Search

検索したいワードを入力してください

シベリアンハスキーってバカ犬?ハスキー犬の特徴と魅力的な性格

Author nopic iconmi555
動物・ペット / 2019年08月23日
シベリアンハスキーってバカ犬?ハスキー犬の特徴と魅力的な性格

シベリアンハスキーとはどんな犬種?

まるでオオカミのような、神秘的でクールな見た目で人気のシベリアンハスキーは、雪国ロシア原産の犬種です。

彼らは、もともとシベリア北東部に住んでいたチュクチ族により育成され、ソリ犬・猟犬として活躍していました。

スピッツやラスカンマラミュート、アメリカンエスキモードッグ、サモエドが同系の犬種といわれています。

そのクールな見た目とは裏腹に、社交性に富んだ愛嬌のあるシベリアンハスキーの魅力について深く迫っていきましょう。

シベリアンハスキーの習性・生態

犬ぞりをする犬種のなかでは比較的サイズが小さめなハスキー犬ですが、ガッシリとした骨太な体つきをしています。頼もしく体力も持久力も抜群です。

また、冒険心が旺盛でエネルギッシュなため、普段からかなりの運動量を必要とします。

1日に最低2回散歩に連れて行ってあげたり、時々ドッグランで広いスペースで思いっきり走らせてあげるとよいでしょう。

食べ物に関して、好き嫌いがあまりなく何でも口にしてしまうため、エサやおやつの与えすぎには注意が必要です。

平均寿命は10~13年と、大型犬のなかでは上位に入る長寿犬です。

シベリアンハスキーの性格

その狼のような容姿で、一見獰猛なイメージを持たれることが多いハスキー犬ですが、実はとても友好的で穏やかな性格の持ち主です。

攻撃的になることはほとんどなく、子供がいる家庭でも安心して飼える犬種です。子守上手な犬と言われているほどです。

また、社会性が高く集団行動が得意です。この性質は元来集団で行動するそり犬として活躍してきた歴史からきたもので、多頭飼いや子供との生活にも向いているといえるでしょう。

基本的にフレンドリーで、信頼している相手には特に従順で好奇心も旺盛のため、しつけがしやすい犬種です。

シベリアンハスキーの特徴

シベリアンハスキーは、その歴史や生息環境に合ったからだの特徴を持っています。ハスキー犬は大型で体力があり俊敏で、まさに「狼犬」と呼ぶに相応しい犬種です。

ソリ犬として長距離を走るのに適した、分厚い肉球を持っています。

美しい毛色の種類は、ブラック、グレー、ブラウン、シルバー、レッドやホワイトと多岐にわたります。真っ白といったものもあり、ホワイトハスキーと呼ばれています。

その興味深い印象的な特徴についてご紹介していきます。

シベリアンハスキーの特徴1:筋肉質でガタイの良い体格

ハスキー犬の大きな特徴の一つとしてあげられるのは、バランスのとれた逞しいガッシリとした体格です。

平均的な体高はオス53~60 cm、 メス50~60 cm、また体重はオス20~28 kg、メス15~23 kgとされています。そのタフで持久力に富んだ体格が活かされ、彼らが一躍有名になったエピソードがあります。

1925年、当時アラスカの都市ではジフテリアという感染症が大流行していたときのことです。感染に苦しむ人々のもとへ、数頭のハスキーが約540kmの距離を5日間かけて血清を運び、たくさんの人命を救いました。

1930年以降にはハスキー犬は北米で正式な犬種として認められ、以来北極圏の探索犬や救助犬として幅広く活躍しています。

シベリアンハスキーの特徴2:かなり厚い被毛

前述したとおり、シベリアンハスキーは主に北極圏で生活をしていた犬種のため、極寒の気候のなかでも生きていけるよう、とても厚い被毛を持っています。

毛は2層のダブルコートになっており、体温を逃がさないため密集したアンダーコートと、外部の刺激から身を守る硬いオーバーコートにより、厳しい寒さに耐えられるようにできています。

また、このような耐寒性抜群の下毛をもっているため暑い気候にはめっぽう弱いです。

シベリアンハスキーの特徴3:目の色が様々

彼らの目の色は個体によって種類が豊富でとてもユニークです。ブルーはもちろん、ブラック、ブラウン、イエローやまた左右で目の色が違うオッドアイも一般的です。

とてもクールな印象を与える魅力的な目の色も、彼らの人気の理由のひとつです。

シベリアンハスキーはバカ犬?

