Search

検索したいワードを入力してください

霊能者占いとは・霊能者は偽物?|霊能者になるためには

Author nopic iconシン
霊視 / 2018年01月19日
霊能者占いとは・霊能者は偽物?|霊能者になるためには

霊能者・霊能者占いとは

霊(霊魂)や魂、生霊、生霊などを感覚したり、霊的な力を行使して、通常の人間ではなし得ないことを行う能力、それが霊能力です。その同意語として神通力、法力などが用いられることもあり、能力を呼べるほど自在に行使できるほどではありませんが、受動的に霊的なものを感知する「霊感」と呼ばれます。


そして、霊能力を使う者や霊感が発達している者を「霊能者」と呼ぶことがあり、透視・念力・テレパシーなどの研究を専門とする超心理学の研究対象となっています。

そして、霊能者は「霊視」という能力も持っていることがあり、霊感と合わせて占いに使うことがあります。
しかし、霊視や霊感と言っても霊能者が霊からさまざまな情報を得ているわけではなく、そして、霊能者が占いの時に使う霊感や霊視と言っても、対象者の守護霊へのコンタクトを行うものであり、一般的に言う「幽霊が見える」だけの霊能力とは少し意味が違います。

守護霊は、その人の前世から引き継いだカルマや、現世の運命や目的などの情報の全てを知っています。もちろん、これから生きていく中で起こり得るしれんや、それに対して対象者が取るべき態度というのも知っています。

霊能者による霊視と霊感、そしてそれによる占いとは、守護霊の許可を頂き、守護霊自身が持つ情報ダウンロードしてこれらを知ることにあります。また、霊視には、名前や生年月日などの情報も一切必要ありません。

霊能者占いには、対象者に常に寄り添っている守護霊の情報のみが頼りなのです。

霊能者は本物? 偽物?

霊視のような霊能力は勿論、特別な能力でもない限り、普通の人間に未来を見る事はできません。見えないからこそ、霊能者にも占いをお願いすることはありますが、占いや霊視といった科学的にまだ解明されていない分野には、バレないことをいいことに、霊能力がないにも関わらず霊能者のふりをしている偽物が数多くいます。

ウェブサイト上でも、「偽物の霊能者は95%居る」という記述がありますが、これは事実で、電話占いや対面占いに、世の中には似非霊感霊視占いが溢れています。その手法は様々なもので、心理学的手法を用いるものから、その人自身の「迫力」を用いて無理矢理納得させるものなど様々なものです。

よって、世の中の自称“霊能者”の95%が偽物であると思っても構わなく、そのくらいなんちゃって霊能者が世の中に溢れ返っているのです。

しかし、その中でも5%ほどの本物の霊能者は確実に存在し、彼らこそがありとあらゆる人に対してある程度の正当な結果を導き出し、実用に耐え得る霊感霊視能力を持っている人間なのです。つまり、100人のうち5人が本物の霊能者であると言っても過言ではありません。

では、そんな悪徳霊能者に騙されないためには、どうすればいいのか? そこで、本物と偽物を見分ける5つのポイントをご紹介します。

その1.過去を当てることができる

本物の霊能者なら、対面した人間のオーラが見えています。そして、オーラが見えているならその人間に半年以内に起きたことを当てることができるものです。
もし、的外れなことばかり言われたのであれば、その霊能者は真っ赤な偽物なので、今後一切関わらないほうが賢明な判断というものです。

その2.難しい言葉を並べたり、脅しのようなことばかり言う

偽物の霊能者には人間の未来なんて見えているわけがないのですから、それを誤魔化すために具体的なことを質問されるのを避けようとします。

なので、専門用語をやたらと並べて煙に巻いたり、「あなたは取り憑かれている」と恐怖心を煽って判断力を狂わせ、こちらのペースに引き込もうとしてくるのです。

その3.アドバイスがあまりにも一般的

霊能者に鑑定してもらい、その結果が望むようなものでなかった場合は、今後の人生をよくするためのアドバイスをくれます。しかし、偽物の霊能者は鑑定することができないため、具体的なアドバイスをすることができません。
霊能者からの一言にハッとするようなものがなければ、偽物である可能性は高いです。

その4.本物は質素だが、偽物は華美な外見

服装や持ち物が華美な場合は、たとえ霊能力があったとしても物欲に支配されており、本物の霊能者だと呼ぶことはできません。とはいえ、相談者が霊能者の家や車、生活ぶりなどを知ることはできません。

