざった色

色が変わる事も

猫の肉球は、成長するにつれて変化することもあります。ネコの性格を肉球の色を見て、知ることも可能です。ネコの肉球は、猫の生活環境によって変化します。

猫が健康状態は、肉球の色の状態を見てある程度の判断が可能です。ピンク色の肉球の猫は、とてものんびりした穏やかな性格です。

また、黒や茶色の肉球の猫は、活発でやんちゃな性格と考えられます。

生活環境

猫の肉球は生活環境により、変化します。それは、猫が外で暮らしていると肉球は硬くなります。部屋で飼われている猫の肉球の方が柔らかいです。

猫の肉球はとても大切だから、きちんと毛や爪を切って手入れしてあげる事が大切です。肉球をケアすることは、飼い主の役目です。

加齢と共に

猫も年を取り加齢すると、猫の肉球も痩せます。そして、若い猫の肉球は香りが良いですが、加齢した猫の肉球の香りも変化します。

爪が生えるのが遅くなるのも、加齢した証拠です。肉球が痩せて、弾力が無くなるのも加齢のサインです。

猫は年を取ると、塀や高いところに登れなくなります。それは、肉球が弱るからです。

猫の毛色と肉球の色の関係

猫の毛色は肉球の色に、大きく関係しています。毛色が薄い色だと、猫の肉球の色も薄いピンク色などです。

また、黒や焦げ茶色の猫の肉球は、とても濃い色をしています。猫の毛色が混ざった色なら、猫の肉球の色も混ざっています。猫の毛色は、肉球の色に大きな影響を与えています。

猫の毛色肉球の色
白やグレーピンク
黒や濃い茶色黒っぽい茶
三毛猫の様なミックス混ざった色

淡い毛色の猫の場合の場合

淡い毛色の猫は、薄いピンク色の肉球です。肉球の色も淡いです。淡い毛色の猫の肉球は、白っぽいと言えます。

毛色が薄い色だと、肉球の色も薄い色だと決まっていませんが、多いケースで淡い毛色の猫は、ほとんど場合が肉球の色も淡い色だと言えます。

黒い毛色の猫の場合

黒い毛色の猫の肉球は、黒っぽい茶色です。真っ黒な肉球もありますが、黒い毛色の肉球が、濃い茶色の場合も考えられます。

とにかく、黒い毛色の猫の肉球は、濃い色をしています。黒っぽくて焦げ茶色より濃い色の肉球だと考えられます。

茶色がかった毛色の猫の場合

茶色かかった毛色の猫の肉球は、薄い茶色です。ライトブラウン系の色の肉球の猫の毛色は、茶色かかった毛色をしていると言えます。

白っぽくて茶色のような色の肉球をしています。薄い茶色や明るい茶色の肉球だと考えられます。

まだら毛色の猫の場合

まだら毛色の猫の場合は、肉球も斑点があるようなまだらな色をしています。毛色がミックスしているから、肉球の色もミックスしています。

まだらの毛色の猫の肉球は、とても特殊だと言えます。色が2色や3色まだらになっている肉球になるからです。

猫の肉球にはいろいろな意味がある

猫の肉球を見ると、猫の健康状態や性格が分かったりします。猫の肉球は、猫だけにある特殊な肉球ですから、とても大切な部分です。

猫の生活は、肉球があってこそ成り立っています。猫の肉球とは、命のように大切な猫だけが持っている不思議な物です。

猫が幸せに過ごせるのは、肉球があるからです。猫が元気に遊べる時、猫肉球に異常はないはずです。肉球を守るために、飼い主は爪や毛のケアをしっかりしてあげてください。

関連記事

Related