Search

検索したいワードを入力してください

シニア猫を見分ける6つの方法|シニア猫におすすめのグッツ紹介

Author nopic iconchocola267
動物・ペット / 2019年10月21日
シニア猫を見分ける6つの方法|シニア猫におすすめのグッツ紹介

シニア猫を区別することの必要性

猫も人間と同じように歳をとります。昔に比べて長生きになっていますが、やがてシニア猫になるときはやってきます。

シニア猫の特徴をおさえることで、日ごろのケアや気を付けるポイントがわかるようになります。また、病気の早期発見にもつながるでしょう。

シニア猫を区別することの必要性1:大人になっても見た目はシニアに見えない

子猫から成猫への変化は体の成長や顔つきの変化などわかりやすい一方で、シニア猫の老化のサインは見分けにくいです。

老化のサインは、見た目だけではなく猫の体の状態や普段の行動に表れることがあります。

シニア猫の特徴を見極めるためにも、猫の生態について知り、日ごろから状態や行動を観察することを心がけましょう。

シニア猫を区別することの必要性2:シニア猫の接種すべき栄養は変わる

シニアになると、食べさせるフードの内容も変わってきます。シニア猫に良い栄養素が含まれる専用のフードに切り替えましょう。

シニアになると食欲が落ちた、固いものが食べにくいということが見られるようになります。ドライフードより食べやすいウェットフードに変えると良いでしょう。

またシニアに見合ったたんぱく質の量のフードを選ぶと良いでしょう。

シニア猫を区別することの必要性3:シニア猫の病気リスクは上がる

シニア猫になると、免疫機能が低下したり筋肉量が減少したりします。また、若い時に比べ消化機能が低下し内臓に負担がかかりやすくなったりします。

歳をとると、若い時より病気のリスクが上がりやすくなるので注意が必要になります。シニア猫の特徴を知り、普段の状態を観察することで病気のサインを見逃さないようにしましょう。

シニア猫と暮らすときの注意点

シニア猫になると子猫成猫のとき以上に、暮らすうえで気を付ける点やシニアにあった環境など注意が必要です。

猫に長生きで健康でいてもらうためにも、食事、トイレなどといった普段の状態を観察することを心がけましょう。

シニア猫と暮らすときの注意点
  1. トイレは病気を知る一番の場所
  2. 動かないのに食べると猫も人も太る
  3. 水の飲み具合を観察しよう

シニア猫と暮らすときの注意点1:トイレは病気を知る一番の場所

シニア猫と暮らすとき、トイレは病気を知る一番の場所です。日ごろからトイレの様子をチェックし健康状態を観察すると良いでしょう。

例えば量はいつもより多くないか少なくないか、またシニア猫になると回数が減ることもあります。量や回数だけではなく、においや色などもチェックすることを心がけましょう。

トイレの調子が悪い時は食べたものなどをチェックし、様子を見るようにしましょう。

シニア猫と暮らすときの注意点2:動かないのに食べると猫も人も太る

シニアになると動くことが少なくなり寝ていることが増えます。寝ていることが増えるとおのずとカロリー消費量も減ってきます。

シニアの兆候がみられる場合は、食べ過ぎやカロリー過多に注意しましょう。

成猫のときと同じような食事を与えると肥満の原因になるので、シニア専用の食事に切り替えたり、消化に良いえさを用意するとよいでしょう。

シニア猫と暮らすときの注意点3:水の飲み具合を観察しよう

シニア猫と暮らすとき食事の内容に気を付けると良いのですが、食事内容と同じように水の飲み具合を観察することもたいせつです。

水を飲む量が少なすぎないか、多く飲みすぎてないかチェックするようにしましょう。

水の飲み具合を観察することは病気のサインに気づくことにもつながるので日ごろから気を付けるようにしましょう。

シニア猫を見分ける方法

猫は平均的に、7歳くらいからシニア期に入ると言われています。しかし猫によってシニアの特徴がみられる時期は違ってきます。

飼っている猫がシニア期に入ったのか知るためにもシニア猫の特徴をおさえることがたいせつです。

シニア猫を見分ける方法
  1. まわりのことを気にしなくなる
  2. ご飯とトイレ以外は寝ていることが多い
  3. 外から戻った時のお出迎えがなくなる
  4. 毛並みに割れ目ができて、つやがなくなる
  5. 毛づくろいをしない
  6. お腹がたるんでいる

シニア猫を見分ける方法1:まわりのことを気にしなくなる

シニア猫を見分ける方法として、今まで使っていたおもちゃに関心を示さなくなったりまわりのことを気にしなくなったりということがあります。

シニア猫がまわりを気にしなくなるのは、好奇心が減ったり行動が鈍くなってしまうためです。

ストレスになるような環境は避けるようにしましょう。例えば引っ越しも猫にはストレスになるので気を付けましょう。

シニア猫を見分ける方法2:ご飯とトイレ以外は寝ていることが多い

もともと猫は睡眠時間が長い生き物です。しかし、シニア猫になると行動が鈍くなることにより、眠っている時間が増えてきます。

具体的にいうと、シニア猫は子猫のときと同じくらい眠っていることが多くなります。シニア猫になると寝て過ごすことが多くなるので、より寝心地の良い環境のベットを用意してあげると良いでしょう。

