Search

検索したいワードを入力してください

財布に関する風水の基礎知識|財布の色と風水

Author nopic icon佐伯 馨
カテゴリ:風水

初回公開日:2017年09月14日

更新日:2020年03月10日

記載されている内容は2017年09月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

財布に関する風水の基礎知識|財布の色と風水

開運!風水で金運アップの財布を持とう!

財布を買い換えたいとき、何を基準にして選んでいますか。ブランド、形、サイズ…人それぞれこだわりがあることでしょう。また、逆に、情報が多すぎて迷うことはありませんか。そんなときには風水に基づいた「色」で選ばれてはいかがでしょう。

風水は環境学

「風水」という言葉を一般的によく聞くようになってから久しいですが、まだまだ「占い」として扱われていることが多いです。「風水」とは中国に古来から伝わる「気」の流れを取り込んだ環境学です。

森羅万象、目に見えるものから見えないものまで、すべてのものは「火・土・金・水・木」の五行と呼ばれるものから成り立っており、さらにすべてのものには「陰」と「陽」の二つのエネルギーがバランスよく保つことによって成立しているとされています。これを「陰陽五行説」と言い、その考え方に基づき、気の流れを操り、「環境をよくする」ことが「風水」です。

気の流れをとりこんでエネルギーとして運命を切り開いていく、と言うと、とても大仰なことに思いますが、簡単にできることもあります。「色」です。色は波長により持っている「気」が違います。風水では各方位ごとに運気があてはめられています。その「運」と相性のいい色を組み合わせ、「気=エネルギー」を取り入れ運気を向上させるのです。

よく耳にする「西に金色のものを置くと金運があがる」です。色の波長が人間にもたらす効果は、昨今、科学的にも解明されつつあります。

風水と財布

大事なお金を納めておく財布にも、この風水カラーをあてはめられます。財布は金運そのものを左右する大事なアイテムです。お金が住む場所である財布に、風水によって気の流れを通すと金運がアップできるのです。「運」に合った「色」で選ぶことで、財布によい気の流れを作ることができるのです。

では、風水による財布と色の関係を色別にみてみましょう。

赤い財布と風水

赤は風水・五行「火」の気を持ち、積極性をアップし、健康運・決断力・仕事運が向上します。風水では最強のエネルギーを持つ色とされています。これは財布にもいい影響がありそうな気になりますが、赤は「火」に直結します。財産を燃やしてしまい、従来、持っているはずの財運まですべて燃やしてしまいます。

赤い財布は避けた方がいいです。どうしても赤でないとイヤだと言う方は、安定をもたらす「土」の気を持つ茶色を含んだ色であるボルドー色などを選ぶといいでしょう。

ケイトスペード(kate spade) コブルヒル COBBLE HILL ラウンドファスナー長財布

牛革素材です。サイズは 縦 約10.5cm × 横 約20cm、マチは 約2.5cmです。

紫の財布と風水

紫は風水・五行「火」の気を象徴します。金運そのものをあげるものではなく、地位や名誉などステータスを築く色です。もちろん、出世すればおのずとお給料も上がりますので、総合的にみると金運アップにつながります。ただし、赤色と同様、強いエネルギーを持っています。

また、気品があり個性の出る色ですので、それが強く前面に出てしまい、人やモノがあなたに近づかなくなってしまう恐れがあります。そうなると「運」自体がパワーダウンしてしまうので、紫色を選ぶ場合は薄い紫色を、もしくは紫色のワンポイントが入った財布にするといいでしょう。

アナスイ(ANNA SUI) L字ファスナー 長財布 バラ フラワー

柔らかい紫色の長財布です。サイズは 縦 約10cm × 横 約19.5cm、マチは 約2.5cmです。
バラの型押しにオリジナルチャームの蝶がついています。

茶色の財布と風水

茶色は風水・五行「土」の気の象徴です。生み育む大地です。あらゆる運気を育ててくれます。「金は土から生まれる」と言われ、土は金との相性もよいです。金運を育てて貯蓄運を上げるのです。財布にとってもいい色と言っていいでしょう。お金を貯めたい人におすすめです。

