Search

検索したいワードを入力してください

初めての猫との生活で気をつけることは?猫の世話におすすめなグッズ3つ

Author nopic iconナツミ
カテゴリ:動物・ペット

初回公開日:2020年04月30日

更新日:2020年06月03日

記載されている内容は2020年04月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

初めての猫との生活で気をつけることは?猫の世話におすすめなグッズ3つ

猫の世話に必要な準備

猫を飼いたい、となったときに気になる猫の世話に必要な準備、どのようなものがあるのか紹介いたします。

猫の世話にはエサの準備やトイレの準備など、あらかじめ用意しておかなければならない物が多数あります。

猫を飼いたい、となっても何もなく猫の世話ができる訳ではないので、ちゃんと必要な物を用意しておきましょう。

必要な準備1:猫の居場所を作る

猫を世話するには、まず飼いたい猫がしっかりくつろげる猫の居場所を作ってあげる必要があるのではないでしょうか。

猫は本能的に高いところが好きといわれている生き物なので、背が高めのキャットタワーに寝床を作ってあげたり、静かで人通りがあまりない場所に専用の猫トイレを設置してあげましょう。

ただ、子猫を世話する場合は寝床の位置などに気をつけなければなりません。とくに生後2か月未満の小さな子猫を世話するなら、安全のためにも猫用のケージを用意する必要があるでしょう。

必要な準備2:猫が使うグッズをそろえる

猫のエサやトイレ、おもちゃやグルーミング用品など猫の世話に使うグッズをそろえる必要もあるのではないでしょうか。

毎日欠かせない猫の世話はエサをあげること、トイレの掃除などがあるでしょう。いきなり野良猫を保護する必要がでてきたときも、まずはエサとトイレだけは急いで用意する必要があるといわれています。

猫のおもちゃや、グルーミング用のブラシなども必要になってくるのではないでしょうか。急ぐ必要はありませんが、猫の世話のためにも早めにそろえるようにしましょう。

必要な準備3:かかりつけ病院を探す

猫の健康のためにも、動物病院に連れて行って定期的な健康診断やワクチン接種をする必要があるといわれていますので、かかりつけとなる病院を探しておきましょう。

とくに病気をしていない猫でも、年に1回程度のワクチン接種と定期的な健康診断はした方がよいとされています。ペットショップで購入した場合は、初期費用として医療費が含まれている場合があります。

猫が病気やケガをしたときのために、自分の家から近いかかりつけ病院を探しておきましょう。

猫の世話の注意点

ここでは、実際に猫を飼うことになったときに、どんな注意点があるのか解説するので、見ていきましょう。

最低限、猫の世話にはこれらの費用や時間がかかることになるのではないでしょうか。覚悟しておかないと、思わぬ出費やままならない事態に陥る可能性があります。

ペットを飼うということは時間も費用もかかることなので、飼う前にちゃんと調べておきましょう。

猫の世話の注意点4つ
  • 猫を飼う前にかかる費用
  • 猫を飼ってからかかる費用
  • 猫の世話にかかる自分の時間
  • 夏と冬はエアコンや暖房で適温にする必要がある

猫の世話の注意点1:猫を飼う前にかかる費用

猫を飼う前にかかる費用は、猫の購入にかかる費用以外で4万円~6万円くらいではないでしょうか。高い商品を購入した場合は、もっと費用がかかる場合もあります。

猫の世話のために必要な初期費用例として、猫用ケージやトイレ・エサ入れ・水入れの他におもちゃやグルーミング用品、猫のエサやトイレ砂、医療費などを含めるとその位はかかるのではないでしょうか。

猫の世話の注意点2:猫を購入した後にかかる費用

2015年に、一般社団法人ペットフード協会が実施した調査によると1か月の支出総額は5,087円という結果だったそうです。

毎日猫にあげなければならないエサ代や、取り換える必要のあるトイレ砂、そして毎月の医療費を合わせるとおおよそこの位の費用になるといわれています。

年間で猫の世話にかかる費用となると、61,000円程度になるのではないでしょうか。

猫の世話の注意点3:猫にかける自分の時間

猫は犬よりも自由だと言われているペットではありますが、放っておいてはストレスがたまりますのできちんと自分の時間を使って、世話をする必要があるのではないでしょうか。

1日に数十分は一緒に遊んであげないと満足してくれないこともあるでしょうし、エサを用意したりトイレを掃除したり、爪切りやグルーミングなど猫を世話する時間がかかります。

自分の時間にまったく余裕がない、猫を世話する余裕がない場合は、猫を飼うには向いていないといえるのではないでしょうか。

猫の世話の注意点4:夏と冬の快適な部屋の温度

猫にとって快適な温度は猫の種類によっても違いますが、夏は27℃~29℃、冬は23℃~25℃くらいが目安になるのではないでしょうか。

猫を飼っていると夏はエアコンつけっぱなし、という猫の飼い主さんも多いのではないでしょうか。暑さに強い猫もいるとはいえ、快適に猫を世話するには基本的に夏は冷房、冬は暖房をつける必要があるかもしれません。

飼い主が在宅していないときも、猫がいるならエアコンの必要性と電気代が高くなることも理解しておくとよいのではないでしょうか。

猫を世話する方法