Search

検索したいワードを入力してください

犬がペロペロと舐める意味とは?体の部位別で舐めてくる理由をご紹介

Author nopic iconkuuma98
動物・ペット / 2019年10月10日
犬がペロペロと舐める意味とは?体の部位別で舐めてくる理由をご紹介

犬がペロペロ舐めてくるのはどんな意味があるの?

犬と接している時に、犬にペロペロと舐められると、飼い主としてはとても嬉しい一時です。

犬の「舐める」という行動は、ただ舐めているだけではなく、その時の状況や犬の気持ちによって、いろいろな意味があります。

そして、その意味には犬の飼い主に対する気持ちが大きいですが、犬の習性によるものもあるのです。

犬にとって飼い主を舐める意味には大きく分けて5つの意味があります。それでは、その5つの意味をご紹介していきます。

犬が飼い主を舐めてくる意味
  • 親愛の気持ちがあるから
  • リーダーとして信頼しているから
  • おやつが欲しいから
  • お腹が空いたから
  • かまって欲しいから

犬が飼い主を舐めてくる意味1: 親愛の気持ちがあるから

犬が飼い主を舐めてくる意味として一番大きな意味は、飼い主に親愛の気持ちがあるという事です。

飼い主にとって、犬に顔などをペロペロと舐められるのはとてもうれしい事ですが、犬が飼い主を舐めるという行動は、愛情や信頼といった気持ちが含まれていると言われています。

そのため、犬の気持ちを一言で言うと、犬が飼い主に「大好きだよ」と言っているのです。犬は飼い主が好きで好きで仕方がないのです。

また、飼い主が外出先から帰宅した時に、寂しい気持ちを表すために、飼い主をペロペロと舐める事もあるのです。

犬が飼い主を舐めてくる意味2: リーダーとして信頼しているから

犬が飼い主を舐めてくる意味には、親愛の他に、飼い主をリーダーとして信頼しているからと言うこともあります。そしてこの行動は、犬の習性でもあります。

犬は元々集団行動をする動物ですが、野生で生活していた頃に、群のリーダーに対して「あなたに従います」という気持ちを表すためにリーダー犬の口元を舐めていました。

その名残として犬が飼い主をリーダーとして認めていると、口元をペロペロと舐めてくるのです。

犬に口元を舐められたら、犬といい関係を築けている証拠なのです。

犬が飼い主を舐めてくる意味3: おやつが欲しいから

犬が飼い主を舐めてくる意味として、親愛や信頼、リーダーとして飼い主を見ているという事の他に、おやつが欲しいからという意味もあります。そして、これも犬の子供の頃の名残が関係しています。

犬は、子犬の頃に母犬の口を舐めて食べ物を催促するという行動をとり、母犬から食べ物をもらっていました。

そのため、その子犬時代の名残で、飼い主をペロペロと舐めておやつが欲しいと催促しているのです。

犬にとって大好きな飼い主は、母犬のように思えるのでしょう。

犬が飼い主を舐めてくる意味4: お腹が空いたから

先ほど、犬が飼い主を舐めてくる意味として、子犬の頃の名残があるため、「おやつが欲しい」と飼い主を舐めてくる事があることをお話ししました。

しかし、犬が飼い主をいつまでも舐め続ける場合は、「お腹が空いたよ」とアピールしている場合があるのです。

また、犬のお腹が空いている時に、飼い主の口から美味しそうな匂いがした時や飼い主が食べたものの匂いが気になる時にも、飼い主を舐めて「ご飯をちょうだい」と催促しているのです。

犬が飼い主を舐めてくる意味5: かまって欲しいから

犬が飼い主を舐める意味にはいろいろな意味がありますが、犬が飼い主にかまって欲しい時にも、飼い主をペロペロと舐めてくる事があります。

例えば、飼い主が何かに没頭していて犬にかまっていない時間が長い時や、飼い主が外出したりして長時間家を空けている場合などです。

そのため、飼い主が大好きな犬にとっては、飼い主から長時間かまってもらえない寂しさから「自分にかまって欲しい」とアピールするために、飼い主をペロペロと舐めるのです。