本革 ネコ型押し がま口長財布

牛革のがま口タイプのお財布です。型押しされたネコがとてもかわいらしいがま口です。サイズは 縦 約9.5cm × 横 約21.5cmです。

ベージュの財布と風水

ベージュは「薄い茶色」「薄い黄色」ということで、茶色の風水・五行の「土」の気と黄色の「金」の気を兼ね備えた色です。金運を呼び、育て、お金を貯めてくれる財布になります。

ユーバイウンガロ 【アイガー】かぶせ長財布

牛革素材で、金色のアクセントがついています。サイズは 縦約9cm × 横約19.5cm、マチ部は約2.5cmです。

黄色の財布と風水

黄色は風水・五行「金」の気の象徴です。まさに金運に直結している色と言えるでしょう。ただし、真っ黄色はエネルギーが強すぎて、金回りはよくなりますが、その分、お金が出ていくのも激しくなる色なのです。黄色の財布にしたい場合は、安定をつかさどる「土」の気の色である茶色を混ぜた黄土色がよいでしょう。もしくはエネルギーを少し弱めるために、レモンイエローなど、薄い黄色のものを選んでください。

シーバイクロエ (SEE BY CHLOE) L字ファスナー長財布

バニラ色とも言える薄い黄色のL字ラウンドファスナーの長財布です。サイズは 縦 約10cm × 横 約19cm、マチは 約3cmです。

金色の財布と風水

金色も、文字通り風水・五行「金」の気につながります。金色は太陽の色でもあり、太陽のエネルギーを持つ色とも言われています。才能を開花し、チャレンジ精神の後押しをしてくれます。ただし、黄色と同様、パワーが強いので、薄い金色であるホワイトゴールド(白金)や、他の色にアクセントとして金色が入っている財布をおすすめします。

フレームワーク (FRAME WORK) アンサンブル 長財布

牛皮革のかぶせ長財布です。サイズは 縦 約9.5cm × 横 約19.5cm、マチは 約3cmです。内側は女性にお勧めのピンク色です。

銀色の財布と風水

強力で華やかな「陽」の金色に対して、穏やかで優しい、安定したエネルギーを持つのが「陰」の銀色です。金色が太陽ならば、銀色は月です。じっくりと静かに力強く見守るエネルギーがあるので、貯蓄運が向上します。金色と組み合わせると最強の金運になります。

ヘビ革 パイソンレザー ラウンドファスナー長財布

外側はヘビ革、内側は牛革です。サイズは 縦 約11cm × 横 約20.5cm、マチは 約3cm です。
内側の黒色がアクセントになっています。

白の財布と風水

白は風水・五行「金」の気の象徴です。白はすべてを洗い流す色とされ、今までの金運をリセット・浄化し、新たな金運をつかみます。新しく事業を始めるときなど、スタートにいい色です。または、今までのお金の苦労をリセットしたい人にもおすすめです。注意点は、白は汚れやすい色ということです。お手入れをこまめに行うことを忘れないようにしてください。古くなりすぎてもいけません。

イギンボトム(Igginbottom ) ラウンド長財布

ヌメ革を使用しています。サイズは 縦 約10.5cm × 横 約20cm、マチは 約2cm です。日本国内で製造されています。

青色の財布と風水

青は風水・五行「木」の気を象徴し、冷静さや判断力を高め、仕事運を呼び込みます。慎重になり、無駄な出費を抑えてくれます。散財をしなくなり金運に向いているかと思いますが、入ってくる金運を高める効果はありません。青は成長運のある緑色と相性が良いとされているので、青い財布を選ぶ場合、少し緑がかったライトグリーンの財布はいかがでしょうか。

ヴィヴィアンウエストウッド(Vivienne Westwood) かぶせ長財布

サイズは 縦 約10cm × 横 約19.7cm、マチは 約4cm です。鮮やかな青色です。

水色の財布と風水

水色は風水・五行「水」の気を象徴します。文字通り、水に結びつき、流れていきます。お金も流れて行ってしまいます。風水的には、水色の財布はお金が貯まらないのでおすすめできない色です。どうしても水色をと言う方は、パワーが弱まる薄い色を選ぶといいでしょう。

