Search

検索したいワードを入力してください

柴犬とそっくりなディンゴとは?ディンゴの特徴と性格まとめ

Author nopic icontakashi
カテゴリ:動物・ペット

初回公開日:2020年05月08日

更新日:2020年05月08日

記載されている内容は2020年05月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

柴犬とそっくりなディンゴとは?ディンゴの特徴と性格まとめ

ディンゴとは?

柴犬とそっくりなディンゴとは?ディンゴの特徴と性格まとめ
※画像はイメージです
出典:

柴犬と見た目がそっくりだと言われるディンゴという動物がいることをご存じでしょうか。

ディンゴとは、多くの人がペットとして飼っている犬と同じく、タイリクオオカミから分かれた亜種です。

かつてのディンゴは、家畜やペットとして人間と交わって生活していましたが、長い歴史を経て、ほとんどのディンゴが野生化してしまっています。野生化したことで獰猛な本能が目覚め、現在では人間にも牙をむく野犬として認知されています。

ディンゴの歴史

ディンゴの歴史を辿ってみると、今から数千年前に東南アジアに生息していたディンゴをオーストラリアにいた先住民族が連れてきたとされています。

オーストラリアでは、先住民のアボリジニが家畜として飼いながら、寒い時期に抱いて寝たりするなど、信頼関係も築けていたようです。

いつしか逃げ出したディンゴが増えて、そのディンゴが野生化したことでオーストラリア全土に野生化したディンゴが生息するようになりました。

社会性が強い動物でもあり、雌をリーダーに10頭前後のグループを作って生活しています。

ディンゴの身体的特徴

ディンゴの体高は50cm~60cmぐらいと言われており、体長は1m近くなります。また、体重は10kg~15kgと重く、野生で生きているディンゴの寿命は5年~6年ぐらいだと言われています。

体高52~60cm
体長1m
体重10~15kg
寿命5~6年

ディンゴと柴犬がそっくり?

柴犬とそっくりなディンゴとは?ディンゴの特徴と性格まとめ
※画像はイメージです
出典:

ディンゴと柴犬が似てると言われていますが、どれだけ柴犬と似てるのかディンゴの特徴を確認してみましょう。

柴犬の成犬時の身体的特徴が、体長約40cm、体重約10kgであるのに対し、ディンゴは体長約1m、体重約10〜15kgです。ですので、ディンゴの方が大きいと言えます。

見た目の特徴は、赤みがかった茶色か黄色の体色をしていて、立ち耳である部分は柴犬とそっくりですが、柴犬のような愛嬌のある表情に対して、ディンゴは威圧感のある少し怖さを感じる顔立ちをしています。

成犬になると狼そっくりに

柴犬と似ているディンゴですが、成犬に成長すると愛らしい柴犬と対照的な狼とそっくりになると言われています。

狼の成犬時の身体的特徴を確認してみると、体長約91〜160cm、体重約18〜80kgです。見た目の威圧感、迫力の面でも大きく勝っていると言えます。

ディンゴが狼とそっくりと言われる理由として、グループで活動するためのコミュニケーション手段に遠吠えを用いるという特徴もあります。

ディンゴの種類

柴犬とそっくりなディンゴとは?ディンゴの特徴と性格まとめ
※画像はイメージです
出典:

犬の犬種には、同じ犬種でも異なる種類があります。柴犬の場合だと豆柴、小豆柴の3種類に分かれます。ディンゴも同じように交配により異なった種類が存在します。

ディンゴの種類は交配により誕生した「ディンゴハイブリッド」と、古来よりアメリカ北部で飼育されていた「カロライナ・ドッグ(ノース・アメリカン・ディンゴ)」の2種類に分かれます。

ディンゴのそれぞれの種類の誕生のルーツについてご紹介していきます。

ディンゴの種類1:ディンゴハイブリッド

ディンゴの種類の1つ目は、他種のイエイヌとの交配により誕生したディンゴハイブリッドと言われる雑種犬(野良犬)です。

ディンゴが東南アジアからオーストラリアに渡って来た後、アボリジニーと過ごすもののアボリジニーの生活が崩壊したことで逃げ出すディンゴが続出しました。

逃げ出したディンゴと海外から持ち込まれ野良犬となった洋犬との異種交配をきっかけに誕生したのが、ディンゴハイブリッドといわれています。

ディンゴハイブリッドは、野良犬としての印象が強い一方で、現在は一般家庭でペットとしても飼われています。

ディンゴの種類2:アメリカンディンゴ

ディンゴの種類の2つ目は、アメリカ原産の野生暮らしをしているカロライナ・ドッグと言われる野良犬です。別名でノース・アメリカン・ディンゴとも呼ばれています。

アメリカンディンゴは、古来からアメリカ北部でアメリカの先住民族に飼育されていたイエイヌですが、逃げ出した一部が野良犬となり、独自の進化をしたことでカロライナ・ドッグという犬種となったとされています。

柴犬とは異なるディンゴの性格とは

柴犬とそっくりなディンゴとは?ディンゴの特徴と性格まとめ
※画像はイメージです
出典:

柴犬と容姿が似てると言われているディンゴですが、性格については異なるという特徴もあります。

柴犬の性格をまとめると、勇敢、主人と認めた人間に対する忠誠心が強い、独立心が強い、警戒心が強い、デリケートで臆病な一面もある、体を動かしたりおもちゃで遊ぶことが大好き、愛嬌があるといった特徴があります。

色んな一面を持つ柴犬に対してディンゴの性格は大きく分けて2つの性格があるので、順番にご紹介していきます。