飼い主の手を舐めてくる理由

犬と一緒にいると、犬が飼い主をペロペロと舐めてくることがありますが、犬が飼い主を舐める部位は顔だけではありません。犬にもよりますが、飼い主の顔だけでなく、手を舐めてくる犬もいるのです。

実は、犬が飼い主の手を舐めるのには犬なりのちゃんとした理由があるのです。

犬が飼い主の手を舐める理由には、大きく分けて3つの理由があります。そして、その理由には、犬の感情的なものと、犬の習性から行う事があります。

では、その3つの理由を詳しくご紹介していきます。

飼い主の手を舐めてくる理由
  • 一緒に遊びたいから
  • 安心しているから
  • 情報収集しているから

飼い主の手を舐めてくる理由1:一緒に遊びたいから

犬は、頭や体を撫でてくれたり、ご飯やおやつをくれたり、おもちゃなどで遊んでくれる飼い主の手が大好きです。

そのため、飼い主の手が大好きな犬は、飼い主と一緒に遊びたくて、遊びに誘うために手を舐めてくる事があるのです。

飼い主の手を舐めてくる理由2:安心しているから

犬が飼い主の手を舐めるのには、飼い主に対して安心しているからという理由もあります。

どの大きさの犬にとっても、飼い主の手は温かくて、撫でられるだけでもとても気持ちがいいのですが、特に小型犬から見れば、飼い主の大きい手から体を優しく撫でられると、とても気持ちよく感じます。

そんな飼い主の手が犬はとても大好きですし、飼い主自体が大好きなので、大好きな飼い主の手を舐める事で犬にとっては安心感が得られて、とてもリラックスできるのです。

飼い主の手を舐めてくる理由3:情報収集しているから

犬が飼い主の手を舐める理由には、「飼い主の手が好き」というだけで舐めているのではなく、何も考えずにただ舐めているだけでもありません。

実は、犬は飼い主の手を舐める時に、飼い主の手の匂いを嗅いでいます。

そして、飼い主の手の匂いを嗅ぐことで、飼い主が何を触ったりしたのかなどの情報収集をしているのです。

犬にとって、飼い主が大好きだからこそ、飼い主のことを知りたいと思っているので、犬が飼い主の手を舐める事で情報収集をして、犬なりに飼い主とコミュニケーションやスキンシップを取っているのです。

飼い主の足を舐めてくる理由

犬は飼い主をペロペロと舐めてきますが、大体の犬が顔を舐めてきますよね。そして、犬によっては、飼い主の顔だけでなく手を舐めてくることがあることをお話ししました。

しかし、犬が舐める部位は顔や手だけではなく足を舐めてくる犬もいるのです。

では、犬が人間の足を舐めるのには、手と同じように理由があるのでしょうか。

犬が飼い主の足を舐めるのには、犬自身が飼い主の足という体のパーツが大好きというだけでなく、大きく分けて3つの理由があります。

では、犬が飼い主の足を舐める3つの理由を詳しくご紹介していきます。

飼い主の足を舐めてくる理由
  • 一緒に遊びたいから
  • 飼い主の匂いが好きだから
  • 飼い主の状況を確認したいから

飼い主の足を舐めてくる理由1:一緒に遊びたいから

犬の中には、飼い主の手だけでなく、足が好きな犬もいます。そのため、飼い主の足を舐めてくる犬がいます。

そして、犬が飼い主の足を舐めるのにも、手を舐めるのと同じように、犬なりに理由があります。

犬が飼い主の足を舐めるという行動には、手を舐めるのと同じように、飼い主と一緒に遊びたくて気を引こうとしているという理由があります。

犬によっては、飼い主の手よりも足が好きという犬がいますし、飼い主が椅子などに座っている時に、飼い主に遊んでほしいことをアピールしたくて一番近くにある足を舐める場合があるのです。

