Search

検索したいワードを入力してください

女の子の名前「きらら」と読む漢字100選!意味と画数の名付けランキング

Author nopic iconKitta
女の子の名前 / 2019年11月20日
女の子の名前「きらら」と読む漢字100選!意味と画数の名付けランキング

「きらら」と読む名前の漢字人気ランキングTOP20

「キラキラネーム」と呼ばれたり、何かと批判されがちな今どきの名前もあります。

「きらら」と聞いたら、どんな漢字を連想するでしょう。もし鉱物の「雲母」やクリスチャンネーム(洗礼名)しか連想しないとしたら、まだまだ愛児の名前の付け方は研究不足の可能性もあります。

「きらら」に使われる漢字のランキングを見てみると、語感そのままにキラキラ輝く意味を持つ漢字が多数使用されているのが分かります。

順位名前 画数意味             
1 綺麗33美しい 麗しい
2姫蘭々32高貴な女性 魅力的な蘭の花 
313煌めき(きらめき)
4輝星24輝く 星
5希星16希(まれ) 星
6姫星19高貴な女性 星
7姫蘭29高貴な女性 魅力的な欄の花
8綺星23美しい 星
9星煌22星 煌めき(きらめき)
10星輝24星 輝き
11流星19流れ星
12姫羅星38高貴な女性 薄絹 網 星
13姫愛23高貴な女性  可愛がる
14希羅々29希(まれ) 薄絹 網
15希羅良32希(まれ) 薄絹 網 良い
16星姫愛32星 高貴な女性 可愛がる
17星耀29星 耀き(かがやき
18祈羅々30祈る 薄絹 網
19輝蘭々37輝く 魅力的な蘭の花
20月姫14月 高貴な女性

漢字「綺」を含む「きらら」と読む女の子の名前の意味

「きらら」という名前ひとつとっても、平仮名や片仮名ならともかく、漢字をあてようと思ったら、多くの漢字の中から選ばなくてはなりません。

ひとつの平仮名にひとつの漢字をあてるなら、三つの平仮名なら三つの漢字が必要になります。

個々の組み合わせを全部試したら、気が遠くなりそうな数多くの名前が候補として現われ、その中から意中の名前を選ぶ作業が発生すると言っても過言ではありません。

ここで「綺」をキーワードにする方法があります。「綺」は模様のある絹織物を意味し、「綺」には華やかなイメージがあります。

では「綺」を含む「きらら」の漢字に絞り込んだ場合、どのような名前があるのでしょうか。

名前画数意味
14絹織物
綺星23絹織物 星
綺来羅40絹織物 未来 薄絹・網
綺楽来34絹織物 音楽・楽しい 未来
綺羅々36絹織物 薄絹・網 
綺羅楽46絹織物 薄絹・網 音楽・楽しい
綺羅羅52絹織物 薄絹・網
綺羅蘭52絹織物 薄絹・網 魅力的な蘭の花
綺良々24絹織物
綺蘭々36絹織物 魅力的な蘭の花
綺麗33絹織物  麗しい
綺麗々36絹織物 麗しい
綺蘭蘭52絹織物 魅力的な蘭の花

漢字「綺」を含む名前のイメージ・印象

名前「きらら」に使われる「綺」の漢字には、「模様のある絹織物」の意味があり、華やかなイメージが備わっています。

「綺」にそんな意味があるから、「綺」と「麗」を組み合わせて「きれい」つまり「綺麗」という熟語が出来ているのかとか、あれこれ想像を巡らせると興味は尽きません。

「綺麗」と書いて「きらら」と読ませることができます。

「美人になって欲しい」という親の願いは人前では公表しにくい性質がありますが、密かに名前にその願望をこめて育てていけば、きっと愛する娘は美しい女性に成長するに違いありません。