ただし、物欲に侵された人間は自分が偉く思えるらしく、偉そうに振る舞う特徴があり、偽物の霊能者は相談者を小馬鹿にするようなところがあります。

その5.鑑定料金を明確にしない

本物の霊能者は鑑定料金を明確にしますが、偽物の霊能力者は不当なお金を要求してくることが多いです。

仮に、霊能力が強く、よく当たるといわれている本物の霊能者でも、30分〜1時間の鑑定でごく一般の相談者から5万円以上も法外な鑑定料金を要求するのであれば、金銭欲にとりつかれた霊能者です。

本物の霊能者は貴重で神聖な霊力を高額なお金に変えるようなことはせず、良識のある本物の霊能者は鑑定料を明確に提示します。

霊能者になる方法は

霊能力を体得して、霊能者となることは普通の人間には非常に困難です。霊能力とは、自分の意識が霊界へと繋がるほどのものであり、霊能者となることはそれが必要なのです。生まれ持った才能か、何らかのきっかけで能力が芽生えます。

しかし、霊視のような霊能力は持てないけれど、霊感ならあるという人は少なくなく、霊感の感性を磨ければ霊視から始まる形で霊能力に目覚めることもあるかもしれません。

霊視は霊を見たり感じたりするだけの能力で、最初にもありましたように受動的な感じです。しかし霊視は霊感の能力に加えて、人の意識に潜り込んだり、霊に語りかけたりできという、かなりレベルが高い能力なので、体得にはかなりの修行を行なう必要があるでしょう。機会があれば、実際に活躍している霊能者に連絡を取り、自分に見込みがあるのか、弟子入りできないかどうか、聞いてみるのも良いかもしれません。

そして、霊感については本来、誰でも持っているようです。霊感を高めれば霊視へと繋げられるかもしれません。では、霊感を鍛える方法は何なのかというと、基本は「瞑想」です。

瞑想は、心の奥底でリラックスしつつ、お腹に意識を集中させて目を閉じたり、じっとロウソクの炎や月を見つめたりします。こういう瞑想を続けることで霊感が強くなったという人もいるようです。瞑想の他にも、陰徳(世間に知られない善行)を積んだり、感性を磨いたりすることも有効です。

このように、誰でも霊能者になれるわけではありませんが、霊能者になれる可能性もゼロではありません。霊能者に憧れている、もしくは霊能者になりたいというのならば、霊感を鍛えつつ、師匠となってくれる霊能者を探してみてはいかがでしょうか。

東京・大阪の有名な霊能者

日本各地には、霊能者が数多く生活しています。自らの霊能力を隠して霊能者であることを公にせず、一般の人間に紛れてひっそりと生活している霊能者も含めれば、ざっと1万人ほどの霊能者人口があるのではないかと考えられています。また、潜在的に霊能力を持って生まれたにもかかわらず、その力に気づかないままに一般の人間として生活を送っている潜在的な霊能者も含めれば、その数はさらに膨れ上がることでしょう。

そこで、日本各地にいる異なる文化や異なる地域の霊能者の中で、東京と大阪で有名な霊能者を紹介していきます。

1.江原啓之(東京都)

タレント、作家、オペラ歌手として様々な顔を持っていると共に、日本スピリチュアリズム協会理事長という、日本における霊能関連の団体の創設にも関わったスピリチュアルカウンセラーです。

18歳になった頃から心霊現象に悩まされて19歳で大学を退学し、その解決のために何人もの霊能者を訪ねるなどの奔走をする中、修験道に入門し、高尾山での2年間の修行を積み、瞑想や心霊科学など様々な霊能者の学問や知識を専攻。そしてイギリスでのスピリチュアリズムの研究も行った末、ついにスピリチュアルカウンセラーとしての資格を手に入れました。

その後、公式HPを開いて霊能者としての個人鑑定を行っていましたが、現在は休止しており、スピリチュアリズムに関するイベントや講演会を開催しています。

2.平池来耶(東京都)

