Search

検索したいワードを入力してください

「器用貧乏」な人の特徴と向いている仕事や職業の紹介|長所や短所

Author nopic iconまーしゃん
性格・タイプ / 2018年01月19日
「器用貧乏」な人の特徴と向いている仕事や職業の紹介|長所や短所

器用貧乏な人の特徴・理由

順応性が高い

器用貧乏な人の特徴はズバリ「順応しやすい」ということです。理由は、何でも器用にこなせてしまうので、柔軟性があるからです。また、苦手意識はあまりなく、何とか習得しようと物事を冷静に判断し実行することができます。

それは物事だけでなく人間関係にも言えることですが、苦手意識があまりないので人に対しても順応することができます。さらに、冷静に判断ができるので相談に乗られやすいです。

作業をサクッとこなし、信頼関係が濃密なものになる

器用貧乏な人は順応性が高く、なんでもスマートに行うことができます。例えば他人から「これをやっておいてください」と作業を任されたとします。器用貧乏な人は、これをサクッとこなして早く終わらせることができます。頼まれた仕事を確実に、且つ早くこなすことで、周りからの信頼を得やすくなります。

しかし一方で、残業過多になってしまう危険性があります。器用貧乏な人はお人好しが多い傾向があります。「NO」といえる勇気がないと、周りから様々な作業を頼まれてしまい残業続きになって身が持ちません。

「私はここまでします」と制限をつけ、作業を一人で背負い過ぎず、分担していく方向に促すことが大事になります。その結果として、お互いのスキルアップに繋がり、良い人間関係や程よい信頼関係、そして仕事の効率アップにつながります。

器用貧乏を克服する方法

ハングリー精神を燃やす

器用貧乏な人は、なんでも手を出してある程度はこなしてしまうが、中途半端になりがちなケースが器用貧乏にみられる特徴です。一つ一つのことをハングリー精神で挑んだことはあまりなく、「なんとなく」になりがちなケースが多くにみられます。

そこで、一つに絞らなくとも興味・関心のある事に対して、今まで以上に力を入れて取り組んでみてはいかがでしょうか。気持ちの面でも重要です。

「これで大丈夫だろう」「こんなもんだろう」という意識でやってしまうと克服への道は閉ざされます。「どうしてこうなるのか」「どうやったらもっとうまくいくのか」と追及していく必要があります。

自分に「NO」といえる勇気をもつ

器用貧乏な人は「まだいける」「これもあれもしたい」と自分の限界を超えていきます。しかし途中で、「ここまでにしよう」や「これ以上はやめておこう」と、自分にブレーキをかけてあげることも大事です。すると視点は狭まるかもしれませんが、視野は広がることもあります。

自分の最も得意分野をみつける

様々な分野において、そつなくこなせてしまうからこそ、自分にとって一番得意なことは何なのか見失ってしまうこともあります。そうした際、一度立ち止まって、今自分が一番楽しんでいるものや一番得意としているものを考えてみましょう。すると、自分の得意分野をみつける事ができ、それをもっと伸ばすことができます。ハングリー精神にも関係していきます。

器用貧乏な人のメリット&デメリット

器用貧乏な人はどういったメリットやデメリットがあるのかまとめてみました。「自分のことかもしれない」「あの人のことかもしれない」とあてはまる対象と照らし合わせて見てみると面白いはずです。

メリットとして【3つ】あります。

・執着心がない:器用貧乏な人はなんでもこなせてしまう為、物事に対する執着心は無いです。複数を器用にこなせていけるので一つのものだけを執着することはありません。

・頼られやすい:大抵のことをそつなくこなすことができるので、周囲から頼られることが多いです。柔軟性がありどんなことにも対応することができます。

・世渡りがうまい:様々な場面において、物事を器用にこなすことができるため、年代問わず多くの方に好印象を与えます。その結果、信頼を得やすくなり、より円滑な人間関係を構築する事ができます。