では「綺」の漢字に移りますが、絹織物に由来するだけあって、「綺麗」が持つ華やかな印象には、ほのかな色香が立ち上るような品の良さが感じられます。

  1. 模様のある絹織物
  2. 華やか

漢字「麗」を含む「きらら」と読む女の子の名前の意味

名前「きらら」にも使える「麗(れい)」の漢字には、文字どおり「麗しい(うるわしい)」という意味がこもっており、同時に「形が整って美しい」という意味もあります。

ところがどうした訳か、「麗」の文字からは、「整然とした形の美しさ」と言うよりは、「艶やかに輝くような魅惑」、そうした緩やか(ゆるやか)で広がりのあるイメージが伝わって来ます。

また「麗」に「鹿」が含まれるという漢字の構成からも納得できるとおり、「麗」の語源は「鹿の群れが走る情景」なのです。

名前画数意味
姫麗29高貴な女性 麗しい
綺麗33絹織物 麗しい
綺麗々36絹織物 麗しい

漢字「麗」を含む名前のイメージ・印象

「きらら」の名前に使われる「麗」の漢字には、「麗しい」とか「うららか」という意味の他に、「形が整って美しい」という意味もあります。

「麗」の文字からは、成熟した大人っぽさであったり、気品にあふれる高貴さであったり、どちらかと言えば、枠にはめられたような整然とした美しさよりも、広がりのある緩やか(ゆるやか)で艶やか(つややか)な魅惑、といったイメージが感じられます。

「麗」の字が持つ「麗しい」イメージを気に入って、「麗」の字を「きらら」に使うのなら、「きれい」の「綺麗」の熟語をそのまま名前に使用するのも、ひとつの案です。

「美しい女性に成長して欲しい」というのが親の願いであれば、名付けの瞬間にこめられた親の念願は、たとえ周囲に公表しなくとも名前には永遠に宿り、必ず愛娘を美しい女性に成長させてくれることでしょう。

  1. 鹿の群れが走行する
  2. 麗しい
  3. 形が整って美しい

漢字「姫」を含む「きらら」と読む女の子の名前の意味

「きらら」の名前に使える「姫」の文字には、言うまでもなく「高貴な女性」という意味があります。

この高貴な女性に対する憧れ(あこがれ)の気持ちは、あらゆる女性が潜在的に持っている、といっても過言ではありません。

どんなに「装飾品のように扱われる女性は好きではない」と公言するような、経済力に頭脳と美貌を兼ね備えたバリバリのキャリアウーマンであったとしても、心の奥底には「凛々しい淑女として気品のある衣装を身にまとい、紳士から礼儀正しく手をとられて大切に守られたい」という願望が秘められているからです。

名前画数意味
姫愛彩34高貴な女性 愛 美しい色を付ける
姫愛星32高貴な女性 愛 星
姫愛来30高貴な女性 愛 未来
姫星19高貴な女性 星
姫星々22高貴な女性  星
姫星愛32高貴な女性 星 愛
姫来17高貴な女性 未来
姫来々20高貴な女性 未来
姫楽々26高貴な女性 音楽・楽しい
姫羅々32高貴な女性 薄絹・網
姫良々20高貴な女性 良い
姫蘭29高貴な女性 魅力的な蘭の花
姫蘭々32高貴な女性 魅力的な蘭の花
姫麗29高貴な女性 麗しい
名前画数意味
姫来良24高貴な女性 未来 良い
姫礼蘭34高貴な女性 礼儀 魅力的な蘭の花

漢字「姫」を含む名前のイメージ・印象

名前「きらら」に使える漢字の中でも「姫」、その意味はもちろん「気品」「高貴な女性」です。

気品の本質は「自分を律する心」です。自立心ならぬ自律心です。この自律の心は決して生命力の抑制による退屈さなどはもたらしません。

「自分を律する心=自律心」があるからこそ、「匂い立つような色香にあふれた華やぎ」「人の心をつかんで離さない凛々しさ」という雰囲気を、自らの心身から放つことができる人間になれるからですが、これこそが実は気品の本質なのです。

