Search

検索したいワードを入力してください

理解力がない人の特徴や原因|理解力がない人の改善方法の紹介/対処法・理解力のない人の仕事ぶり

Small c7484e0d 71d3 4e7c 83f7 6fdb385d203furachan2000
性格・タイプ / 2017年12月14日
理解力がない人の特徴や原因|理解力がない人の改善方法の紹介/対処法・理解力のない人の仕事ぶり

理解力がない人の特徴や原因とは?

周囲に理解力の乏しい人は存在します。簡単な事でも理解力に乏しく、周囲が何度も説明する事が面倒になる場面もあるでしょう。どうして理解力がないのかその特徴を挙げていきましょう。

それは「全て人任せで無責任」「脳天気で何も考えていない」「緊張感がない」等がその特徴の一例です。そして、理解する力がない最大の特徴は総じて「やる気がない」事と言えます。

積極性に欠け人に甘える特徴があります。その為、そもそも目の前の問題を理解しようとせず、その場逃れで理解した振りをする事もあるでしょう。その場では納得したように済ませますが、数日後には再度同じ失敗を繰り返す為本質は変わっていないでしょう。

やる気がない事が原因?

では、なぜその「やる気」が起きないのか、そこに焦点を当ててご説明致しましょう。それは、やる目前の事に対して生き甲斐という活力を持ち得ていない状態です。要するに、抜け殻で身も心も真剣ではありません。その為、周囲が理路整然とした理屈で丁寧に説明をして、やる気を促してもその状況は変わりません。

やるべき目前の事が、仕事にせよ遊びにせよ、気持ちが乗っていない心境でしょう。その為、理解をしようとする気持ちも低いと言えます。誰かがやってくれるから自分はやらなくていいといった無責任な考え方と言えます。社会で生きて行くという事は、その場面に於いて責任を背負い、その都度目前の困難をクリアして生きて行くものです。

ゆとりの気持ちは邪魔になる?

理解を深める力は、あって困る能力ではありません。しっかりと身に付ける事で素敵な発想力へも繋がります。

そして、理解力に乏しい人は、甘やかされた環境で育ったという特徴があります。要するに、幼い頃に間違った事をした際叱られた経験がなく、わがままで生きて来られた人と言えますので、繰り返して説明する事も無駄な労力に終わる場合が多いでしょう。

教育という幼少の頃に大事な行為をしっかりと受けていない可能性があります。それは、社会にも責任があるでしょう。なぜなら「ゆとり教育」という国で定めた特殊な教育の結果、生まれた世代が「ゆとり世代」という理解力に乏しい人材が多い世代です。

どうしたら理解をする能力が身に付くのか?

理解力に乏しい人が存在する理由は分かりました。では、その改善方法をご紹介しましょう。結論から言えば、強制的にやるべき事をやらせるという事が大切です。なぜなら、経験値が浅く、幼いまま年齢のみ重ねて成人に成りその結果、社会に出て理解力に欠ける人材に成ってしまったからです。

厳しさを知らず甘やかされて育ってしまった為、嫌な事はやらない傾向が強いです。これが、自分の部屋での遊びであればそれは構いません。

社会に出て会社で仕事をする場合、そこは遊ぶ場所ではありません。自分の意思だけで自由に過ごせる空間ではありません。与えられた業務を限られた時間の中で迅速にこなし、その報酬としてお給料を頂く場所です。まずは、この至極当然な社会の摂理を知ってもらう必要があるでしょう。

紙に書けば理解できる?

ゆったりとした環境で育った故に、自分で考えたり工夫をしたりという経験がありません。それに加えて、インターネットの大きな流通により便利な事は増えましたが、理解力の乏しい人材が増えたという事も言えるでしょう。

理解する能力の低い人は、自分で考えるという行為をしません。与えてもらう事が当たり前と思っているからです。ですので、やはり自分で考えさせる環境を作ってあげる事も教育上必要です。

会話が苦手で理解力に欠ける場合がある時には、例えば、理解して欲しい事を紙に書き、文章から脳に促すという方法も有効です。小学校の授業で「九九」や「漢字」を覚えた時も言葉だでけではなく、ノートに書いたり教科書を見て時には発声をしながら覚えた事と同じです。

音声を録音して理解力が深まる?