シベリアンハスキーってバカ犬?ハスキー犬の特徴と魅力的な性格

世間ではよく、シベリアンハスキーはバカ犬、といったイメージを持たれています。しかし、そのようなことはなく実はとても頭の良い犬種です。

日本では過去、漫画や映画の影響でハスキーブームが起こりました。その際、犬の飼い方、しつけやその特性を理解せず、ただ流行にのってハスキー犬を飼う人が急増しました。

その結果、無駄吠えや脱走癖といった問題が多発してしまい、手に負えないと彼らを手放してしまう飼い主がたくさん現れました。

実際は多くの飼い主の知識不足、しつけ不足によりハスキー犬が「バカ犬」と呼ばれるようになってしまいました。

シベリアンハスキーの特徴
  • 無駄吠えが多いイメージ
  • 本当は賢い犬種

無駄吠えが多いイメージ

シベリアンハスキーはよく吼えるといった印象が強いですが、これには彼らが育成されていた環境が深く関連しています。

前述したとおり、ハスキー犬はソリ犬で他の犬や人間と集団で行動していた犬種です。北極圏の過酷な環境のなかで生活していたため仲間同士のコミュニケーションは必須でした。

そのため、何か危険を察知したときや、問題が発生したときに常に状況を発信するために、吠える(情報を伝える)習性が次第に身につきました。

きちんとしつけをしてあげれば、無駄吠えをすることはありません。
これは、ハスキー犬に限らず他の犬種にも当てはまることです。

本当は賢い犬種

よく世間からは、しつけのできない「バカ犬」といわれるシベリアンハスキーですが、実はとても知能の高い犬であることをご存知でしょうか。

ハスキー犬はかつて北極圏で民族の用務犬として活躍し、それだけでなく、第二次世界大戦時には軍の捜索・救助犬としても活動していました。

彼らは状況判断力に長けた頭の良い犬種です。

また、頑固で譲らない面もあり、飼い主を「リーダー」でないと認識すると、
全く命令を聞かなくなる例もあります。

賢いがゆえに独立心が強く、自分で判断、行動しようとする一面を持っています。

シベリアンハスキーは優しい?

ハスキー犬は、とてもフレンドリーで優しい性格の持ち主です。

社会性が高い犬種で集団行動が得意なため、他者への気遣いが上手です。そのため、他の動物や赤ちゃん・子供とも仲良く暮らせます。

また、楽観的なので細かいことを気にしない面を持っています。おおらかで優しい犬種といえるでしょう!

シベリアンハスキーの特徴
  • 見た目とのギャップ
  • 攻撃性が低い
  • 友好的

見た目とのギャップ

大きな体格で、かなり迫力のある容姿を持ったハスキー犬は、
第一印象は「怖い、獰猛」といったイメージを持たれがちですが、それは大きな誤解です。

あのシュッとしたクールな見た目からは想像できないですが、実はとても甘えん坊でフレンドリーです。人懐こくて無邪気な性格の持ち主で、人とのスキンシップを好みます。

この見た目とはかなり違うギャップを持っているところが、ハスキー犬の魅力のひとつといえるでしょう。

攻撃性が低い

彼らは基本的にとても温厚な性格の持ち主で、急に襲ってきたりするような攻撃性は全くありません。

力が強く、体力があり頼もしいですが、昔から私たち人間と生活を共にしてきた犬種のため、むしろとても従順です。

そのため、子供とも仲良く遊ぶことができるので安心して飼うことができます。

友好的

協調性があり、他のペットや子供と遊ぶことが大好きです。 とにかく一匹で孤独に過ごすことを嫌う犬種のため、多頭飼育や他の動物と飼うと大変喜んでくれるでしょう。

いたずら好きな一面もあり、遊び心があります。

下の動画は、猫とじゃれるシベリアンハスキーの様子です。
猫が噛み付いても優しく対応しています。

シベリアンハスキーは無駄吠えをする?

