Search

検索したいワードを入力してください

シベリアンハスキーの大きさや特徴とは?狼身体的特徴から性格を解説

Author nopic iconなつめ
カテゴリ:動物・ペット

初回公開日:2020年05月08日

更新日:2020年07月10日

記載されている内容は2020年05月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

シベリアンハスキーの大きさや特徴とは?狼身体的特徴から性格を解説
シベリアンハスキーの大きさや特徴とは?狼身体的特徴から性格を解説
※画像はイメージです
出典:

シベリアンハスキーの目の色は、さまざまな種類がありますが特に左右で目の色が異なる「オッドアイ」はシベリアンハスキー特有の特徴です。

そして日光照射が少ない地域で生まれたメラニンが少ないことによる特徴でもある「ブルーアイ」はシベリアンハスキーによく見られる目の色となります。

この「ブルーアイ」の他に「黒」「茶」「黃」などの目の色がみられます。そして目の色に関しては体の大きさのようにオスとメスの特徴的な違いはないようです。

シベリアンハスキーの外見的特徴2:毛色

シベリアンハスキーの大きさや特徴とは?狼身体的特徴から性格を解説
※画像はイメージです
出典:

シベリアンハスキーの毛色は「ブラック&ホワイト」「シルバー&ホワイト」「レッド&ホワイト」「セーブル」などです。「ブラック&ホワイト」という毛色が一般的となり「アグーチ」という毛色はシベリアンハスキーだけに使われる特有の呼び名になります。

シベリアンハスキーは厳しい寒さに耐えるため、保湿と保護の役割を持った柔らかい下毛と硬い上毛が2層になって生えています。換毛期には、下毛が大量に抜けます。

アラスカンマラミュートとの違い

シベリアンハスキーの大きさや特徴とは?狼身体的特徴から性格を解説
※画像はイメージです
出典:

シベリアンハスキーとアラスカマランミュートという犬種はとても良く似ていますが「身体の大きさ」「耳の位置」「目の色」「しっぽ」に違う箇所があります。

アラスカンマラミュートはシベリアンハスキーよりがっしりとして体重は二倍ほどあり、ブルーやバイカラーの目を持つのはシベリアンハスキーのみの特徴となります。

この他にもシベリアンハスキーは「両耳の距離が近い」「しっぽは垂れた状態にある」のに対しアラスカマランミュートは「耳が離れている」「しっぽは軽く巻きあがっている」といった違いがあります。

シベリアンハスキーの性格とは

シベリアンハスキーの大きさや特徴とは?狼身体的特徴から性格を解説
※画像はイメージです
出典:

シベリアンハスキーはオスとメスでは大きさ以外にも性格に若干違いがあるようです。

メスはオスよりも「気が強い」「気難しい」とされオスはメスに比べ「人懐っこい」といった特徴があるようです。

しかし、これらは個体差があり一般的なシベリアンハスキーの性格として知られています。では基本的にシベリアンハスキーがもつ性格にはどのような特徴があるのでしょうか。

シベリアンハスキーの性格1:イタズラ好き

シベリアンハスキーの大きさや特徴とは?狼身体的特徴から性格を解説
※画像はイメージです
出典:

外見からあまり想像できませんがシベリアンハスキーはいたずら好きな面があります。いたずらのつもりで物を噛んで口に入れようとしたり、猫や小型犬などに飛びつこうとするときもありますので注意が必要です。

「大切な物は目につくところに置かない」「誤飲に注意する」「とびかかりそうな時は飼い主が制止」なでの対策も必要となり、子犬の時からのきちんとしたしつけが必要となります。

また運動量が足りていないとストレスからいたずらが多くなりますので、十分に運動をさせてあげることも対策の一つです。

シベリアンハスキーの性格2:好奇心旺盛

シベリアンハスキーは好奇心旺盛なところがあり、冒険をすることも好きなので自由に動き回れる場所へ脱走することがあります。脱走した場合、家に戻れる能力がシベリアンハスキーはあまりないので、そのまま迷い犬となってしまう可能性が高いです。

また 楽天的で危機感がないので、脱走先で食べ物がもらえる状態にあるとそこへ居ついてしまい飼い主の元へ戻ってこないことが多いです。

まずは、脱走させないことが大切で飼い主が常に注意をしておく必要があります。ドッグタグやマイクロチップなどの対策もおすすめです。

シベリアンハスキーの性格3:かまってちゃん

シベリアンハスキーは飼い主に気に入られたいがために、「他の犬に意地悪をする」「物を噛む」ことがあります。

実はシベリアンハスキーは「かまってちゃん」です。スキンシップや触れ合いが少ない日々が続くとストレスから病気になってしまうこともあるそうです。

ストレスを溜めないようにドッグランなど一緒に遊べるところへ連れて行き、思いっきり走らせてあげるとよいでしょう。シベリアンハスキーのしつけのコツは「甘やかし褒めてしつける」のが良いようですが、しつけの大原則である「主従関係」だけはしっかり保つようにしましょう。

シベリアンハスキーの性格4:エネルギッシュ

機敏に動き活発でエネルギッシュなところがあるため、シベリアンハスキーは一日に約1時間散歩するのが理想とされています。片道1km時間に換算すると約40分ほどですが歩くスピードは飼い主に合わせてくれます。

元気が有り余っているといたずらをするので、できるだけ広いところで遊ばせるなど工夫も必要です。

また、寒さに強く、冬に長時間の散歩も可能で雪が降っても散歩に行けます。降り積もった雪をみて無邪気に喜ぶためその様子は、まるで人間の子供のようです。

シベリアンハスキーはオスとメスで体の大きさが違う

シベリアンハスキーの大きさや特徴とは?狼身体的特徴から性格を解説
※画像はイメージです
出典:

シベリアンハスキーはオスとメスで見た目で分かるほど大きさが違い性格も若干違います。また、よく似た容姿をしているアラスカンマラミュートとシベリアンハスキーも大きさが違います。

シベリアンハスキーは極寒の地であるシベリアの出身です。瞳の色や体つきなどにその特徴が表れており「ソリを引く」「猟犬」として活躍していたためパワフルでエネルギッシュです。

飼うには充分に運動させてあげる環境を整える必要があります。