アナスイ(ANNA SUI) カモマイル ラウンドファスナー長財布

薄い水色に金色がアクセントに入っています。牛革です。サイズは 縦 約9cm × 横 約19cmです。

黒の財布と風水

黒は風水・五行「水」の気を象徴します。何色にも染まらず、他の色を受けつけないところから、「孤独」「秘密」の運気があると言われています。金運としては悪いような気がしますが、散財、借金などを遠ざけることができます。また、黒は光=エネルギーを吸収して閉じ込めるので、金運を逃さず貯め込むことができます。

ただし、残念ながら、現在持っているお金を逃さないという意味なので、すでに成功を収めて蓄えがある人向けです。これから財を増やしていきたい方にはおすすめできません。

印傳屋INDEN-YA 印伝長財布 レディース クレマチス

鹿革に漆で一面に花柄をつけています。サイズは 縦 約9.2cm × 横 約19cm、マチは約3.2cmです。

緑の財布と風水

緑色は風水・五行「木」の気を象徴します。緑は植物の色で自然界にあふれています。私達にとって癒やしの効果のある色とされています。リラックス、リフレッシュをもたらしてくれます。出て行ったお金を呼び戻すという再生のエネルギーがあるのです。徐々に草木が育っていくようにゆっくりと着実にお金を貯めていくので、一攫千金は狙えませんが、地道に着実に貯蓄することができます。

ゴダン(GODANE) カイマンクロコダイル ラウンドファスナー長財布

外側はワニ革、内側はピッグスキン になっています。サイズは 縦 約10.5cm × 横 約19.5cm、マチは約2.5cmです。

ピンクの財布と風水

ピンク色は風水の五行の定義にあてはまりませんが、恋愛や優しさの象徴であり、それはまさに女性のための色です。金運に直結はしませんが、人間関係をよくするエネルギーがあるので、出会う人によって金運がもたらされます。言い換えれば、他力本願的な金運ということでしょうか。

他力本願というと悪いイメージですが、それも「運」です。家庭や学校、会社など人間関係が充実すると自分も気持ちよく毎日を楽しめます。そうなることで、自然と金運も向上してくるのです。

ポールスミス(Paul Smith) スミシーハート ラウンドファスナー長財布

牛革です。サイズは 縦 約10cm × 横 約19.5cm、マチは約2cmです。

金運アップする財布の素材

色から少し離れますが、風水では財布の素材も金運をアップするポイントとしてあげられています。布製やビニール、革など、現在は多様にあふれていますが、風水的には断然、革です。革は、生物が持っていたエネルギーがそのまま宿っています。そのエネルギーも借りて金運をあげていくのです。

中でも、強さの象徴である牛、古来より金運アップと深い関係のあるヘビ、噛みついたら離さないワニの革などいかがでしょうか。

2017年の金運財布は?

財布と色の関係を風水的に書いてきましたが、その年によって「ラッキーカラー」というものがあります。それを取り込むことも金運アップにつながるでしょう。では、風水による今年のラッキーカラーは何色かというと、残念ながら「この色です」と断定することはできません。

風水を修めた風水師により異なってくるからです。あなたに信じる風水師さんがいらっしゃるなら、その方がすすめるラッキーカラーを身につけてください。わからなければ、あまり今年の色というものにはこだわらなくてもいいでしょう。ただし、風水には購入する時期や使い始める時期も金運に関係してくるとされています。これから2017年9月より後半の「良き日」を記述しておきます。

2017年金運アップの吉日

「大安」を詳しく知らなくても、それは昔から「良い日」とされているというのは周知のことです。つまり「大安吉日」は財布の購入にも良い日です。これに加えて、金運を呼ぶ吉日としては一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)・虎の日・天赦日・巳の日などがあげられます。