シベリアンハスキーってバカ犬?ハスキー犬の特徴と魅力的な性格

ハスキーに無駄吠えが多いといわれているのは、彼らの習性と、飼われていた環境が深く関連しています。

かつてそり犬として群れで行動していたため、元来ハスキー犬はいつも仲間と過ごしたい寂しがりや、甘えたがりな性質を持っています。

ハスキー犬がブームになった当時、日本では犬を外で飼うことが一般的でした。
そのためたくさんのシベリアンハスキーがとても寂しい思いをしていました。

その結果、仲間を呼ぼうとよく吠えるようになり「無駄吠え」が多い犬と呼ばれるようになってしまいました。

シベリアンハスキーの特徴
  • 漫画などの影響
  • 社交性があり仲間を呼びたくなる

漫画などの影響

シベリアンハスキーは、1980年代日本で、佐々木倫子さんの漫画「動物のお医者さん」や映画「南極物語」が大ヒットしたことで、一時大人気犬種となり、ハスキーブームが起こりました。

しかしその後、ハスキー犬の育て方や性質をきちんと理解しない飼い主が急増し、彼らの世話をしきれなくなり、行き場を失ったシベリアンハスキーが後を絶ちませんでした。

一時期、保健所はハスキー犬でいっぱいだったことをご存知でしょうか。

動物は私たちと同じ命ある生き物です。責任を持って、生涯大切にお世話をしましょう。

社交性があり仲間を呼びたくなる

集団生活に慣れていて、仲間と過ごすことが大好きなシベリアンハスキーは、孤独を感じたときや退屈なとき、仲間を呼ぶために遠吠えをすることがあります。

ハスキー犬と生活をしていて、この遠吠えをすることが多くなったら注意です。寂しい思いをしているよ、仲間が欲しいよ、もっと構って欲しいよと言っているサインです。

とても社交性が高い犬種のため多頭飼育をしたり、もしくは普段たくさんスキンシップをしてあげる、遊んであげると喜ぶでしょう。

下の動画は、ある飼い主さんが自分が留守の間、愛犬のシベリアンハスキーの様子を撮影した動画です。

シベリアンハスキーを買える場所と価格

シベリアンハスキーってバカ犬?ハスキー犬の特徴と魅力的な性格

シベリアンハスキーの購入は、ペットショップ、ブリーダー、里親制度を利用してすることができます。

ただ、現在の日本では、ペットショップに関しては小型犬の販売が主流のため、最近は大型犬であるハスキー犬を見かけることが少なくなりました。

それぞれの購入方法で、価格や注意点にかなり違いがあります。
これからシベリアンハスキーを飼いたいと考えている方に詳細をご紹介します。

ペットショップ

価格は5~40万円程で、メリットは血統書付の子が入手可能ということです。

先ほど前述したとおり、現在の日本のペットショップの傾向では、シベリアンハスキーの販売自体が減少傾向にあります。

しかし、ペットショップで販売されているハスキー犬を見つけた際は、血統書が付いたペットタイプの子の入手が可能です。

時にブリーダーからも入手が困難な希少種の子も販売していることがあります。ペットショップでは成長に合わせたワクチンが接種されているので、健康面でも安心でしょう。

里親

価格は譲り受けの際の費用はなく、メリットは行き場のない子たちを救うことができるということです。つまり、個人やボランティア団体から譲り受ける方法です。

やむ負えない事情で飼い主を失ってしまったハスキー犬が、保健所やブリーダーから団体に引き取られ、それを譲り受けるといった入手方法になります。

里親は販売ではないので、購入する際の費用はかかりません。ただし、基本的に医療費が3~4万円かかります。

また、ネットの掲示板や病院でハスキー里親募集をしているケースもあり、その際は医療費がかからないことが多いです。

保健所などで殺処分の危機にさらされた子を救うことができることが最大のメリットです。

ブリーダー

価格は20万円程であり、メリットは健康状態、気質が良い子を比較的安価で手に入れられるということです。

ブリーダーは質のいい犬を作ることを目的としているため、高い血統書付きや、性質が良い健康な子犬を比較的リーズナブルな値段で入手できる所がメリットです。

希望に応じて、ショータイプ、ペットタイプのシベリアンハスキーを購入できます。

なかには悪質なブリーダーも存在するため、購入前に犬舎を訪ねて飼育環境をきちんと確認しましょう。ハスキー専門のブリーダーの方であれば、しつけや飼育上の注意点など詳しく相談にものれます。

シベリアンハスキーを飼うなら室内での飼育がいい

シベリアンハスキーってバカ犬?ハスキー犬の特徴と魅力的な性格

シベリアンハスキーは寒国生まれのため寒さにとても強いですが、暑さにはめっぽう弱い犬種です。特に近年の日本の夏の気候は彼らにとって過酷なため、外飼いはお勧めしません。

運動が大好きでアクティブな犬種なので、外で犬小屋にいれてしまうと思うように動き回ることができずにストレスをためてしまう可能性があります。

ハスキー犬は何より甘えたがりな性格のため、人や他のペットと常に触れ合える、室内飼いが合っているといえるでしょう。

関連記事

Related