旧名ラヤ・シルク。幼少期より経験した豊富な霊的体験に加え、心理学、哲学、占術、神秘学に精通しています。

86年よりこの経験と知識を活かし、霊視によって前世からの未来までを提示することで、依頼者の(霊的)成長をサポートする事業「個人リーディング」を開始。その時の様子とレポートした原稿が雑誌に掲載されたことを機に執筆活動を開始し、89年にoffice RAYAを設立。96年に「スピリチュアル・メッセージと瞑想の集い」の始動を機に、スピリチュアル・カウンセリング、セラピストとしての活動に専念しています。

現在ではリーディングやセラピー、及び魂とのつながりを深めるためのスピリチュアル・メッセージを発信し、相談者の知りたいことや現在抱えている問題に対してその原因を解決へと導いています。今まで36000人以上の依頼者の霊視を行ったという実績を残しています。

3.正木りさ(東京)

幼少期から自分の力を自覚し、肺炎による臨死体験を経て霊能力を深めました。そして小学4年生の頃より霊能力を発揮し、ボランティアにて霊能者としてのカウンセリングを開始しており、慶應義塾大学在学中に霊能者に師事した過去もあります。

その後、英国スピリチュアリズムをベースにヨガや古い神道などを取り入れた独自のスピリチュアルカウンセリングを編み出し、現在では東京都渋谷区でスピリチュアルカウンセラーとして活動しています。占いの他にも、英国スピリチュアリズム、古神道、密教、ヨガをベースとした霊能者を安全に育成するためのセミナーも開催しています。

4.莉庵(大阪)

京都・名古屋にも店舗を構えている占いの館「千里眼(せんりがん)」の占い師として活動している霊能者のひとりで、非常に霊性が高く様々な修練を積んだ霊能者の先生として有名です。

霊山に登っての滝行や護摩行など、相談者の願望成就を預かり、良い導きがあるように祈祷もします。さらに霊感タロットを用いた占いでは定評があり、恋愛の行方や未来など複雑な人間関係の相談を最も得意としています。
そして他にも、祈願祈祷による占術も真剣に行ってくれて、実際に恋愛や縁結びも含めた願望成就を果たすことができた方も何人かいます。

5.天美成穂(大阪)

莉庵先生と同じく「千里眼」の占い師として大阪で活動している霊能者のひとりで、過去に巫女として神社に仕えていた経験を持っています。

霊感の中でも希少な「神霊視」と呼ばれる、霊能者の中でも最も高いランクの霊視能力による鑑定は定評があります。彼女を通して伝えられる「天からのメッセージ」に涙を流すほど感謝する相談者が後を絶たず、時には一緒に涙を流しながら心の中で一番辛い部分にそっと寄り添ってくれます。

そのため、千里眼での鑑定予約は翌月分まで常に満了で、新しい予定が発表された日にアクセス過多でHPがダウンしたり電話回線もパンクしたりするほど人気が高いです。さらに国内だけに留まらず、海外からも多くの相談者が足を運びに来るなど数々の逸話も持っています。

この他にも、日本各地に有名な霊能者が多数いて、同じく鑑定や相談などを行っている者も何人かいます。しかしこれほど有名になった霊能者に、一般の人が鑑定や相談をしてもらうことは非常に難しく、霊能者側がその意志を持っていることがあっても多数の希望者が殺到して、時間的な制約から実際にごく一部の人だけしか鑑定や相談はできないのが現状となっています。

もしもこの記事は勿論、他の霊能者に関する紹介記事やサイトで彼らも含めた有名な霊能者の鑑定や相談を直接してもらうことができたとすれば、それはとても幸運なことだと考えられるでしょう。

普通の人間とは違うものを持った存在、それが霊能者

今回の記事では、霊能者とその詳細について紹介しました。

霊能者は普通の人間とは異なる感覚を持ち、私たちには見えないものを見て、感じられないものを感じることができる能力を持った人のことを言い、今もこの日本も含めた世界中の至る所に存在しています。そして、その霊能者になることは勿論、会うことも決して容易ではなく、普通の人間である私たちが彼らに近づくにはこれ相応の時間と努力を要するものとなっています。

しかし、霊能者になれる可能性もゼロではないのと同じように、霊能者に相談・鑑定を依頼することも含めて会う可能性もゼロではありません。もしも霊能者に興味を持ったのならば、今回の記事で紹介したことを参考にして、自分なりの方法や道を見出して彼らを探してみてください。そして彼らに会うこと、辿り着いたことができたその時、皆さんも知らない世界が見えてくるでしょう。

関連記事

Related

新着記事

Latest