愛しいわが娘には、「気品に満ちた華ある女性に」と祈って、姫の字を付けたいです。

  1. 高貴な女性
  2. 貴人の妻妾
  3. 美しい女性

漢字「蘭」を含む「きらら」と読む女の子の名前の意味

「きらら」という名前に使える漢字には、花で有名な「蘭」がありますが、「蘭」の漢字の意味は、「魅力的な蘭の花」「芳しく美しいもの」です。

「蘭」の文字には人心を魅了して止まない花の魔力も宿っていますし、「ラン」という可愛らしい響きの魅力もこもっていますから、女の子の名前としては最高ではないでしょうか。

名前画数意味
姫蘭29高貴な女性 魅力的な蘭の花
姫蘭々32高貴な女性 魅力的な蘭の花
希蘭々29稀(まれ) 魅力的な蘭の花
綺羅蘭52絹織物 薄絹・網  魅力的な蘭の花
綺蘭々36絹織物 魅力的な蘭の花
葵徠蘭42三葉葵の品格 未来 魅力的な蘭の花
輝蘭34耀き 魅力的な蘭の花
輝蘭々37耀き 魅力的な蘭の花

漢字「蘭」を含む名前のイメージ・印象

「蘭」と聞いて「胡蝶蘭(こちょうらん)」の花を連想する人は多いでしょう。

結婚披露宴などのフォーマルな場面でも、花のランク付けとしてはカーネーションや薔薇を上回るトップの地位につく、それが胡蝶蘭の花です。

格式が高い胡蝶蘭から来る先入観のせいか、蘭の花には凛々しい高貴なイメージが備わっていますが、その一方で、「蘭」という文字から伝わって来る雰囲気は、まさに匂い立つような花の魔力そのものなのです。

人を陶酔させ呪縛(じゅばく)するような魅力を放つ蘭の花は、女の子が生まれた時に男親ならきっと名前に入れてみたくなる漢字ではないでしょうか。

  1. 魅力的な蘭の花
  2. 芳しく美しいもの

漢字「煌」を含む「きらら」と読む女の子の名前の意味

「きらら」の名前に使える漢字としては、「コウ」や「きらめき」と読む「煌」の字も挙げられ、「煌」には「光り輝く」とか「才能」とか「魅力」といった意味があります。

この「煌めき(きらめき)」と「輝き(かがやき)」の区別が今ひとつよく分からないという人もいるのではないでしょうか。

それどころか「耀き(かがやき)」という漢字もありますから、この三つの漢字はあまりにも似ていて、一体何が違うのか知りたい人もいるでしょう。

「煌」の方は部首から分かりますが皇帝、「輝」の方も部首から分かりますが軍隊、「耀」の方は部首からは分かりにくいですが火、という微妙なイメージの違いがあります。

名前画数意味
13光り輝く
煌々16光リ輝く
煌来20光り輝く 未来
煌桜23光り輝く 桜
煌空21光り輝く 空
煌羅32光り輝く 薄絹・網
煌良20光り輝く 良い

漢字「煌」を含む名前のイメージ・印象

漢字の「煌(きら)めき」は「光が四方八方に広がる」という意味での光の輝きですが、「輝(かがや)き」の漢字も「光が四方八方に広がる」という意味の光の輝きですので、両者の漢字はかなり近い意味を持っています。

実のところ、「煌」の字の方に皇帝のまさかりと玉と火のイメージがあるのに対し、「輝」の字の方には軍隊が包囲するイメージがあるのです。

一方、「耀」の字の方には、文字からは分かりにくいですが、火の光の勢いのイメージがあります。この三つの漢字は、イメージ的に男の子の名前に向いているでしょう。

社会に貢献できる偉大な女性を育て上げたいとイメージする親がいれば、「煌」や「輝」や「耀」を入れた「きらら」の名前を与えれば、将来その通りの女性になる可能性が生まれるのではないでしょうか。