一粒万倍日は、ひと粒の籾(もみ)が万倍に実る稲穂になるところから物事を始めるのに良い日とされています。最近は、この日を選んで宝くじを買いに行くという人も多くなっていると聞きます。月に4~7回ほど訪れるので、選びやすい吉日です。

虎の日は、「虎は一瞬にして千里行って千里帰ってくる」力を持っているとされ、「使ったお金がすぐに戻ってくる」に結びつけて良い日になっています。また、虎の模様が黄色と黒でできているため、金運に良い日です。

天赦日は、天が地上の万物の罪をすべて赦す日とされています。何をやっても良い日です。
年に数回しかありませんので、「天赦日」に行動を起こすと考えられている方は、カレンダーに気をつけてください。

巳の日は、この日に財運を司る弁財天の遣い・白蛇に願い事をすれば、弁財天に届けられ願いを叶えてもらえるという日です。2017年後半9月からの一粒万倍日、寅の日、天赦日、巳の日を表にしました。

一粒万倍日
9月5日・13日・18日・25日・30日
10月7日・10日・13日・22日・25日
11月3日・6日・7日・18日・19日・30日
12月1日・14日・15日・26日・27日
寅の日
9月12日・24日
10月6日・18日・30日
11月11日・23日
12月5日・17日・29日
天赦日
9月18日
12月3日
巳の日
9月3日・15日・27日
10月9日・21日
11月2日・14日・26日
12月8日・20日

みていただければわかりますが、2017年9月より後半に一粒万倍日と天赦日が重なる、最高の吉日日があります。9月18日です。この日に財布を購入したり、新しいものを使い始めたら、最強の金運が舞い込むこともあるでしょう。

季節による吉日

ピンポイントな吉日の他に、財布を換えるのは春と秋がいいと言われています。春は「お金が張る」とし、財布がぱんぱんに張るほどお金が入ってくるとされています。春の定義は、立春の2月4日ごろ(年度によって前後します)から3月4日までです。

秋は作物が実る季節です。財布の中も実ります。秋の定義は、秋分の9月23日ごろ(年度によって前後します)から11月24日までです。最強の吉日にこだわるならば、春か秋の一粒万倍日、天赦日などの吉日を選んでください。

財布はすぐに使わないで!

風水によって色を選び、吉日に購入した財布はすぐに使わないでください。購入して数日から2週間は、「財布を寝かせます」。しばらく財布に英気を養ってもらうのです。まず、お札を財布の中にいれます。札束でなくてかまいません。自分が大金だと思う額のお金を、財布に入れるのです。財布はその額を覚えていて、その金額より少なくなるとお金を呼んでくると言われています。

入れるお札は、できれば新札をおすすめします。もし、お金を用意できないのであれば、一枚だけ本物のお札を入れ、あとは黄色・金色の折り紙をお札の大きさに切って入れておくと、財布は大金が入っていると勘違いするのです。財布を寝かせて置く場所は、特別な場所ではなく、タンスの中などでかまいません。静かで落ち着く場所に寝かせてください。

使い始めてからの財布の置き場所

使い始めてからら、常に財布を置いておく場所としては、風水で金運アップの方位・北側の部屋や静かな寝室、もしくは箱の中がいいでしょう。賑やかで動きのあるところは避けてください。もっとも避けたい場所としては、「流れてしまう」水回り、火と水を使うキッチンです。バッグに入れっぱなしというのもだめです。バッグの中は賑やかで動きのある場所だからです。

風水は迷ったときのアドバイザー

財布に関する風水の基礎知識|財布の色と風水
※画像はイメージです
出典: People in Couch · Free Stock Photo

いろいろ書いてきましたが、あなたがピンときた財布を一番におすすめします。手にするのは、あなたが「気」に入った財布なのです。日々の生活の大事な相棒としてつきあうことで、金運、さらには全体の運も向上するのではないでしょうか。

もし、せっかく買った財布だけど、風水的にはイマイチだからどうしようか…と気になってしまった方は、財布に金色のチャームや鈴をつけるなど、アクセントとして金運アップの色を持つ小物を財布につけてはいかがでしょう。風水は、迷ったときのアドバイザーと思ってください。