Search

検索したいワードを入力してください

カギしっぽを持つ猫とは?幸せを運んでくれるカギしっぽを徹底解明!

Small 6f996f62 2856 4e9c 9725 3c2334551fd8you1173
動物・ペット / 2019年08月23日
カギしっぽを持つ猫とは?幸せを運んでくれるカギしっぽを徹底解明!

カギしっぽとは?

カギしっぽとは、しっぽが途中で折れ曲がっていたり捻れているしっぽのことです。

カギしっぽの猫は日本各地に分布していますが、特に長崎県に多く生息しています。また、カギしっぽは縁起が良いとされており、曲がったしっぽに幸運をひっかけてくると言われています。そのため、海外でも人気があります。

カギしっぽにまつわる言い伝えや、なぜカギしっぽになるのかなどカギしっぽを持つ猫の秘密を紹介します。

猫のしっぽの構造

猫のしっぽは尾椎(びつい)と呼ばれる小さな骨が重なり合って構成されています。

小さな骨が18~19個ほど重なり合っているため、自由に動かすことができます。人にもこの尾椎はありますが進化の過程で退化し残っているのはほんの僅かです。

この尾椎の形が不規則となり途中で曲がってしまった結果、カギしっぽとなります。カギしっぽは成長の過程でなることはなく、遺伝的要因によってカギしっぽとなります。

幸運のカギしっぽの秘密とは?

カギしっぽには、あまり知られていない不思議があります。

なぜだか長崎県に多く生息していることや縁起が良いとされていることなど、カギしっぽにはいくつかの不思議があります。

不思議を紐解いていくと、猫と人が長い歴史にわたって生活を共にしていることに気づきます。普段何気なく生活している猫ですが、今度からしっぽの形にも注目してみてください。

カギしっぽの秘密を6つ紹介します。

ミックス猫に多い

カギしっぽはミックス猫に多いです。

なぜミックス猫に多いのかは明らかにされていません。

しかし、カギしっぽを持つ猫が縁起が良いとされていたり、しっぽが長い猫は妖怪になるという言い伝えがあることからも、昔からカギしっぽの猫は大切にされていたことが考えられます。

優先的に飼い猫として人と生活を共にしていたため数が増え、多くの種類のカギしっぽを持つ猫同士の間で子ネコが誕生したのでしょう。結果的にカギしっぽを持つ猫はミックス猫に多くなったということです。

主に長崎県に分布

カギしっぽを持つ猫は、長崎県に多く分布しています。

長崎県に生息している猫の約80%がカギしっぽを持つ猫と言われています。また、カギしっぽの猫の原産は東南アジアだと言われています。

カギしっぽを持つ猫が長崎県に多く生息しているのには歴史的な背景があります。江戸時代において長崎は諸外国との貿易の拠点となっていました。この際に、東南アジアからくる貿易船にはネズミ対策として猫が乗っていました。

この貿易船に乗って日本にやってきた猫こそ、カギしっぽの猫です。

これが、カギしっぽの猫が長崎県に多い理由です。

妖怪になるとの言い伝え

長いしっぽの猫は「猫又」という妖怪になるという言い伝えがありました。

この猫又の言い伝えが生まれたのも江戸時代だと言われています。このため、猫又という妖怪が噂されていた当時の人々から、カギしっぽの猫は大切にされていたのでしょう。

また、カギしっぽの猫になるには両親ともにカギしっぽを持つ猫でなくてはなりません。長崎県に生息している猫の約80%がカギしっぽの猫ということは、カギしっぽを持つ猫が優先的に育てられていたということです。

これもまた、カギしっぽの猫の歴史的背景の一つです。

骨が曲がっている

猫のしっぽは通常、似たような形の骨が積み重なるようにして構成されています。

例えば、円筒状の骨を積み重ねればまっすぐなしっぽになります。しかし、カギしっぽの猫のしっぽには折れ曲がっている部分に他と違った形の骨が入っています。このため、途中でしっぽの方向が変わり、カギしっぽとなります。

カギしっぽの曲がっている見た目から、なんだか痛そうに見えてしまうこともありますが生まれつきのカギしっぽなら体には何も影響はないので心配いりません。

カギしっぽは縁起がいい

カギしっぽは古くから縁起が良いとされてきました。

縁起が良いとされるようになった最初の起源は、先ほど紹介した猫又の言い伝えでしょう。猫又の言い伝えが広まったことが転じて、カギしっぽは縁起が良いということが世間に広まっていきました。

もともと猫はネズミ捕りの名人として人と生活を共にするようになりましたが、遡るとさまざまな歴史的背景があります。古くから猫が人の生活にいかに溶け込んでいたのかが伺えます。

ヨーロッパでも人気

ヨーロッパでは希少性が高く、幸運を呼ぶ猫として人気があります。

カギしっぽの猫は東南アジアが原産とされているため、ヨーロッパでは中々出会うことがありません。このため、出会うだけで幸運が訪れると言われているほど、ヨーロッパでは貴重な猫として人気があります。