  1. 光り輝く 
  2. 才能
  3. 魅力

漢字「輝」を含む「きらら」と読む女の子の名前の意味

愛しいわが子に「きらら」という名前を付ける際、「輝き」の文字を使いたいと考える人は多いでしょう。「輝」の漢字なら誰にだって「かがやき」と読んでもらえます。

「かがやき」と読まれにくい「耀」や、「きらめき」と読まれにくい「煌」と比べても、「輝」の漢字を選ぶメリットは大きいと言えるでしょう。

よって「きらら」の名前に使える「輝」の漢字の意味は、言うまでもなく「光り輝く」です。

名前画数意味
15光り輝く
輝星24光り輝く 星
輝来々25光り輝く 未来
輝美24光り輝く 美しい
輝良々25光り輝く 良い
輝蘭34光り輝く 魅力的な蘭の花
輝蘭々37光り輝く 魅力的な蘭の花

漢字「輝」を含む名前のイメージ・印象

「輝」という漢字には光り輝くという意味がありますが、その光はどちらかと言うと四方へ広がるイメージだとされます。

「輝」の漢字は、軍に取り巻かれ、光に丸く囲まれている、という成り立ちを持っています。

包囲網を張ったり包囲網を突破したり、というのが軍隊の仕事である以上、「輝」の漢字はの語源としては、光が徐々に狭まっていくイメージにもなります。

このように、華やかさの中にも力強さを持つ「輝」は、女児よりは男児の方に向いた漢字でしょうが、女性だから「柔和な大人しい名前を」と、決めつける必要も全くありません。

  1. 光り輝く
  2. 光に丸く囲まれる
  3. 軍の包囲網
  4. 華やかさ
  5. 力強さ

漢字「星」を含む「きらら」と読む女の子の名前の意味

名前「きらら」の漢字を決める際、「星」を使う方法があります。

そう遠くない将来、こちらの名前の方が正統派の名前になって「もうキラキラネームだなんて呼び名では呼ばれなくなる」そういう時代が訪れる可能性もあります。

「星」は言うまでもなく星であって、意味については説明のしようもありませんが、夜空に煌めく(きらめく)星を「きらら」の名前に組み込むのは、まさに星の輝きのキラキラとキララという名前の語感が似ている意味で、ピッタリなネーミングではないでしょうか。

名前画数意味
妃星15妃のような星
姫愛星32高貴な女性 愛 星
姫星19高貴な女性 星
姫星々22高貴な女性 星
姫星愛32高貴な女性 星 愛
希星16希な星
希星々19希な星々
希星愛29希な星 愛
希望星27希望 星
星夢22星 夢
星夢々25星 夢
星姫愛32星 姫 愛
星彩20星 色を付ける
星心13星 心
星愛22星 愛
星空17星 空
星輝24星 光り輝く
星輝良31星 光り輝く 良い
来星16未来 星
名前画数意味
流星19流れ星
祈星來25祈り 星 未来
祈星来24祈り 星 未来
稀星21稀(まれ) 星
空星17空 星
綺星23絹織物 星
輝星24光り輝く 星
貴星21高貴 星
規星20基準 星

漢字「星」を含む名前のイメージ・印象

「きらら」の名前の漢字に迷ったら、「星」を入れるのをオススメします。

天文学から芸術(文学・美術・音楽)、果ては神話に至るまで、これ程数多くの分野の人々の興味をかきたてる題材が、他にどれ程あるのかと思われます。

もちろん花でも何でも、あらゆる分野の研究対象にはなり得るでしょう。

しかし、宇宙を見上げない限り地上に存在しない星には、万人を神秘の世界に引き込むだけの吸引力を放っているかのようです。

愛しいわが子には、神秘の輝きを放つ万能な星を使った「きらら」の名前を授けて、理系でも文系でも芸術系でも良いからと、あらゆる進路への道を拓いてやりたいものです。

  1. 輝く才能
  2. 重要人物
  3. スター

漢字「月」を含む「きらら」と読む女の子の名前の意味

愛児の名前に「きらら」と付ける場合、「月」の漢字を入れるのもオススメです。ただ「きらら」と「月」の組み合わせとなると、選択肢は非常に少なくなります。

これがもし「月」と自由な読み方でというのであれば、イタリア語のルナ=月をそのまま使って、月ちゃん=ルナちゃんと名付けることも可能です。

「月」と「きらら」の組み合わせとなると、使えるのは「月姫」と「綺月」のふたつぐらいですが、「月のお姫様」や「絹織物のように綺麗な月」という意味は、この上なくロマンティックです。