理解して欲しい事を録音する事でも良い効果を生むでしょう。今は、スマホにも録音機能が付いていますので容易に録音ができます。

忘れられては困る事をメモ書きに加えスマホで音声を録音する事で、当人も自分の都合で繰り返し聴ける為、理解を促す側も繰り返して同じ説明をしなくて済むという1つの仕事を減らせる事でしょう。

そして、常にメモ帳とペンを持たせ気になる事があれば、メモを取らせる事が大事でしょう。書いたメモの数だけ学べる事があると思えるように成れば、それは成長した証拠です。

仕事は理解の連続が大切?

理解力が低い事で仕事への影響も出て来ます。そのほとんどが、マイナスな影響を生むでしょう。仕事とは、理解した上で行わないと全体像が見えず、迷いが生じ無駄に右往左往してしまいます。しっかりとした理解力があれば問題はありませんが、理解力に欠ける人が行う仕事の進め方には無駄も多いでしょう。その為、余計な時間が掛かります。

そして、自分で考えて仕事を行わない為常に周囲に意見を求めたり、工夫力や想像力に欠けた状態です。一般的には、1時間で終えられる仕事を3時間や5時間、時にはその日の内に終えられないといった事も起こるでしょう。

会社は皆が一丸となって、スムーズに業務を終わらせなければならない場所です。マイペースな一人よがりでの理解力では、困るのは自分だけではありません。周囲への被害も甚大です。

思い切ってやってみる!

仕事は、やりながら覚えていく事が多いです。経験を経て来た先輩や上司でも、新人などが仕事を進める前に全てを言葉で説明する事は難しいです。

例えば、経験した小学校時代や中学校時代など、学生時代でのある一年間を切り取って、その内容を誰かに説明する事と似ています。確かに本人が経験した事ですが、自然と体験して様々と学んで来た内容と言えるでしょう。

仕事とは、謂わばこのような事です。ですので、初期段階の説明をしてあげる事で手始めに進める事への戸惑いも減り、結果としてスムーズに仕事をこなせるでしょう。

目的意識を持つ事が大事?

理解力に欠ける人は、脳天気でおっとりした心の持ち主です。その為、失敗したら誰かの責任にすればいい、自分の責任ではないと責任逃れをする場合があります。重圧な責任を好む人は少ない事でもありますが、与えらえた仕事を全うして賃金を頂くのが職場です。ですが、その意欲に欠ける場合が多いでしょう。

会社に入社した事で満足している節も見受けられます。本来は、入社してから全てが始まりますが、入社が目的であるといった人は、必然的に仕事への理解力も乏しいでしょう。

理解力のない人へはどうやって対応すればいいの?

様々なケースでの理解をするという概念をご紹介しました。それでは、その理解力の低い人の対処法を挙げましょう。繰り返して指導する事が一番です。何度も言う事で相手も言われぬように意欲を持って働いてくれるでしょう。それで、しっかりと仕事をこなしてくれれば会社としては潤滑します。

もし仮に数度に渡る指導を経ても、理解力の向上もなく仕事への意欲も感じなければ、最終的には職を辞してもらう方法もあります。ですが、御縁あって入社してきた人材です。気を長く持って接し、時には厳しくそして優しく教育して行く事も、先輩や上司の仕事の1つと言えるでしょう。

自分が新人の時も、同じように理解に苦しんだ時期もあった事でしょう。それを思い出しながら、理解を深めてもらえるよう精一杯の教育をして素敵な会社を作りましょう。

関連記事

Related