また、曲がったしっぽに幸運をひっかけてくると信じられており、これもヨーロッパで人気を呼んでいる理由の一つです。

カギしっぽといろいろなかたちのしっぽ4つ

猫のしっぽにはカギしっぽ以外にも特徴的なしっぽの形があります。

猫のしっぽは似ている形をしていますが、全く同じものが存在していません。一頭ずつ違う猫のしっぽはその猫の個性とも言えます。

猫のしっぽの種類を4つ紹介します。

カギしっぽといろいろなかたちのしっぽ4つ
  1. ストレートしっぽ
  2. カールしっぽ
  3. カギしっぽ
  4. しっぽの太さ

カギしっぽといろいろなかたちのしっぽ1:ストレートしっぽ

ストレートしっぽは名前のとおり、スラリとまっすぐ伸びているしっぽのことです。

代表的な猫の種類として、アビシニアンやベンガルがいます。

猫のしっぽはバランスを取るためや感情表現のなどの役割があります。長いしっぽの猫はその長さを活かし、さまざまな感情を表現豊かに表してくれます。

また、長いが故にドアで挟んでしまったり踏んでしまう可能性も高くなります。飼う際は十分に注意しましょう。

カギしっぽといろいろなかたちのしっぽ2:カールしっぽ

しっぽがくるんとカールしているのがカールしっぽと呼ばれます。

カールしっぽと言ってもその中にさまざまなタイプのカールしっぽがあります。

空中でカールしているエアリアルカールドテイルと呼ばれるものや、わき腹に向かってカールしているフランクカールドテイルなどの種類があります。

代表的な猫の種類としてアメリカンリングテイルという猫がいます。

日本のペットショップでは中々出会うことがありませんが、個性的な猫を探している方は検討してみると良いでしょう。

カギしっぽといろいろなかたちのしっぽ3:カギしっぽ

途中でかくっと折れ曲がっているしっぽのことです。

長崎県に多く生息しており、古来から大切にされてきた猫です。縁起が良いとされ、海外でも曲がったしっぽに幸運を引っかけてくると言われており人気があります。

カギしっぽの猫は紹介してきたとおり日本の猫文化に深く根付いており、歴史的背景も豊富にあります。

ミックス猫に多いことから、純血種を多く扱うペットショップでは出会うことが中々ありません。出会うことができた場合は、まさにラッキーです。

カギしっぽといろいろなかたちのしっぽ4:しっぽの太さ

しっぽの太さにもさまざまな種類があります。

一見するとしっぽが太く見える猫でも、骨の大きさが太いわけではなく毛が長いために太く見えていることがほんとどです。

代表的な猫としてスコティッシュフォールド、メインクーン、ノルウェージャンフォレストキャットなどがいます。

長毛種の猫はブラッシングやシャンプーに気を使う必要がありますが、ふわふわした見た目と触り心地が魅力です。

カギしっぽ以外にも!幸運を運ぶラッキーキャット

カギしっぽの猫以外にもラッキーキャットと呼ばれる猫はいます。

3つの種類の猫を紹介します。中には珍しい猫もいますので出会うことは中々ありませんが、偶然猫と出会ったら探してみてください。

ラッキーキャットとは言われていますが、猫を飼っている方にとっては自分の猫が何よりのラッキーキャットでしょう。

1:オスの三毛猫

オスの三毛猫が生まれる確率は1/30000とも言われています。

三毛猫とは白・黒・茶の三色の毛を持つ猫のことです。その中でもオスの三毛猫は非常に珍しい猫です。

オスの三毛猫が珍しい理由は、遺伝的な要因が関与しています。通常の遺伝の仕方だと三毛猫はすべてがメスになります。しかし、ごくまれな確率でオスの三毛猫が生まれることがあります。

この希少さから、昔から幸運を招くと言われており安全祈願の猫として大切にされていました。

2:黒猫

黒猫は縁起が悪いとされる説もありますが、実は幸運を招くラッキーキャットです。

黒猫が目の前を横切ったら何か良くないことが起こると言われることもありますが、世界的に見ても黒猫をラッキーキャットとして大切にしている国は多くあります。

日本では、魔除け・幸運の象徴、恋愛成就、結核が治るなど福を招く猫とされています。

また、黒猫をモチーフにしたキャラクターやグッズが多く販売されていることからも、黒猫はラッキーキャットと言えるでしょう。

3:オッドアイ

オッドアイとは左右の眼の色が違う猫のことです。

どの毛色の猫にもオッドアイはいますが、特に白猫に多く見られます。

色の組み合わせも何種類かあり、片目が青色のことが多くもう片方の目の色が黄色、橙色など数種類があります。

特に、青色の目と黄色の目が組み合わっている猫を「金目銀目」と呼ぶことがあり縁起が良い猫とされています。オッドアイの猫が生まれる確率は約25%と言われており珍しいとされています。

カギしっぽの猫を見つけたら幸運が訪れるかも

見かけることの多い猫ですが、中にはラッキーキャットとされている猫もいます。

道を歩いていて猫を見かけたらしっぽの形、毛の色、目の色など観察してみてください。似ているけれど違っていてそれぞれが個性的であることも猫の魅力の一つです。

また、紹介したラッキーキャットだけでなく、猫は人に大きな癒しや楽しみを与えてくれます。このように考えると、すべての猫がラッキーキャットと言えるでしょう。

関連記事

Related