デメリットとして【3つ】あります。

・頼られすぎてしまう:器用貧乏であるが故に、人から頼まれたあらゆる物事をこなすことで精一杯になってしまい、本当に自分がやりたい(やるべき)事に時間を取れなくなってしまいます。

・他人を見下してしまう:自分にとっては簡単にこなせてしまう仕事や作業に対して、いつまで経っても器用にこなせていない他人の姿を見ていると不満を感じてしまい、見下してしまうことがあります。

・中途半端癖:器用貧乏とはあらゆる事に手を出せるが故に、今やっていることのほかに興味を示したものを見ると、今までやっていたことが中途半端になって次へ移ってしまう恐れがあります。

器用貧乏の人に向いている仕事や職業

そんな多趣味・多関心のある器用貧乏な人たちには、どんな仕事・職業が向いているのでしょうか。色んな視点・思考が求められる仕事が最も向いています。それでは、どんな職種があるのか紹介していきます。

経営コンサルタント

経営コンサルタントという職業は様々な仕事の知識が必要です。いろんな事に関心があるからこそ知識もそこについてきます。また、周りの人からの信頼を得やすく、人間関係の構築が上手な人なら尚更向いている職業です。先方の人たちとの濃密な信頼関係をつくり、仕事を展開していけるはずです。

幅広い事柄へ興味を抱いてきたことで得られた多くの知識を持ち、人と良好な関係を築きやすいという、器用貧乏な人にとってぴったりな仕事です。

企業家・事業家・実業家・起業家

これらは、組織に所属せず独立して自分で組織を作り出すことです。知識が多い分、挑戦的に攻めることができ、保守的に組織を着々と組み立てることができるはずです。また多様的で且つ、新しいことを取り入れる抵抗感も強くないので、新しい形の組織を生み出すことができます。

しかし、注意しなければならい点は、中途半端になってしまうと組織は命取りになってしまうので慎重に行っていくことが大事です。

マーケティング

あらゆる調査を行い、消費者の好みや関心・流行などを分析して商品企画担当者に伝え、営業担当者と商品の価格や販売エリアを検討したり、効果的な広告方法や販促キャンペーンを企画したりします。

リサーチをし、現代の様々な流行を追いかけ分析をするのが得意で好きな人なら楽しんで仕事をすることができます。

心理カウンセラー

心理カウンセラーは、知識だけでなく色んな視点からの考えや人との関係性が大事です。器用貧乏な人にはコミュニケーション能力が高い人が多く、人に頼られることが多いです。また一つだけの思考だけでなく、その人その人に合う選択肢を一緒に模索していくことが必要ですので、幅広い選択肢を考えだしていくのは、まさしく器用貧乏な人に合う職業ではないでしょうか。

器用貧乏とは

物事をそつなくこなし信頼を得やすい人物

そもそも器用貧乏とはどんな人のことを言うのでしょうか。器用だから故にいろんな事に手を出すが、一方で極めることが難しく中途半端(貧乏)になってしまうというマイナスなイメージが含まれています。

しかし多くの事に興味を抱き、行動を起こせるということはとても大事なことです。一つの事に凝り固まらず、広い視野をもつことができるので、仕事などをする上で大いに役立つ場面が出てきます。またそうした広い視野を持ちながら、様々な物事に対して器用にそつなくこなすことができるので、周りの人から信頼されたり、任される事が増えていきます。
器用貧乏の方はそうしたストロングポイントを持ち合わせているので、そういった部分を前面に押し出していき仕事や日常生活をより円滑に進めていきましょう。

「器用貧乏」意味をしっかりと理解しましょう!

いかがでしたでしょうか。今回は「器用貧乏」の意味などについて、様々な角度からご紹介してきました。社会人にとって正しい言葉使いや意味を理解していることはとても大切なことです。今回の記事を参考にして「器用貧乏」についてしっかりと理解しましょう。今回の記事が読者の皆様のお役に少しでも立てれば幸いです。

関連記事

Related