飼い主の足を舐めてくる理由2:飼い主の匂いが好きだから

犬が飼い主の足を舐めるという行動には、「飼い主の匂いが好きで舐める」という理由があります。

人間の足には、人によって独特の臭いがありますよね。例えば靴を履いた時に汗をかいて蒸れた臭いや、長時間靴を履いた時の嫌な臭いなどです。

人間にとっては、こういった臭いは嫌なものですが、犬にとっては人間が嫌だと思っているその臭いがいい匂いに感じてしまうのです。

そのため、犬は大好きな飼い主の蒸れた足の匂いが好きで、飼い主の足を舐めるのです。

飼い主の足を舐めてくる理由3:飼い主の状況を確認したいから

飼い主がどこかに出かけて帰宅した時に、犬が喜んで飼い主のそばに寄ってきますよね。そんな犬の姿はとてもかわいいです。

そして、犬が帰宅したばかりの飼い主の足を臭いながらペロペロと舐める場合がありますが、犬が帰宅したばかりの飼い主の足を匂いながら舐めるという行動にも、ちゃんとした理由があります。

犬には、お互いの体を舐めあう事で、分泌物や匂いから相手の犬の情報を得ることができるという習性があります。

そのため、犬は大好きな飼い主が外で何をしていたのか、どこへ行ったのかなどの状況を、情報収集しているのです。

飼い主の耳を舐めてくる理由

犬によっては、飼い主の部分的なパーツが好きで、飼い主の手や足を舐めてくる犬がいますが、飼い主の手や足だけでなく、耳を舐めてくる犬もいます。

しかし、飼い主の耳を舐めるという行動にも、ちゃんと理由があります。

そして、その理由とは、飼い主に甘えたかったり飼い主が大好きだからという理由がありますが、犬の習性から飼い主の耳の塩分が美味しいからという理由で舐める場合があるのです。

では、その3つの理由を詳しくご紹介します。

飼い主の耳を舐めてくる理由
  • 飼い主の耳の塩分が美味しいから
  • 飼い主に甘えたいから
  • 飼い主が大好きだから

飼い主の耳を舐めてくる理由1:飼い主の耳の塩分が美味しいから

犬によっては、顔や手や足を舐めるだけでなく、耳も舐めてくる事があります。

犬にとっては、顔や手や足を舐める時に理由があって舐めるように、耳を舐める事にも理由があります。

犬が飼い主の耳を舐めるのには、飼い主の耳の塩分が美味しいためという理由があります。実は、犬はしょっぱい味が大好きです。そして、人間の耳垢には塩分が含まれています。

そのため、犬にとっては飼い主の耳周辺で好みの匂いがするために飼い主の耳を舐めて大好きなしょっぱい味を堪能していると共に、塩分も補給しているのです。

飼い主の耳を舐めてくる理由2:飼い主に甘えたいから

犬が飼い主の耳を舐めるのには犬の習性があります。犬同士の良好な関係を構築するために、お互いの耳を舐め合うという習性があるのです。

この耳を舐めるという行動は、犬にとってはグルーミングの一種で、コミュニケーションをとるためのツールでもあります。

そのため、犬にとって耳を舐めるということは当たり前のことなのです。

犬にとっては飼い主が大好きなので、犬なりに飼い主とコミュニケーションをとって、飼い主との関係を良くしようとしているのですね。

飼い主の耳を舐めてくる理由3:飼い主が大好きだから

犬が飼い主の耳を舐める理由として一番大きな理由は、飼い主が大好きだからです。

そのため、犬は飼い主が大好きなことを分かってもらうために飼い主の顔や手、足をペロペロと舐めます。

そして耳も、顔や手や足と同じように、「飼い主さん大好きだよ〜」と言いながら舐めているのです。

犬にはそれぞれに性格があるので、顔だけしか舐めない犬がいれば手や足や耳を舐める犬もいます。

ですので、飼い主の耳も含めて、どの部分を舐められても、飼い主が好きだよと言っているのには変わりがないのです。

犬がペロペロ舐める場所に注意してたっぷり愛情を注ごう!

このように犬が飼い主を舐める意味にはいくつかありましたが、犬が飼い主の体を舐める部位によっても、さまざまな理由があります。

そのため、どこを舐めるかによって理由があるので、舐められる部位によって犬が何を訴えているのかを考えながら接するのが良いでしょう。

しかし、犬が飼い主の体を舐めるという行動の一番は、飼い主が大好きだからという理由が大きいです。

飼い主にとって、犬から舐められるというのは嬉しいものなので、犬がペロペロと舐めてきたらたっぷりの愛情を注いであげましょう。

関連記事

Related