名前画数意味
月姫14月のように高貴な女性
名前画数意味
綺月18綺麗な月

漢字「月」を含む名前のイメージ・印象

月の光も古来より洋の東西を問わず、多くの人々の心を魅了して来ました。

日本の仲秋の名月をはじめ、金木犀のお酒を造る月の女神という中国の伝説、金色の月がかかるアルテミスの神殿や、月光に浮かび上がるシャンボール城などがあります。

ムーンライトほどロマンティックなイメージをかき立てる題材もないでしょう。月の本体は天空に位置していても、月の光は地上に降り注ぎます。

湖や川や池、中庭、部屋の中へ差し込み、それらを照らす月の光、その月の光に浮かび上がる地上の物、こうした月光と物体が織り成す夢幻の世界、「月姫」と書く「きらら」の名前を授けたら、そんな魅惑にあふれた女性になれる可能性もあります。

  1. 優しく穏やかな魅力
  2. 幸運の多い人生

漢字「希」を含む「きらら」と読む女の子の名前の意味

愛しいわが子に「きらら」と名付ける際、画数も多過ぎず速く書けるという利点もあり、何より見た目がスッキリしているのでセンスが良いです。

「希」の一字が持つ本来の意味は「少ない」「まれ」「めったにない」という意味です。

名前画数意味
希星16希な星
希星々19希な星々
希星愛29希な星 愛
希望星27希な望 星
希羅々29希な薄絹・網
希羅良33希な薄絹・網 良い
希羅花33希な薄絹・網 花
希良々17希に良い
希蘭々29希に魅力的な蘭の花
希らら13
名前画数意味
希姫17稀に高貴な女性
希愛々33稀な愛
希楽20希な楽しさ・音楽
希音16希な音・音楽

漢字「希」を含む名前のイメージ・印象

「希望」の本来のイメージ自体が、「望みはめったにかなわないけれど、そのわずかな望みにかけてみよう」という意味となっています。

それでも「希望」という熟語には時代の変化に伴い、喜びに満ちた前向きなイメージも備わっては来ています。

また、「希」の文字を「きらら」の名前に入れるのは、字体のセンスの良さや画数の少なさなど、別のメリットから決して悪くはありません。

  1. 希(まれ) 少ない
  2. 望み
  3. 夢と希望
  4. 輝かしい未来

漢字「稀」を含む「きらら」と読む女の子の名前の意味

「きらら」の名前に「稀(まれ)」の漢字を入れるのは、断然オススメできます。「希」の「まれ」とは微妙に異なり、こちらの「稀」には非常に良い意味があるからです。

「貴重な」とか「類まれな個性」とか「際立つ存在感」とか、「稀」の字が持つ意味は驚く程良い意味を持っています。

名前画数意味
稀月16貴重な
稀良々22貴重な 良い

漢字「稀」を含む名前のイメージ・印象

愛児の名前「きらら」に「稀(まれ)」の字を使うなら、ぜひとも「類まれ(たぐいまれ)」な存在となる、「オンリーワン」の生き方をイメージして欲しいものです。

競争して1位となる「ナンバーワン」などは、本人にとっても心底楽しいものではありません。

しかし、誰一人として真似ができない強烈な個性が認められた「オンリーワン」であれば、本人も心の底から幸せを感じるものですから。

  1. 貴重な
  2. 類まれな個性
  3. 際立つ存在感

漢字「妃」と読む女の子の名前の意味

「きらら」の名前に「妃(きさき)」の漢字を使うのもオススメで、意味はもちろん「貴人の妻」です。

「お妃さま」として憧れる人は多いと思いますし、群を抜いた気品の点からも断然オススメでしょう。

名前画数意味
妃柊15貴人の妻 ひいらぎの木・冬
妃良々16貴人の妻 良い
妃輝21貴人の妻 光り輝く

漢字「妃」を含む名前のイメージ・印象

お妃様(おきさきさま)という言葉には、あらゆる女性が憧れるものです。

どんなに仕事がバリバリできる女性でも、功成り名遂げたあかつきには、自宅を宮殿風に改築するではないでしょうか。女の子の童話などは、ほとんどが王子様と結婚する女性の話です。