シニア猫を見分ける方法3:外から戻った時のお出迎えがなくなる

シニア猫を見分ける方法として、外からの帰宅時にお出迎えがなくなることがあげられます。

外から戻った時にお出迎えがなくなるのは老化により耳が遠くなることが原因です。音への反応が鈍くなることで、飼い主が外から戻った時に気付きにくくなります。

耳が遠くなったと感じた場合は、騒音などの環境下はさけ耳を清潔にしてあげると良いでしょう。

シニア猫を見分ける方法4:毛並みに割れ目ができて、つやがなくなる

シニア猫になると、毛艶がなくなったり毛割れがでできたりするようになります。毛割れというのは毛が束になって割れている状態のことです。

シニア期の猫が、毛艶がなくなったり毛割れが見られるのは老化が原因です。

老化による毛割れが起こる場合、水分不足に注意したり普段の食事で十分にたんぱく質がとれているか気を付けることが必要です。

シニア猫を見分ける方法5:毛づくろいをしない

猫はグルーミング行動という毛づくろいを良くします。しかし歳をとることにより毛づくろいをすることが減ってきます。

昔より毛がパサパサしている、毛づくろいをしているところをみることが減ったと感じたら老化のサインです。

毛づくろいをすることが減ることで体に毛玉ができやすくなるので、飼い主さんによる定期的なブラッシングが必要になります。

シニア猫を見分ける方法6:お腹がたるんでいる

シニア猫になると、成猫のときと比べて行動量が減ります。そして、行動量の減少は筋肉量の減少に関係してきます。

老化が原因でお腹がたるむ場合、筋肉量の減少により全体にハリがなくなり脂肪がつきやすくなります。

十分なたんぱく質を取れているか確認したり、食事の量や回数を調整することで様子をみるようにしましょう。

シニア猫におすすめのグッツ

シニア猫の特徴がみられるようになったら、過ごしやすい環境にするためシニア専用のグッツをそろえてあげることをおすすめします。

猫の状態や健康を観察すると同時に、状態に応じてシニア専用グッツをそろえてあげるとよいでしょう。

シニア猫におすすめのグッツ1:Aibuddy 猫用爪とぎ 強化ダンボール 高密度 耐久 小型 ベット 子猫 運動不足 ストレス解消

Aibuddy 猫用爪とぎ 強化ダンボール
Aibuddy 猫用爪とぎ 強化ダンボール
口コミ

わが家の猫ちゃん達は気に入ったようです。上にも乗れるし、長さもあるので気持ちよさそうに伸びながらバリバリしています。段ボールのようにクズがでないので、私も満足しています。

シニアになると普段の爪とぎにも気を付けましょう。猫にとって爪とぎはとても大切です。

爪とぎをすることで、健康な爪の状態を維持しています。また、ストレスを解消するためでもあります。

Aibuddyは、シニア猫の爪とぎに最適の商品です。また、爪とぎだけではなくベットとしてもしようできるのはとても魅力的です。

シニア猫におすすめのグッツ2:にゃんこスロープ シングル

にゃんこスロープ シングル
にゃんこスロープ シングル
口コミ

老猫用に買いました。心なしか、嬉しそうに使っています。

猫は歳をとると、筋肉量が低下します。少しの段差でも、シニア猫には負担になります。

猫が生活する環境下の段差を見直しましょう。トイレやベットへの行き来がしやすいようにすると良いでしょう。

にゃんこスロープを使うことにより段差を改善することができます。シニア猫にとって過ごしやすい環境が作れる最適な商品です。

シニア猫におすすめのグッツ3:Dadypet 猫マット 猫砂マット 猫トイレマット 猫の砂取りマット 折りたたみ 飛び散り防止マット 滑り止めマット 清潔簡単 超大サイズ 72×46 cm

Dadypet 猫マット 猫砂マット
Dadypet 猫マット 猫砂マット
口コミ

こちらを購入して、猫砂が全部ここに溜まるし、掃除も楽だし、マットも踏むと気持ちいい!気に入って使わせていただいてます!

シニア猫にとって良い環境を整えるうえで、清潔をたもつことは欠かせません。特にトイレまわりはきれいな状態にするように心がけましょう。

Dadypetの猫用トイレマットは清潔な環境にするのにとても良いシニア猫おすすめの商品です。

Dadypetのトイレマットを使うことにより、トイレ使用後の猫砂の飛び散りを解消することができます。

シニアになってもかわいい猫と快適に暮らしましょう

かわいい猫はシニアになっても、若いときと同じように健康で快適に過ごしてほしいです。

飼い主さんによる日ごろのケアや観察がシニアになっても元気に過ごすことができる秘訣です。

いつまでも長生きで健康でいてもらうためにも、シニア猫の生態や特徴を学び、猫がより快適に暮らせる環境をととのえるように心がけましょう。

関連記事

Related