愛する娘の名前に「きらら」と付けるなら、王妃や皇太子妃のような気品ある優雅な女性にと願って、「妃(きさき)」の字をあててはいかがでしょうか。

  1. 貴人の妻

漢字「樹」を含む「きらら」と読む女の子の名前の意味

「きらら」の名前に「木」を意味する「樹」の漢字を入れると、かなりインパクトのある女性名になるでしょう。

「樹木」には、どちらかと言えば男性向きの印象がありますから、女らしい漢字と組み合わせるのがいいです。

名前画数意味
樹楽々32楽しい・音楽
樹羅々38薄絹・網
樹良々26良い

漢字「樹」を含む名前のイメージ・印象

樹木の「樹」のイメージは、「天に向かって伸びて行く」です。

その生命力のたくましさは、やや男性的ではあるものの、愛児の活躍を願う親にとって、やはりあやかりたいものではないでしょうか。

同時に、神秘的な木漏れ日とか、麗しい桜や鮮やかな紅葉など、樹木には多彩な表情があります。

  1. 立ち木
  2. 天に向かって成長する樹木

漢字「苺」を含む「きらら」と読む女の子の名前の意味

「きらら」の名前に「苺(いちご)」の漢字を使うのは、不思議にと思う人もいるでしょうが、これはオススメします。

甘酸っぱくてみずみずしい苺には、綺麗で可愛らしいせいか、お高く止まっているイメージがあり、果物の中では令嬢にたとえられたりもします。

名前画数意味
苺姫18可愛い 高貴な女性
苺姫々21可愛い 高貴な女性

漢字「苺」を含む名前のイメージ・印象

美しくて可愛らしく、甘酸っぱくてみずみずしい、そんな苺には不思議に未婚の娘のイメージがありますが、それでいて高貴なイメージもありますから、まさに「苺は果物の令嬢」とはうまい表現だと感心します。

苺と同様に高貴なイメージを持つ果物にメロンがありますが、なぜかメロンの方は既婚の女性のイメージなので、高貴なイメージと合わせると「メロンは果物の侯爵夫人」でしょうか。

  1. 可愛らしい
  2. 誰からも愛される

色々な漢字を含む「きらら」と読む女の子の名前

「きらら」の名前に使える漢字を、今迄は分類しながら紹介してきましたが「きらら」の名前に使える漢字はまだまだあります。

そこで、「きらら」の名前に使える漢字を、ここでは分類しないで、一挙に紹介します。

絆愛空來夏
季等々徠煌海美
燦楽祈良々
紀楽々紀羅々紀良々
結晶綺羅愛綺蘭藍
耀桜葵來々葵羅々
葵來々規良々貴良々

「きらら」と読む名付けを避けたほうがいい漢字

「雲母」を「きらら」と読ませる名前の付け方は、よほどの成功者で自信のある人なら話は別ですが、気の小さな人にはあまりオススメできません。

理由は、「雲母」を「きらら」と読まずに「うんも」と読まれた場合、その語感から相手に違和感を与えてしまうからです。

NGの漢字NG理由
雲母「うんも」と誤読されると違和感を与えるから

「きらら」と読む名前の芸能人・俳優一覧

「きらら」と読む名前の芸能人はいるのでしょうか。

「きらら」と読む名前の芸能人は多くはありませんでしたが、芸能界にも数名いらっしゃいました。ここでは最後に、「きらら」と読む名前の有名人をご紹介します。

フルネーム名前の意味職業
雲母(きらら)本名 大川雲母女優
きらら本名 大浦忠明地下アイドル